高見泰地六段について。(叡王戦で初タイトル挑戦)

最近更新が途絶えているものの、私が好んでみていたサイトがあります。奨励会の成績を観ることができるサイトで、そこで高見泰地さんの成績をみて驚きました。

http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/syoreikai/3dan/kojin/geneki/182_takami.htm

なんという順調さ。四段になったプロの奨励会の戦績をみると大体アベレージ型と連勝型に大まかには分かれるんですが、ほぼ停滞なしのエリート型の成績ですね。更新はとまっていますが、三期目で四段になっているので十代でのプロ入り。大体プロ将棋というのはこの辺の成績とその後の活躍に強い相関があり、十代でのプロ入りというのは将来的にタイトルを獲得することが多いです。(対する金井恒太六段は連勝タイプで二十歳でプロ入り。二十歳プロ入りも挑戦者まではなることがおおく、タイトル獲得も前例があります)。

師匠は東の名門、石田和雄門下です。兄弟弟子に勝又清和、佐々木勇気、門倉啓太、渡辺大夢がいます。

十代でのデビュー、奨励会成績の良さを考えると、最初の数年間は正直そこまで期待に答えた活躍ではなかったと思いますが、四段になってから大学に進学しているので四年間エンジョイ…学業の忙しさもあったのではないでしょうか。

本格化は2016年度から。2017年度は特に年末に白星が集まりました。特に増田・豊島・行方に三連勝したのは本当にすごいことです。

高見さんと金井さんのレーティング差でいうと高見さんが勝つ可能性が高く見えます。ただし金井さんの最高レーティングが2013年頃のものであり、近年不調であった、もしくは最近の戦型トレンドが金井さん自身に合致しているために今回のタイトル挑戦につながっているのだとすれば、実力的には互角の可能性も高いと考えています(ちなみに二人は初対戦)。

叡王戦は持ち時間に特徴があります。その特徴をどのように活かして戦うのか?も見所です。複数の持ち時間を交互に選んでいくので、そのタイトル戦の持ち時間に慣れる、ということが難しいように思います。タイトル戦出場者決定までの持ち時間・開始時間が独特だったことも今回フレッシュな顔合わせを産んだ一つの要因だとすれば、タイトル獲得のキモとなるのは異なる持ち時間でどのように戦うか?という点にあるかもしれません。

普通に考えると長い時間から順番に消化していく、挑戦まで勝ち上がってきた縁起の良い時間帯を勝負どころで投入する、などが考えられますがどうなるか?

最後に伊藤真吾プロと藤森哲也プロのツイートを紹介して終わりとします。



普通の社会でも出世レースや受験進学など、色々ありますが勝負事ならではの複雑な感情がみえて素敵ですね。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

叡王戦がタイトル戦になったので詳細を見てみた。

叡王戦

エイエイオー!
…。

参加者は全プロ棋士と、女流1名、アマ1名。この二名については、主催者の推薦によるとのこと。

予選は今まで通り段位別の予選ということで、通常あまり見られない組み合わせが今後も楽しめるようでここは個人的には嬉しいです。

本戦トーナメントを経て勝ち抜いた2名での七番勝負。(第三回叡王戦のみ。空位ということで。第四回以降は勝ち抜いた人が第三回で決まった叡王に挑戦する形)。


この七番勝負の持ち時間が面白いので以下に転記しますと。

決勝七番勝負:(A)持ち時間1時間 (B)持ち時間3時間 (C)持ち時間5時間 チェスクロック使用(秒読み60秒)
【第1局・第2局】 [1] 第1局の先手の棋士が持ち時間(A)(B)(C)の中から1つ選択し決定
【第3局・第4局】 [2] 第1局の後手の棋士が①で選択されなかった持ち時間のうち1つを選択し決定
【第5局・第6局】 [3] [1][2]で選択されなかった持ち時間に決定
【第7局】 持ち時間6時間


となります。

この方式の意図としては、各棋士でそれぞれに得意な持ち時間があるであろうから、それを初戦で先手番を引いた棋士に選ばせる…ということなんだと思いますが、恐らくは普通に一番長い5時間を選ぶはずです。

1時間を選ぶとしたら田村康介さんぐらいじゃないでしょうか…。

なので最短の4局で終わるとしても、5時間・5時間・3時間・3時間となるはずです。そしてその後に、1時間・1時間ときて、最後がフルセットならば盛り上がるので6時間ということでしょうか。

ただ、ここは心理戦的な要素を敢えて盛り込むとすれば最初に連敗した側が1時間を選ぶ可能性はあるかもしれません。(特に田村康介…略)。

私はよく、プロ棋士の先生に「一番得意な持ち時間は?」というのを聞くのですが大抵皆さん、長めの時間をお答えになります。(質問できる相手が偏っている可能性は勿論ありますが)。

abemaTVが将棋コンテンツにかなり力を入れていることも多少は関係しているのか、電王戦の発展的解消にともない、このような新タイトル戦の設立というのは本当に素晴らしいことですね。

個人的には繰り返しになりますが、段位別予選がかなり好きです。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム