FC2ブログ

藤井聡太七段、強すぎ問題(第91期 棋聖戦第二局▲渡辺明三冠vs)

例によって個人的な感想です。異論反論はご自身のSNS等で是非よろしくお願いしますw

藤井聡太七段、強すぎて震える…というか畏怖、本当にその言葉以外見つからない感じです。。



上記のアンケートちゃんと表示されてるのかな?プレビュー画面ではちゃんとみれてないんですが、400票以上の投票で95%の人が今期末までにタイトルを獲得している、と予想していますね。私も同意見です。

というか、番勝負になったときに、この藤井聡太七段相手に勝ち越せる人がいるんだろうか?と素朴に思ってしまうぐらいに強い。後手番ですべて84歩と2手目に指しているのにこの勝ちっぷり。ふつうは先手番の得を生かして後手はかなり苦戦するものなのですが…。


対局後の渡辺明三冠の感想はこちらから。


いつものようにかなり正直に感想をかかれている印象です。

本局は渡辺明三冠が先手番ということでそれなりに気合が入っていたのではないでしょうか。作戦は急戦矢倉。途中まで同一局面があったということで、お互い研究範囲だったようです。

しかし42手目の金を四段目に出る手が藤井聡太七段の研究手。最近の対局では相手より中盤まで時間を使っていることが多い藤井聡太七段ですが、本局はここまで相手より時間を残して戦っていました。

この手はプロ棋士の第一感の手ではないはずです。一目で見える類の手ではないので、おそらくソフトを活用した研究手なのではないでしょうか。

少し話は逸れますが、羽生さんには藤井システムのような羽生流と呼ばれる独自の作戦があまりないと言われています。常に自然に指す、新しく出てきた作戦を本人以上に使いこなす、それで恐ろしいまでに高勝率を維持してきたのがいままでの羽生さんです。

藤井聡太七段の最近の指し回しをみていて思うのは、若手にありがちな勢いのある、多少無理気味な攻めというのが一切ないということです。流行の課題局面についてはそれぞれに自分自身の結論を用意し、少し良いくらいでもそれを一気に拡大するのではなく、じりじりと良くしていく。

ソフトの活用は間違いなくあると思いますが、各種の作戦、初見では食らうこともあるかもしれませんが、前例のある形では少なくとも互角以上の用意があるように見えます。圧倒的な詰将棋の力、特に長手数の詰みを読み切る力があるからこそ、焦って殴り合いになるリスクを冒す必要がないということでしょうか。

よくプロ棋士が「ソフトの示す最善手というのは、ソフトだから勝ち切れる危ない順を含むものなので人間にとって、自分にとって勝ちやすい手ではない場合がある」ということを言っています。

これはその通りで、精密機械であれば、幅30センチの木の板の上を絶対に間違うことなく進むことが出来るかもしれませんが、人間の場合、それが地面だと可能なのに地上100mの高さだと無理、みたいな心理面の影響もありますし、車なら時速60㎞で100㎞でも走ることが出来るわけですが、人間の能力的にそれは無理…というような、スペック的な難しさもあります。

藤井聡太七段の本局の指し回しでいうと、42手目の四段目の金上がりは玉が薄くなりすぎますし、次の44手目飛車回りは玉飛接近形で一目危ない。流れ弾に当たりやすくなっているものの、この局面をソフトに解析させれば後手に評価値がわずかに振れているようです。

ただこの形を選択するということは、人間がこれまでの歴史で蓄積してきた「一目こういう手」という羅針盤みたいなものがほぼ使えない状態で勝ち切る必要があるということです。

上記の渡辺明三冠のブログでも触れられてますが、46手目に50分、48手目に58分、50手目に29分と時間を使っているのはその辺が影響しているのかもしれません。藤井聡太七段の大局観はもちろん素晴らしいわけですが、方位磁石が使えない磁場が狂った状況での指し手を圧倒的な読みの力で乗り切った感じです。

アベマトーナメントで藤井聡太七段が広瀬さんに二連敗したことからわかる通り、第一感の手だけで指す場合はトッププロ同士であればそれなりに対戦成績は五分に近いものになっておかしくないなかで、藤井聡太七段はどの序盤であっても網羅的に互角程度以上の指し手を用意し、そこから先は持ち時間と相談でその場でひたすら考えて形勢を損ねないように指していく。

ある程度形勢に差がついても相手に余裕を与えず選択肢を狭めていくのがすごいですね。相手の攻め駒、強い駒を無力化しつつ、相手が使いにくい歩・桂馬や角を軸に攻めを継続する…。

表現が正しいかわかりませんが、人間がソフトと対局するとこういう風になるのではないか?という気がします。ソフトに割と軽い攻めを仕掛けると形にとらわれず、完璧に受け止められる…という印象があるのですが、藤井聡太七段の中盤が急ぎすぎないのはその辺を研究の中で知っているからかもしれません。

準備した局面の評価値は自分に多少プラス、中盤で一気に決めに行く手は超ハイレベルの将棋には存在しない、という二点を念頭に置きつつ、中盤は見える候補手全てひたすら先まで読み、一番激しくならず自分の評価値を下げない展開を選んでいる、そういう風に見えます(と書くのは簡単ですが実行することは容易ではないんですが。。

藤井聡太七段の指し手って、中盤の入り口ぐらいまではプロの第一感の手が出るんですが中盤以降、プロの予想が全然当たらない手が頻出する印象です。ひたすら読んでいる、第一感の手、見た目で良い手から掘り下げてない印象があります。

昔、谷川浩司九段の光速の寄せが棋界を席捲していたころは、終盤の体系化と高速化が図られたわけですが、藤井聡太七段が今示しているのは「中盤探索を深化」させる必要性なのかもしれません。

たとえば現局面が+100点であれば、そこから評価値を100点以上下げない局面をひたすらに読みまくる…というような。ふつうの人よりも候補手で2,3手多目に、深さでもやはり2,3手深めに読めている感じがします。。。

以前の藤井聡太七段であれば、時間の使い方として、困った時に長考している印象がありましたが、コロナによる非常事態宣言解除後の指し回しをみていると序盤の分かれがそこそこ以上で、それを維持拡大するために時間を惜しみなく投入し、しかし最終盤のためには10分程度は残す、というタイムマネジメント力の向上が見られます。

実戦将棋で藤井聡太に5分以上考えさせてもわからない詰将棋というのはおそらく出現しないでしょうから、その詰将棋解答能力ゆえのタイムマネジメント。これも普通の人では真似ができません。中盤までは相手よりも大きく時間を使っているのに、その差が徐々に縮まり、対局終了時点では逆転しているか、ほぼ同じ状態、しかも藤井聡太七段の持ち時間はまだ数分余っている…というのがここ最近の定番となっています。

後手84歩で相手の作戦を真っ向から受けるタイプにこれだけ勝たれるとどういう作戦を用意すればいいのか?が本当にわからない感じですよね。。。個人的には、例の飯島流の飛車を引く横歩取りを一度みてみたいです。藤井聡太七段のあれへの対策がどの程度充実しているのか?をみてみたい。

次は渡辺明三冠の後手番です。非常に戦型選択が難しくなりました。ボールカウントがいい状態であれば雁木なども投入出来たと思いますが…。角換わり腰掛け銀の後手番の秘策は名人戦にキープしておきたい気もします。。かといって、横歩取りは対策がばっちりのときに狙い撃ちされるリスクもあります。

ここまでは藤井聡太七段の良い所が目立っていますが、常に下馬評を覆し、子供のころから高い期待をうまくやり過ごしながら実績を残してきた渡辺明三冠のここからの反撃をみてみたい気がします。渡辺明三冠が藤井聡太七段を追い込むだけ追い込んだ時に成長した藤井聡太七段の本当の姿が見れるのではないでしょうか。

Tag : 渡辺明 藤井聡太

ボラティリティを抑える棋風?藤井聡太七段、まず一勝(第91期棋聖戦)

いやーすごい戦いでした。現時点で一番の実績と実力を兼ね備えた渡辺明三冠とのタイトル戦、初戦で見事に勝利しました。

以下、例によって個人的な感想です。苦情議論は受け付けませんw

渡辺明三冠にとっては少し可哀想というか、挑戦者のほうがプレッシャーを感じにくい環境だったことは否めません(それを言い訳にする人ではないものの、客観的にみて藤井聡太七段にとってはあまりにいつも通りで一方の三冠はこれからの日程含め、第一人者としての立ち居振る舞いも意識しつつ、和服で部屋は暑そう…ということで大変だったと思います)。それらがどの程度勝敗に関係していたか?はわかりませんが。。

振り駒の結果、先手は藤井聡太七段に。渡辺明三冠としては相手の成長度合いも見れるし、どっちでも良かったのではないでしょうか。目先の一勝に一喜一憂するというよりはタイトル戦をトータルで考える合理主義者なので。

角換わりかな・?と思ったら、意表の矢倉。脇システムになりました。デビュー戦の加藤一二三九段との対戦でも矢倉の大家に…というコメントを残してましたので、似たような意味合いもあったのかもしれません。

若い棋士は普通は初戦は得意のエース戦法を投入するものですが、このコロナ自粛期間中の勉強で矢倉についても十分エース級に育て上げた可能性はありますね。

渡辺明三冠は典型的な先行逃げ切り型のタイプなので後手番では絶対に勝とうというよりは無理せず相手の手に乗ってチャンスを伺うスタイル。脇システムから本局の馬を作る展開はそういう意味があったと思います。

67手目の局面で先手5歩得。後手は馬があって玉が堅くて手番なのでいい勝負ですが歩切れの歩損というのはバランスが一旦崩れるとあっという間…という印象もあります。

中盤では渋い手順が続きます。先手の藤井聡太七段がすぐに端から開戦するのではなく、後手の将来の攻めにしっかり備えた結果、後手が守りの金を繰り出してきます。後手の馬の利き+金が出てきて先手の攻め駒を責められて怖く見えますが、銀取りに金が伸びきった瞬間、ようやく先手が攻撃を仕掛けます。

このあたりの手順、先手の銀が取られそうで取られない手順は相当スリリングで面白いので是非並べてみてほしいです。馬の紐を断つために馬を責める手順で跳ねた桂馬が最終盤の詰み筋を消す…というドラマティックな伏線もあります。

98手目、二択とおもいますが、より強気な手を後手は選択、しかしそこで軽妙な垂れ歩がありました。この後の手順も、渡辺明三冠としてはじり貧になりそうな手順ではなく、ひとまず後手番だしワンチャンスあれば…という感じのリスクはあるけど刺されば勝ち、という手を選択していった印象があります。

対する藤井聡太七段は、攻めの足掛かりはつくりつつ、相手がやや細く仕掛けてきた時はぐっと受け止め、殴り合いの展開に極力持ち込まないように水面下の流れを穏やかに穏やかにしていくのが最近の将棋を見ていて感じます。この辺は研究パートナーの永瀬二冠にも共通している気がします。

ものすごい詰将棋解答能力を白兵戦的な攻め合い・殴りあいの中で発揮するのではなく、局面を収めることに用いつつ、自身の終盤力は大陸間弾道ミサイルのようにロングレンジで発揮するのが最も安定的に勝てると考えているのではないでしょうか。

本局も挑戦を決める準決勝、佐藤天彦九段戦の時のように相手の馬(と飛車)が働かない展開となりました。

最終盤のクライマックス、藤井聡太七段の様子を見ていると雰囲気的にわりと早い段階で詰まないことを読み切っていたように見えます。感想戦では「97玉で…」といってましたが、あれは絶対に詰まないことを確信したのが97玉の局面、ということで詰めろを掛けて下駄を預けた局面では既に「見えてない筋がない限りは、詰まない」と思っていたのではないでしょうか。

あれだけ慎重な藤井聡太七段が残り時間3分とはいえ1分も持ち時間を投入せずに王手ラッシュ前の手を指したので。

まずは一勝。対局後の渡辺明三冠の様子からすると、普段の若手相手のタイトル戦にはない雰囲気を感じました。ただ次は先手番。かつ暫く先になります。名人戦の星勘定をまずは最優先に、月末にかけて先手番の作戦を練るのでしょう。

渡辺明三冠が本気で練ってきた作戦での先手番にどう対峙するか?でこのタイトルの行方がみえてきそうです。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 藤井聡太

渡辺明、棋聖奪取で三冠に復帰。

いやーすごい将棋でした。58手目から100手目ぐらいまで一ミリも双方の手がわかりませんでした。

後手陣の状態が独特すぎて、先手の過激な手順に飛び込む構想がタイトル戦の土壇場と思えない胆力で、すごかったですね(小並感

いつも冷静な渡辺さんですが久しぶりに三冠復帰ということで、終局直後は感極まっているようにも見えました。羽生さんの後は俺、という気持ちもあっただろうしその実力も勿論あるわけですが瞬間的にスランプがありそこから復活しての三冠というのは一度地獄を見た後だけになんともいえないものがあったのでは?

後手雁木は割と渡辺さんが要所で谷間のエース的に投入しているイメージがあります。超急戦が怖いというかそれで厳密には先手が初期値より良くできるはずですがそれに対する準備があったのでは?

そういう意味で豊島さんが本譜の展開にしたのか、あるいは手順的に急戦を選びにくくする工夫が後手にあったのかもしれません。仕掛けの時点で35歩を切りにくい形なので先手の攻めが細いかな?という印象がありました。

中盤をすっ飛ばしていきなり過激な展開になってからは後手陣が2筋壁ゆえに難しくなっているように見え、実戦的な勝負術でした。ただそこからの渡辺さんの攻め、前述の58手目からの一段金までが絶妙でした。

先手は飛車をなりこんで一勝負だったはずが一手後手の攻めが早いという、細い攻めをつなげさせると棋界一、という渡辺さんの良さが出ていましたね。

豊島さんは初の防衛戦だったわけですがキープできずに二冠に後退。戦前に渡辺さんが言っていたように独走になるかどうか?というところでしたが渡辺三冠がひとまず第一人者の意地を見せました。

藤井聡太さんは竜王戦トーナメントで豊島二冠、勝つと渡辺三冠にあたるわけですが、先日の久保藤井聡太戦といい、本局といい、本当にすごい終盤のねじりあいが最近は多いですのでプロのすごみ、みたいなのが伝わってきて楽しいです!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 豊島将之

藤井聡太、先手番で二敗目。▲藤井聡太vs△大橋貴洸

11/29(水)棋聖戦 一次予選で藤井聡太さんの対局がありました。結果から書くと、藤井聡太四段は負け。今期8敗目、先手番で二つ目の負けとなりました。ちなみにどちらも対横歩取りでした。戦績は49戦41勝8敗(0.8367)となりました。最高勝率の更新もちょっとむずかしくなったかもしれません。

というか大橋さんも今期勝ちまくってます。今期絶好調同士の同期対決でした。▲藤井聡太vs△大橋貴洸。藤井聡太の先手で横歩取りの△85飛車型に進みます。対戦成績は2-0で藤井聡太が勝っているものの、内容的には大橋四段が互角以上の戦いを見せており、どちらも藤井聡太の勝負師的側面が出て勝っていた記憶があります。

横歩取りにしてはちょっと変わった出だしのようにみえ、40手目後手が△81飛とひいた局面では陣形的には後手のほうが私の好みでした。先手は一歩得していますが、攻めの銀の位置と飛車の位置の違いで後手が先攻できそうです。

55手目、反撃の手がかりとして▲45桂と跳ねた藤井聡太四段でしたがすかさず空いた47の地点に垂らされた歩からの大橋四段の攻撃がうるさかったですね。左右挟撃になった辺りでは後手のペースのように見えました。

では具体的にどこが悪かったのか?ということで局面を戻してみると…やはりその場面その場面ではおかしな手があるかというとそういう訳ではないんですよね。プロなので当たり前といえば当たり前ですが、凄いといえばやはり凄い。最善手で進めていったはずなのに先手なのに辛くなっていた、そういう局面が現れたということは序盤のつくりが宜しくなかった、ということなのかもしれません。

個人的にはかなり序盤に戻りますが、横歩を取ってその後に26に引いた飛車を28にまた引いて、しかも先手から角交換して…という手順に違和感をおぼえました。プロ的にはどうなのでしょうかね?

また、角換わりが得意な藤井聡太さんが、相掛かりや横歩取りでは比較的負けている点、またその負け方にそれぞれの戦法の特徴や、藤井聡太四段の経験値の貯まり方が出ているかも?と思いました。幾つかの戦法においてはかなり経験値が貯まってる印象で、その道筋に入ると相当強い。ただ、やはりまだ若いですから全般的な知識としては他の棋士たちに一日の長があるのかもしれません。逆に言えば、そういう経験の足りなさを順位戦など長時間の将棋では圧倒的な読みの深さでどうにか互角以上に対峙しているのだとおもうと、やはり凄い棋士だなと改めておもいました。

横歩取りの思想である、一歩取らせるすきにその手得を活かして先攻する…という大橋四段の積極策が功を奏した一局でした。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 大橋貴洸

棋聖戦も羽生さんがストレート防衛。

いやーまたもや久しぶりの投稿です。今温泉にいるんですが、夜中もやってるところなので、寝起きの酔い覚ましにひとっぷろ浴びてきたんですが、深夜のスッピンほど怖いものはないですね…(-。-;

ちょっと遭遇した感がハンパなかったです。能面的なノーメイク…。

さて、昨日は朝日杯のアマプロもあったんですが、結果としては順当にプロ勝ち。しかしアマでは頭一つくらい抜けてる感のあるカクさんと今泉さんですが、ついに今泉さんがまたもやプロ入りのチャンスを迎えています。

ここ最近の今泉さんは、かなり安定してますよね。序盤固定というか、研究でかなり細かいところまで整理しつつ、持ち前の中終盤の力強さを完璧に活かせる感じ。

カクさんのほうが更に追い込み型なのに対して、今泉さんは昔よりも少し前方に位置することにより、終盤の脚がしっかりつかえている、そんなイメージです。

プロ入り試験の相手はそんなに悪くないと思うので、プロ入りの可能性は五割以上はある気がします。五十万円の受験料は、キャンプファイヤーとかで募るといい気がしました。

そして、棋聖戦ですが。またもや羽生さんのストレートでした。戦い方が対森内戦ということでいうと、完璧に変わりましたね。

もう舗装路では戦わないよと。オフロードの戦いだよと。そういう感じ。5筋に桂馬を二枚突っ込むところからの進行とか、荒々しい雰囲気が出てると思います。

具体的にどうすれば良いのかは勿論私にはわからないのですが、その辺ではすでに後手のパンチが入ってる気がするので、後手の作戦勝ちだったのでしょうね。


しかしこれで羽生さんは今期負けなしの11連勝ですか。あり得ませんね…。

かなりざっくりした感想ですが、以上です。( ^ω^ )






Tag : 羽生善治 森内俊之