語学学習と将棋の共通点。

将棋ウォーズをやっていて思うのが、直感で指す手の精度がやはり段位によって違うなあ、というところ。

私もそれほど強くないのですが格下と叩き合いになればとんでもない悪手・・・に近いレベルの手が勝負を決することがあります。

そして私が格上と早指しの応酬を繰り広げてると、座布団から楳図かずおが描くキャラのような表情で「ギャッ!!!」となって、座布団から飛び上がることがしばしばあります。いやしばしばじゃなくていつもあります…。

語学力の強化で有効な手法の一つとして「フラッシュリーディング」「シャドウイング」というのがあります。

フラッシュリーディングは、流れていく文章、あるいは単語ごとにパパパッと表示されるものをみて、文章を理解していく…という練習方法です。

シャドウイングというのは、ネイティブが話すものをそのまま続けて真似て喋る練習。シャドウイングは将棋の勉強でいえば、棋譜並べでしょうか。

良い手は手が覚えている(キリッ by郷田真隆

って感じですね。(キリッは私が足したわけですけれども。郷田さんのはどや顔じゃなくて、本当に鍛錬してきた人の矜持ですからね…。

で、フラッシュリーディングが何に当たるのか?といえば、僕はやはり早指し、切れ負けだと思います。3分がきつければ10分でもいいと思います。というか、本当に辛い場合は勿論24の秒読みでもいいと思うんですが、それでも30秒までのような気がします。

勿論、熟読という作業も必要なんですが、圧倒的に量をこなすためにはやはり時間制限がある将棋のほうがいいような気がします。

最近全然ちゃんとした将棋を指してないのでじっくりと考える将棋もそろそろ指してみたいな。と思っていますが。。

というわけで、皆さんもぜひ、シャドウイングとフラッシュリーディング、お試しください!



テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム