全勝消える 第23回世界コンピュータ将棋選手権(二次予選の結果)

昨日5月4日に行われた第23回世界コンピュータ将棋選手権の二次予選結果について少し書きます。

強いところ同士を当てていく仕組みであり、かつ実力伯仲しているために全勝者が消えました。

【9勝0敗】――
【8勝1敗】激指ponanza
【7勝2敗】GPS
【6勝3敗】Bonanzaツツカナ
【5勝4敗】NineDayFever習甦YSS(以上8チームが決勝リーグ進出)

【5勝4敗】Apery、Blunder、大槻将棋
【4勝5敗】竜の卵、N4、Selene、AWAKE、Sunfish(以上16チームは来年二次予選シード)、

【4勝5敗】柿木将棋、棋理、ひねもすのたり、奈良将棋
【3勝6敗】無明4
【2勝7敗】クマ将棋
【1勝8敗】ひまわり、なのは
【0勝9敗】――
http://computer-shogi-live.cocolog-nifty.com/



という形になりました。

衝撃的なのがあのGPSが2敗している、ということでしょうか。タイトルも狙える某若手が十何連敗したとか、明らかにずば抜けて強いとあの三浦弘行八段に言わしめたというGPSが2敗しています…。(個人的にはだからああいう伝聞調の記事は好きじゃないんですが…。)

Bonanzaは今年はBonanzaクローン的なものたちよりも上位ということで本家の面目を保ちました。省エネ読みのツツカナも頑張りました。

ボンクラーズが今回出場していないので、その穴を埋めるのは誰か?ということで注目していましたが実力者の激指がまず出てきて、そしてボンクラーズ系のNineDayFeverが同着ながらも習甦を点数で上回る形で決勝リーグを迎えています。

二次予選の結果がそのまま決勝に反映するか?というとそういうわけでもないので、どのチームにもベスト5に入る可能性があると思います。

是非その上でコンピュータ将棋と人間棋士との対決、第三回電王戦が開催されることを祈っていますが…。

以下、幾つか感想です。

GPS将棋が負けた「二次予選 4回戦 ponanza - GPS将棋」ですが、後手GPS将棋の一手損から腰掛銀に構えました。ただし、後手の序盤が酷く、具体的には△4四歩が早すぎたためにコンピュータ将棋ならではの単仕掛けが決まりました。

GPS将棋は暴発気味に反撃しますがあっさり攻めが切れて負け。コンピュータ将棋の弱点が綺麗に出た将棋でした。これだったら人間も勝てる。阿部光瑠戦のあれ、みたいな感じでしたね。

こちら、「二次予選 5回戦 GPS将棋 - NineDayFever」は相矢倉で相早囲いからの脇システムちっくな展開。

後手のNineDayFeverがいわゆるその本性を表してボナ攻め。角金交換に突入するんですが、なんとこの時の先手GPS将棋は、mtmt定跡と呼ばれるGPS将棋へのハメ手に近い手順を取ったために後手が角金交換を仕方なく行ったんですね。なかなかおもしろいです。逆に言えば深く読めばGPS将棋でもそういう穴がなくなるということなんでしょうね。

GPS将棋の二敗目は二次予選 9回戦 ツツカナ - GPS将棋でした。後手番とかも影響するんでしょうかね?というか、ほぼ似たような展開から負けました。すなわち後手の角換わり相腰掛銀で、4四歩が早いために当たりが強く、桂馬の単跳ねで手にされてしまう…というもの。

極論、今日の対戦相手がGPS将棋後手番の時にこのように進めるように誘導したら勝てそうですね。いわゆるハメ手系です。ponanzaの山本一成さんならばやりかねない?w

対する激指はどうか?というと他のソフトよりも振り飛車がでる可能性が高いのでしょうかね?このへんは一つの注目点のような気がします。

あとは、コンピュータ将棋に角換わりは危険、という話がありましたが昨日の将棋を見る限りでは実は角換わりはありなんじゃないかな?と電王戦?人間との対戦の時の作戦としては思いました。結構変な手順に見えたんですけどね…。

優勝予想は山本一成氏のポナンザ(ponanza)でお願いします。序盤の巧さという話がこの日の対局で何となくわかりました。ソツのない序盤というか。激指は振り飛車に不安が、GPSは角換わりに不安があるので、総合的に考えてマシンスペックも良く序盤がソツのないというのは大きいのかなと。



杉本昌隆プロの相振り飛車の本は久しぶりですかね?前作は名著だった覚えが・・。

相振り飛車の教科書相振り飛車の教科書
(2013/05/23)
杉本 昌隆

商品詳細を見る





関連するタグ ボンクラーズ 激指 ponanza GPS Bonanza ツツカナ NineDayFever 習甦 YSS 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク