羽生善治2.0 朝日杯で優勝!短期決戦の面白さ

いやー面白い準決勝、決勝でしたね。

結果は羽生善治三冠の優勝となりました。

準決勝は、渡辺明二冠が角換わりからの穴熊、猛攻での圧勝でした。居飛車党であれば惚れ惚れする将棋でしたね。短期決戦らしい、穴熊の暴力、タコ殴りな将棋でした。

そして準決勝もう一方の山は矢倉からの先手豊島将之プロが穴熊。後手の羽生さんはなんと雁木からの先攻。横に弱いので飛車を渡すタイミングだけ気をつけなければいけない・・・という将棋ですが、飛車を渡さずに勝ち切りました。穴熊に雁木で攻めきるとかどんな人なんでしょうか…。

ここで短期決戦においては二つの傾向があることがわかります。穴熊のように実戦的に固めてドン!という方式。もう一つは羽生さんが準決勝、決勝で見せたような、駒落ちの上手のような薄い玉を苦にしないような戦い。

準決勝の豊島戦は、後手で先攻出来るということと、飛車さえ渡さなければ上部は厚い雁木、ということでわかりやすい展開になると踏んだんでしょうかね。

決勝戦の横歩取りは私の予想通りでしたが、まさかこういう力将棋?になるとは思っていませんでした。一目後手が変化球を投げている印象で、こういうのは渡辺明森内俊之以外には通用するんだろうなーとリアルタイムで呟きました(失礼ですね…)。

途中から後手のひねり飛車模様になったところからが一つの転機でしたでしょうか。明らかに渡辺明二冠が指しやすそうな雰囲気で進めていき、恐怖の三枚替えが実現したわけですが、そこが羽生マジックというか、勝負術でしたね。

感想戦で示された72手目の局面で、先手がじっと桂馬をとっておくぐらいで…(後手は辛い)という羽生さんのコメントがありました(ニコ生で言ってました)が、渡辺明二冠は強気に飛車交換の順を選びました。

先手玉は見た目以上に狭いわけですが、攻め合いでどうにかなるという手順です。そこで出た80手目の3一歩がやはり対抗型のような味わい深い振り飛車の一手。そうです、ここではもはや振り飛車と居飛車の対抗型のような将棋になっているわけですね。そうなると先手玉が舟囲いよりも不安定で左の金銀があまり役になっていないのがすごく気になるわけです。。

後手が駒損を少し回復しながら自陣に馬を引きつけたところではすでに後手が良い…まではなくてもかなり盛り返した印象です。

後手に△4三香という手が出て先手がせかされる格好となり、龍を切ってラッシュをかけますが届かず、桂馬をとって一呼吸あいた時に、後手の羽生善治三冠が一気に寄せ切ってしまいました。

この辺はリアルタイムで見ていて圧巻でしたね。そして詰みを悟った、負けを悟った渡辺明二冠の顔色が本当にさーっと変わったんです。長時間のタイトル戦だとこの辺、心の整理が行われて徐々に静けさが訪れてくる余地があるわけですが、そういうのとはまた違った楽しさがあります。

ニコ生ドワンゴ主催のタイトル戦が今後もし開催されるのであれば、この朝日杯のノウハウというのは相当役立つと思います。私は今でも朝日杯のこのスタイル、準決勝決勝の行われる会場のクオリティと運営の素晴らしさも含めて、一番好きですね。

渡辺明二冠は不調ではないですが、このぎりぎりの攻めの上手さが特徴ではあるわけですが、先日の三浦弘行挑戦者との棋王戦でも思いましたが、攻めが続かずに桂馬拾う…という展開のあたりに、少しだけつなげるのが上手いがゆえに、ちょっとだけ細かった…みたいなところが二局たまたまですが続いてるのでどうなのかな?という気はしました。

羽生さんは本当に圧巻ですね。そしてこの人、多分負け将棋でも短時間のものでもそんなに表情とか変わらないタイプなんですよね。動きは大きいけど、特に負けるときの感情のブレがぐわーっと表に出にくいというか、出てもすぐ消えるというか、そういう印象があります。

この朝日杯における準決勝・決勝での羽生さんの勝ち方は年下、次世代の覇者たちとの新しい戦い方を見せてくれたような気がしました。まさに羽生善治2.0です。どこまでバージョンアップしていくんでしょうか…。


大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)


関連するタグ 羽生善治 渡辺明 森内俊之 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

雪の朝日杯、決勝は、渡辺明vs羽生善治!!

いやー、朝日杯、いっつも雪降ってませんか?そういう印象があります。雪の朝日杯、決勝は渡辺明vs羽生善治となりました。

冬将軍たる渡辺明二冠が連覇するのか、常勝将軍たる羽生善治三冠がここでも貫禄を示すのか。

戦型は短期決戦なので、後手を引いた人が横歩取りにするような気がしています!どうなるか?!

関連するタグ 羽生善治 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

今週月曜からの朝日杯が豪華すぎる件。


久保の中飛車

昨日のを今遅ればせながら見てるんですが、そして今日のラインナップと明日の取り組みをみると続々とA級、タイトルホルダーが出てるじゃないですか…。

しかもどの取組も、面白い戦型になっているし。

羽生久保戦、三浦藤井戦はアマチュアとしては見ても指しても楽しい対抗型ということで完璧ですし、歩越し飛車はやはりきまりそうで決まらないんだなあと思った羽生久保戦と、久しぶりの本家の藤井システム後手番でなかなか楽しい激しい将棋になった三浦藤井戦。

というか月曜日から始まってましたね…。月曜日のは、渡辺明二冠デーでした。めちゃくちゃつええ。それを再認識した一日でしたね。

そして昨日は羽生デー。羽生三浦戦は名人戦を思い出させるような横歩取りの対決となりましたが激しいやりとりの先にあったのは、先手羽生善治二冠の良い局面でした。

今日のはこれから見ます。移動完了したので明日のはリアルタイムで見れるかな…?

明日は屋敷デー…になるかどうか?
角交換四間飛車破り (マイナビ将棋BOOKS)

関連するタグ 羽生善治 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

順位戦の実力を早指し戦でも発揮出来る男。

いや~昨日の朝日杯、良かったですね。早指しで観ると楽しい棋士が集まったな~と事前に呟きましたが、やはりその主な相手先というのはこの男、大平さんでした。

基本的にいつも早指しなので、順位戦でも半分ぐらい時間を余して指してますから、いわば順位戦の実力と早指しの実力があまり変わらないという(笑)。

居飛車のがっぷり組み合う形からの力強い指し回しというのはまさにすもうとりを見てるようで…って体格のことでは無いですよ(汗。

本戦での大暴れも期待したいところですが、タイトルホルダー達も早指しは得意ですからどうなるか。穴馬としては旨味たっぷりの候補ですね。

話は変わって将棋ウォーズ。課金勢というか、棋神勢って言うべき人たちが結構居るんですね。なかなかに驚きました。このへんはやはり、カジュアルにソフト指し出来る環境を整えても、なんとなく後ろ暗さが漂う話だなぁと思いました。

関連するタグ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

渡辺明竜王、貫禄の優勝!第6回朝日杯将棋オープン戦(竜王讃歌記事w)(追記あり)

まず最初に、主催者である朝日新聞社の関係者各位に、将棋ファンのひとりとしてお礼申し上げたい。

朝日新聞社は、この第6回朝日杯将棋オープン戦準決勝・決勝戦の観戦を、2月9日(土)に東京・千代田区「有楽町朝日ホール」にて、抽選にて一般開放し、解説会・観戦会を行なっている。

これは、毎年行われているもので、私も抽選に当たって行ったことがあるが本当に素晴らしいものである。何が良いかといえば、有楽町朝日ホール。本当にこの会場で将棋の解説を聞けるというのが素晴らしい。

私は年に数回解説会やら、祝賀会にお邪魔させていただくことがあるのだが、腰があまり良くないこともあり、例のパイプ椅子を想像しただけで身構えてしまう。

勿論解説者の方はずっと立ちっぱなしであり、座って見てるだけの人間がそのようなことを言うのは失礼だとは思うのだが、あのぎちぎちに敷き詰められたパイプ椅子に座ったままで数時間解説を聞いた翌日の腰を思うと、それなりの覚悟をきめて、観戦に臨むのが常である。(実際はそんなことないので、是非未経験の方は行っていただきたいのですが)。

それがこの有楽町朝日ホール。ゆったりした席と観劇のための会場構成、音響設備。優しい暖かさの空調。完璧です。完璧すぎて、始まった瞬間寝る老人のイビキが唯一のガンですが、そんなのは全く気にならないぐらいに、本当に素晴らしい。

今年は残念ながら行けなかったのですが、今年から?は新しい取り組みもありました。それが「朝日新聞デジタルの将棋ページ」における、有料会員向けの第6回朝日杯将棋オープン戦ライブ中継。

これまた私は外出中だったので見れてないのですが、素晴らしいものだったようです。ネット・長時間配信・双方向性に優れた将棋というコンテンツを長い歴史のなかで確実に最も理解している新聞社ならではの、素晴らしい進化だと思います。(これはおべんちゃらではなく、本当にそう思います)。

・・・と、前置きが長過ぎるので、ここから先の本題は簡潔に行きますがw

渡辺明竜王、通称あきらたんが圧倒的な駒運びで優勝しました!

以上です。


・・・。

以上でいいでしょうか?

だめですかね?

たまにはいいですよね?


・・・というのも流石にアレなので、少しだけ。


菅井竜也五段vs△谷川浩司九段
相振り飛車でした。後手の谷川浩司先生が貫禄の序盤。相居飛車的な経験値が生きるのでカニ囲いからペースを掴む。後手としては歩を損しているものの、先攻できたということで満足と見ていた。

中盤の菅井竜也プロの構想が独特で力強いので豊富な早指し将棋の経験で培われたであろう、実戦的な手順で迫る。後手玉が丸裸、先手の手持ちが角2枚と歩、という状態で後手に手番が渡った。

ここでは如何にも光速の寄せが炸裂しそうな局面だと私はTwitterで呟いたのだが、端玉で凌いでからの、▲2八歩、▲4八角が鍛えの入った手段だった。秒読み将棋でもあり、彼我の玉の堅さの違いで既にここでは後手が勝ちにくい。

藤井猛プロの解説を見ている限りだと、それほど正着というか最善手ではないような手順のようにも思えたのだが、早指し将棋らしいスピーディーな指し回しで、あの光速の寄せの谷川浩司九段を相手にして、この勝ち方というのは本当に驚いてしまった。107手目、▲7五角は是非振り飛車党であれば指に覚えさせたい味の良さ。



渡辺明竜王 対 羽生善治三冠
たまたま強いところが続く宿命で三連敗中だった渡辺明竜王だったが、本局は圧勝だった。羽生善治三冠に中盤のミスがあったという感想が残っている。戦型は横歩取りの△8四飛車・中原囲い・中住まい、というコンビネーション。

先日の第71期順位戦B級2組9回戦、▲堀口一史座七段vs△佐藤天彦七段がちょうどこのコンビネーションだったのだが、後手が相当圧勝に近い形で勝利していた。正直、近年の後手番戦術でここまで作戦勝ちから中押しに近い勝利は見たことが無いな…と思っていたのだが、もしかすると渡辺明竜王もそういう認識をこの形に持っているかもしれない。

或いはプロの研究会では現状最もアツい戦型となっている可能性すら感じる。

そして本局は繰り返しになるが本当に圧勝だった。通常は、後手はワンミスで(上記の谷川浩司九段のように)先手は多少しくじってもそれでも残している、というのが現代のプロ将棋全般の印象なのだが、横歩取りという激しい戦型故に、先手でも一手しくじると奈落。しかも後手が先攻できて玉も堅い、というのが相当に美味しい。

43手目があまり良くなく、後手の先攻が炸裂した瞬間だった。ここからの指し回しは後手の渡辺明竜王は本当に落ち着いていて、いたぶるような指し回し、と言ってもいいぐらい(笑)

後手玉は一度思い出王手が掛かっただけだった。

この戦型は今後の注目戦法であり、もしあまりにも先手が思わしくなければ、横歩取らずが流行するかもしれない。



渡辺明竜王vs△菅井竜也五段
ということで、決勝戦はこの二人となった。前回、朝日杯の感想を書いた時に「世代交代はゆっくりとではあるが、確実に始まっている」ということを書いたのだが、まさにそういう認識を強める組み合わせ。

少し話がそれるが、渡辺明竜王というのは、羽生世代との濃密なタイトル戦経験がある最後の(最も若い)棋士になる可能性がある。近すぎた世代はそれ故にタイトル戦に登場することにすら時間を費やす結果となり、その下のややモラトリアムな世代は目覚めるのが遅すぎた。

その結果、中学生棋士として初期から第一人者になる覚悟があった渡辺明だけが世代という厚みではなく独力で羽生世代と対峙することとなった。

そういうなかで、渡辺明竜王が、△8四歩を一時期にしろ後手番の主力戦法としていたのは、互角に戦っていくためであったとしても、戦略全体を俯瞰して冷静に判断したのであろうが、正解だったかもしれない。

思えば、渡辺明竜王も一頃振り飛車穴熊や角交換型の振り飛車なども指していた時期があった。そういった試行錯誤のなかで、矢倉角換わりという、羽生世代が最も将棋の歴史のなかに知識を積み上げていった戦型で、彼らと対峙し続けて、そして結果を残したというのは大きな意味がある。

後手番をゴキゲンに逃げてしまった居飛車党や、収益性が下がった横歩取りにこだわりつづけて、自身の戦法ラインナップとその採用による経験値のバランスがやや偏ってしまった棋士と比べるとその意義は大きい。

ここ最近の新人棋士で私が注目しているのは、やはり佐々木勇気や斎藤慎太郎、八代弥のようなじっくりした矢倉を戦法の主軸に置いている棋士である。特に斎藤慎太郎のともすれば古風とも言える腰の重い指し回しは非常に好印象であり、今後の順位戦など長時間の将棋での伸びしろを感じさせる。(残りの二人の将棋も好きである)。

ただ、彼らがタイトル戦で羽生世代の絶頂期と対峙することは無いだろう。ゼロではないだろうが、渡辺明のように自身の成長期に羽生世代を養分として飛躍するような経験は出来ない。

時代の巡り合わせ的な考え方でいうと、谷川浩司にあたるのが渡辺明であり、天下を獲る前に、あるいは取りかけた時に次なる羽生世代的なものの襲来に苦戦するのではないか…というのが私のこれまでの考えだったが、最近はこれを改めている。むしろ、渡辺明の時代がくるのではないか。

横歩取りのような軽快な将棋も、矢倉のように重厚な将棋も、バランスよく指しこなし、攻守に優れていて、序盤も明るく、終盤の鋭い寄せもある。そして何よりも得がたい、将棋の歴史において最も層が厚いとおもわれる羽生世代の最強棋士たちとの、タイトル戦を始めとした大舞台での戦いという経験。

ここから10-20年単位で見た時の渡辺明というのは本当に面白い存在だと思う。早く七冠達成して、がっつり稼いでからの、一口馬主じゃなくて本当の馬主になって冠名「アキラ」もしくは「アキラタン」で統一して、リアルダビスタを堪能してほしいところだ。

・・・と、ここでも本題前の妄想が長すぎるということになってしまったが、決勝戦はゴキゲン中飛車に▲3七銀戦法から五筋の位を取り、じっくりした展開から後手の凡ミスにより形勢に差が開いて、危なげない勝利となった。

正直、この準決勝・決勝の将棋は将棋の内容としては見るところは少ない気がするが、渡辺明という棋士の強さという観点では恐ろしい程にアピールされるものがあった。冷静に考えて、トッププロと若手トップ振り飛車を相手にしてのこの内容というのはありえない気がする。

早指し戦だったので、将棋倶楽部24とか将棋ウォーズに例えると、段位の差が2つぐらいありそうな将棋だった。

また今回の朝日杯の解説者、藤井猛プロが最高だった。リップ・サービスも勿論あったはずなのでその点は誤解をしないでほしいのだが、ゴキゲン中飛車というか振り飛車に対する考え方・思想がとても良く伝わる解説だったので、決勝まで振り飛車党である菅井竜也プロが上がってきたのは本当に良かったように思う。流石に羽生善治vs谷川浩司、となった場合は藤井猛プロも解説に変な気を使わない訳がないでしょうし。。

ゴキゲン中飛車や振り飛車について聞かれた藤井猛プロが言った「あまり細かいことを気にしない人に向いているんじゃないかな(笑)」をはじめとする幾つかのコメントは振り飛車党、あるいは観る将棋ファンは必見と思います。

あまり将棋の内容に触れずに勝手な妄想ばかり書いてしまいましたが、現場からは以上です!



中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21)中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21)
(2013/01)
鈴木 大介

商品詳細を見る



捨てる力 (PHP文庫)捨てる力 (PHP文庫)
(2013/02/05)
羽生 善治

商品詳細を見る



先手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)先手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)
(2013/04/09)
高橋 道雄

商品詳細を見る



関連するタグ 羽生善治 渡辺明 ゴキゲン中飛車 菅井竜也 藤井猛 横歩取り 谷川浩司 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク