一番長い日の感想っぽいもの。

久しぶりに…。

希望していた結果だが、まさか本当に実現するとは…。

第73期A級順位戦は最初の三局が終わった時点で、佐藤行方の三連勝、三浦阿久津渡辺が三連敗と星がばらついていた。通常はこれで連敗者は終了としたものだが、順位戦は順位がモノを言うのと、絶対王者としての羽生がリーグ表に居ないので、まだ渡辺明にチャンスはあると私は考えていた。

特に負けた相手が、順位戦適正の高い森内、世代代表格の広瀬を含んでいたのと、残りの対戦者との過去成績から考えて残り全勝は十分にあり得るだろうと。

渡辺明という棋士は常に期待され続けてきた。され続けると同時に羽生世代、過去の中学生棋士達と比較され続けてもいた。期待や周囲の声というのは無責任なもので、そういうものをうまくやり過ごせるかどうか?という意味では渡辺明はかなり優秀な資質をもっていると思う。

今期もスタートで出遅れることでうまく周囲の目線をかわすことができた。勿論意図して負けたわけではないが、本能的に勝負所とそうではないところでうまく切り替えることができるというか。

それはちょうど、プロ野球のエースピッチャーが全員には全力投球せずに、八分の力で普段は投げて、ランナーを背負ってから徐々にその本気を見せていくのに似ている。満塁のランナーを背負った時の田中将大投手のような活躍を、第四回戦から渡辺明は見せることになる。

もう一本のヒットも許せないという状態で渡辺明は鬼勝負をすべて切り抜けていく。そして迎えた将棋界の一番長い日。相手は競争相手である久保利明九段。先手番ということもあり、勝ってくれるのではないか?とは思っていたが圧勝だった。

69手という短手数で振り飛車の第一人者であり、菅井という棋界一の振り飛車研究家をトレーニングパートナーとしている久保利明九段を研究で上回り圧倒してくれた。

特に印象に残ったのは5八銀と締まった手。あれはコンピューター風でもあり、玉の堅さを重視する渡辺明らしい手でもあった。この戦型における一つの定跡が確立した瞬間でもあったように思う。

降級は三浦と阿久津。三連敗スタートした順位下位の二人が結果的には落ちることとなった。一年の長い戦いが最初の三局で決まっていたとも言えるが、勿論それは結果論である。

前年の名人だった森内九段ですら最終戦で負けていれば降級する可能性があったし、三連勝スタートだった佐藤康光九段が八番手まで後退して終えている。羽生世代の郷田・森内・佐藤という並びで来期を迎えるわけだが、上がってくるのが佐藤天彦、屋敷伸之であることを考えると、来期この三人の中から一人は落ちてもおかしくないように思う。

四人プレーオフというのは、大山先生が亡くなる直前に一度あったっきりらしい。当人達にとっては大変なことだろうが、将棋ファンとしては純粋に追加の楽しみなので本当にありがたい。出遅れてくれた渡辺明二冠と、リーグ戦から抜けてくれた羽生善治名人に本当に感謝したい(勿論冗談です、その他の棋士のファンの皆様ごめんなさい)。

プレーオフについては基本的には順位の上の棋士のほうが有利だと思うので行方か渡辺が挑戦者になるような気はしている。ただ爆発力やその才能でいえば広瀬もかなりあり得るし、精神的なタフさでいえば最も修羅場をくぐっている久保利明九段が一番のような気もする。ファンの後押しとしても振り飛車党代表として久保利明九段への声援が一番大きいのではないか。

ただやはり、私は三連敗の時にここから全勝ならプレーオフはぎりぎりあり得る!と信じ続けていた人間として、渡辺明二冠に挑戦権を獲得して欲しい。B1時代にやきもきさせられたことがちょうど今回の展開にだぶっている。唯一羽生善治名人に互角の星を残している渡辺明に、挑戦権を得て欲しい。

羽生善治名人や羽生世代は相変わらず強い。しかしこの力がどこまで続くかはわからないし、一方の渡辺明二冠もひとつの高みに現時点であることは間違いない。文字通り棋界最高峰の二人が、それぞれ自身の実力の頂点にあるうちに、名人戦の舞台で戦う姿を見たい。

まずはひとまず、プレーオフを楽しみたいと思います!A級棋士の皆様、本当にお疲れ様でした!そしてプレーオフ出場の四棋士、良い勝負を見せてください!

久しぶりに順位戦の成績表を観て思ったこと。

最近、順位戦の将棋も全く並べられない日々な訳ですが、久しぶりに順位戦の成績表をみました。

A級はなんとなく久しぶりに佐藤康光先生が来そうな気がしますね。渡辺明は早くも二敗なので、残り全勝ならば届くと思いますが。

B1は天彦ととよしーが来そうです。谷川先生は連敗なのですね…。

B2は糸谷とベテラン勢の誰か、でしょうかね。

C1は菅井君が取りこぼさずに行くと思います。ここまでのクラスは高齢な人達ほど、高級店に近い傾向にあります。

問題はC2です。連勝者がたくさんいるので、降級点争いのラインが上がっている可能性があります。そして恐ろしいのが、若手も結構もらっているし、今期ももらいそうな所です。

今泉アマがプロ入りを目指して戦う訳ですが、プロになったらなったで、その成績はどのぐらいの所に収まるのか?と考えると、本当にプロ棋士のレベルの高さに震えますね…(-。-;

そろそろ電王戦の記者会見がありますが、ドワンゴ様には新棋戦の設立など、棋士の財源に貢献する何かをお願いしたいですね。





今年のA級も先手がかなり勝ち越しそう。

いやーまたもや更新間隔があきました。色々大変でして…(-。-;

あまり観れてないので印象論になりますが、今年のA級も先手がかなり勝ち越しそうですね。なんというか、渡辺明、三浦弘行というところがこんなにあっさり負けるんだな…という。

ちょっと研究云々ではどうにもならないような感じになって来ているような印象を受けました。

今期のここまでのA級では広瀬章人が深浦康市に逆転勝ちした将棋がありましたが、あれもかなり先手が良さそうに見えました。

コンピュータ将棋では、初期値としての後手番評価値がマイナスから始まるので、それを挽回するような手や構想を見せることが多いので、不自然な、不思議な将棋になる…みたいな話を遠山編集長が言っていた気がしますが、人間の後手番も似たような無理をした構想が目立つような気がします。

今後、後手番で有力な作戦は出るのでしょうかねぇ…



名人戦の前に第72期順位戦の振り返り。

これは確かもうKindle版でしか買えないはず。将棋世界Special「谷川浩司」~光速と呼ばれた男~

さて。名人戦もそろそろ始まりますね。まだもうちょっと先ですが。

ということで簡単にA級からC2まで第72期の順位戦を振り返りたいと思います。

名人挑戦は羽生さん。やはり頭一つぐらい抜けてますね。またもや覆す力を発揮されてしまうのかどうか?が大いに気になるところですが。。

降級は屋敷谷川。ぎりぎりセーフだったのがなんとこの前NHK杯で優勝した郷田さんなんですから、A級のハイレベル具合が分かるというものです。

B1からの昇級は阿久津と広瀬。なんとなく才能通りの順当な昇級と思われますが、もはやふたりとも若くないんですね。特に阿久津さんは十代四段からの三十代初A級ですか。近年の突き抜けられない昇級組の印象がかぶります。広瀬さんは計算能力というかIQの高さはあるものの、序盤戦術がどうなんでしょうか、ちょっと通用しない可能性もありますが、持ち時間ちゃんと使ってくれれば期待出来るかもしれません。

降級は高橋鈴木。高橋先生は後手番の中座飛車が辛くなってきたところ、鈴木先生は一手損に切り替えたもののやはり戦術的な難しさ、ということで両者ともに実力云々よりも作戦トレンドによるところが大きいですかね。花形の職業だと思ったらリストラにあった・・・というような日本の社会を思い起こさせる切なさです。

B2の天彦・慈明も順当。ここはB1も一気に突き抜けてほしい豊島とセットでの候補ですね。降級点・降級はパッと目立つのは窪田義行プロでしょうか。振り飛車が本当に辛くなってきたんでしょうか。後手番で中座飛車もだめで振り飛車もだめだとなると、本当にどうするんですかね。。プロ将棋怖いですね。コンピュータ将棋はもっと怖いのだけれども。。

C1はダニーと佐々木慎。ここも順当でしょうか。佐々木慎プロは本当に将棋系のニコ生でみて思いましたが、キャラ的にすごく面白いし、いい意味で普通の人ですね。変なエグミのない、一般的な人。それでいてちゃんと将棋も強いということは、普通の社会人のようにちゃんと将棋に取り組んでるからこその昇級なのだろうなと。勿論才能ありつつ、ですけど。ダニーは言うまでもありません。昨日の将棋中継の将棋もそうですが、ああいう危なげのある将棋が魅力なのでバランスが難しいですが次もがんばってほしいですね。

文吾北島の降級点消しが素晴らしい。降級点で目立つのは大平先生ですかね。またブログとツイッターを3年以内に寂しくなって始める…に4000ペソぐらい賭けたいと思いますがどっかに賭場たってますでしょうか?

C2は大石・澤田・佐々木。大石の指し回しが底をみせていない感じなので次も気になりますね。すごく落ち着いた指し回し。残りの二人も才能ある将棋なので次も昇級候補です。特に佐々木は世代代表者としてもっと活躍してほしいです。

降級点は20代3名にもつきました。これは本当に恐ろしい展開ですよね。せっかく四段になったのに…という。実力社会といえば聞こえはいいですが、何の保証もない世界とも言えるわけで。

名人戦はどうなるでしょうか。そろそろ羽生さんにとってもらいたいところですが、そういう風潮になると力をより発揮する森内さんなので、まずは羽生先生も覆す力を読んだ上で勝負に臨んでほしいところですねw

関連するタグ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

順位戦A級、一番長い日が終わる。

4月26日発売。これは面白そうですね。将棋指し57人の日常

さて。

A級順位戦ですが、ついに一番長い日が終わって、そして本当に長い日になったようですね。

私は翌日の野暮用などで行けなかったのですが、盛り上がってたので来年以降はなるべく調整したいと思います。

まずは結果から。

羽生善治挑戦、降級は谷川浩司、そして屋敷伸之。屋敷さんは3-6での降級なので深浦さんの4-5での不運というものとは少し違いますね。電王戦の準備等もあり、本人も言い訳にはしないでしょうが、全く関係無かったというわけではないと思います。

私はコンピュータとの対戦はしないのですが、理由としてはやはり感覚が破壊される…ではないですが、微妙な違和感を覚えずにはいられないからです。指し手の呼吸というかそういうものからして異質ですし。とはいえ、研究で使うプロも多いでしょうし、勿論コンピュータとの対戦を経て更に活躍している棋士もいるので難しいところですが。。

以下、ひとまず事実情報から。その後少しだけ感想を続けます。

[A級]
行方 尚史八段(6勝3敗)○-●屋敷 伸之九段(3勝6敗)…20時59分
郷田 真隆九段(3勝6敗)●-○羽生 善治三冠(8勝1敗)…23時18分
深浦 康市九段(5勝4敗)●-○谷川 浩司九段(2勝7敗)…23時36分
佐藤 康光九段(5勝4敗)○-●渡辺 明二冠(5勝4敗)…23時38分
三浦 弘行九段(4勝5敗)○-●久保 利明九段(4勝5敗)…2時0分


[A級成績一覧] ( )内は順位

【8勝1敗】羽生(1)
【6勝3敗】行方(9)
【5勝4敗】渡辺(4)、佐藤康(6)、深浦(7)
【4勝5敗】三浦(2)、久保(10)
【3勝6敗】郷田(3)、屋敷(5)
【2勝7敗】谷川(8)

そういえばこの日は対局を少し早めに開始したようですね。屋敷さんの敗戦を先ほど並べましたが、ちょっと不出来というか将棋の作り的に接戦になりにくいものだったような気はします。

行方尚史はなんというか、こういう全くプレッシャーのかからない展開では伸び伸びとその実力を発揮する印象があります。この実力をちゃんとプレッシャーのかかるところでも出せるかどうか?が団塊ジュニア世代の典型的な課題だと私は考えているのですが。そういう意味では三浦弘行と対極に位置する存在であり、それぞれが団塊ジュニア世代の代表として特徴的なタイプではないでしょうか。(世代論は…というのはありつつも)。

この順位二位を来期活かせるかどうか?ですね。

渡辺明二冠は例によってボールカウントの良い所で、消化試合ではないものの、影響の少ないところでトライアルとしての角交換振り飛車を投入してきました。このルーキーは来期活躍できるのでしょうか。それにしてもいい意味でA級とは思えない将棋になったのは、佐藤康光先生の人徳?ですねw

正直言って、振り飛車がうまくないとは言いませんが、いわゆる居飛車党の振り飛車だなあというのが個人的な感想です。居飛車党でたまに後手番でこういうことを演る人には分かってもらえると思いますが。なんというかやっぱりぎこちないですよね。

羽生さんは郷田さんに後手番の角換わり腰掛け銀を受けて立って余裕で勝ってましたね…なんなんでしょうかね、本当に。実力を最も発揮できる持ち時間の将棋でしっかりと勝ちきられると、長い間戦い続ける相手としては苦手意識をもたないほうが難しいというか。

しかも盤外じゃないだけに余計にたちが悪い気がしますw

人間的にも尊敬できるのに完膚なきまでに叩きのめされる。盤外戦術を全く使わないことがこういうことになっていくんだなという。

勿論、色々難しいところはあっての後手勝ちなんでしょうが、ぱっと並べただけだと後手つええ!ってかんじですよね。桂馬ではなく金でとるところとか、馬引きつけてからの指し回し・間合いは流石の一言でした。

深浦谷川戦はひとまずおいておきますか…少しだけ触れると深浦さんの負け将棋らしいな、という感じでしょうか。変なところに固執する空回り感のある将棋のような気がしました。

で、ですね。三浦弘行と久保利明の長時間に渡る戦い。これはなんというか、久保利明プロの良い所が発揮されまくってますね。降級とか残留とか、そういうのを超越した将棋でした。

なんというか、何度も羽生さんや羽生世代に折られて、それでものし上がってきた文字通りの鍛えや凄みを感じる将棋。

渡辺明プロの振り飛車と比較するとわかりますが、なんでしょうかこのネットリ感はw

ねちっこいんじゃないんですよね、ねっとりしてるんです。びびって控えるのではなく、次の覚悟が決まってるからこその備えという、振り飛車の本質が、真髄が随所にありますね。

やはり居飛車とは間合いの取り方が違うんだなあと、感覚的にはぁ~と唸らされる、驚かされる手が延々と続く感じ。ここ、壊してからまた修復するの?だったらなんで壊すの?みたいな。

行方尚史よりもロックですね。サーチアンドデストロイならぬ破壊と創造というか、杉本プロや窪田義行プロも特徴的な将棋ですが、久保さんのはもっとベーシックな感じではあるものの、そして超一流どころに互角以上に戦えるのに、やっぱりこういう居飛車からみて異質というか、簡単には負けないつくりなんですよねえ。

この日の将棋をみていて思ったのは、来期以降、居飛車党は本当に後手番の作戦が辛くなるだろうなということと、振り飛車の再度の流行の兆し、でしょうか。

たぶん、来期は振り飛車が来ますね。色々な意味で。そして昔のように力戦調の将棋が増えて、細かいアドリブを混ぜ込んだ、少しだけ悪いはずだけど、それでも力でそれを乗り越えていけるタイプの棋士が活躍するような気がします、はい糸谷哲郎ですねw

いやーいいもんみせてもらいました。応援掲示板(http://member.meijinsen.jp/pay/bbs/meijinsen/2014/03/07/1.html)の最後の方にのっている三浦弘行の言動がぐっとくるので、是非みてみてください。これみるだけでも、今期一年間順位戦に金払ってきて良かったなと思いました。やっぱり一年通してみるからこそ来るものだと思うんですよね、この感慨は。

三浦弘行の横顔が表紙ですね、そういえば。将棋世界 2014年 04月号 [雑誌]

関連するタグ 羽生善治 渡辺明 佐藤康光 行方尚史 屋敷伸之 深浦康市 谷川浩司 久保利明 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク