佐々木勇気が走る!(6月13日の順位戦C1の感想)

今期は佐々木勇気が走るんじゃないか?と思います。

C1は昔から煮詰まっていて、強い人しかいないので1敗でも順位が下だとどうか?という感じ。過去の昇段者の平均負け数でいうと、71期から75期までの過去5年間10人でなんと1敗。(全勝一人、二敗一人。あとは全員一敗)。

というのは、多分所属していて昇級を狙っている人達全員知っているんでしょうけど。しかし早速初戦で有力な候補二人が負けました。

一人が永瀬さん。誰もが認める実力、高勝率ですが、微妙に順位戦では空回りしています。昨晩も指し直しになった局、序盤が流石にこれは作戦負けになるのでは?という展開でした。あとは天才を相手にするとやはりどの棋士も本気を出してくるという面もあるかと思います。

特に高橋道雄先生は名人まであと一歩まで行った、複数タイトル保持していた棋士なので。矢倉と横歩という、両方とも得意の形であったことも大きかったかもしれません。

もう一人が青嶋さん。対戦相手が豊川さんということでちょっと流石にこれは厳しいかな?と思っていましたが、先手の新型雁木に対する豊川さんの構想が良かったですね。菊水矢倉、しゃがみ矢倉。一時期、女流タイトル戦に矢内さんが沢山登場していた頃に多用していたので矢内矢倉とも呼ばれていました。

雁木は低く構えて攻撃する形ですが、低さには低さ、としたのが良かった感じでしょうか。先手の青嶋さんの角上がりから桂馬跳ねが若干陣形を上ずらせたというかサッカーでいうとバイタルエリアが空いてしまった感じ、でしょうか。

この二人が負けた結果、上位陣4名のうち、抜け番の千田さん以外全員負けという(小林裕も佐々木勇気に負けた)。


で、対戦表をみていて誰が今期はあがるのかな?とみていて思ったのが、冒頭の佐々木勇気。

順位が6位と悪くなく、対戦相手がキツすぎないのがポイント(ゆるいとは言わない。C1以上はどこまで行っても相手が強いので)。永瀬と青嶋は四回戦で潰し合うのでどちらかは最低でも2敗するのが大きい。次に上がりそうなのが、順位2位で昨日は抜け番だった千田。ここも当たりがそこまでキツくない。全勝まであるでしょう。順位が下でチャンスがありそうなのが船江と高崎。ただ上位陣が1敗までしかしない可能性があるので全勝の必要あり。


という感じでしょうか。


今の30代前半から20代の棋士たちは総じて努力を続けていて、しかもようやく羽生世代が世代交代を許してくれる感じになってきたのでここからが俺たちの時代だ!と思っていたはずですが、藤井聡太の登場により55年組状態どころか、一時代すら築けない可能性がでてきました。今の藤井聡太の連勝をみて、より一層精進してくることでしょう。

これから藤井聡太と対戦していってどういう結果になるのか、今から楽しみですね。

関連するタグ 佐々木勇気

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

A級開幕、C1での死闘 第73期順位戦

いやーまたもや久しぶりのブログです。

っていうか、順位戦の取組表すら見れてません…。空き時間は全て筋トレとランニングとそして競馬と株に費やされている日々です…。どれも恐ろしいほどに好調ゆえに将棋が出来ないという嬉しい悲鳴・?ですね。

さて、とはいえこれからもなるべく頑張って書きます!

A級のオープニングは康光先生と久保先生でしたね。将棋自体はなんというか、アナグマのつまらなさというか、そういうのが出た将棋だったと思います。人間は弱いが故にアナグマに篭もる・・・そんな靴は脱ぎ捨てて野生のままに、ベアフットで走るんだ!というボーントゥランを思い出しました。(すごく良い本なので読んでみてください)。

久保先生としては序盤良かったのに途中失速という、不出来な将棋だったかもしれません。

C1は船江vs金井ですごい死闘、朝までやってたみたいですね。ここでの勝ち負けはでかいです。

ほかはぱっと見では順当な感じですが、宮田が冨岡に、太地くんが真田に負けてますね。真田プロは竜王戦で挑戦者にもなったことありますし、中堅の実力者で力強い将棋という印象があります。

私が連続昇級を期待する齋藤慎太郎・佐々木勇気コンビは強敵相手にしっかり勝ち切ってますね。

今今年の対戦組み合わせみましたが、佐々木勇気の当たりがキツイですね。上位陣では船江・菅井はチャンスがありそう。片上も例年好走するも一歩及ばずという、入賞レベルの走りは見せていますが今期はどうなるか。割りと悪くない相手関係だと思います。若手が潰し合うようだとチャンスがあるかもしれません。


以下事実情報のみ記載。


<A級>
久保 利明九段(0勝1敗)●-○佐藤 康光九段(1勝0敗)

<C級1組>
阿部 健治郎五段(1勝0敗)○-●日浦 市郎八段(0勝1敗)
堀口 一史座七段(0勝1敗)●-○澤田 真吾五段(1勝0敗)
斎藤 慎太郎五段(1勝0敗)○-●阪口 悟五段(0勝1敗)
小林 裕士七段(0勝1敗)●-○佐々木 勇気五段(1勝0敗)
菅井 竜也五段(1勝0敗)○-●北島 忠雄六段(0勝1敗)
田中 寅彦九段(0勝1敗)●-○大平 武洋五段(1勝0敗)
富岡 英作八段(1勝0敗)○-●宮田 敦史六段(0勝1敗)
福崎 文吾九段(0勝1敗)●-○高野 秀行六段(1勝0敗)
神谷 広志八段(0勝1敗)●-○南 芳一九段(1勝0敗)
佐藤 秀司七段(0勝1敗)●-○高崎 一生六段(1勝0敗)
浦野 真彦八段(1勝0敗)○-●塚田 泰明九段(0勝1敗)
近藤 正和六段(0勝1敗)●-○片上 大輔六段(1勝0敗)
千葉 幸生六段(0勝1敗)●-○平藤 眞吾七段(1勝0敗)
中村 太地六段(0勝1敗)●-○真田 圭一七段(1勝0敗)
長沼 洋七段(1勝0敗)○-●脇 謙二八段(0勝1敗)
金井 恒太五段(0勝1敗)●-○船江 恒平五段(1勝0敗)

関連するタグ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

糸谷哲郎、全勝ならず…でも糸谷哲学更新したよ!>< もう一人は佐々木慎。

いやー、アツい。アツいのは全勝出来なかったからではなくて、もっとも糸谷哲郎が得意なはずの展開でその早見えの才能を発揮するべき将棋で、負けたからなんだと思います。

ということで弟弟子と10秒将棋を控室で何十局も指していたという糸谷哲郎プロ。その気持すごくわかります。

私も忙しくて全然ファンとして失格なわけですが、今朝はちょうど英会話の先生が寝坊してこないのでその1時間のうち30分を投入して、糸谷哲学を更新しました。

こちらになります→糸谷哲学

まだ過去の分も含め追いついてませんが、かくなる上は暫く禁酒して時間を捻出して書きますかね…というぐらいの覚悟は出来てますよ。。

負けたとはいえ、順位一位での昇級なので是非来期の連続昇級に期待ですね。

気負いすぎず、かかりすぎずに、気を静めて平常心で望めば十分に可能なことだと思います。

順位二位での昇級は佐々木慎プロでした。振り飛車の実力者ですね。

以下、事実情報のみ記します。


[C級1組]
小林 裕士七段(5勝5敗)○-●大平 武洋五段(3勝7敗)…19時35分
桐山 清澄九段(2勝8敗)●-○片上 大輔六段(6勝4敗)…19時43分
浦野 真彦八段(5勝5敗)○-●日浦 市郎八段(4勝6敗)…20時8分
宮田 敦史六段(5勝5敗)○-●阪口 悟五段(4勝6敗)…20時54分☆
高野 秀行六段(4勝6敗)●-○船江 恒平五段(7勝3敗)…21時20分
糸谷 哲郎六段(9勝1敗)●-○富岡 英作八段(4勝6敗)…22時13分
福崎 文吾九段(6勝4敗)●-○脇 謙二八段(5勝5敗)…22時22分
斎藤 慎太郎五段(7勝3敗)○-●阿部 健治郎五段(4勝6敗)…23時13分
神谷 広志七段(3勝7敗)●-○北島 忠雄六段(6勝4敗)…23時17分
長沼 洋七段(6勝4敗)○-●平藤 眞吾七段(2勝8敗)…23時26分
佐藤 秀司七段(5勝5敗)○-●佐々木 慎六段(8勝2敗)…23時46分
近藤 正和六段(6勝4敗)○-●加藤 一二三九段(1勝9敗)…23時49分
中村 太地六段(8勝2敗)●-○菅井 竜也五段(8勝2敗)…23時51分
塚田 泰明九段(3勝7敗)○-●高崎 一生六段(7勝3敗)…23時57分
真田 圭一七段(7勝3敗)○-●土佐 浩司七段(3勝7敗)…23時58分
田中 寅彦九段(4勝6敗)○-●金井 恒太五段(4勝6敗)…0時25分
小林 健二九段(3勝7敗)●-○千葉 幸生六段(6勝4敗)…0時41分


[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

昇級……糸谷六段、佐々木慎六段
降級点……小林健九段、大平五段、土佐七段、平藤七段、桐山九段、加藤九段
※小林健九段、土佐七段、桐山九段、加藤九段は2つ目の降級点でC級2組へ降級。
降級点消去……福崎九段、北島六段(いずれも勝ち越し規定)

【9勝1敗】糸谷(9)
【8勝2敗】佐々慎(4)、中村太(10)、菅井(28)
【7勝3敗】真田(2)、船江(18)、高崎(20)、斎藤(30)
【6勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、福崎(22*)、長沼(26)、北島(31*)
【5勝5敗】宮田(5)、小林裕(12)、佐藤秀(21)、浦野(25)、脇(34*)
【4勝6敗】阿部健(7)、金井(8)、日浦(13)、高野(14)、富岡(15)、田中寅(19)、阪口(29)
【3勝7敗】神谷(1)、塚田(11)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝8敗】平藤(16)、桐山(32*)
【1勝9敗】加藤(33*)

やはりベテラン陣に降級点は付きますね。来期の昇級は菅井、中村、齋藤あたりの戦いになりそうです。


オール・イン ~実録・奨励会三段リーグ



関連するタグ 糸谷哲学 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

糸谷哲郎六段が全勝で昇級!!!新生ダニーはこんなに違う(≧∇≦)

いやー良かった。良かったですね~皆さん。遂に糸谷哲郎六段が連勝で昇級を決めました。

ぶっちゃけ、今期の取り組み表を見た時には、何度も書いてますが昇級は義務だなと。権利ではなく義務だと思いました。

今期上がらないと一生上がれない。いや、そんなことはないですが、どんな天才でも苦労するクラスなので、是非頑張って欲しかった。なので、私は普段は棋士に話しかけることはないのですが、京都の小料理屋にダニーを呼びつけてですね、言ったわけですよ、Shall we ぶぶ漬け?って。

前期までも勿論強かった。A級もタイトルホルダーも関係なくぶちのめして、そして、順位戦で、ベテランに負ける。なんですかと。

もうお腹いっぱいと言いながら、オヤツ食べる我が子をみるような気持ちでした。

しかし今期のダニーはマジで一味違った。なんというか、大人の階段登ったよね。

いい意味でのケレン味は残しつつ、淡白なところというか、不利になってからの更に怪しい 感じがなくなって、もう一歩手前での頑張りに変わりました。

そういう変化を順位戦の最初の三つ四つぐらいで感じとっていたので、多分大丈夫だろうなぁとは思っていたのですが。

本局の対戦相手、高崎プロは小学生名人ですよね。都成三段の前だったか…。テレビで対局を見ていたことを覚えています。

地方出身で、早くに自身の生き方を定めた人らしい老成と落ち着きを感じるタイプです。ダニーのチャカつきとは正反対ですな(笑)。

振り飛車党で、受難の時期もちゃんと実力を発揮しているのが素晴らしいです。そしてその棋風というか特徴は、これも何度も書いてますが、玉頭戦。玉頭戦での競り合い、厚みの築き方が絶品です。

銀冠で居飛車穴熊を退治するのが上手いタイプですね。まあ、そうじゃないとこの時期の振り飛車党で高い勝率残せないわけですが。

序盤は石田流となりました。それに対して、ダニーは意欲的な作戦。こういうところが大好きな点です。そして、作戦としては成功していた…かどうかは微妙ですね。。

振り飛車が勝ちやすい展開のような気がする局面が現れました。しかし、そこからの指し回しがいかにも糸谷哲郎。

まさにシビれる玉の脱出劇でした。実際の形勢がどうだったのかわかりませんが、あの局面からやったらだいたい普通は振り飛車が勝つんじゃないでしょうか。。

この将棋で負けたら理論上は逃すことまであったことを考えると、勝ってくれて本当に良かったです。糸谷哲学の更新をしなくちゃいけないですね(≧∇≦)

そして、降級の方は二人決まりました。特に最後まで指したひふみんの写真には胸を打たれました。

今月はこの写真を観れただけでよかったなと思います。加藤九段はもし、糖尿病とかなのであれば、食事制限として糖質制限を検討して欲しいですね。飲み物にポカリが含まれていたのが気になります。あれってすごい砂糖の量ですから。。

と最後に少し話がそれましたが、糸谷哲郎六段、昇級おめでとうございます!(≧∇≦)



以下、事実情報だけ。

昨日の結果

[C級1組]
大平 武洋五段(3勝6敗)●-○中村 太地六段(8勝1敗)…17時59分
北島 忠雄六段(5勝4敗)●-○小林 裕士七段(4勝5敗)…19時58分
佐々木 慎六段(8勝1敗)○-●小林 健二九段(3勝6敗)…20時35分☆
日浦 市郎八段(4勝5敗)●-○福崎 文吾九段(6勝3敗)…21時10分
阪口 悟五段(4勝5敗)●-○近藤 正和六段(5勝4敗)…21時38分☆
土佐 浩司七段(3勝6敗)○-●宮田 敦史六段(4勝5敗)…21時51分
阿部 健治郎五段(4勝5敗)○-●桐山 清澄九段(2勝7敗)…22時32分☆
脇 謙二八段(4勝5敗)●-○塚田 泰明九段(2勝7敗)…22時32分☆
千葉 幸生六段(5勝4敗)○-●高野 秀行六段(4勝5敗)…22時50分
平藤 眞吾七段(2勝7敗)●-○佐藤 秀司七段(4勝5敗)…22時55分
富岡 英作八段(3勝6敗)●-○浦野 真彦八段(4勝5敗)…23時0分☆
菅井 竜也五段(7勝2敗)○-●長沼 洋七段(5勝4敗)…0時0分☆
高崎 一生六段(7勝2敗)●-○糸谷 哲郎六段(9勝0敗)…0時16分☆
片上 大輔六段(5勝4敗)●-○真田 圭一七段(6勝3敗)…0時17分
船江 恒平五段(6勝3敗)●-○田中 寅彦九段(3勝6敗)…0時17分
金井 恒太五段(4勝5敗)●-○神谷 広志七段(3勝6敗)…0時33分
加藤 一二三九段(1勝8敗)●-○斎藤 慎太郎五段(6勝3敗)…1時8分

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点
【9勝0敗】糸谷(9)
【8勝1敗】佐々慎(4)、中村太(10)
【7勝2敗】高崎(20)、菅井(28)
【6勝3敗】真田(2)、船江(18)、福崎(22*)、斎藤(30)
【5勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、長沼(26)、北島(31*)
【4勝5敗】宮田(5)、阿部健(7)、金井(8)、小林裕(12)、日浦(13)、高野(14)、佐藤秀(21)、浦野(25)、阪口(29)、脇(34*)
【3勝6敗】神谷(1)、富岡(15)、田中寅(19)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝7敗】塚田(11)、平藤(16)、桐山(32*)
【1勝8敗】加藤(33*)


昇級 : 糸谷六段
降級 : 加藤九段、桐山九段

糸谷哲郎、全勝キープ!!! 第72期C級1組順位戦第八回戦

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~

いやー良かったです。糸谷哲郎が全勝キープしました。角換わりからやや力戦調になり、夕食休憩前の馬に角をぶつけた辺りでは先手のほうがペースを握っているなあという気がしましたが、途中から怪しくなってます…。特に先手なのになぜだかいつものダニー調の玉捌きが出てきた時は、見ていて私も「お、おう…ダニーぽいな…よね?っていうか大丈夫?」という気分になりましたw

あんなにギリギリで凌ぐ展開になるはずがない将棋だったと思うのですが後手の反撃が超厳しくて流石の小林裕士プロ、ッて感じでしたね。本当に力強い。本来であれば、小林裕士は関西居飛車党代表格として、今の関西若手陣が台頭する前に東の同年代の居飛車党棋士たちを蹴散らしていてもオカシクない才能なわけですから。

取組表みたときからここは大勝負になるな…と思っていましたが、途中後手の勝ちまであったような、そんなギリギリの先手玉でした。このへんは先日の棋王戦の挑戦者決定戦における永瀬vs三浦戦と比べるとよくわかりますが、やはりダニーの玉捌きは鍛えが入ってますね。この泳いでからの生命力の強さは若手時代の丸山さん、今の渡辺明、佐藤康光、あたりとあわせて代表格ですよね。

ほかも昇級候補は勝った模様で、次の高崎一生戦がまたもや大勝負ですよね。

高崎一生といえば、小学生名人戦から覚えている天才棋士であり、振り飛車党らしい振り飛車。玉頭戦の強さに特徴があり、その長所を活かした居飛穴退治が同日あったC1対局での金井戦で見られました。

振り飛車党で対居飛穴を苦にしないというのは本当に素晴らしいことで、糸谷哲郎戦でも居飛穴対振り飛車という戦いが予想されます。

降級点争いはベテラン勢がやはり目立ちますね。加藤一二三九段は食事内容や体格、その後の痩せ方をみると血糖値方面で医者からの指導が入ったのではないかなと思いますがどうなのでしょうね。。一緒に糖質制限しましょう!><


将棋世界Special.vol4「加藤一二三」 ~ようこそ! ひふみんワールドへ~ (マイナビムック)


以下、事実情報のみ転記。

本日の結果は以下の通りです。(名前左=先手、☆=大阪)

[C級1組]
斎藤 慎太郎五段(5勝3敗)○-●阪口 悟五段(4勝4敗)…15時38分☆
片上 大輔六段(5勝3敗)○-●土佐 浩司七段(2勝6敗)…17時59分
佐々木 慎六段(7勝1敗)○-●脇 謙二八段(4勝4敗)…19時49分☆
平藤 眞吾七段(2勝6敗)○-●小林 健二九段(3勝5敗)…19時57分☆
宮田 敦史六段(4勝4敗)○-●大平 武洋五段(3勝5敗)…21時40分
富岡 英作八段(3勝5敗)●-○高野 秀行六段(4勝4敗)…21時53分
神谷 広志七段(2勝6敗)●-○桐山 清澄九段(2勝6敗)…22時15分☆
千葉 幸生六段(4勝4敗)●-○福崎 文吾九段(5勝3敗)…22時46分
真田 圭一七段(5勝3敗)○-●日浦 市郎八段(4勝4敗)…22時57分
近藤 正和六段(4勝4敗)○-●菅井 竜也五段(6勝2敗)…23時2分
塚田 泰明九段(1勝7敗)●-○長沼 洋七段(5勝3敗)…23時28分☆
糸谷 哲郎六段(8勝0敗)○-●小林 裕士七段(3勝5敗)…23時56分☆
北島 忠雄六段(5勝3敗)○-●加藤 一二三九段(1勝7敗)…0時4分
浦野 真彦八段(3勝5敗)○-●佐藤 秀司七段(3勝5敗)…0時22分
阿部 健治郎五段(3勝5敗)●-○船江 恒平五段(6勝2敗)…0時56分☆
中村 太地六段(7勝1敗)○-●田中 寅彦九段(2勝6敗)…1時1分
金井 恒太五段(4勝4敗)●-○高崎 一生六段(7勝1敗)…1時2分

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【8勝0敗】糸谷(9)
【7勝1敗】佐々慎(4)、中村太(10)、高崎(20)
【6勝2敗】船江(18)、菅井(28)
【5勝3敗】真田(2)、片上(6)、福崎(22*)、長沼(26)、斎藤(30)、北島(31*)
【4勝4敗】千葉(3)、宮田(5)、金井(8)、日浦(13)、高野(14)、近藤(17)、阪口(29)、脇(34*)
【3勝5敗】阿部健(7)、小林裕(12)、富岡(15)、佐藤秀(21)、小林健(23*)、大平(24)、浦野(25)
【2勝6敗】神谷(1)、平藤(16)、田中寅(19)、土佐(27*)、桐山(32*)
【1勝7敗】塚田(11)、加藤(33*)

関連するタグ 糸谷哲郎 小林裕士

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク