糸谷哲郎プロが次回電王戦への出場意欲を西遊棋イベントで宣言!

本日京都?では西遊棋のメンツによるイベントが行われているらしいです。

そのなかで、糸谷哲郎プロが次の電王戦に出場する!というような発言をしたという!!!

私は糸谷哲郎ファンであり、ファンサイトの糸谷哲学の管理人でもありますので大いに気になるところです。
最近しったツイッターの埋め込み方を以下で試してみますねw






















うーむ。これは簡単に出来ますね…。今後この方式でブログ更新しようかな?w



最強アマ直伝!勝てる将棋、勝てる戦法 (Kindle版)

ドワンゴの川上会長へのお願い(新棋戦設立のお願い)

アマ強豪の今泉健司さんの初著書、最強アマ直伝!勝てる将棋、勝てる戦法 (Kindle版)。Kindle版のほうがお得ですから是非。そろそろ発売です。

さて。ここは是非、谷川会長にも頑張ってもらいたいところですが、電王戦が抜き差しならぬところまで来てます。来てますので、来期は是非やってもらうにしても、おみやげが必要です。いわゆる黄金色のまんじゅう・・・ではなく、なにかしらの交渉材料です。

で、何度も書いてるんですが、是非新棋戦をドワンゴ主催でお願いしたい。トライアルということで三年契約ぐらいにして、その三年はかなり安めでもいいんじゃないでしょか。で、その後の更新は三年間の双方のをみて協議とかにして。

全棋士参加、ただし予選はかなり上の方まではネット対戦。将棋倶楽部24とか使えばいい気がします。で予選中継はニコ生で延々とやると。

NHK杯の予選とか早指しでやってるみたいなので、そのへんはもう早指しでいいでしょう。PCの使い方わからないとかもってないとかはもうこの際考えない。最悪スマホでいいでしょう。自分のスマホで指してもらう。

決勝トーナメントとタイトル戦だけ実際に指す。勝者は、コンピュータ将棋ソフトの電王トーナメントの優勝者と戦う、例の森下ルールで。

とかどうですか?絶対いいと思うけどなあ。

以下、その他のKindle将棋本の新しいやつです。


阪田三吉の将棋哲学→300円


早分かり 角道オープン四間飛車 定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)→所司和晴プロの。400円ぐらいKindle版のほうが安い。


決定版!超速▲3七銀戦法 (マイナビ将棋BOOKS)→畠山成幸プロの。Kindle版のほうがこちらも500円弱安いです。

東京将棋道場が3月7日に無料開放

いやーこれは面白い試みですね。

2014年2月21日 update
『道場感謝デー』のお知らせ
平成26年3月7日(金)を『道場感謝デー』として、道場を無料開放いたします。
道場無料開放時間は、午前10時から午後4時30分です。
通常通り、手合い係が対戦をつけます。
また、道場隣にある会場では適宜、プロジェクターを用いてニコニコ生放送・名人戦棋譜速報(A級順位戦)を放映。観戦無料です。こちらは、午後5時頃まで行う予定です。
これまで一度も千駄ヶ谷の将棋会館に訪れたことがない方、この機会に是非ご来場ください。3(み)7(な)さん、いらっしゃい!
※当日は師範棋士指導対局・女流棋士スーパーサロンが行われます。
  こちらにご参加かされる場合は、通常の料金がかかります。
※金曜トーナメントは14時から開催いたします。
※道場および会場内が混雑した場合、消防法により入場を制限させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
公益社団法人日本将棋連盟
事業部道場課 TEL:03-3408-6167
dojo@shogi.or.jp




装置産業なのでこういうのはありだと思います。まずは行くことへの心理的な障壁が大きいのでそれを取り除く…というか。

あとは交通の便がそんなによくないというか、やっぱり駅から歩くので地図とか先着何名までに何かプレゼントとか、買いやすいお金を出しやすい何かがあるとか、まずは来てもらって、次にお金を使ってもらう仕組みが必要だと思います。

次回に使える券、割引券とかそういうものを、新規客でかつ三局以上指したとか三勝以上した人にはあげるとか。

このへんは風俗店の仕組みが参考になるような気がしますね…(-。-;

イベントデーとか、新規向けのとか、アンケートとかね。

将棋ウォーズで段位認定可能に!

昨日の夜に終わった将棋ウォーズの大会最終日ですが、それに合わせたニコ生放送があったようです。

私は海外リゾートでがっちり真っ黒になりながらのまさかの競馬。からの大勝。からの今週はカジノに移動して儲け分を突っ込む予定…(-。-;。

ニコ生は今書いた近況とは全く関係ないですが、見てませんでした。ただTwitterのタイムラインを見ていたので、この将棋ウォーズで段位認定可能になる話を知りました。

色々な反応があるし、こういう取り組みは全て良いことだと思いますが、やはりあるのが、雑誌の問題で認定するのと、道場での認定、24そして将棋ウォーズでの認定にバラツキがありすぎることが話題になってました。

でも恐らくはそもそもの段位認定と取得のメインだった雑誌の認定問題が、より実戦的に、そしてインターネットに移行したと思えばまあ悪くないのではないかなと。

そしてそういう意味で、同じ位置づけとして捉える場合は、最も棋力が高く出る将棋ウォーズでの認定が一番良いとおもいます。

あとは段位取得に関わる値段についての話題も多かったです。この辺の議論を見ていていつも思うのは、実はその問題はもともともっと昔のところに問題があって、今更どうこう言っても構造的な問題なので難しいんだよなぁという。

身を切るような断行はなかなか難しいものですから。

免状認定がビジネスとしてどのぐらいの収益インパクトがあるのかは公益社団法人の収支報告書を見ると書いてあったかもしれません。普及事業として一山になってたかも。

でも、ぱっと見は高いし、この価格を下方向に移動させて行くと、申請数が逓増して、絶対総額としての最大値を取るような申請料の位置が何処かにはあるはずです。でもそこの地味な調整ではそんなに大きな収益改善に至らないのではないかなという気はします。

あとは免状認定出来るという文字通りのお墨付きな話なので、金ではなくプライドの問題なのだ、という側面も大きいのでしょう。そうなった時点で事業としての云々はほぼ関係なくなります。関係なくなりますがチャネルをどんどん増やして行けば、少なくとも申請数におけるネガティブインパクトはないはずなので、悪いことではないとおもいます。

あとは、将棋ウォーズでの大会や課金と絡めて、段位認定戦を定期的に開催するのがいいと思います。24でもいいのですが、参加のためのエントリーフィーを払って、それで優勝なりの条件を満たすと免状発行や、参加賞のグッズプレゼントとかがある。

事務処理や配送対応が煩雑にならないような仕組みは必要ですが、ECにはある程度の慣れがある販売部がありますので可能だと思います。

エントリーフィーを三千円ぐらいにして、今の将棋ウォーズの大会規定に絡める形で段位認定の条件をセットしつつ、参加賞は配送費削減と発行部数増やす意味で、その時点の新刊書籍の先行販売を兼ねる…とか。書籍の価格は多分1500円とかで、書籍の配送費は安くできるので、参加賞条件を高くし過ぎなければぼちぼち現実味のある話じゃないかな…と思うんですがどうですか、林社長、片上理事、遠山編集長!(≧∇≦)

初段になりたかったら、この本は必読です。
初段になるための勉強法

将棋連盟公式のイベントカレンダーが登場!

おはようございます。ビーチですが、ずっと曇ってます…(-。-;

今朝、日課のウォーキングをしていたら浜辺で百ペソ拾いました(笑)。早起きは三文の得ならぬ百ペソの得。

その金で、早朝のタホ売りが居たので、食べました。三十ペソなので少し高いですかね。でも素朴な味でこれを食べるとフィリピンに来たなあという気持ちになります。

さて、今朝の将棋ブログ周回で遠山編集長のところで知りましたが、遂に将棋連盟公式のイベントカレンダーが登場したようですね。

将棋連盟公式イベントカレンダー

こちらになります。多分、Googleカレンダーを使ったやつだと思います。充実するといいですね~。


今朝も曇ってます…。

将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>