FC2ブログ

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(4)

さて、一手詰めをやってみよう。ということでした。やっていただけたでしょうか?

一応やっていただいた方への問いかけとなりますが、いかがでしたか?楽しかったですか?それとも辛かった?

パズルやクイズみたいで楽しかったのか、或いは受験勉強みたいで辛かったか。ここは大きな分かれ目です。

もし辛かった人は、もしかすると終盤型の象限には向いていない可能性があります。すごくおおざっぱに書くと、理系人間は終盤型に向いているケースが多く、文系人間は序盤型の可能性が高いという印象をもっています。

どうでしたでしょうか?ここでまず終盤型か序盤型か?が判明します。

終盤型だった場合。そのまま詰将棋の手数を徐々に増やしていく・・・というのが基本的な実力の高め方となります。一目で5-9手詰めを詰ませることができるようになれば、終盤力だけで初段は間違いないでしょう。(と将棋倶楽部24の席主の久米さんが24のトップページによく書いてますw)。

あとは序盤ですが、振り飛車が無難だと思います。振り飛車か、右玉ですね。振り飛車を選ぶと「定跡型×終盤型」、右玉系を選ぶと「力戦型×終盤型」というイメージです。久保利明か山崎隆之か?という世界です。

どちらの棋士を応援しているか?で自分のスタイルを決めてしまうのも一つの手です。より一層、そのプロ棋士に対する思い入れも深くなるかもしれませんよ?


1手詰ハンドブック1手詰ハンドブック
(2009/11/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る

羽生の一手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)羽生の一手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)
(2010/05/17)
不明

商品詳細を見る

将棋1手詰入門ドリル将棋1手詰入門ドリル
(2007/10/06)
椎名 龍一

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 行方尚史