FC2ブログ

棋力向上の最短距離はコレだ!

色々やってみたんですが、今これが結論じゃないか?と思っているのが以下になります。

なお、県代表とかそういうレベルだともっと厳密にやる必要があると思いますがアマ四段目指す、ぐらいだったら以下でいけるんじゃないかな?と。

1.序盤固定する
どこまで固定するか?どこまで解像度高めにやるか?がそのまま目指す段級位に直結すると思います。プロレベルだと全部に互角以上の局面を準備しているべきと思いますが、アマであれば好きな戦型・得意な攻め方にリンクさせて多少無理や不利があってもいいのではないでしょうか。

2.中盤は観戦で学ぶ
これはプロの将棋を観ながら次の一手を考え、解説の手を聞いて、実際に指された手をみて、感想戦コメントを確認して…というのがいいとおもいます。次の一手集、手筋勉強なども有効と思います。

3.詰将棋を解く
実戦によく出てきそうな図式の3・5・7手詰をひたすら解く。ひと目で解けるようになったら9・11・13手詰めの実戦型も解く。毎日すこしづつでもいいので必ず毎日解く。これが重要な気がしてきました(今更

4.短い持ち時間で実戦を何度も指す
どのぐらい短くあるべきか?というのはあるんですが3分切れ負けや10分切れ負け、30秒秒読み将棋などのうち、割ける時間にあったものを選ぶのが良いと思います。

5.実戦の振り返り
全部を振り返る必要はなく、負けた将棋のここが悪かったかも?ここでどう指すべきだった?という手だけソフトとかで解析するのが良いと思います。


個人的にいま思ってるのは全部バラバラにやってきたのですが、3・4・5を連動させてやろうかなと今思っています。具体的には、2問将棋ウォーズの前に詰将棋を解き、実戦を指し、負けたら解析して、次の対局の前にまた2問詰将棋を解き…という具合です。これでどの程度成果がでるかわかりませんが、単に実戦だけ、単に観戦だけでは駄目だったのでそれらよりはマシな結果になるような気がしていますがどうなるか?!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

★将棋ウォーズ3分切れ負けで初段になる方法

対象は「ルール知ってるぐらいの初心者」です。

【Ⅰ詰将棋】
1-5手詰には詰将棋のエッセンスが詰まっているのでこれだけひたすらやります。
実戦型の、変に凝った形じゃないほうが良いと思います。具体的には浦野先生のハンドブックでしょうか。
1手詰ハンドブック
3手詰ハンドブック
5手詰ハンドブック

具体的手順は以下の通り。

1.1手詰めを答えを見ながら一周
2.1手詰めを答えを見ないで一周、分からなかったら答え見てOK(答えを見た問題は印をつけておく)
3.同上、全部答え見なくても分かるまでやる
4.3手詰についても1-3をやる
5.同じく5手詰についても1-3をやるが、解けるようになっても定期的にずっとやる。

目処は毎日5分~30分。トイレか寝床か通勤で。最初の1だけは一周まとめてやりきったほうが良いと思います。


【Ⅱ実戦】
ここは色々有ると思います。最も時間の掛からない方法をひとつ書きます。

0.得意戦法(できるだけ目指す戦法)を決め、初段以下向けのその戦法の本を読み基本を理解する。(全戦法対応 将棋・基本定跡ガイド
1.指すのは将棋ウォーズの三分のみ。相手がどうであれ、その戦法(囲い)を狙って指す。
2.「棋譜(どういう将棋だったか)」を覚えているうちに「負けた将棋の中で最悪手だったと思う手」をソフトで調べる(ぴよ将棋でOK)
3.ひたすら指す。最低一日1局。できれば3局-5局(5局指しても3分切れ負けだと30分)。
4.最初に読んだ同じ本を定期的に読み返す(理論と実戦で理解が深まる)。

詰将棋をしっかりやって戦型固定・定跡本固定で実戦を指しまくるのが最も近道だと思います。ポイントは「銀損以上の暴発攻めをしない」こと、「土下座のような受けの手を指さない」こと。土下座のような手、というのは抽象的ですが「受けになっていない受け」とか「逆転の目がなくなる受け」のことです。郷田先生が絶対に指さない手、とおぼえて下さい笑。

簡単な指標としては銀得以上なら受けてもOK。初段までは受けたり攻めたりよりは、受けるなら受け続ける、攻めるなら銀損以上の駒損せずにじっくり攻めるのがポイント。銀損以上しても良いのは詰みが見えたときのみ、ぐらいのほうが逆転負けしにくいです。


【Ⅲ指導対局】
お金と時間に余裕があるのであればプロや指導棋士の駒落ち指導を受けてみましょう。

0.上記Ⅱ-2について直近十局ぐらい「最悪手を指す前と後の評価値の振れ幅」を把握しておく。
1.その振れ幅に応じてハンデを決める(最大か平均か最小かはお好みで)。
 評価値振れ幅(悪手一発で評価値がどのぐらい下がったか?)とハンデの大まかな目安
  評価値2,500点:二枚落ち
  評価値2,000点 :飛香落ち
  評価値1,400点 :飛車落ち
  評価値1,000点 :角落ち
  ※悪手一発で評価値が2,500点以上下がる場合は、四枚or六枚お好みで。
  ※大体、悪手二発でひっくり返る(プロが勝つ)ぐらいの手合いになっていると思います。
2.アプリ等で棋譜を取っておく。あとで必ず上記Ⅱ-2を行う。


【Ⅳその他】
基本的には上記だけで良いと思いますが、追加でやるとすれば以下がオススメです。

1.美濃囲い・穴熊・矢倉に対する攻め手筋の勉強。最近の本だと「全戦型対応!囲いの破り方」がよいかも(ただし実戦では銀損未満を心がける)。
2.ソフトでの得意戦法の序盤研究(最も激しい順を中心に)。
3.ソフトでの感想戦で、分からなかった局面・手をソフトに聞きまくる。
4.得意戦法のもう少し深めの本で勉強する。
5.得意戦法の次の戦法の勉強(「n間飛車とn±1間飛車」とか「矢倉と雁木」とか、なるべく序盤の関連性があるものがよい)。

いかがでしょうか?

正直、本を読んで強くなれる人となれない人、両極端だと思います。入試をはじめとするテスト、お勉強が得意な人は本を読んで手順を暗記して…というのが近道と思います。そうじゃない人は五手詰めを逃さない終盤力を身につけた上で戦型固定でその戦型の経験値を貯める、戦法の勘所をなんとなく掴むのが良いと思います。

プロレベルでも秒読みだと評価値で数百点はザラに動きますし、アマ有段者であれば千点以上動きます。序盤の知識や戦型自体の優位性は勝負の大勢にそこまで影響しないので、どんな作戦でもいいので愛用の得意戦法を掘り下げるのがポケモンカードゲームの大事なところです(将棋です

以上、将棋ウォーズ4級の私からの提案でした!(^q^)

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

駒落ちハンデの適切な選択方法

ソフトの評価値と勝率の関係について少し調べていた。先月?それについての意見もブログに書いた。

そのときに伺った話として、以下のようなものがあった。





将棋ソフトの形勢判断の評価値を3.45で割ると、レーティング差における勝率の差とほぼ同じになる。ということです。

評価値で…

先手の+345点の場合、レーティングにおける100点の差となり、勝率でいうと63%ぐらい、というイメージ。
先手の+790点の場合、レーティングにおける200点の差となり、勝率でいうと75%ぐらい、というイメージ。
先手の+1,135点の場合、レーティングにおける300点の差となり、勝率でいうと85%ぐらい、というイメージ。

です。

これを(プロ棋士との)駒落ち将棋のハンデ検討に使うことができる気がします。

自分の将棋をソフトに解析させます。サンプル数としては10個ぐらいあれば良い気がします。
選択する際に「同程度のレベルの相手との、自分の負け将棋」を選ぶ。

解析結果をみて、逆転負け将棋に注目します。逆転負けというのは、自分の形勢がよい状態から逆転されて負けた、ということです。
その逆転負け将棋において、最も自分の評価値が良かった点数を記録していきます。
最大値、最小値、平均値ぐらいを出しておきます。

最大値が意味するのは大逆転負けです。
最小値が示すのは競り合いからの負け、です。
平均値は大体ご自身の実力、というイメージでしょうか。


次に駒落ちハンデとレーティング差を考えます。以下は、私の意見で割りと適当ですが大体このぐらいだと思います。

二枚落ち:R800点差
飛香落ち:R600点差
飛車落ち:R400点差
角落ち :R300点差


この点差を「自身の逆転負けの最大値or平均値を3.45で割った数値」に当てはめるのが良いと思います。

二枚落ち:R800点差=評価値2,760点
飛香落ち:R600点差=評価値2070点
飛車落ち:R400点差=評価値1380点
角落ち :R300点差=評価値1035点

となります。

個人的には「自身の逆転負け将棋を10局解析し、その中で最大の逆転負けだった点数」をこの選択方法に当てはめてハンデを決めるのが良いと思います。

では、この評価値というのが実際にはどのぐらいの形勢差なのか?を以下に記します。(これも個人的見解です)。

二枚落ち:R800点差=評価値2,760点=三級であればほぼ負けない評価値の差。負ける場合は詰将棋に難がアリ?
飛香落ち:R600点差=評価値2070点=初段であればほぼ負けない。
飛車落ち:R400点差=評価値1380点=三段以上であれば(時間にもよるが)あまり負けない。
角落ち :R300点差=評価値1035点=五段以上であれば(時間にもよるが)あまり負けない。

という感じ。この手合いでやれば、勝ち負けになるということです。

解析してみて、2千点以上のプラスを逆転負けしているようであれば、飛車落ち未満にしておくのが失礼のない&自身に学びのある手合いだと思います。1000点以上のプラスになると大体負けない場合は、大駒落ちで指導を受けることになりますが、人によっては飛車落ちよりも、角落ちのほうがやりやすいという場合もあるようです。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座(の目次)

以下、大人のための将棋講座の目次になります。

【はじめに】
大人のための将棋講座:はじめに(1)
大人のための将棋講座:はじめに(2)
大人のための将棋講座:はじめに(3)


【第一章】
大人のための将棋講座:第1章 まずはルールを覚え…なくても良い(1)
大人のための将棋講座:第1章 まずはルールを覚え…なくても良い(2)
大人のための将棋講座:第1章 まずはルールを覚え…なくても良い(3)
大人のための将棋講座:第1章 まずはルールを覚え…なくても良い(4)
大人のための将棋講座:第1章 まずはルールを覚え…なくても良い(5)


第二章
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(1)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(2)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(3)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(4)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(5)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(6)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(7)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(8)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(9)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(10)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(11)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(12)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(13)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(14)
大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(15)


第三章
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(1)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(2)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(3)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(4)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(5)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(6)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(7)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(8)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(9)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(10)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(11)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(12)
大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(13)






【決定版】駒落ち定跡【決定版】駒落ち定跡
(2010/09/28)
所司 和晴

商品詳細を見る

新 将棋は歩から新 将棋は歩から
(2011/12/07)
森 けい二

商品詳細を見る

今から始める将棋―ルールから指し方まで (NHK将棋シリーズ )今から始める将棋―ルールから指し方まで (NHK将棋シリーズ )
(2013/04/24)
野月 浩貴

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(13)

4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ・・・必要勉強時間:本文参照のこと。
さて、このタイプについて書くのは少々気が重いです。というのはここは私が該当するところだから(苦笑)。

そしておそらくはここにぴったりすっぽりを当てはまるタイプというのは・・・たぶん将棋に向いていない…かもしれないです。言い切ってしまうと将棋の実力を高めるという意味では、適正がないと思うんですよね。

別にIQが低いということを言うつもりはないです(思いたくない…)。将棋に対する愛情も人一倍のはずです(少なくとも私は!)。

しかしここのタイプは将棋の強さでいうと・・・弱い。筋が悪い可能性があります。それだけではなく、終盤が万年ダメなのに一手詰めや三手詰めすら詰将棋をやらないという可能性が高いです。(全部自分のことなんですが・・・)。

こういう人は、将棋を指すのではなく、将棋にまつわる何かを発信するのが良いのではないでしょうか。自分の作った戦法を世の中に発信する。プロの将棋をみた感想をブログとして書く。キンドル等の電子書籍で自費出版?する。など。

その序盤が独創的であればあるほど、その勝率は低くなり、棋力の成長可能性は小さくなっていきます。それに反比例するように肥大化する自己戦法、MY定跡への愛。ゆがむ大局観と伸びない終盤力。貯まらない経験値と溜まるストレス。磨かれる自虐センスと曇る一方の目。

書いててなんだか、目から汗が出てきたんですがw

ということで、上達を目指すというよりは「如何にストレスを溜めずに将棋と細く長く付き合えるか?」を念頭に楽しむのがいいと思います。

勿論、短い手数の詰将棋をオモウラやる、というのはこのタイプこそがやるべきものかなと思います。


定跡外伝〈2〉―将棋の裏ワザ伝授します定跡外伝〈2〉―将棋の裏ワザ伝授します
(2002/07)
週刊将棋

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 行方尚史