将棋ウォーズの大会の一位商品が棋神千個から10万WPに変更!

すいません、頭悪すぎて桁を間違いました。一万じゃなくて、10万らしい…すごいっす(≧∇≦)

さて、なんで将棋界って揉め事が表に出るんでしょうね?揉め事と思ってない可能性はありますが…。

あ、このマクラはあまり意味がありません。

将棋ウォーズの大会が始まっていますね。皆さん指しまくってますか?私は今日から始めて今時点でまだ千番以内にはいれていません…。

そして一位の特賞がすごくグレードアップしていました!なんと10万ウォーズポイント!!!!

このウォーズポイントというのは、将棋ウォーズの課金につかえる通貨ですね。

棋神を23個買うと2000円(WP)、180日で1800円。対戦相手をかなり弱いにするのが30日間で350円。

棋神千個もかなり魅力的でしたが、WPのほうがもっといいですよね。

散々ソシャゲを馬鹿にした私ですが、当然嗜み程度に業界を知る意味で、どのように人間の本能部分を突いているのか?を見る意味で・・・という言い訳をしつつ、ソシャゲの奴隷になっているので、よく分かるのですが、これはいいアイディアだったと思います。この改変はかなりあり。とても迅速で素敵です。

あとは、どっかのタイミングで、あるいは別の大会として、無差別全員参加型と、課金ユーザのみのものを開く・・・とかで色々出来そうな気がします。

課金対象のツールをもっと増やす・・・とかは先のフェイズというか、複雑にしすぎないほうがいいんでしょうね。

大会でこれからも一位目指して頑張ります!まずは目標1日50局ですん!



初段になるための将棋勉強法初段になるための将棋勉強法
(2011/01/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る


関連するタグ 将棋ウォーズ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

「1将棋ウォーズ」という単位について。

みなさん、将棋ウォーズやってますか?私は…やりまくってます(照

多分、こんなに将棋指してるのは生まれて2・3番目ぐらい。それぐらいの熱中ぐあいです。

なにがいいか?というと、圧倒的に時間がかからないこと。

最初は10分切れ負けでやってたんですが、勘が戻ってくると10分も長い。ので、結局3分切れ負けしかやっていません。この3分切れ負けが登場してからというもの、私は何をするにも手持ち無沙汰になることがなくなりました。

要は最長で6分なんですよ。この6分を国際将棋ウォーズ連盟(ISWA、インターナショナル・ショウギ・ウォーズ・アソシエーション)では、「1将棋ウォーズ」と定めています。

将棋ウォーズ以前であれば、六分間というのはとても長い時間でした。よく私は指の第二関節のところに生えてる毛を数えたり、車のナンバープレートの数字を足し算したり、時刻表の時間を暗記したり、あとは月並みですが、手を使わずに耳を動かしたり、息を止めてみたり。・・・勿論全部嘘ですけど、暇つぶしに苦労していたわけです。

それが、奥さん!将棋ウォーズが出てからというもの、私は四六時中暇を潰すことが出来るように成りました。電車に乗り遅れても全然余裕です。大体都内であれば1将棋ウォーズで次の電車が来ますから。その代わり、乗りながらも指しますので、よく電車で降りる駅を間違うようになりました。

また、せっかちな方には分かってもらえると思いますが、料理を待つ時間。これが辛い。これも、大体普通の店であれば、1~2将棋ウォーズで出てきます。その代わり、食べながらも指しますのでよく料理が冷めるようになりました。特にラーメンは伸びますね。

そして、寝付きが悪い人には分かってもらえると思いますが、布団の中でも将棋が指せるんです。大体、寝付くまで8~10将棋ウォーズぐらいで…寝れる場合もありますが、大体睡眠時間が削られるようになりました。毎日眠いですね。初期の将棋倶楽部24中毒者的なアレです。

その結果、何が起きてるかというと、私の棋力が爆発的に伸びて、いまや将棋ウォーズ八段!…だといいんですが、棋力が上がった気は全くしませんね。上達したのは切れ負けのテクニックぐらいで。どういう王手ラッシュだと効率的に駒を使いきれるか?とか、どういう王手だと意表で着手に遅れるか、とか王手ラッシュの途中に受ける手や意味不明な手を混ぜると相手が動揺する、とかそういう小手先すぎるテクニックだけが上達していきます。

あと、切れ負けらしい、変態戦法の使い手が多いですね。これは高段者でもそうです。ただ変態戦法の使い手は、終盤力がその段位に比べると低いことが多いので、そこからのマクリ(含む切れ負け)が決まることも多いので、割と楽しく指せます。

ということで、結局一日に、朝5-10局、夜10-20局、ぐらいは指してますね…。休日だと合間にもずーっっと指しているので、結局五〇局ぐらい指してたりするわけです。

この前は八〇局指してました。我ながら馬鹿だなあと思いましたが、合間にやってるのでいいんですよ。勿論、これはどっちの合間にどっちをやってるのか、本末転倒なのは十分理解してますけどね…。

ということで、ここまで猿のナントカ状態で将棋を指すことを復活させてくれた将棋ウォーズに感謝したいと思います。私の時間を返してください(笑涙


石田流の使い手は本当に多いですね…。

石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)
石田流の基本―本組みと7七角型 (最強将棋21)

関連するタグ 将棋ウォーズ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋ウォーズの得意戦型表示がイケてない・・・ようで実は凄くイケてる!

いやー将棋ウォーズ。皆さんやってますか?やってない?やったほうがいいですよ。

まず、一日三局までは無料なのでガンガンやりましょう。三分は慌ただしいのであれば10分切れ負けで。10分でも慌ただしいと思いますがそれは慣れです。戦型固定するか、あるいは究極まで真剣に考えて指しましょう。

そして、勝ちたい格上の相手との対戦では中盤の迷ったところで悪くなる前に「棋神降臨」を投入する。私も無料進呈される「棋神降臨」を最近中盤で遠慮なく格上だと使ってます。

これがまた面白くてですね、言い方は変ですがソフト指ししたがる人間の気持ちがよくわかりますw

中盤の難所をスイスイ切り抜けていく。こういう攻め筋があったか、という手を指してくれます。正直勉強になります。途中で指しついでくれるという点に、自分の将棋からの延長線上にあるので、とても勉強になります。

2回ぐらい連続で使うと相手がどのぐらいの段位であっても多分余裕で勝てます。ということで躊躇せずにどんどん使いましょう。


で、最近バージョンアップされて、得意戦法が出るようになりました。対戦相手が決定したときに、アバターと一緒に右玉n段vs早石田m段、みたいな感じです。

これ、最初みたとき面食らいました…。いや、だって一応私、糸谷哲郎先生の対振り飛車右玉戦法を愛用してるんです。相居飛車でも角換わりで右玉にしたりする率が高いです。なのに右玉って宣言されるとですね、変化球を予め宣言して投げるようなもんですから、これは辛い。

…と思ってたんですが、これはいい…。なんか面白いんですよ。今まで全くしらない人と戦っていたので手探り状態だったわけですが、相手の得意作戦をみて、自分の作戦との相性を考えて、序盤の駒組み構想がばばーと頭の中に広がるんですわ。

勿論三分切れ負けなのでじっくり考える暇はないのですが、ほっといても頭の中に広がる。これは今までのアマ将棋界ではあまり無いことだと思うんですよ。勿論、トップアマとか、同じ道場の人とかではありましたが、この相手の得意が分かる状態での戦いっていうのがアツい。

ある意味、ONE PIECEとか、ハンターハンターとか、カードバトルとか、ああいうものを想像してください。お前の属性は…火炎系か…俺は…氷系だっ!みたいな。

これ↑を将棋に読み替えると…

棋士A「えーっと、ワタシのぉ得意戦法はゴキゲン中飛車でして…ええ、ええ」
棋士B「およ?およよ?ひょー、私は棒銀でございます!」

みたいなかんじ?(特定の棋士を意識していません、念のため)。

でもまあ、アツいですよね。一言でいうと、将棋に深みがでると思います。

今ちなみに自分の戦型別の勝率を見たんですが、やはり右玉が稼ぎ頭であとは右四間、米長流急戦矢倉、棒金、腰掛け銀、あたりがいいかんじでしたね。完全な急戦派ですね。


意外に3三角戦法(横歩取りの後手)の勝率が悪くないことに驚きました。あんまり指してないんですがやっぱり攻勢をとれるのが大きいんでしょうね。また少し計算して使おうかな…相横歩取りとか!

最後やや脱線しましたが、棋力に関係なく、幅広い人達が指しているので楽しめるはずです。是非、未だやってない人は試してみてください。切れ負けの魅力が分かると、多分普通の将棋よりも中毒性が高いですよ…。



現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る
「本書は一手損角換わりがどのようなことを目指しているのかということを、近年の将棋界における研究の変転から見ていきたいと思う」(まえがきより)

本書は大学院の哲学科所属という異色の経歴を持つ糸谷哲郎六段が書き下ろした将棋戦術書であり、真の将棋理論書。現代将棋の寵児「一手損角換わり戦法」を題材に、最新の戦法に底流する思想を根底から捉えることを目論む、全く新しいタイプの将棋書籍といえます。

これまでの将棋書籍を読む感覚で本書を手に取った方は、まず間違いなく度肝を抜かれることでしょう。一手損角換わりをテーマにするといっておきながら、第一章で語られるのは矢倉、ゴキゲン中飛車、横歩取り8五飛、角交換振り飛車なのです。
つまり、ここで語られることは現代将棋における後手番戦法の比較検討であり、一手損角換わりの特徴(置かれている状況と目指している方向)を示すものなのです。一手損角換わりの手順は第二章~第六章までで本格的に語られ、最終的には最新形の攻防を解説します。

本書を読まれた方は一手損角換わり戦法について理解するだけでなく、この戦法を鏡として、現代将棋がどのような思想の元に構築されているか、その全体像を捉えることができるはずです。

糸谷六段が編んだ現代将棋の地図。
ぜひ手にとって、読んでみてください。










関連するタグ 将棋ウォーズ 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋ウォーズを百倍楽しむ方法!(棋譜閲覧&棋神降臨)

すぐ勝てる!右四間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)

さて、相変わらずやってます、将棋ウォーズ。Twitter上で教えてもらったのですが、棋譜閲覧ができます。以下のような感じです。

http://shogiwars.heroz.jp/users/history/ここに自分のIDを入れる

例としては、ユーザー名がABCDだったら、
http://shogiwars.heroz.jp/users/history/ABCD
という感じ。

とはいえ、殆ど見ることはないのですが、もし後で見たい人には助かりますよね。

さて、最初から先ほどまで全く使ったことのなかった棋神降臨ですが、さっきものは試しとおもって使ってみました。中盤の難所、ややよさそうな局面からの五手。

ゲーセンの天下一将棋会とは異なり、というかそれよりも良い実装方法と思ったのですが、5手分、コンピュータが指してくれます(笑)。

これが、正直物凄いです…。今まで、なぜ将棋でソフト指しする人がいるのだろう?と思っていましたが、これは凄い。いきなり棋力がプロレベルになります(笑)。

しかも五手ということは、相手と交互に指すので十手なわけです。十手ということは、その将棋における指し手の10%以上と考えていいと思います。

終盤は駒得よりも速度とか、終盤力のある人のことを切れ味鋭いとか、谷川浩司永世名人であれば光速の寄せと言ったりしますが、まさに将棋の神が舞い降りた感じです。

一気にぶっこぬいて後は優しい局面が待つばかり。という感じ。多分最初のほうで五回分ぐらい渡されるのですが、これ一度使うと課金したくなる人は出てくるんじゃないかな・?と思いました。

ただ、これ以前に将棋指してる人にとっては心理的な障壁というか敷居が高い印象なので、如何にして最初の一回を使うか?ですね。難しい局面でプッシュするのもいいかもしれません(笑)。

「難しい局面ですが、ここで棋神降臨を使いますか?」みたいな感じで。

まー私は課金してまで使うか?というとそれはないかな?と思いますが、これでもし課金してでも棋神降臨を定期的に継続的に用いることで道場五段ぐらいまで棋力がほっといてもあがります、とかが科学的に実証されるのであれば、なんとなく買っちゃいそう。

でもまあ、段位が上がるにはやはり終盤力を身につけないといけないので、多分そんなことは無いんでしょけどね。脳みそに汗かいた分だけ、強くなる。でももしかしたら…。そんな気持ちを起こさせるような棋神降臨体験でした。




関連するタグ 将棋ウォーズ 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【拡散希望】将棋ウォーズの課金に、長めのが出た!

赦す人
将棋棋士の名言100: 勝負師たちの覚悟・戦略・思考

いやー、中の人、ここ見てくれたのかな?あるいは偶然かも?

ウォーズストア、というのがあるんですが、ここにグッズが増えてますね。今見えてるのは棋神×11が千円(笑)。こういうのってなんかある意味清々しくもありますね。

ソフト指し禁止!でも棋神はOK!というダブルスタンダードは面白い。うちのショバでなにしてくれてるんや…っていうあれ。

そして長めのパスポートとして、90日が千円。少し安くなってますね。そして180日が1800円。ここまでくると月額300円になるという感じ。

最長プランの4500日だとなんとたったの30,000円です。これは安い!(…嘘です。これはありません)。

メニューは価格順に並んでいて、最後が棋神×23で二千円。

人によっては嫌悪感を持ちそうなプランニングですが、私はありだと思います。こういうのって、将棋を崇拝しているとちょっと出来ないので将棋連盟には無理。

将棋を汚す必要はないけど、素人の身の丈に合わせる必要はあって、終盤や詰将棋が好き、難解な局面が楽しいという人はあんまりいないんですよ。実際のところ。

普通にガチャガチャやってたい、分からない局面でもミスの無い手順で適当に指していく。そういう意味では棋神だってあったほうが便利だし、詰将棋も代行してもらいたいって気持ちにもなるんでしょう。

こういうシステムだけで育った将棋指しがどういう人間になるのか?ってのは興味があります。どういう人間というのはどういうタイプの将棋指しになるのか?っていう意味ですね。阿部光瑠あべこうる)プロのもっと強力版に育つのだとしたら、それはそれで楽しみだなーとか。

将棋ウォーズ、オススメです。是非やってみてください!

関連するタグ 阿部光瑠 あべこうる

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座ナビ
第二回電王戦:全局ナビ
将棋観戦記の広告
将棋観戦記の棋書専門店
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記のタグクラウド

> tags
藤井聡太 羽生善治 増田康宏 大山康晴 青嶋未来 佐藤天彦 糸谷哲郎 渡辺明 三浦弘行 森内俊之 一手損角換わり 永瀬拓矢 稲葉陽 斎藤慎太郎 阿久津主税 村山慈明 豊島将之 木村一基 加来博洋 電王戦 深浦康市 ポナンザ 佐藤康光 屋敷伸之 森下卓 塚田泰明 一丸貴則 ツツカナ 加藤一二三 広瀬章人 行方尚史 YSS将棋 米長邦雄 加來博洋 窪田義行 佐藤紳哉 やねうら王 片上大輔 川上量生 佐々木勇気 澤田真吾 大石直嗣 宮本広志 星野良生 山本一生 谷川浩司 久保利明 郷田真隆 糸谷哲学 天野貴元 山本一成 角換わり腰掛け銀 ゴキゲン中飛車 高崎一生 後藤元気 都成竜馬 相掛かり 小林裕士 横歩取り 北尾まどか 三浦孝介 船江恒平 大崎善生 里見香奈 上野裕和 金沢孝史 甲斐智美 ヒーローズ 林隆弘 将棋ウォーズ 阿部隆 千田翔太 香川愛生 竹俣紅 伊奈川愛菓 ひねり飛車 藤森哲也 中村太地 阿部光瑠 西川和宏 石井健太郎 三枚堂達也 小林宏 矢内理絵子 金井恒太 五代裕作 音無響子 めぞん一刻 佐藤慎一 大平武洋 木村さゆり 佐藤秀司 中田宏樹 先崎学 棒銀 西田拓也 渡辺誠 清水上徹 高田尚平 中村亮介 将棋倶楽部24 丸山忠久 高橋道雄 畠山鎮 橋本崇載 松尾歩 藤井猛 飯塚祐紀 鈴木大介 棋聖戦 藤田綾 阿部健治郎 菅井竜也 福崎文吾 高橋呉郎 カロリーナ・フランチェスカ 林泰佑 伊ヶ崎博 飯野愛 中川慧梧 北島忠雄 相横歩取り 北浜健介 中井広恵 井上慶太 剛力彩芽 上田初美 及川拓馬 上村亘 角交換四間飛車 浅倉みなみん 澤田真悟 横山泰明 脇システム GPS将棋 山崎隆之 ponanza 君島俊介 ダイレクト向かい飛車 谷合廣紀 福間健太 黒田尭之 倉川尚 石本さくら カロリーナ・ステチェンスカ 松本博文 保木邦仁 ボンクラーズ 佐藤和俊 堀口一史座 shogigoki 東大将棋 棚瀬寧 プエラα 伊藤英紀 みなみん Bonanza Ponanza ボナンザ 習甦 激指 NineDayFever コンピュータ将棋選手権 梅田望夫 YSS GPS 柿木将棋 PuppetMaster 金澤裕治 佐々木慎 田中寅彦 角換わり腰掛銀 飯島栄治 中原誠 升田幸三 武市三郎 児玉孝一 どうぶつ将棋 森けいじ 丸田祐三 大人のための将棋講座 瀧澤武信 金子知適 田丸昇 岡本信彦 石田流 島朗 あべこうる GPS将棋 桜庭和志 人狼 安食総子 門倉啓太 中田功 村中秀史 伊藤真吾 ひふみん 入玉 持将棋 剱持松二 Puellaα 河口俊彦 桜井章一 梅原大吾 α Puella 水平線効果 西尾明 野月浩貴 小倉久史 田村康介 しゅうそ 日浦市郎 矢倉 篠田正人 古作登 竹内章 中村桃子 森雞二 田中悠一 竹内雄悟 今泉健司 郷右近力 渡辺大夢 加藤幸男 長岡俊勝 対振り飛車右玉 森下システム 将棋倶楽部24 阪口悟 勝又清和 小林剛 福地誠 鈴木たろう 中飛車 石橋幸緒 鈴木英春 細川大一郎 入江明 下平雅之 穴熊 井出隼平 中座飛車 角換わり △3二飛戦法 将棋 西村一義 コンピュータ将棋 団鬼六 川西勇作 ハッシー 浦野真彦 角交換型四間飛車 八代弥 一手損 林葉直子 岩根忍 高群佐知子 カロリーナ 千葉涼子 鈴木啓志 長谷川優貴 瀬川晶司 神吉宏充 吉田正和 新井田基信 櫛田陽一 金子タカシ 飯塚佑紀 りょうちん 超速 花村元司 あから 左美濃 駒doc. 中原良 近代将棋 早繰り銀 四間飛車 女流名人戦 清水市代 加藤桃子 雁木 相穴熊 南芳一 トーチカ 陽動振り飛車 マイナビ女子オープン bonkras 長岡裕也 中原流 真田圭一 戸辺誠 畠山成幸 右玉 相振り飛車 見泰地 中川大輔 野月浩貴七段 北浜健介七段 豊川孝弘 島井咲緒里 結婚 高見泰地 駒落ち カニカニ銀 3三角戦法 伊藤沙恵 武田俊平 風車 奨励会 居飛車穴熊 遠山雄亮 三間飛車 中村真梨花 藤井システム 斎田晴子 村田顕弘 藤井流矢倉 田中魁秀 本田小百合 ▲3七銀戦法 矢倉流中飛車 苺囲い 将棋世界 腰掛け銀 向かい飛車 電子書籍 鈴木環那 将棋漫画 △3三角戦法 角道オープン四間飛車 角交換振り飛車 豊川孝弘七段 左玉 一間飛車 iphone レーティング 阪田流向かい飛車 aigo 一手損中座飛車 3二飛戦法 一手損腰掛け銀 一手損棒銀 一手損早繰り銀 学園祭 早生まれ 近藤正和 袖飛車 銀立ち矢倉 二宮清純 早水千紗 天下一将棋会 平藤眞吾 脇謙二 千日手 玉頭位取り 熊倉紫野 早指し2 串カツ囲い 橋本祟載 銀冠 角交換 相居飛車 金無双 ノーマル角換わり 片矢倉 相腰掛け銀 野田敬三 3三桂戦法 三段リーグ 急戦 内藤國雄 植山悦行 大野八一雄 ビッグ4 大和証券杯 NHK杯 矢倉急戦 振り穴 四間飛車穴熊 振り飛車穴熊 力戦振り飛車 レグスペ 右四間飛車 所司和晴 位取り 超急戦 早石田 順位戦 必至基本問題集 必至 振り飛車 △3二飛車 観戦 将棋観戦 twitter 相矢倉 将棋観戦記 王位戦 挑戦者決定戦 C級1組 角替り腰掛銀 逆転の心得 名人戦 引き角戦法 B級1組 女流王位 A級 早咲誠和 地獄突き ミレニアム問題 数学 グリゴリー・ペレルマン ゲームラボ ウソ矢倉 変わりゆく現代将棋 日レスインビテーションカップ 女流王位戦 高速道路理論

将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のRSSリンク
将棋観戦記 プロ棋士リンク
将棋観戦記 FCブログリンク
将棋観戦記のQRコード
QRコード
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク