このブログのコンセプト

結論から書くと渡辺明永世竜王の「スポーツ観戦のように無責任に楽しんでほしい」という言葉、梅田望夫による「指さない・鑑賞を楽しむ将棋ファン」という言葉に触発されたものがこのブログである。

私個人としては棋士の能力に対して敬意をはらうものであるが、敢えて意図的に無責任に失礼に気楽に書いている。

幼少時代ライパチだった私が松坂大輔の投球をみて「全盛期の稲尾には及ばない」とか「清原は内角を克服できれば大選手になっただろうに」というように。

私自身は将棋を指すし棋譜をみて並べるのを好むが、このブログでは符号はなるべく用いず、文系な言葉で表現していきたいと思う。

理想としては、福崎文吾先生の棋士紹介のイメージである。聞いたことがある人にはわかってもらえると思うが、福崎先生の説明は大変ユニークだが専門的ではなく直感的にわかりやすい紹介方法である。

自身が楽しむために書くものだが、お読みいただき少しでも面白さを感じていただければ幸いである。
関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 梅田望夫

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)