FC2ブログ

竜王戦、挑戦者決定トーナメントの感想。

22日、鈴木大介vs永瀬叡王戦がありました。素人目には激戦なのかなと思いましたがジリジリした戦いになっていただけで、▲65歩からの開戦が若干無理気味で、それを優勢までボラティリティを抑えて安定的に差を広げる永瀬叡王らしい指し回しだったようです。先手は備えられまくりなので暴れることもできずにジリジリと苦しくなっていったのかな?投了図は確かに差が開いていました。

苦戦から若手を屠りまくった鈴木大介先生の竜王戦ドリームはここで終わりました。一方の永瀬叡王は複数冠に向けて大きく前進。次は木村一基九段と。勝つと挑決三番勝負です。

逆山は、藤井聡太vs豊島名人。勝ったら渡辺明三冠との準決勝ということでこちらも相当に鬼勝負。観る将としては藤井聡太さんに期待してしまいそうですが、今期の渡辺明三冠と豊島名人はちょっとアタマ2つぐらい抜けているというか、ふたりとも相手にしか負けてないです…ちょっと何言ってるかわからない強さですね。。

http://kishibetsu.com/2019R/1235.html
http://kishibetsu.com/2019R/1264.html

逆にこの二人にもし藤井聡太さんが勝つようだと、Abemaトーナメント二連覇・朝日杯二連覇という早見え早指し適性に加え、順位戦や竜王戦など長時間の棋戦に限定すると9割超の勝率を誇る自在っぷりなので、相手が誰であれ挑戦者決定三番勝負は藤井聡太七段が勝ち抜く可能性が高そうで、そして奪取の可能性もかなりあるのでは?と思います。

ただ、棋界最高峰の二人に連勝できるのか?というのが謎です。夕方時点の局面をみると、中住まいの先手よりも堅い後手玉。そして自ら攻める必要がない後手が一手早めに備えている中、先手が打開してそれなりの成果を挙げられるのか?は非常に大変そうに見えます。63手目あたりでは、すでに双方の研究範囲は離れ、力と力のぶつかり合いになっている、そういう局面に見えます。

さてここからどうなるか?藤井聡太七段を私は応援したいと思います!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 豊島将之

遂に豊島将之名人とのレート差が一桁に!

こちらです。
http://kishibetsu.com/ranking2.html

順位 棋士名 レート 今年度増減 前年同月比
1 渡辺明三冠 1981 41 183
2 豊島将之名人 1921 48 30
3 藤井聡太七段 1913 32 90

全員前年同月比で上げてきているのがすごいですね。4・5・6位の永瀬・羽生・広瀬と合わせて上位六人が抜きん出ている印象があります。

渡辺三冠が勝ちまくってるので、藤井聡太七段が棋界一位になるのはタイトル戦での対決が始まってからでしょうね。王将戦での対決に期待したいです!

先日の久保戦、今週の佐藤康光戦と二局続けてバリバリのA級とのねじり合いを制した高校生。これから夏休みに入るのと対局頻度が下がるので更に将棋の勉強時間が増えて棋力が伸びるのではないでしょうか。

予備校じゃないですが夏を制するものは…というやつですねw

7月23日に予定されている竜王戦、豊島将之戦に勝利すると豊島名人との順位が逆転します。果たして、A級相手に三連勝なるのでしょうか?勝っても負けても面白い将棋になることだけは間違いないですね!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 豊島将之

羽生竜王に挑戦するのは誰だ!?

続きを読む »

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

羽生、永世七冠誕生!第30期竜王戦第5局 ▲羽生善治棋聖vs△渡辺明竜王

これ、いわゆる速報系のブログだったらみんなこぞって獲得前提で書いてるはずなんですよ。私もそうですけど。私なんか11月から書いてますからね。挑戦者になった瞬間書いてます。嘘ですけど。

両者不調っぽい状態で開幕してから、ぐんぐん羽生さんが戻してきましたよね。なんというか鬼強い羽生さんが戻ってきました。ちょっと前期とか今期はタイトル奪取されちゃったりしつつ、鬼強いというよりは劇強いぐらいでしたけど、いまは完全復調ってかんじです。

ここ最近、戦型選択の道が広がり、拡散した結果、序盤よりも中終盤の捻り合いで決まることも多くなりましたし、逆に持ち時間がある程度長くて準備をし易いタイトル戦ではそれぞれに練った作戦で来るため、流石に挑戦者有利というか、ソフト的な形勢数値でいうと200-300点ぐらいは持ち込みでやってる印象がありました。しかし竜王戦開幕してから羽生さんの積極的な開戦と、そこからの円熟の指し回しのバランスが見事で、桂馬と角の運用における新常識、みたいなものを完璧に自分のものとされたようです。

ちょうど、中原先生が矢倉から新しい軽い速い作戦であるところの相掛かりを主戦法にされたような、そこまで劇的なモデルチェンジではないですが、積極的に最新トレンドをうまくモノにしたかんじです。

それにしても第五局は先手の圧勝といっても良いのではないでしょうか。渡辺竜王は全体的に特に秘策を用意しているわけでもなく、普通に指していた気がします。第五局もちょっとした工夫は最近の将棋感覚に近いものというよりは自身のこれまでの感覚に近い選択だったようにみえます。そういう序盤の組み合わせに対して、羽生さんがもっとも的確に咎めに行ったのが本譜の順なのではないでしょうか。

後手は飛車を一段目に引く手と、31に玉を囲う手が全くの無駄というかマイナスになってしまいました。封じ手の局面では先手が少し良さそうかな?ぐらいにみていましたが、そこからの手順、先手の指す手、指す手が気持ちよく、これは後手のココセですか?と思うぐらいの流れる手順が続きました。後手の渡辺竜王としては先手のミス待ち、キャンセル待ちで頑張るしか無いわけですが、キャンセルどころかおかわり自由、もりもり食べ野菜?みたいなかんじでしたね。指して気持ちのよい手順が続くのに、まだ必殺手が控えているという、最盛期のどっかのプロ野球チームみたいな感じでした。

69手目、▲15香とした手がまた気持ちよすぎますね。先手の攻めが全部通った局面です。ここで後手がなにをしても▲67角が更に気持ちのよい両取りで、下手するとこの場面での投了すらありえると思います。とここまで書いた所で予約投稿でしょうかね?




こんな鬼畜なツイートもしておりましたが、もっと早くに終わる可能性もありますね。




へぎそばって喉越し抜群なので、おそらくオクラうどんもその類かと思います。つなぎに粘り気のあるものを使う料理って正義、って感じがしますよね。




昨日の封じ手時点の私のツイート。ここから全く後手に有効な手段がありませんでしたね。飛車先の突き捨ても同銀ととられて全く
響かないとなるときつすぎます。







まさにこの辺ですね。しかし羽生さんにして最後のチャンスかもしれないという気持ちで臨んでいたという話がかなり衝撃でした。それだけ若手の台頭が著しいということなんですね。。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明

永世七冠の可能性が高まった? 第30期竜王戦第五局▲羽生善治棋聖vs△渡辺明竜王

今日から始まった第五局ですが、これはもしかすると羽生さんの想定していた局面、研究していた展開に渡辺明竜王がハマったかもしれません。

先日のA級が羽生vs渡辺明で、角換わりになりました。以下、当日の私の呟きになります。








多くの人が似たような予想をしていたようです。先手番の羽生さんは角換わりを志向するだろうと。それを渡辺明竜王がどういうふうに対応するのか?が見所になるであろうと。

で迎えた当日。やはり角換わりになりました。先手の羽生さんは比較的金を48ではなく58に置くことのほうが多いように思います。対する渡辺明竜王は最近のはやりである、62金-81飛型。A級での対戦を下敷きにしてどこでどのように変わっていくのか?に注目していると、渡辺明竜王は早めに△31玉としました。

最近の角換わり腰掛銀ではやや珍しいかもしれません。玉を42、68の地点に置いて戦うのが流行?ですが、先日のA級では42玉のまま先攻したものの、反撃がきつかったことを念頭に置いたものかもしれません。

先日のA級でも羽生さんの反撃は銀のぶつけから桂馬の飛び出しでした。本局においてもいわゆるガッチャン銀と言われるぶつけから、後手がかわした後の桂馬跳ねが勇敢な一着でした。桂馬の高飛び歩の餌食という格言がありますが従来のプロの常識にはない一着だったようで、解説陣が驚いていました。

このへんの手順をみて私は以下のように呟きました。




先日のA級順位戦でもそうでしたが、この角と桂馬という飛び道具系の使い方のタイミングなどが如何にも最新将棋の感覚、という気がしています。いつまでも柔軟な考え方を保ち続ける羽生先生はついにこのような新しい感覚を自分のものにしたような印象を受けました。

丁度、中原誠十六世名人が、矢倉の重厚な将棋から軽快な相掛かりの将棋にシフトチェンジしたような、そこまでドラスティックではないものの、新しい感性を取り入れた印象。ここからの羽生さんは更に一時代を築く可能性すらあるのではないか?と思わされるここまでの展開です。

封じ手の局面、封じ手の候補はいくつかありますが、本戦は飛車をぶった切る▲46飛ではないでしょうか。△同銀に▲34銀と出た手が、次の45角の先手なので後手がその場面で何かする必要がありますが、どういう手があるのでしょうか。後手が辛いのは銀がそっぽにいくことと、自身の攻めごまからの早い反撃の筋がなさそうなところです。

形勢としてはまだそこまで大きく離れている感じはありませんが、羽生さんの構想発表会に延々と付き合う時間が長くなりそうで、人間同士の戦いにおいてはかなり精神的に疲弊するのではないでしょうか。

もしかするとこれは永世七冠に一歩近づいたかもしれません!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明