終盤力を養う「金子タカシ」本

年初に誓を立てる人が多いが、そのなかには、今年は○段になる、将棋倶楽部24のR点で○点を目指す、という方もいらっしゃるだろう。

そういう場合に手っ取り早いのは詰将棋だったりするわけだが、詰将棋ばかりやるとその人のレベル感によっては変に詰まし癖がついて、詰まないのに王手は追う手よろしく負けを早める弊害がでるケースもある。

なので私のオススメとしては短手数の、変に凝っていない詰め将棋をとくことと、「金子タカシ」本を読むことが挙げられる。


寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
(2010/04)
金子 タカシ

商品詳細を見る

美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス)美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス)
(2010/12)
金子 タカシ

商品詳細を見る



一昔前は棋士のゴーストや著者名が乗らない形でのアマ強豪協力、或いは棋士名を監修として前面に押し出しての実質アマ強豪が書いている、というような本が多かったが、将棋関連本専門の浅川書房さんのおかげで、往年の名著である上記の2冊が復刊の運びとなったことは大変に喜ばしいことだと思う。

しかも近年の構成力のアップでより読みやすくなっている。

もし年末年始で棋力を上げたいと考えている方は24でさしまくって熱くなってR点を下げる(私の毎年の恒例行事ではありますが…)よりも、上記2冊で勉強するほうがじつりき向上に貢献することは保証します。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム