私の解答? 将棋世界2012年2月号の「どっちが勝ち? ?内藤國雄九段からの挑戦状?」

再考図?先程、この▲1三歩成があることに気づき、しばし検討した。



再考図?△同金だと▲1四歩で受けになっていないので、△同桂馬と飛ぶ。2五の銀に当たっているのがポイントであろう。仮に▲1四歩や▲1五香と来た時に2五に逃げつつ自玉を緩和出来るのが大きい。よって先手は▲3三とと普通に迫る。これが簡単な詰めろで馬と飛車の二枚が効いているので受けにくいために先手勝ちと思われたが、これで先手勝ちだと内藤國雄九段の作意が無い気がした。



再考図?後手が詰めろを消す手段は8八か7七でバラして王手飛車の筋しかない。しかし7七でバラすと、王手飛車に手順で6七の角を抜かれるため、8八しか精算場所は無い。△8八金、▲同馬、△同銀成、▲同玉とバラして△4四角が王手飛車。



再考図?合い駒に迷ったのだが、とりあえず普通に6六歩と受けてみた。(内藤國雄九段のことなので、5五の地点で歩頭に受ける筋で将来の後手玉の詰み筋がありそうな気もするし、或いは6六に金を打つ筋で6七の角を取り切ることで緩和する筋もありそうだが)。▲6六歩に△3五角と取った局面は▲2二とと取られても大丈夫で、2五の銀取りにもなりつつ、二枚の角が受けに利いている。



再考図?仮に▲3四金と詰めろを掛けてきた場合は、必殺の△6八飛車がある。▲7八と合い駒を打たせて、自玉の詰みを消す。(仮に7八で受けなければ、6七の角ともう一枚の飛車とのコンビネーションで詰む。)

繰り返すと▲3四金、△6八飛車、▲7八銀。そしてそこでトドメの一撃、9四の桂馬を△8六桂馬と跳んでほぼ受けなしだ。仮に9八の銀を▲8七銀と上がったら、悠々と△4八飛車成で良い。

というわけで、現時点の私の解答は、後手勝ち。なのだが、王手飛車の受け方で、もしかすると先手勝ちの手が潜んでいるかもしれないので、そのあたりを精査したいところだ。


【追記】
▲3四金だと確かに上記の手順で後手が良さそうなのだが、▲3四歩とつながれると、金駒一枚違うので、先手が良いのだろうか…。酔った頭で寄らない先手玉とすぐ寄る後手玉に難儀しています…。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム