先週の携帯中継四局から気になる局面をピックアップ!

将棋連盟的にどの程度OKなのかは分からないが、別の方の日記で一場面だけ紹介しているものを遠山編集長が紹介していたので、私も試みることとした。

日曜日はあまり見る人がいないようなので主に日曜日、軽めのネタとして紹介したい。今週は四局、それぞれの将棋の序盤から中盤にかけての面白いところをチョイスした。

棋聖戦二次予選 ▲安用寺孝功ー△豊島将之より。 
写真 (1)

後手の豊島将之プロが、居飛穴ということで駒損で先攻した。対する安用寺孝功プロの反撃が上記の図面41手目の▲9五銀!これには驚いた。そしてこの将棋、なんと先手が勝つのだが、やや良さそうだったが駒損だったために一瞬の緩みから戦力不足に陥った後手がこの銀を取りに行く局面が出てきてこの銀打ちの顔が立った。



棋王戦挑決トーナメント ▲糸谷哲郎?△丸山忠久
写真 (2)

一手損角換わりから後手丸山忠久プロが早々に馬を作り力戦に持ち込んだ一局。糸谷哲郎プロの得意な展開と思われ、長い中盤のねじり合いから終局まで愉しむことが出来た一局。如何にもプロ!という応酬が角取りを放置しての上図、▲2五歩。これに対する後手丸山忠久プロの応手もプロらしいもので、ここから延々とねじり合いが続く。

終盤、千日手を打開したのが敗着ということで先手の糸谷哲郎プロが勝ち上がった。


棋聖戦 二次予選 ▲戸辺誠?△三浦弘行
写真 (3)

先手戸辺誠プロの序盤から中盤の細かい手順に感心した一局。終盤も明快な順を逃したようだがらしさは全開に発揮されていた。45手目、8八に居た角を6六に飛び出し、どうぞ取ってください、としたところ。

取ると不満とみた三浦弘行プロが△7四飛とさせてから▲4四角と飛び出して角交換を強要する。ここから左の桂香、飛車角がしっかり捌けきるのが絶品の指し回し。(結果は戸辺誠プロの勝ち)。

戸辺振り飛車は、久保・菅井振り飛車と比べても異質なものを感じる。久保菅井将棋が自ら軽く捌こうとする意思を感じるのに対し、戸辺将棋は居飛車側からみて、まあ仕方ないかなというような手順を進めてみると抜き差しならない状況に陥っている、という具合。

序盤の細かな味付けで、少しずつ体勢を崩されてから技を掛けに行っているので面白いように掛かる、という印象。軽くさばく、ではなく知らず知らずのうちに極められているグラウンド勝負、という味わい。

現代プロ将棋で私が最も好む将棋を指す人間の一人だ。



王位戦予選 久保利明?豊島将之
写真 (4)

同日に振り飛車党がともに先手、同じ石田流、しかし違う思想ということで面白く観戦することが出来た。

こちらの久保利明プロの指し回しは序盤から実に奔放だった。これで大丈夫なの?と心配したくなるような将棋から圧勝したのが、大和証券杯の決勝、森内戦だった。本局は残念ながら結果はついてこなかったが、世のアマチュア振り飛車党としてはこんな指し方があるんだとまたひとつレパートリーを増やすことが出来ただろう。

久保二冠がこういう奔放な指し方をするたびに、世の道場では居飛車党の被害者がまた一人増えている。この久保?菅井ラインによる、居飛穴にする暇を与えない早めに仕掛けてからまったり行く、という作戦における発想の自由さと、その豊富さには毎回驚かされる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いかがだろうか?中継のスタイルとしては、無料でweb上にて行われているものと同じで違和感なく楽しめる。また、速報性や再現性において紙媒体を上回っている。棋力が低い人ほど画面上で手順が追えるのは大きいはずだし、感想戦コメントの追記もスピーディに行われている。

携帯であれば月額500円315円(snufking007さんご指摘多謝!)、アイフォンアプリだと350円で見れる。将棋世界の750円よりも安く、週刊将棋の一ヶ月分よりも安い。(情報量の違いは当然あるが)。というわけで未だの方は是非「携帯中継」、お試しください。

また、アイフォンで観る人、アイフォンを使い倒す人にオススメするのが以下のバッテリーカバーです。

aigo iPhone 3G/3GS用 大容量シリコンケース型バッテリー N2615aigo iPhone 3G/3GS用 大容量シリコンケース型バッテリー N2615
(2009/12/18)
Aigo

商品詳細を見る


関連するタグ 将棋 iphone 三浦弘行 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク