FC2ブログ

山崎隆之八段vs.渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠vs山崎隆之八段 (第13回朝日杯本戦T)の感想。

渡辺明3冠を決勝で見たかったですね。二人は巡り合わない運命なのでしょうかw

山崎隆之8段の相掛かりが炸裂しました。先手が常に主導権を握り、後手は防戦一方となり、囲いの不備を突かれた95歩でしびれてたように見えます。54手目の局面でなにかなかったか?という。

多分、54手目に王手両取りの筋はひとまず受ける必要がありました。銀をあがるか桂馬を跳ねるか或いは角でも打ってしまうんでしょうか。。。

そこからは若干もたつきましたが、トッププロ同士では逆転する形勢ではなかったですね。評価値はさておき、逆転しにくい展開になってました。珍しく渡辺明3冠にしては不出来な印象も受けましたが早指しですからね。

とはいえタイトル戦や重要な対戦が続く中でやや絶好調モードから落ちてきた気がしなくもないです。ダビスタファンの3冠はどうかんがえているでしょうね?w

午前もうひとつの対局、永瀬二冠vs糸谷さんはこれは永瀬二冠の圧勝でした。一手損はそういう作戦なので仕方ないです。一歩間違えると空中分解する、危うい作戦ですね。藤井聡太・永瀬二冠というVSコンビにおいては割と厳格に対策を備えている印象があります。阪田流向かい飛車を終わらせたのも藤井聡太の▲77桂を急ぐ構想でした。

19時からの永瀬二冠vs山崎隆之八段は永瀬二冠の先手。相掛かりのような比較的自由度の高い作戦では山崎隆之八段の奔放さと力強さとセンスが生きる気がしますが、角換わり腰掛銀の最新形、しかも工夫が必要な後手番としては永瀬二冠の研究範囲を考えると厳しいのかな?と私は対局前に思ってました(勿論山崎隆之八段も研究されていると思いますが自由度がもう少しある戦型のほうが良さが生きるというか)。

一昨日の藤井聡太vs斎藤慎太郎の延々と続く序盤とは異なり、先手の永瀬二冠が爽やかに41手目で仕掛けます。逆にいうとここで仕掛けても問題ない、ということでもあり、やはり研究の深さを感じました。

双方ひねった手順の応酬になりましたが初期値より先手が良さそうな状況が続きます。2筋の応接の後、先手が飛車を六筋に振り回してからの飛車切りが炸裂して先手の優勢が確定しました。

結果論ですが力強い後手の金上がりの結果、先手の角がなる手順が成立したので43金に変えて26歩とか桂馬を取りに行く手はなかったでしょうか?危険ですかね。。午前中の相掛かりの飛車に対する措置と味が似ているので、午前中に先手を持っていた山崎さんは逆にいいイメージが持てなかったのかも知れません。

これで本戦出場者が決まりました。
千田vs藤井聡太(藤井さんの2連相)、永瀬二冠vs阿久津九段(永瀬さんの5連勝)です。
そしてそれぞれの組み合わせでいうと…

藤井vs永瀬は公式戦初手合!!!
千田vs永瀬は永瀬さんの六連勝!!!
千田vs阿久津は千田さんの三連勝!!!
藤井vs阿久津は藤井聡太の1勝。


これは是非、藤井聡太vs永瀬拓矢二冠の公開VS対局的決勝を期待したいですがどうなるか?!
決勝戦は2月11日火曜日、建国記念日!!!


テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 藤井聡太 永瀬拓矢 阿久津主税 山崎隆之 糸谷哲郎

藤井聡太、遂に覚醒?(第13回朝日杯本戦トーナメント)

https://www.shogi.or.jp/match/asahi_cup/13/hon/index.html

いやー半端なかったですね、日曜日の藤井聡太さん。もともとは不得意なタイプ?だったように見える二人、菅井竜也の先手番中飛車と、斎藤慎太郎の用意してきた研究に対して、素晴らしい指し回しでした。

解説の三枚堂達也さんが「詰将棋・終盤力を受けに使っているかんじ」と解説していたのが印象的。ソフトの感性というか感覚というか、指し回しを見ているとお互いに最善を尽くしている場合は非常に地味な展開になると私は思っていて、そういう雰囲気を最近の藤井聡太さんの指し回しに感じます。

初戦の菅井さん、かなり作戦凝らしてきましたが、あの作戦は徹底的に藤井聡太に得意の駒(桂馬・角)を使わせないためのものだったのかな?と思いました。中盤までに桂馬が運用出来ず、角も22に隠居させていましたし。

実際それが功を奏していたのかはわかりませんがエラーのある人間にとって穴熊は精神的メリットがあります。11角を打たれた局面は絶体絶命に見えたのですが、感想戦の様子を観る限り、藤井聡太さん的にはそこまでひどいとは思ってなかったようです。実際の評価値はどうだったんでしょうかね?

角を詰まされて負けにしたという感想を菅井さんは残していましたがもしかすると、藤井聡太さん的には馬を切る激しい順でも受かっていると考えていた可能性が結構あると思いました。

そして面白かったのが感想戦。2時から対局なので割とあっさり終わるのかな?と思っていたら、菅井さんかなりアツかったのか割と長めにやってましたねwその後も三浦さんと調べていたようです。

2時からの2局目、斎藤慎太郎さんと藤井聡太さんは人間的なタイプも棋風的なところも、詰将棋が得意なところも、非常に似ている気がします。若干受け身の攻め将棋、角換わりを得意にしている、人間的に落ち着いている、真摯な雰囲気などなど。

久しぶりにプロの角換わりの最新形を真面目に鑑賞しましたが、もはや中盤までの指し方は意味不明過ぎますね。スポーツで例えると相撲のまわしの取り合い…みたいなのが延々と続いていました。

AIの発展により、人間的な精神安定剤のような穴熊や囲いすぎるとバランスが偏るのでその偏りを突かれてしまうと駄目、というのが大前提としてあり、その文脈で発展した最先端がこれ、ということです。昔から穴熊は邪道、棋理では違う指し方が正しいはず、というのはよく言われていたことですが遂にそれが実現した世界がこれ。

これはこれですごいなんというか…という感じはしますが、ちょっとの評価値の良さをそのまま維持して勝ち切る技術が高まった結果、穴熊や堅い囲いの実戦的優位性は薄れてしまったので仕方ないのでしょう。

藤井聡太vs斎藤慎太郎戦、71手に先手が35歩を突いて開戦したわけですがそこまでの評価値としてはほぼ互角~初期値程度の差異だったように思います。ただ後手の銀が後退したタイミングでの攻撃開始となり、先手が主導権を握りました。

ただ開戦してからの47銀はちょっと不思議な手順で、もっと良い攻撃続行の手段があったようにも見えます。具体的には端から行く…という感じですね。藤井聡太さんは初期値より悪くなって無ければ、互角以上であれば問題ない、という考え方なのか、確実に差を広げられる手段が見えない場合は待つ、というのが基本方針なのかもしれません。

その狙いは見事に的中し、77同金と取った形が非常にしっかりしており、後手の反撃がやや空振ってしまいました。直後の75歩がやや甘く、先手の銀が再び前進します。この辺も一発で決めるというよりは将来の相手の選択肢をどんどん狭める、真綿で締めるような手順です。局面を激しくせず、評価値のボラティリティを上げずに、良さを徐々に高めていく、という感じ。

大駒を盤上に手放すとき、具体的な成果がない場合は評価値は下がる…とおぼえておくとどのような手合いであれ、わかりやすい考え方になりますが、後手の55角がまさにそういう手でした。この角がもたらす成果がなく、単に目標となってしまい、ここでは先手が優位に立ちました。97手目のことです。

33歩が激痛、これで後手の角が助からず、先手の大きな駒得が確定しました。良くなってからの指し回しも油断せず抜かり無く。ただし投了図の決め手はかっこよいですね。こういう派手な決め方が藤井聡太七段の魅力、と師匠の杉本先生も常々仰っています(普通に桂馬成るぐらいでも先手勝勢だったと思いますw)

詰将棋の神聖さを支持する斎藤慎太郎七段はこの手で投了、一局目とあわせて格好良い投了図が出来上がりました。

この二局を見る限り、普通に以前より強くなっていますし、まだ成長することを思うとこれから数年で確実に天下を取ると思います。

あとは現時点で最強の渡辺明三冠との棋力差ですね。そこだけが測りかねているところです。噂?本人がある程度匂わせた感じでは永瀬拓矢二冠と藤井聡太七段のVSの勝率は藤井聡太さんのほうが高そうです。ただ永瀬二冠と渡辺明三冠ではまだ今の所渡辺明三冠のほうが強いのではないか?というのを対戦成績的にも最近の将棋を見る感じでも思います(勿論、永瀬拓矢二冠も死ぬほど強いわけですが)。

あとは渡辺明三冠と藤井聡太七段の棋力差がどのぐらいあるのか。いまの渡辺明三冠の強さは、過去に遡っても史上最強レベルに強いと思います。そこと藤井聡太さんがどのような戦いを見せるのか。

朝日杯の決勝の場でもしその二人が対峙することになった場合、決勝戦で示されるのはここから数年の未来です。渡辺明三冠が勝てばちょうど谷川羽生の初期の争いのような状況が訪れるでしょう。藤井聡太七段がもし昨日示したような戦いぶりを再び2局連続で見せるとすれば、それは藤井聡太時代の幕開け…ということだと思います。

決勝戦のSS席チケットを幸運にもゲット出来たので今から楽しみでなりません。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 斎藤慎太郎 渡辺明 菅井竜也

藤井聡太さんが強すぎる件(なお振り駒

藤井聡太さんが朝日杯二連覇しました。しかも決勝Tのvs稲葉、糸谷、行方、渡辺戦のすべてが後手番。なのにほぼすべて圧勝。

アマチュアよりもプロが一番驚いているんじゃないでしょうか。驚いているし、その意味について深く理解しているのでは?

ソフトの評価値を細かく見ていたわけではないのですが、どの将棋においても、中盤ぐらいで良くなってそのまま押し切ったんだと思います。

プロの先手番というのは、基本的には昨今の戦型流行の結果、事前準備の作戦に持ち込みやすくなっている状況があります。そういう中で普通に作戦勝ちし、普通に用意の作戦に持ち込み、中盤で優位を築いてからは全く疑問手を指さずにぶっちぎりでゴールする…という。

もちろん、勝ち将棋鬼のごとしという言葉があるとおり、勝ったらたいてい楽勝・快勝に見えるものですがそれにしてもすごい。

将棋に絶対はないものの、運の介在する要素がほぼ無いため、去年・今年とトッププロと対峙してこれだけのパフォーマンスを見せていることから考えると、そのうちタイトル戦に登場するでしょうし、そうなるとこの後手番で勝ちまくる力から考えて番勝負で藤井聡太に勝てる人類がいるのだろうか?と考えてしまいます。

とはいえ、一局の将棋ということでいうと、対戦相手の準備が完璧でその想定局面の中にいるときは藤井聡太七段とはいえ評価値とは関係なく、流石に苦戦している(対斎藤慎太郎戦の二局や、先日の近藤誠也戦)ので、どこまでそういう状況に持ち込めるか?だと思います。。ちょうど人間vsソフトの電王戦をイメージすると良いのではないでしょうか(ハメ展開はないですが)。

http://kishibetsu.com/ranking2.html
レーティングでもついに、渡辺明、広瀬章人に続く三位まで上がってきました(朝日杯の連勝と豊島さんのNHK杯の敗戦反映により)。

朝日杯の決勝、途中で35金を打たれて全然ダメにしてしまった渡辺明さんの苦悶の表情。あれは本当に衝撃的でしたね。公開対局で決勝戦で、二冠王・三冠王を狙おうとしている充実の王者にああいう勝ち方をするとは…という。

今期はぜひ最高勝率を更新していただいて、B2に昇級していただいて、来期こそタイトル挑戦を決めていただきたいです!



1月11日にとったアンケート結果を載せておきます。私はタイトル戦に挑戦すると思うし、相手が誰であっても奪取すると思います。


テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

藤井聡太時代の幕開け

既報の通り、藤井聡太五段が羽生善治竜王、広瀬章人八段を破って朝日杯で優勝した。

本戦出場を決める予選で屋敷伸之九段を破り、本戦で佐藤天彦名人、羽生善治竜王、広瀬章人八段を破っての優勝。A級とA級兼タイトルホルダーを四人破っての優勝なので文句のない、フロックではない優勝といえる。決勝の広瀬章人八段もタイトルホルダー三人撃破したうえでの決勝だったことを考えるとその価値はさらに高まる。

レーティングでは既にベスト10以上のハイスコアとなり、名実ともにトップ棋士の仲間入りを果たしたと言って良いのではないか。

五段昇段後11連勝で朝日杯優勝により六段となったわけだが、明らかに29連勝していた頃の藤井聡太よりも強くなっている。年末に深浦に負け年始に大橋に負けたあたりではわからなかったが、2月以降の将棋におけるその悪手率の低さ、優勢になってからの指し回しは恐ろしいものがある。まさにバレンタインデー効果と言えよう(言えません。

17日の将棋で恐ろしいなと思ったのはいくつもあるが、まずは羽生戦における▲8八同金。藤井聡太さんは77に歩を埋める手とともに、同金か同玉の選択肢で同金と壁になる取り方を比較的選択することが多いようにおもう。これがソフト感覚なのかわからないが旧世代では大体人間の感性的に同玉を本線に読むことが多い。壁金に対する嫌悪感というか忌避感のようなものがあるというか。

あとは▲43歩。端歩の突き捨てのタイミングに代表される、藤井聡太さんらしい絶妙な打診だった。どう取っても後手は味が悪い。(ツイートでちらっと見かけたのがソフトの推奨手で51玉。これは流石に…と思うがどうなのだろうか?)。

こうなったのも角換わり模様で後手がそれを拒否して雁木に組んだ作戦に対する藤井聡太さんの準備が素晴らしかったということで、特に勉強になったのは44の地点が雁木の最大の弱点でありそこをしつこく狙って後手の左の桂馬が33に跳ねていることのデメリットを具体的な手順で顕在化させたところ。普通の、最新型の角換わりっぽい局面に進んでみると後手陣が弱かった。


最終盤の111手目、プロの解説でもそうだったし私も一目は銀を左側のどこかに打って縛る展開かな?と思っていた所で、じっと▲74歩。歩で足りてる、間に合うという読みの深さ。
藤井聡太さんの将棋をみていると他の棋士よりも歩・香・桂の価値がやや高く、しっかりと使えてる印象を受ける。恐ろしくレベルの高いプロ将棋の中ですら突出した上手さを感じる。


決勝戦の相手は広瀬章人八段だった。結果論になるがもしかすると久保利明王将が相手であればもっと苦戦した可能性もある。振り飛車の大御所との対戦も公式戦で早く見てみたい。菅井竜也王位と以前対戦した時にはチカラの差があったように思うが、そこからどこまで成長しているのかを公式戦で見てみたい。

広瀬章人八段はそこまで序盤巧者の印象がない。卓越した終盤力と、以前は確かプロ入り後の勝率で後手番のほうが良かった時期があったことを記憶している(最近はどうなのだろうか?)。作戦的には振り飛車穴熊もあるのかな?と思っていたが普通に角換わり腰掛け銀に進んだ。

普通に、というのがミソでほぼ後手番としては特にこれと言った工夫のない駒組みで、角換わりの先手番の展開を深く研究しているであろう藤井聡太さん的には精神的な負担が少ない序盤だったように思う。

駒組みが飽和して39手目、比較的短い考慮時間で藤井聡太さんが開戦。これに対して広瀬章人八段は△52玉。これは普通に考えて良い手ではないとおもう。ソフトの解析をかければこの1手の価値としては50~100点ぐらいのマイナス手なのではないか?駒落ち将棋将棋の上手のような味わいのある手で後手番らしい待機策かもしれないが問題は最も得意な戦型の藤井聡太さんを相手にしてどうなのか?という気がした。

ここから先は先手の攻めが確かに細く少しでも間違うと切れてしまう…という展開が続くのですが、これが全然切れない。つながり続ける。先手玉が全く危うくないので2-3手セットで手順を組み立てることが出来たのが大きいというか、着実に延々と攻めが続きます。これ、藤井聡太さん相手に絶対選んじゃ駄目な展開だ…と思いました。




朝日杯の本戦でA級以上の棋士たちとの対戦した将棋の棋譜を並べると恐ろしくミスが少なく、そして圧勝であることに驚きます。これはもう藤井聡太さんが完全に覚醒したと考えて良いでしょう。ここから五年は今の実力を維持し更に高めていく期間であることは間違いなく、下手すると今年中、遅くとも来年中にはタイトルを奪取しているのではないでしょうか。

1年にレーティングが50点上昇するとして5年で250点上がるのでやはりトッププロ相手に7割以上勝つ世界が待っているはず。名人獲得が最後のタイトルとなる形で八冠を制覇していても全く不思議ではないように思います。現時点の実力であっても番勝負でこの人に勝てる人はもはやほぼ居ない可能性が高いのではないでしょうか。

気になるのは今の若手プロたちです。特に十代の修行中の人たち。或いは既にプロになっている二十代。この辺の目の色が変わって三段時代のような修行を再開して(特に連携するわけではないものの結果として)藤井聡太包囲網のようにこの恐るべき新人を苦しめることが出来るかどうか。ただそのような切磋琢磨がより藤井聡太さんの将来の棋力を更に高めていくことになるわけですが…。

来期で最短での挑戦可能性でいうと、棋聖戦はこの前大橋さんに二次予選決勝で負けてしまったので秋のタイトル戦、王座戦ですね。まだ先は長いですが本戦まで勝ち上がれば…。

最後に谷川先生の煽りを真似したネタで〆たいと思います。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 藤井聡太 広瀬章人 久保利明

藤井聡太、第2進化形に変身したかも?(朝日杯楽しみすぎる!)

第49期新人王戦は藤井聡太が先手となりました。

▲藤井聡太五段vs△古森悠太四段

序盤は後手番の古森さんが少し凝らしたかんじ。両者はやはり修行時代は被っているようで、しかし古森さんから「級位者時代は勝てたけど段位者になってからは勝ってないので頑張りたい」というコメントがあった模様。

戦型は角交換振り飛車でしたが、後手の銀が22に進む若干重そうな形に進み、後手から△35歩と無理気味に仕方なく仕掛けた時点ではもしかすると先手が指しやすいかもしれない、とのことでした(歩得のため)。

まだ中学生ですが老獪だなと思わせたのが37手目からの手順。流れ的には後手は二筋が自身の駒で詰まってたのが歩を代償にしつつ開通したのでそこをうまく活かして行きたいものの、それだと▲95歩がキツいということで本譜の△29角を選択。

そこからの手順はプロでも「もしかしてだけど~」というぐらいの感触の手だったようで、第一感ではない構想。ネット上でみたプロは一様にその手順を褒めていました。

ここに藤井聡太さんの凄さがあるなーと思うのですが、要はプロの世界というのは第一感の手が非常に近いなかで戦っていてパッと解説を聞いてる限りは7割以上は一目の手が合致しているように思います。

もちろん形勢が悪い方が変化したり棋風に殉じて指したりすることがあります(が、それすら解説の棋士が「◯◯さんだったらこう指すかもしれませんね」というような感じで当てることが多いです)。

藤井聡太さんの凄さは色々あるわけですが、まずはその詰将棋の回答能力に示されているように、読みの深さが挙げられます。そこは今までも十分に示されています。本局の手順・構想力はその読みの深さを活かしたものだと思いました。後手が一歩損しているので攻め合いではなく相手に動かせて完璧に切らせてしまおう、という前提があり、その前提に基づいて手を探索した印象があります。

人間ならではの経験を活かした大局観と、局面に対する先入観をもたないソフトのような深い読みのバランスの凄さがでているように思いました。今までのプロ棋士の考え方では良いときは自然に(第一感に基づいて)指して、悪いときはなるべく混沌とさせる…という感じだったと思いますが、藤井聡太さんの棋風はもっと一段踏み込んでいるように思います。特に相手が悪そうな時にその特徴が出つつあるような。

これはもはやポケモンじゃないですけど、年明けの連勝とその内容をみると第2形態に進化したのではないでしょうか。

そして終盤のクロージングの手順が凄かった。持ち駒が桂馬2、角2ということで如何にも藤井聡太さんっぽい駒が駒台に乗っていたのでどういうふうに組み立てるのか?と思いましたが鮮やかでしたね。


さて、土曜日はいよいよ羽生さんとの対局があります。非公式戦では1-1ですがあまりアテにならないでしょう。初戦の炎の七番勝負では羽生さんも良くないと知っている変化に敢えて飛び込んでみて、相手のチカラを試していた感じがします。勿論600点のハンデを貰ってそのまま勝ちきったことが藤井聡太さんの凄さではあるんですが。

二局目は獅子王戦という非公式戦でした。こちらもやはり羽生さんが相手のチカラを見に行っている感じがあり、またファンを意識した面もあり藤井システムでした。こちらははっきり羽生さんが勝ちきりまだチカラの差があるのかな?と思いました。しかし既にあれから時間が経っています。10代半ばから後半というのは最も棋力が伸びる時期のはずで、最近の藤井聡太さんの将棋をみるとそれを感じます。

現時点の藤井聡太さんの棋力はどのぐらいなのでしょうか?私は以下のようにつぶやきました。

現時点での棋力でいえば、羽生さんのほうが総合的にみて上の可能性が高いです(トッププロ中のトップなので当然ですが)。羽生さんは朝日杯でこの対戦が実現することに対して並々ならぬ意欲があったように思います。ちょうど叡王戦での佐藤天彦戦でものすごい粘り方をしていた将棋を思い出しましたが、前回の朝日杯では藤井システム連投で若手を連破しました。二局目は特に専門的にみれば2・3回はハッキリ負けの局面があるぐらいの泥仕合を乗り切っての勝利です。

土曜日に羽生さんが何を指すのか?はまだわかりませんが、羽生さんの頭のなかにはもしかすると自身が若かった頃に対局した大山康晴先生の姿があるかもしれません。大山vs羽生戦で異例の指し掛けにして青森で公開対局にした…という凄い話もありました。前回の流れから言うと羽生さんはまた先後問わず藤井システムにするのではないか?という気がしています。

藤井聡太さんも少しその可能性を考えているのではないでしょうか。藤井システム以降の三段リーグを抜けてきた若者には知識としての藤井システムはあっても実戦としての経験値は乏しいはずです。持ち時間が短いので藤井聡太さんが前述したような深い読みに裏打ちされた柔軟かつ遠大な構想をみせることも難しいでしょう。

どういう将棋になるか今から楽しみですが、この将棋だけは全ての将棋ファンがリアルタイムで見るべき(棋譜だけを追うでもよいです)だと思います。私はチケットが取れませんでしたが、ネット動画と棋譜中継で楽しみたいと思います。当日はみんなでツイッターで盛り上がりましょう!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 藤井聡太