行方さんがやってくれた。後手番で羽生王位に勝利。

いやー、遅ればせながらですけど、里見さんもやりましたけど、行方さんもやりましたね。本当に素晴らしい。

羽生さんに勝つのって、めちゃくちゃ難しい。最近羽生さんに勝てる人って、極論、森内名人と渡辺竜王ぐらいじゃないかな。。

しかも後手番で…となると本当にその二人に限定されるような気がします。

そんななか、行方さんがやってくれた。二日制の、しかも後手番でのブレイク。しかも途中までやや苦しい戦いで暴発せずにギリギリで踏みとどまる戦いを制しての。

これで次の先手番を取ればタイに持込ます。充分にあり得る展開かなと。

この第三局は、攻めゴマを攻める展開の難しさを示しているともいえるのではないでしょうか。

見た目ほどに形勢の差がなかった理由としては、後手の桂馬と香車が取られることで働いた…というのもあるような気がします。

最終盤の馬で銀を取った手のあたりは本当にかっこよかったですね。そのあとの羽生さんの猛追もかなりの迫力で、羽生さんに勝つのは本当にエライ、名古屋方面の言葉の意味のエラいのだなと。

作戦勝ちしてからそのまま押し切る…という形ではなかったものの、らしさが出た戦いでした。こういうのがきっかけで、勝負の流れが変わる…ということもよくある話しなので期待したいところです。