相振りで開幕。第52期王位戦第1局 羽生善治vs広瀬章人


羽生が負けた一戦。この先手番での負けは大きいと思うが…。

後手が一歩交換したのか先手がさせたのか?は別れるところだが、先手が金無双になった。後手をもって竜王戦トーナメントでハッシーに負けた将棋の逆側をもったイメージで、若手に往復ビンタを食らった格好だ。

開戦してみると歩の数では先手が多いが、まもりの銀を剥がされた形で、後手が固く見える。

78手目の△3六歩に同金が不可解で、80手目の△4九銀があっては先手陣は一溜まりもなかった。先手は6七にいる銀がいかにも遅い。

その後の展開で先手がやれるとされている局面もあるようだが、それこそ羽生補正が効いているような気がする。

話は変わるが、広瀬将棋の本質は角にあると思う。その終盤の射程距離の長さは、角の使い方の上手さにリンクしている。

勿論、そうなるように微調整する細かさがあってこそなのだが。本局も角(馬)の細かい運用が目についた。

この角を封じ込めないと羽生といえども苦労するかもしれない。


*********************

広瀬王位、まずは一勝。終盤力で言うと、渡辺明広瀬章人は若手の中でも別格。後手番で勝率が良いという話を渡辺竜王のブログで読んだが、興味深い話だ。本タイトル戦でもどのような結果になるのか?に、角使いと共に注目したい。



相振り中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21)相振り中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21)
(2010/07)
鈴木 大介

商品詳細を見る


関連するタグ 羽生善治 相振り飛車 広瀬章人 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク