リベンジ 第23期竜王戦挑戦者決定戦第2局 ▲羽生善治-△久保利明

渡辺竜王への挑戦者を決める戦いの第二戦。これに羽生名人が勝つと決定。負ければもう一番となる。今期タイトル戦ストレート勝ちで疲労を蓄積させていない羽生名人としては、ここもすんなり決めて年末の息切れがないようにしたいところ。

相手は現時点最強の久保二冠。先日も羽生世代三強の一人である森内プロを相手に、大和証券杯の決勝という大舞台において圧勝している。ただし今のところ「最強(羽生は除く)」という状態なので後ろのカッコを取り除くかどうかはこの挑戦権を獲得するかどうか?に掛かっている。

第23期竜王戦挑戦者決定戦第2局 ▲羽生善治-△久保利明

久保二冠が後手番ということでゴキゲン。ここまでは確定。あとは、ゴキゲンのどの形か?だが私の予想としてはNHK杯で最頻出の▲3七銀戦法の中のひとつ、△同角(5五角)となったときにどうするか?という将棋になるのではないかと思っていた。

ツイッター上では▲5八金右の超急戦を予想?希望?する声も多かった。が、どちらも外れた。羽生名人が▲3七銀超速を選択し、久保二冠が前述の展開を避けた格好で、順位戦の谷川戦の指し直し局で負けた将棋をぶつけてきた。

ツイッター上で遠山プロの感想にあったとおり、このほうが軽い形なので久保プロとしては棋風にあっているとみたのだろう。

序盤のやりとりは、双方が最強を選んだこともあり、かなり激しく進む。参考になる棋譜としては、杉本プロが順位戦で深浦プロと指した将棋、それを参考にした阿久津プロの将棋(対羽生戦で千日手になった)、王位戦リーグの三浦高崎戦、そして今期A級での谷川久保あたり。

特に、深浦杉本戦は先手の形が本譜ととてもよく似ているので見て欲しい。明らかに羽生名人は深浦王位の構想からヒントを得ている。

後で振り返っての類推なのだが、羽生名人の早めの▲2四歩の突き捨ては押さえ込み、飛車をいじめ抜く、という構想の始まりだったように思う。パッと見の姿としては、後手のほうが普通で、先手は異様。これは後手が良いのではないか?と思われた41手目、▲5五銀右をみて押さえ込みの方針が明らかになった。

銀右、以降の手で後手の左側の駒が単なる置物と化す。捌いてナンボ、という久保将棋において左側の駒は命ともいうべきものなのだが、それを振れずに5?9筋で勝負にしてしまおうというのが本譜の羽生名人の狙いだった。

それにしても。第一局では久保二冠を挑発するような手順で激しい戦いに持ち込み、この二局では持ち味の捌きを殺す展開にするというところをみても、やはり羽生名人の対久保シフトは完成したように思うのだが…。

本譜49手目のあたりの形は深浦杉本戦に部分的ではあるが形が似ている。それほど良くないという自認の元で指された構想だったが、後手の歩越し飛車もほめられた形ではなく、本譜の徹底した「捌かせない」「飛車を虐める」という先手の方針が功を奏することとなった。

しかし、追加された感想戦コメントをみると実際には66手目あたりでは後手にもチャンスがあったようだ。確かに相手の攻め駒を取るために自玉周辺が乱れると反撃がキツイ、ということがよくある。すぐに思い出すのは玉頭方面の桂馬を取り切る手で幸せになることが少ない、ということだろうか。対抗型で飛車をもたれて浮いた香車と玉の両取りをかけられる筋は居飛車としては気持ち悪い筋の代表だ。

65手目の局面。
100831_habu.jpg
ここでの形勢を判断してみると、手番は間違いなく明らかに後手。玉の堅さは…どちらも堅くないので難しいがぎりぎり後手。駒の損得は先手の角得。ただし金を7筋で取り返せるので角金交換というところで先手。こういう周辺事情だけ並べて見るとそれほど後手が悪いようにも思えない。手番を活かして攻めが続けばどうにかなりそうだ。

感想戦で並べられた先に△9八飛車というのが有力そうに見える。本譜は玉の早逃げが決まった。一路逃げられたために78歩が生じ、98に打つのは証文の出し遅れなので上から打つが、66歩まで突かれると角筋が守りにも利いて流石に後手は辛い。最後は徹底抗戦かと思われた久保二冠が突如首を差し出すようにして終わった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本譜はあまり見ない形だっただけに難解なプロの将棋のなかでもひときわ形勢判断が難しい将棋だったと思うが、恐れずに65手目の局面を久保二冠に提示したことが勝利につながった。

通常は本能的にああいう怖そうな局面を避けて、別の勝負になる局面はないか?と思うところだが、感覚的に・本能的に避けたいと思う筋すら確り読んでこれが一番勝てると踏み込むところに羽生名人の強さがある。

久保二冠が三冠目のチャンスを逃し、羽生名人がここ数年で最も状態が良い形で渡辺竜王へのリベンジに臨むこととなった。対する渡辺竜王の後手番戦術が気になるところだが、竜王戦については、最低3つは秘術を用意しているのではないかと私は思っている。

観る将棋ファン向けの羽生善治関連書籍リスト

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 羽生善治 ゴキゲン中飛車 久保利明 渡辺明