今日の見所、渡辺棋王への挑戦者は誰か? 11/17(金)

11月17日(金曜日)の注目局は、なんといってもこれでしょう。

棋王戦 挑決トーナメント 佐藤天彦 永瀬拓矢

棋王戦ベスト4、右山の戦い。ベスト4以上は2敗失格システムなので全員にチャンスがあります。黒沢・三浦・佐藤天・永瀬の全員に。
トーナメント表はこちら。https://www.shogi.or.jp/match/kiou/43/honsen.html

若手で今もっともタイトルに近そうなのは佐藤天名人と永瀬さんと豊島さんかな?とおもっています。黒沢さんは大健闘ですね。三浦さんは元タイトルホルダー。

佐藤天彦名人と永瀬拓矢さんの対戦成績は名人の2-0。ただし両方共名人が先手でしたし、短い時間の棋戦でした。対戦数が少ないので実力差でいうと激戦必至でしょう。戦型は最近またトレンドが変わっているので読みにくいですが相居飛車でしょうか。雁木系含みの力戦、とか。両者ともに受け将棋の印象があります。タイプがにてると星が偏る…ことがあるのかどうか?は本局でわかるかもしれません。


王座戦の一次予選もなかなかおもしろそうですね。

王座戦 一次予選 神崎健二 三枚堂達也
王座戦 一次予選 村中秀史 近藤誠也
王座戦 一次予選 渡辺大夢 杉本和陽

ベテランと若手という組み合わせが2つと若手同士が一つ。優勝経験のある三枚堂さんと近藤誠也さんがどこまで走るか?に注目ですね。杉本さんは星が順位戦に集まってなくて苦しい状態ですが、アマチュアが参考になる振り飛車をさされます。強い所にも勝ってるので注目したいです。

佐藤天彦(amazon検索結果)

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐藤天彦 永瀬拓矢

プロ編入試験、イケるか?横山泰明六段-加来博洋アマ

第40期棋王戦予選 横山泰明六段-加来博洋アマが今日行われる。ここに勝てば資格を得ることになる。

加来アマといえば、過去に奨励会三段への編入試験を受けて惜しくも受からなかったことがある。ご自身が29歳の時だった。試験自体はギリギリの結果だった。

同じ元三段の今泉さんは三段リーグ再参加されたが、四段になることは叶わなかった。

今回は瀬川方式なので、なかなかにチャンスがあると言える気がする。当たる新四段たちの実力にもよるが大舞台という意味では、新人王戦の決勝をやったり、アマのタイトルを経験してる加来博洋さんの方が上だし、試験となればファン全体の応援が加わるので、敵役としてちゃんと勝ち切るのは、かなりの精神的な太さが要求される。

加来博洋さんはここまで対プロ戦で直近12局での結果が9勝3敗となっている。今日の勝負で横山六段に勝てばプロ編入試験の権利を得るわけだが、相手の横山プロも決して侮れない相手。

糸谷プロが新人王になった時の対戦相手であり、その当時は正統派の振り飛車党だった。最近はちょっとみてないのでわからないが、まだ振り飛車党なのではないかなと思う。

全く想像できないが、この前の加来博洋さんと窪田プロのような相振り飛車模様の力戦になるのではないか。

横山プロは隙あらば穴熊にするような気がする。そして、加来博洋さんは広さを活かすような戦い方。正直言って、私は加来博洋さんの将棋が大好きなので本当にがんばって欲しいと思う。

Tag : 加来博洋

電王戦の裏で人間らしさ 第40期棋王戦予選 加來博洋vs窪田義行

電王戦第二局と同じ日にこの対局があった。密かに?Twitter上では対局開始前からこの組み合わせに騒然として、もしかすると電王戦の第二局よりも面白いかもしれない…と言われていた。

観る将棋ファンであれば必ず抑えておきたいのがこの二人。窪田義行プロは花村門下の棋士でその言動の面白さと将棋の作りの面白さの両方で有名。才能的には小学生名人になっているぐらいなので相当なはずだが、その棋風は全く自由奔放。プロ棋士やファンからは窪田ワールドと呼ばれている。

振り飛車党で序盤の多少の不利は苦とせずに自陣がゆがめば歪むほどに力を発揮するタイプ。昔気質の振り飛車のDNAがかなり残ったタイプで、未だに先手番の藤井システムを用いることがあるのはこの人とあと一人二人ぐらいしかプロ棋界には残っていない。他の棋士たちは居飛車穴熊に駆逐されてしまった。そういう棋士です。

そして対する加來博洋さんはアマチュアトップクラスの棋士で、元奨励会員。三段リーグでの成績も悪くなく実力はプロ平均値以上あると考えて良いと思われる。こちらも得意戦法は右玉であり徳俵で踏みとどまる棋風というか、普通にみると必敗と思われるような将棋をいくつもひっくり返すことで有名。

大逆転につぐ大逆転で新人王戦の決勝まで進み、しかもその決勝でも大逆転をみせてアマチュア初の新人王まであと一歩という活躍を見せた。

そんな二人の対戦なので、面白くないはずがない、というわけです。

戦型は加來博洋さんが先手で相振り飛車…だったはずが27手目に玉が何故か6八に上がる。角が77、飛車が88にいて、玉が68。この時点で頭がクラクラしますが、右玉党が対振り飛車で左玉をやろうとするとこうなるものなのだろうか。

その後すぐに、何事もなかったかのように6七の地点に玉があがる。29手目で玉が三段目にあがる将棋というのは恐らく最速ではなかろうか…。

その後、後手玉がアナグマになった時点で先手が勝ちにくいと思ったのだが、まんまと相手の術中にはまっていたのは後手のほうだった。玉の堅さは上回るものの、後手の攻めが細く、むしろ先手にとって有望な局面が出現していたというのだから驚くしかない。

最後は綺麗に必至をかけて、先手玉に詰みがなく加來博洋さんの勝ちとなった。これでプロ編入試験まであと一勝とした。


プロ編入試験とは「公式戦で10勝以上かつ勝率6割5分以上の成績を挙げれば受験できる。四段の棋士5人と対戦して3勝すれば合格し、フリークラス棋士となれる」というもの。

これはかなりアツいです・・・。もちろん私は加來博洋さんにプロになってもらいたいです!

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 (角川oneテーマ21)は370円@Kindle

覆す力(小学館新書)こちらも今ならKindle版が新書版の半額。

泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ (講談社文庫)→そしてプロ編入試験といえば何と言ってもこちらですね。






テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 加來博洋 窪田義行

クララが立った!(アキラが振った!)第39期棋王戦第2局▲三浦弘行vs△渡辺明

アキラが……アキラが振ってる……

振ったー振った! アキラが振った! わーい!


いやーやっぱり予想通りでしたね。大体棋士は意地っ張りだから絶対ふると思ってました。佐藤康光戦での投入があり、どちらも負けましたが羽生さん相手に作戦勝ちというか模様の良さは得られて、ここでも後手番なんだしせっかくの投入機会としてはボールカウント的にも絶好。

多分、佐藤康光戦で投入する前から、この後手番が二回続くところで試す前提で、ある程度の中期の事業計画ならぬタイトル戦対戦計画にもとづいてのゴキゲン中飛車投入なのでしょう。

みうみうの対策に注目ですね!


と思ったら、狭いところを深く研究する男by行方尚史 であるところの三浦弘行はやはり超急戦!!!カッコイイ。どっちもかっこいいわ、あんたたち!(オネエ言葉


ゴキゲン中飛車で行こう (マイナビ将棋BOOKS)

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 三浦弘行 ゴキゲン中飛車

棋王戦第一局渡辺棋王、先勝。もひろゆきの凄み。

いや~、死闘という言葉がまさに相応しい戦いでしたね。第一局から大盛り上がりでした。

横歩取りで後手が大模様張る将棋は、最近たまに見ますが案外後手の勝率が良いので、今回も後手が良さそうに見えたのですが、先手で負けたこともある渡辺棋王はしっかり対策というか、準備がありましたね。

角打ちからは先手がペースを握ったとのことでした。ただし、この後手の中原囲いの中住まいというのは玉の耐久力が半端ないですからね。

細い攻めでグイグイ押した渡辺棋王が9三の桂馬を拾ってひと段落。ここで押し切れないのであれば後手にもワンチャン…という感じでしたが。

最終盤は、持ち時間をたっぷり余していたはずの渡辺棋王も秒読みとなりつつ、双方の玉が前線に引っ張り出される格好になりました。

渡辺棋王の秘奥義としては玉を固めるのがうまいくせに、玉が泳ぎだすとめちゃくちゃ泳ぎ達者…という二面性がありますが、まさにそれが発揮されての勝利。

みやこ詰めならぬ、みやこ詰め…って一緒だな…ええと、つまされるのではなく、詰ませる王様が五々の地点に居るのはかなり珍しい気がします。

ひろゆきのタイトル挑戦は三四年振りかと思いますが、この男、そうだったこういう無我の境地というか、ベストを尽くすことを厭わない…というのとも違いますが、変な雑念が入る隙がない。諦めて負けることだけは絶対にない、例の手が動かなくて投了…みたいな、あの投了の凄みを今更ながらに感じている私です。

次からもこういう姿勢でくることは間違いないわけで、それを渡辺棋王が心理的にどう捉えるか?がこの勝負の趨勢を分ける気がします。

何しろあの七冠フィーバーのさなかに奪取したおとこですから。名人戦で、私がなっても良いのだろうか…という逡巡については、何人かの逸話で残っていますが、そういうものが湧き出ることすらないぐらいに盤上にダイブしてる男なんですよね。

というわけで、ここからもかなりの激戦が期待されます。

Tag : 渡辺明 三浦弘行