第65回全日本アマチュア名人戦、今泉健司さん(広島)初優勝

全日本アマチュア名人戦が9月25日放映され、優勝は今泉健司(広島)、準優勝は加來博洋(東京)となった。

実際の対局は9月12日に行われ、すでに結果が、発表されていた。

将棋の第65回全日本アマチュア名人戦全国大会最終日は12日、東京都港区のチサンホテル浜松町で行われ、今泉健司さん(広島)が初優勝した。

 今泉さんは決勝で実績十分の加来博洋さん(東京)と対戦。元奨励会三段同士の対決となり、相振り飛車の力戦から今泉さんの鋭い攻めが決まった。準決勝で今泉さんは前回アマ名人の井上徹也さん(長野)を、加来さんは初出場の水谷創さん(愛知)をそれぞれ破った。

 アマ名人に輝いた今泉さんは38歳の会社員。2006年のアマ竜王戦など全国大会で優勝した実績を持つ。アマ名人戦では、3度目の出場を実らせた。

将棋、広島の今泉さんが初優勝 アマ名人戦



上記のリンクに出ている今泉健司さんは、以前の写真よりも髪型がさっぱりしており、社会人らしい姿に見える。昔よりもずっとプロ棋士っぽい。少し痩せられたのだろうか、精悍な顔つきに見える。

お二人とも元奨励会三段であり、その時点、当時のプロの底辺よりも当然に強い実力を有していただろう。実績としても加来博洋さんの赤旗新人王戦決勝戦へ進出している(決勝では2-1で阿部健治郎プロに敗れた)。今泉健司さんは、あの恐ろしい合格ルールである三段リーグ参入試験を通って再チャレンジを果たしている。(加来博洋さんもチャレンジしているが不合格)。

どちらもプロレベルの実力を持ちつつもやや力戦に強みをもつ共通点があり、加来博洋さんは独特な右玉調の受け将棋と強い終盤力を有し、今泉健司さんは升田賞を受賞した「△3二飛戦法」の開発者であり、振り飛車を得意とする。

この二人の対戦ということで相振り飛車になったようだが、棋譜は見ていないが、独特な定跡型ではない相振り飛車の可能性も高いのではないか。力戦調のMY定跡好きとしては是非後ほど拝見したいと考えている。

元奨の真実、などで拝見した内容から今後の行く末を他人事ながらに気にしてしまったりもしたが、将棋愛を失わずに、よりパリッとしたご様子の写真が出ており、勝手に安心した。

今泉健司さん、本当におめでとうございます!
関連記事


関連するタグ 加來博洋 今泉健司 相振り飛車

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク