FC2ブログ

プロ棋士対コンピュータ戦に望むもの、は普通の将棋

なんとなく次の団体戦、電王戦においては、普通のプロが出るので普通の将棋になりそうですが。

一応書いておくと、勝ち負けを争うのは二の次というか。まずは普通の将棋でやってみて、それでどうなるか?を知りたいです。正直な話。

米長邦雄先生はまあそうは言っても引退棋士。なのであれは許されたと思うんです。多分、普通の戦型だと勝ち目がなかったんでしょうね。或いは勝率という意味で戦型選択をされた。そういう意味では、一番勝ちやすい将棋があれだったということで、逆説的に普通の将棋では勝ち目がないことを認めてしまったとも言える。

あれは仕方ないです。

ただ、あの将棋をもってあれが最善の作戦だったんだ、だから悪くないのだ、となるのはどうなのかなと。例えば対コンピュータ将棋のことだけをテーマに書かれてるブログの方はすごく評価していて。それはよく分かるわけです。趣旨・テーマと合致しているので、賛同者を得られたという気持ちにもなるでしょうし。

ただ、普通の将棋ファン、コンピュータ将棋打倒に命をかけてない人間にとってはコンピュータ将棋の発展とか、入玉の弱点があるのでそれを突くとか解消するとか、作戦として最初から弱点を突きに行くとかそういうのはぶっちゃけた話、全然興味がないわけで。

相手が人間であろうが、コンピュータであろうが、競技プロが普段の戦いで見せている作戦をもって闘った時に、どういう将棋になるのか?が見たいわけです。

変な作戦をもって全力でコンピュータを倒しに行く…とかじゃなくて、コンピュータを相手にしていても普通の将棋で指してもらって、その上でどうなるのか?ってのを見たい。

勝ち負けであればじゃんけんでいいわけで、そういう変な作戦じゃなくて、普通の将棋が見たいんです。

で、万が一全部負けました。となってもいいじゃないですか。そして全部負けて、次の年も全部負けて、その次の年も…と勝ち目がなさそうになったら、その時は対コンピュータ作戦で行くでも仕方ないかなと思います。

以前、コンピュータvs人間の勝負をターミネーターとの戦いのようだと私は書いたんですが、まだ勝負になるうちに普通の勝負をみたいです。

何人かの棋士のあのボンクラーズvs米長邦雄への感想を見るかぎりだと、大丈夫かなとは思いますが。

繰り返しますが、米長邦雄永世棋聖のあの作戦はあれでアリですし、引退棋士という設定を踏まえてみれば、むしろ萌えることができます。物の怪、棋鬼が武道の達人のところに押し寄せてきて、(そういえば伊藤英紀さんて、なんとなく見た目が伊藤潤二の漫画に出てきそうな雰囲気ですよねw …勿論良い意味で!)、道場の若い棋士を守るために戦うわけです。

しかし、その達人はもう凄く年老いていてシワシワなわけです。足腰立たないぐらいのおじいちゃんで。で鍋蓋とか畳返しとかやりながら、物の怪の攻撃を受け止める。攻めあぐねる物の怪。そしておじいちゃんが勝負にでるわけです。手元にあるのは小太刀一本。昔使いこなしていた長刀は既にその腕力では使いこなせないわけです。

で、勝負に出た瞬間、的確に咎められて負けてしまった…という感じです。

その後翌朝、道場に師範から一門全員が集まるわけです、その剣豪の遺体の元に。そして敵討ちを誓う…という設定。どですか?萌えませんか?!

イカガ?(´・ω・`)つうずまき (ビッグコミックススペシャル)(伊藤潤二といえばうずまき。伊藤英紀さんっぽいというのが理解できると思いますw)
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 電王戦 ボンクラーズ 伊藤英紀 米長邦雄

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)