零戦パイロット藤井猛 第69期順位戦A級1回戦 ▲藤井猛九段-△久保利明二冠

第69期順位戦A級1回戦
場所:関西将棋会館
先手:藤井 猛九段
後手:久保 利明二冠

いよいよ始まった順位戦シーズン。開幕は藤井プロvs久保二冠というA級の振り飛車党同士の戦いということで、アマチュアでは多い振り飛車党の、「溜まりに溜まった順位戦閲覧欲」を満たしてくれるのは間違いないところ。問題は相振りか、それとも対抗形か、というところ。私の戦前の予想は後手の四間飛車、相穴熊というものだったが、藤井プロの序盤の手により、相振りが確定した。

しかし相振りにされてみるとなるほど、と思わせられるものがあった。というのは最近は居飛車党が相振りを指すのは先手中飛車に対する場合のみで、それ以外は大きく減少したイメージがあるからだ。即ち、振り飛車党の専門分野に戻りつつあるということ。振り飛車党同士で対抗形をやると、ふたりで寄って多寡って(居飛車党のために)振り飛車対策を披露している感じになる。たとえれば「男(居飛車党)の目の前で服を破りあうキャットファイトを繰り広げる二人の絶世の美女(振り飛車トッププロ)」といった風情。

居飛車党として個人的には相振りは残念だが藤井プロの趣向、序盤の38金が出て、先手の駒組みの最終形に興味をもつことは出来た。速報版によると過去の対戦成績は互角だが、A級順位戦では藤井が4?1と勝ち越しているようで、このあたりの序盤の緻密さ・構想でどこまで久保を引き離すのか、先手の得をどのように形勢の良さにつなげていくのか?に注目したい。(ここまで昼食休憩までをみてリアルタイムで書きました)。

さて今は18時半頃。盤面を見てみると既に戦いが始まっていた。藤井プロの序盤の構想からどんな駒組みになっているか?を期待したのだが、夕食休憩に入った41手目の局面はお世辞にも先手の得を生かした戦い方だとは思えない。私はこういう頑張りすぎた形があまり好きではない。パッと見の印象でいえば、左右の金銀が左右の手足にみえる。そして右の手足は窮屈であり、左の手足は目一杯に広げられている。

直ぐに実現する筋ではないが、3筋の歩を受けずに頑張っていることが、飛車が直射とあいまって58銀、同玉、38飛車成という筋が常に見えている。また、こちらも直ぐにどうこうという話ではないが77の金が力強くも、勝ちにくい印象。左右反転させて居飛車党として考えればこの金の違和感は相当だろう。対する後手の構えは自然で振り飛車党らしい見栄えであり、このまま自然に指していけば優位に立てると思うのだが、懸案としては玉側の位を押さえられていることか。銀をバックさせて7筋6筋の歩を飛車で交換しに行くような手はないだろうか。
(ここまで夕食休憩時にリアルタイムで書きました)。

今21時半。盤面をみると28に角が置かれており、後手玉を睨んでいる。これが藤井プロの構想だったようだ。相振り飛車の場合、相居飛車に置き換えてみると通常の形勢判断基準が使えることが多いので、それを用いて考えると、打ち直すというもったいなさはあるものの、鏡像における28の地点は角のホームポジション。そして後手玉の美濃はコビンが最弱点。無い手ではなさそうだ。ただし、反転した場合の88飛車-77金というコンビネーションはとても違和感がある。相居飛車戦において、ここに銀がいることはあっても金がいる将棋は指したことが私は恐らくないと思う。

とはいえ、角の利きの威力と6・7筋の位のコンビネーションで、現時点ではもしかすると少し先手が良いのかもしれない。ただし微差だろうし、玉形が弱すぎるので、ノーミスで行けば勝つだろうが、ちょっとした緩みですぐ逆転するぐらいの良さだろう。少なくとも私には現時点で良いのかどうか?というのは分からない。ただ、藤井猛という作戦家がその事前に描いた構想を盤上に実現させているであろうことを確認できるのみだ。(21時半?21時38分までで書きました)。

とここまで昨日記し、あとは将棋倶楽部24で実戦を愉しみながら、あわせて中継とツイッターを愉しんだ。基本的に早寝なほうなのだが、1時近くまで見ていたように思う。私が藤井優勢を判断したのは81手目の82角成りの局面。74の拠点を残しつつ強襲をかけたあたり、いかにも「ガジガジ流」という雰囲気がでつつあった。角から行くのはスピードアップの手筋であり、73に先に金銀をおくのは28の角の利きとダブっている感がある。勿論それもある手でそれでよければ安全確実、地道高道、引き角飯島、というところなのだが先手玉がスカスカなのでその暇はない。

藤井プロの将棋というのは日本の零戦のようなものであり、ノーミスでいけば勝ちきれるが、一発でも食らうと燃料タンクから操縦席まで一発で打ち抜かれる怖さがある。それをさせない、優れた序盤レーダー精度と危険な打ち合いにおける操縦能力の高さが藤井プロの魅力。

今見て知ったのだが、73の地点でばらしてからの私の読み筋は、控え室の(奨励会員)の読み筋と同じだったようで嬉しいのだが、それではどうやら後手勝ちのようなのでやはりA級は凄いということだ。私はインチキ受け将棋であるのと同時に、切れ攻め将棋でもあるので、こういう細い攻めは大好きなのだ。24であれば、ノータイムでばしばしと指してどうだ!というところ。そして絶妙な返し技を指されて負けていたのだろう・・・。

本譜の展開はガジガジ流というよりはガジったつもりがするりと抜けられた感じで既に混戦。ノーミスで指せば先手が勝っていたかもしれないが、藤井の乗る零戦は遂に被弾してしまった。終盤力では羽生名人をも凌駕する久保二冠が、急速に追い上げる。そこから仕切りなおしでもう一丁であろうと控え室が言った場面で久保が指したのは寄せの手だった。

この手の善悪、これに対する藤井の応接の正しさは私には判らないので専門誌にて確認したい。基本的には長時間優勢だったほうが勝つことが多いように思うのだが、本局ではどちらが良かったのだろうか。私はあの藤井プロの採った77金の形がどうしても馴染めないのだが、竜を作って、金を手放させた時点では藤井九段が良くなっていたようにも思う。

ただし零戦の宿命で勝ちきれなかった。もしあの82角成りからの手順、速報サイトに書かれているような手順しか勝ちがなかったのであれば、それはあまりに難易度の高い飛行ルートであり、如何に藤井の操縦能力が優れているとはいえ、棋理としての良さがあったとしても、勝ちやすさという意味では難しかったのだろう。

これで久保二冠は(私は挑戦者候補であろうと見ているが)復帰第一戦を白星で飾ることが出来た。一方の藤井九段はらしい序盤を見せながらも、終盤の難しいところで撃墜されてしまった。ここから前半戦はもし本局を勝っていれば4連勝まである相手だと思っていたので、ここを勝ち越しで折り返せないと、今期B1から上がってきた二人が超強力なので降級まである。

藤井九段に個人的に期待しているところとしては、現在(5月31日から)日経の夕刊で解説が始まっている井上-藤井戦における「藤井システムの中飛車バージョン」を是非順位戦でも投入していただき、そしてそれで勝利して欲しいということだ。2回戦、3回戦と後手番で、郷田・谷川という二人の剛のものと戦うので、十分に投入される可能性があるのではないかと思っている。


相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)


相振り飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋21)


相振り飛車を指しこなす本〈3〉 (最強将棋21)


相振り飛車を指しこなす本〈4〉 (最強将棋21)

藤井プロの相振り飛車の研究の深さにプロの振り飛車党が驚いた、というシリーズ。藤井先生自身も出しすぎたというようなことをどこかで(冗談めかして)語られていたことを覚えています。


明快相振り飛車 (将棋最強ブックス)明快相振り飛車 (将棋最強ブックス)
(2010/04/17)
鈴木 大介

商品詳細を見る


このシリーズの本はポイントを押さえてタイトル通り明快なものが多いのでサマリーとしての勘所をおさえたい方にはおすすめします。

関連するタグ A級 順位戦 藤井猛 久保利明 相振り飛車 羽生善治

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
7位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク