FC2ブログ

携帯中継の感想(2011年5月2日)

リハビリ的に、簡単に。


吉田正和vs武田俊平アマ:竜王戦6組
日曜日(1日前)に行われた豊島将之vs丸山忠久戦と同じ展開に。歩得を活かしつつ、手損を緩和する意味ではこの右玉というのはアリかもしれない。

角換わりの右玉と比べて後手玉が固くならない=穴熊にならない、のが主張点だろう。ゆっくりじっくりと後手を貧乏にして危なげのない勝ち方だった。投了場面は大差。

アマのトップでようやく五割、というプロの世界のレベルの高さをみせつけた。武田俊平の夏は、終わった。(夏じゃないが)。



三浦弘行vs羽生善治:王位戦 挑決リーグ
後手の羽生善治の五筋位取り中飛車に先手の三浦弘行が二枚銀。あくまで自然な後手の駒組に対して、この戦型特有の玉の薄さが先手は気になる。金銀三枚の上ずりは、対石田流における棒金的な勝ちにくさを感じる。

後手の左側の駒が全部さばけて、振り飛車党としては理想的な展開だった。



窪田義行vs佐藤康光:王位戦 挑決リーグ
異能派の戦いは、まさに異次元だった。

先手番を引いた窪田義行が、端歩を突いて後手番作戦である3三角戦法を先手番で。窪田義行はこのように、後手の作戦を先手番で用いることが多いが、ある意味振り飛車の在り方、棋風との合致という意味ではかなり有力な作戦だ。

アマチュアは見習うべき作戦なのだが、往々にして後手番作戦を取ろうとすると、相手がいえ、先手番どうぞ、と譲ってくるのがアマの世界ではあるが…。

石田流の対抗型のような展開になったが、佐藤康光は相変わらずの豪腕作戦。金を7二に持って行って一流の振り飛車党に普通に勝ちきるのは多分プロ棋界広しといえども、この人ぐらいではないだろうか。

序盤早々に駒柱ができて、激しい展開になった46手目時点では▲飛香△金銀でどっちが駒得なのかわからないのだが、玉の安定度で勝ちやすさとしては後手の佐藤康光が勝ちやすそうな雰囲気。

やや居飛車が良さそうなところから出るのは窪田義行おなじみの粘りだったが、相手が佐藤康光では流石に間違えなかった。攻めることだけを考えれば良い佐藤康光がハードパンチを続けて投了図は大差となった。

***************************
以下、新刊棋書の紹介。

将棋倶楽部24で角道を止める振り飛車が出てくると、流石に警戒します。このぐらいの点数になってからその作戦を用いる人というのはかなり「鍛え」が入っている人が多いので。

将棋をアマで楽しんでいくには、角道を止めた振り飛車、そして出来れば美濃、というのが一番カッコイイようなきがします。させない私にとってのとなりの芝生、なのかもしれませんが。。

特に矢倉流中飛車は知らない人にはどハマりしますので、是非お試しください。


マイコミ将棋BOOKS 西川流振り飛車 居飛車穴熊破りマイコミ将棋BOOKS 西川流振り飛車 居飛車穴熊破り
(2011/04/23)
西川 和宏

商品詳細を見る








関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 佐藤康光 三浦弘行 窪田義行 武田俊平 吉田正和

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5/2 対局結果 - 竜王戦・王位戦

〇?吉田正和?vs ●武田俊平アマ:竜王戦6組●?三浦弘行?vs 〇羽生善治:王位戦 挑決リーグ●?窪田義行?vs 〇佐藤康光:王位戦 挑決リーグ棋譜の流れなど参考になる観戦ブログはコ ...