昨日の将棋の感想。(17年6月8日の順位戦など)。


私が居飛車党なので、相居飛車の将棋で作戦的に面白かったのを取り上げます。

ちなみに三浦vs久保戦ですが、先手が角を切った手からはどうだったのでしょうか?
解説コメントもあまり読んでないのですが、振り飛車側がありがたい展開だったように思いました。
まだ三浦さんは本調子じゃないのかもしれないな、と少し思いました。

面白かった序盤があったのは以下の三局。

▲村中秀史六段vs△大橋貴洸四段:後手の袖飛車
▲長岡裕也五段vs△遠山雄亮五段:先手の桂馬単騎の攻め
▲渡辺正和五段vs△佐藤和俊六段:後手のソフト発案雁木

以下、それぞれに簡単に感想を。

▲村中秀史六段vs△大橋貴洸四段:後手の袖飛車
大橋プロの服装がツイッター上では話題になっていました。プロは目立ってナンボ、なのでとても良いことと思います。
作戦がなかなか凝っていて、左美濃+袖飛車。しかも序盤から中盤にかけては優勢だったように思います。

時間のない村中さんが上手く粘り強くさして逆転。70手台の応酬のどこかで後手に良い手があったのでしょうか。角がなくなってからは後手の攻めが細くみえました。
あとは持ち時間が2時間余っていたのでそれを70手台のどこかで投入してほしかったです。


▲長岡裕也五段vs△遠山雄亮五段:先手の桂馬単騎の攻め
この将棋はびっくりしました。
角換わりの序盤と言っていい局面で、先手が省略出来る所をすべて省略して桂馬を単騎で跳ねました。ソフト発の桂馬単騎よりも条件が悪い(53の地点に駒が3つ利いていて、71の地点も銀が利いている)のに、単騎跳ね。これで上手くいくの?と思いましたが中盤のワカレは先手が指せるということなので本当にびっくり。私の序盤手順的にこの作戦は投入できるので少し勉強しようと思いました。
どこで逆転したのかはちょっとわからないのですが、先手が守勢に回った展開となり、後手がはや逃げしまくっていたのがよかった、先手の居玉が祟る展開だった、という印象をうけました。遠山さんはブログに対局内容を書かれてるのであとでチェックしたいと思います。

▲渡辺正和五段vs△佐藤和俊六段:後手のソフト発案雁木
これは最近流行しつつあるという噂の、新タイプの雁木です。本局の攻めをみる限りだと相当優秀ですね。これも私の序盤手順でいえば導入可能なので試してみようと思います。
細かくは色々ありますが、雁木側だけ角を打たれる心配がなく、先手は常にその制約を受けつつしかも先行されている…という。ほぼ圧勝といっていい内容でした。


最近のプロ将棋はソフトの影響が良い方向に出ていると観る将棋ファンとしては言ってもよいと思います。
ただ、プロの中には勿論ソフトを参考にする人もいれば、それを潔しとしない人もいます。個性をどこまで表現するのか、どうやって生き残っていくのか、その両方のバランスが難しくなってきたように思われます。

以下、私が購入できたはずの、藤井聡太扇子の顛末をお知らせして〆とさせていただきます。




関連するタグ

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

昨日の第72期C級2組順位戦の結果(大石プロ全勝!)

泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ (講談社文庫) これ、Kindle版も出てるんですね。525円。気軽に読めて死ぬほど泣けるので、観る将棋ファンにピッタリ。Kindleトライアルでどうぞ。スマホでニュースとか見てるひとならKindleもスマホで全然読めますよ。

さて。

昨日のC2の最終節についてです。まずは事実情報から。

【10勝0敗】大石(18)
【9勝1敗】澤田(4)
【8勝2敗】佐々勇(5)、永瀬(6)、村田智(32*)、千田(45)
【7勝3敗】村田顕(7)、及川(10)、阿部光(14)
【6勝4敗】横山(3)、矢倉(9)、吉田(13)、中村亮(19)、高見(23)、田中悠(26)、藤原(31**)、小倉(38*)
【5勝5敗】西川和(8*)、佐藤紳(15)、岡崎(16*)、八代(17)、佐藤慎(20)、中座(22*)、佐藤和(29)、長岡(33**)、藤森(34)、遠山(40**)、石田(44)
【4勝6敗】中田功(11)、西尾(12)、伊藤(24)、牧野(28)、瀬川(39*)
【3勝7敗】森(1)、内藤(2)、神崎(21)、村中(25)、勝又(27)、門倉(30)、増田(36*)、伊奈(42**)、上村(43)
【2勝8敗】田中魁(35)、石川(37*)、西川慶(41*)、竹内(46)

ぱっと見では、やはり大石の全勝が目立ちますね。そして澤田との森信門下ワンツーという点も。佐々木世代といってもいい世代代表格の佐々木勇気もちゃんと昇級しました。

棋風転換した永瀬は序盤の出遅れがあってのここなので上出来でしょうか。来期は上がると思います。

で、降級点周りの話でいくと、まずは藤原先生の勝ち越しで1点消しは前回で決まってましたね。新四段界隈では竹内、上村がとっています。ともに2勝、3勝ということで来期頑張らないと精神的によろしくないでしょうね…恐ろしい世界です。。

3点目でフリークラス行きが決まったのは渡辺明の義理の兄でもある伊奈プロ。勝又プロから下に降級点が付きました。

まだ取組表決まってないのでわかりませんが、来期は阿部光瑠、永瀬拓矢、高見、あたりがあがりそうです。特に矢倉の得意な高見あたりは順位戦向きな気がします。

大石澤田に続く三人目は、佐々木か永瀬か?或いは・・・

昇級確定者は大石直嗣六段と澤田真吾五段。残り1枠は佐々木勇気、永瀬ボーイら四名での争い。降級点もぼちぼち決まってきましたね。勝ち越しで降級点を消した藤原プロは流石としか言い様がないです。

昇級した大石直嗣六段と澤田真吾五段は森門下ですね。どちらもあがって当然という感じがします。中終盤の粘り強さは森門下の特徴ですが、それ以外にも特徴がある二人ですね。

澤田真吾五段は不思議な魅力のある棋士です。米長邦雄から毒気を抜いて天然成分を足したような将棋。泥沼流的な魅力があるやや不利なときの中終盤が私は好きです。

対する大石直嗣六段は、森門下としては糸谷哲郎プロと合わせて序盤が上手いというか研究が深いタイプでしょうか。中盤のじっくりとした指し回し、慌てないところはまさに順位戦向きで、肝っ玉のありそうなところが大物食いだけではなく、大きなトーナメントでも勝ち上がっていく雰囲気があります。

残り一枠、佐々木世代としてリーダーの佐々木勇気が頑張るのか、或いはすでに老成されたような永瀬ボーイが序盤の出遅れから一気にまくるのか。村田千田にも当然チャンスはあると思いますが、自力の佐々木が決めてほしい…と思いますがどうなるか。ただ、佐々木も永瀬も相手は手強いので三番手にもチャンスはあるかもしれません。



以下、事実情報としての結果と順位。

[C級2組]
田中 魁秀九段(2勝7敗)●-○伊藤 真吾五段(4勝5敗)…16時20分
(伊奈 祐介六段-村田 智弘六段…17時13分千日手成立)
大石 直嗣六段(9勝0敗)○-●中田 功七段(4勝5敗)…17時47分
岡崎 洋六段(4勝5敗)●-○田中 悠一四段(5勝4敗)…17時59分
西川 慶二七段(2勝7敗)●-○神崎 健二七段(3勝6敗)…20時42分
石川 陽生七段(2勝7敗)○-●森 けい二九段(3勝6敗)…20時50分
藤森 哲也四段(5勝4敗)○-●瀬川 晶司五段(4勝5敗)…21時13分
吉田 正和五段(5勝4敗)○-●竹内 雄悟四段(1勝8敗)…21時21分
小倉 久史七段(6勝3敗)○-●佐藤 和俊五段(4勝5敗)…21時25分
永瀬 拓矢六段(7勝2敗)○-●矢倉 規広六段(6勝3敗)…21時56分
門倉 啓太四段(2勝7敗)●-○阿部 光瑠四段(6勝3敗)…22時12分
及川 拓馬五段(6勝3敗)●-○佐藤 慎一四段(4勝5敗)…22時28分
牧野 光則四段(4勝5敗)●-○上村 亘四段(3勝6敗)…23時4分
増田 裕司六段(3勝6敗)○-●内藤 國雄九段(2勝7敗)…23時17分
西尾 明六段(4勝5敗)○-●高見 泰地四段(6勝3敗)…23時58分
佐々木 勇気四段(7勝2敗)○-●千田 翔太四段(7勝2敗)…0時0分
長岡 裕也五段(5勝4敗)○-●遠山 雄亮五段(5勝4敗)…0時7分
藤原 直哉七段(6勝3敗)○-●勝又 清和六段(2勝7敗)…0時16分
横山 泰明六段(5勝4敗)○-●中座 真七段(4勝5敗)…0時21分
佐藤 紳哉六段(5勝4敗)○-●西川 和宏四段(5勝4敗)…0時27分
澤田 真吾五段(8勝1敗)○-●村田 顕弘五段(6勝3敗)…0時42分
八代 弥四段(4勝5敗)●-○中村 亮介五段(6勝3敗)…0時49分
村田 智弘六段(7勝2敗)○-●伊奈 祐介六段(2勝7敗)…0時56分
村中 秀史六段(3勝6敗)●-○石田 直裕四段(4勝5敗)…1時0分


【9勝0敗】大石(18)
【8勝1敗】澤田(4)
【7勝2敗】佐々勇(5)、永瀬(6)、村田智(32*)、千田(45)
【6勝3敗】村田顕(7)、矢倉(9)、及川(10)、阿部光(14)、中村亮(19)、高見(23)、藤原(31**)、小倉(38*)
【5勝4敗】横山(3)、西川和(8*)、吉田(13)、佐藤紳(15)、田中悠(26)、長岡(33**)、藤森(34)、遠山(40**)
【4勝5敗】中田功(11)、西尾(12)、岡崎(16*)、八代(17)、佐藤慎(20)、中座(22*)、伊藤(24)、牧野(28)、佐藤和(29)、瀬川(39*)、石田(44)
【3勝6敗】森(1)、神崎(21)、村中(25)、増田(36*)、上村(43)
【2勝7敗】内藤(2)、勝又(27)、門倉(30)、田中魁(35)、石川(37*)、西川慶(41*)、伊奈(42**)
【1勝8敗】竹内(46)

関連するタグ 大石直嗣 永瀬拓矢 佐々木勇気 澤田真吾

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

全勝者が2名に。第72期C級2組順位戦


つるの将棋七番勝負
例によって事実情報メインで。

いやー最近のC2がアツすぎますね…っていうか、層が厚すぎる。レベルが高すぎる。

昔は明らかになんというかもしかすると、という感じでしたが最近はどこを切っても金太郎飴…じゃなくて高レベル。

全敗の田中かいしゅう先生だって、石川先生だってめちゃくちゃ強いですからね。C1で若手を屠ること幾たび、ってクラスですから。

5連勝が2名、佐々木勇気くんと、大石さん。どちらも不思議な指しまわしでした。

佐々木君の作戦はちょっと順位戦とは思えない荒々しさ。終盤の攻め方は才能の違いというか、切れ味のすごさを見せてました。この佐々木勇気という棋士はやはりこういう切れ味というか、クルッと体勢を入れ替えるような、柔道や合気道のような手順が本当にうまい棋士ですね。

大石さんのは穴熊の補修方法が予想GUYでなかなかでした。角筋受けにくし、をうまく受けましたね。

残念だったのがコール君。全勝でしたが、消えました。相穴熊じゃない形で戦ったのでぜひ頑張ってほしかったですが、対穴熊に等価交換な展開で厳しかった。

圧巻だったのは高見vs西川jr戦。先手が馬と龍作って、歩をとったところでは先手がかなりよさそうに思いましたが、全然難しかった。

なんというか、プロなのに、あの工夫のなさそうな向かい飛車で何とかしてしまうという西川ジュニアの恐ろしさ。

目立つ手はないものの、深い研究と絶品の振り飛車感覚、という感じですね。私は居飛車党ですが本当に好きな将棋です。


以下結果。


[C級2組]
中村 亮介五段(3勝2敗)○-●内藤 國雄九段(1勝4敗)…19時10分☆
(西川 和宏四段-高見 泰地四段…19時50分千日手成立)
田中 魁秀九段(0勝5敗)●-○牧野 光則四段(2勝3敗)…19時56分☆
澤田 真吾五段(4勝1敗)○-●岡崎 洋六段(3勝2敗)…20時17分☆
石川 陽生七段(0勝5敗)●-○吉田 正和五段(3勝2敗)…22時14分
石田 直裕四段(3勝2敗)○-●佐藤 慎一四段(1勝4敗)…23時3分
中田 功七段(2勝3敗)○-●村中 秀史六段(2勝3敗)…23時14分
小倉 久史七段(3勝2敗)○-●村田 智弘六段(3勝2敗)…23時18分
竹内 雄悟四段(1勝4敗)●-○千田 翔太四段(4勝1敗)…23時22分☆
上村 亘四段(2勝3敗)●-○村田 顕弘五段(4勝1敗)…23時31分☆
伊藤 真吾四段(2勝3敗)●-○勝又 清和六段(2勝3敗)…23時32分
森 けい二九段(2勝3敗)○-●西川 慶二七段(1勝4敗)…23時42分☆
増田 裕司六段(2勝3敗)●-○矢倉 規広六段(3勝2敗)…0時3分☆
長岡 裕也五段(3勝2敗)○-●神崎 健二七段(1勝4敗)…0時15分☆
永瀬 拓矢六段(3勝2敗)○-●瀬川 晶司五段(3勝2敗)…0時25分
佐々木 勇気四段(5勝0敗)○-●田中 悠一四段(2勝3敗)…0時31分
西尾 明六段(2勝3敗)○-●佐藤 和俊五段(2勝3敗)…0時33分
伊奈 祐介六段(2勝3敗)●-○遠山 雄亮五段(3勝2敗)…0時34分
佐藤 紳哉六段(1勝4敗)○-●藤森 哲也四段(2勝3敗)…0時44分
藤原 直哉七段(4勝1敗)○-●門倉 啓太四段(2勝3敗)…0時45分☆
阿部 光瑠四段(4勝1敗)●-○及川 拓馬五段(3勝2敗)…0時50分
横山 泰明六段(1勝4敗)●-○大石 直嗣六段(5勝0敗)…1時0分☆
中座 真七段(3勝2敗)○-●八代 弥四段(3勝2敗)…1時36分
高見 泰地四段(4勝1敗)●-○西川 和宏四段(4勝1敗)…2時0分

【5勝0敗】佐々勇(5)、大石(18)
【4勝1敗】澤田(4)、村田顕(7)、西川和(8*)、阿部光(14)、高見(23)、藤原(31**)、千田(45)
【3勝2敗】永瀬(6)、矢倉(9)、及川(10)、吉田(13)、岡崎(16*)、八代(17)、中村亮(19)、中座(22*)、村田智(32*)、長岡(33**)、小倉(38*)、瀬川(39*)、遠山(40**)、石田(44)
【2勝3敗】森(1)、中田功(11)、西尾(12)、伊藤(24)、村中(25)、田中悠(26)、勝又(27)、牧野(28)、佐藤和(29)、門倉(30)、藤森(34)、増田(36*)、伊奈(42**)、上村(43)
【1勝4敗】内藤(2)、横山(3)、佐藤紳(15)、佐藤慎(20)、神崎(21)、西川慶(41*)、竹内(46)
【0勝5敗】田中魁(35)、石川(37*)


つるの将棋七番勝負つるの将棋七番勝負
(2013/10/05)
つるの剛士

商品詳細を見る


関連するタグ 西川和宏 佐々木勇気 阿部光瑠

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

千田さんの将棋が楽しいね。C2全勝は四名に。

事実情報だけまず最初に。

[C級2組成績一覧] ( )内は順位/*は降級点1つ/**は降級点2つ

【4勝0敗】佐々勇(5)、阿部光(14)、大石(18)、高見(23)
【3勝1敗】澤田(4)、村田顕(7)、西川和(8*)、岡崎(16*)、八代(17)、藤原(31**)、村田智(32*)、瀬川(39*)、千田(45)
【2勝2敗】永瀬(6)、矢倉(9)、及川(10)、吉田(13)、中村亮(19)、中座(22*)、伊藤(24)、村中(25)、田中悠(26)、佐藤和(29)、門倉(30)、長岡(33**)、藤森(34)、増田(36*)、小倉(38*)、遠山(40**)、伊奈(42**)、上村(43)、石田(44)
【1勝3敗】森(1)、内藤(2)、横山(3)、中田功(11)、西尾(12)、佐藤慎(20)、神崎(21)、勝又(27)、牧野(28)、西川慶(41*)、竹内(46)
【0勝4敗】佐藤紳(15)、田中魁(35)、石川(37*)

まず最初に見たのは千田さんの将棋。あの中盤でどうなったのかと思えば、なかなかスリリングな展開からの華麗な終盤。右玉などを好む人は楽しめる棋風だと思う。

次にコール君のところ。ああいう穴熊は強くなってからしか指してはいけないような気がしますが、プロの後手番ということで仕方ないか。

形勢の細かいところはわかりませんが、穴熊らしい無理の効かせ方と、絶妙の馬の活用で先に先手玉が引っ張りだされる形となってコール君の勝ち。

次が伊藤大石。伊藤の中飛車左穴熊にプロらしい筋の良い効率の良い手順で対峙する大石。

金銀の連結と桂馬の働きの差で後手が終始良かったように思うが、どうなのか。途中の何気無い手順も優雅でこれぞプロ、という対策だった。大石さんは受け将棋なのかな?という落ち着きの良さ。

西尾佐々木勇気戦はかなりスリリングな戦いに。先手の飛車が捕獲されてから後手が良いのかなと思ったが、後手玉がかなり薄いので、時間によっては先手が勝ちやすい展開か。

先手の攻めは細いが後手の飛車のタダ捨てには驚いた。後手玉は先手が飛車をとったことで開けた活路で九筋に逃げ込めたのが勝因のような気がしたが…。

この勝利は勇気君にとってかなり大きい。


全勝者四人の将棋を中心にみたが、やはり将棋は終盤力だなぁと当たり前のことを思った。この全勝者の中では、勇気コール君の応援をしているが、大石プロの指し回しは、千田プロと共に今後も注目したいと思わせるものだった。
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク