電王戦最終局戦型予想&必見!【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】

さて。いよいよ第二回電王戦、第五局▲三浦弘行vs△GPS将棋があとほんの五〇時間ぐらいで始まりますね…。

そろそろ呑気な私でもニコファーレに並ぼうと思っています。当然今回の第五局はニコファーレ開場前に並びが出るだけではなく、開場とともに立ち見が出るぐらいの盛況は確実ですので、私立幼稚園のお受験程度にはみなさん、並んだほうがいいとも思います。安全なのは今晩の終電でギロッポンに向かう…ことでしょうか。

第二回電王戦最終局「▲三浦弘行vs△GPS将棋」戦を前にして、公式PVを観ることが日課になっている将棋ファンは多いと思います。

こちら↓ですね。
第2回将棋電王戦 第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋 PV

これ、冗談抜きで見てるだけで鳥肌が立ちますし、泣けてくるし、脈拍数があがってくるし、MuseというバンドのInvincibleも凄くいいし。

Museって日本で人気が出たのはそのPVが面白いから、っていうのがありましたね。映画のエンディング・テーマとかもやっていて、兎に角音楽のスケールがでかい。日本人にも受け入れられやすい、ちょっと泣きのあるメロディというか。

それがこのPVにモロはまりするんですよねぇ。泣きの展開からの第五戦の紹介での盛り上がり。そして静寂からの米長邦雄、という。これ本当にまだ見てない人は、電王戦最終局みるつもりじゃない人こそ見て欲しいです。たかだか数分なんですが、今までのダイジェストになっていますし、これみたら多分今晩からニコファーレに並ぶことは間違いないです。

そして公式PVはもう少なく数えても256回は見たなあという人に送りたいのが掲題の非公式PVです。公式PVの若干のというか唯一の不満点は、泣きの山場である、塚田泰明プロのあの対局後の泣きが入っていないことですよね。

…それが奥さん、ここにあるんです!入ってるやつが!

それがこちら↓です。
【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】

これ見たらどんなに涙腺が固い貴方もウルッときて、土曜日のデイトの予定コースを六本木ニコファーレに変えて、終日朝から晩までニコファーレ。ランチは六本木交差点付近の富士そば、にFIXするはずです。彼女もきっと理解してくれるはずですよ。富士そばでは冷やしたぬきのたぬきを別盛りにしてもらうのがオススメです。そしてすこしずつかけて食べればさくさく感が失われないですよ!彼女も感心してくれるはずです☆

こちらの【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】ですが、ほぼ公式版と一緒です。唯一違うのが、第四局の塚田コメントが入っているところ。

本当に公式と一緒なんですが、その四局差し替え部分だけ盛り上がりが増えてますので当社比125%で泣けます。涙の量で測りました。冗談抜きに( ・∀・)イイ!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして少しまじめに戦型予想です。

第二回電王戦、第五局▲三浦弘行vs△GPS将棋。先手三浦弘行プロが目指すのはまずは矢倉でしょう。これは間違いないと思います。第二候補は角換わり。個人的にはコンピューター将棋の切れ味が出る角換わり型は見てみたいです。その上で三浦弘行プロに勝ち切ってほしい。無茶なこと言ってますが、アンチコンピュータ戦略じゃなくて王道で勝ってほしい。

もう一つの期待は対抗型なんですよね。対抗型か横歩取り。要は二手目に△3四歩という展開。三手目に▲2六歩。そういう展開の将棋も見てみたいです。要は普通の定跡型を観たい。

というのも、これまでの第一局から第三局まで正直序盤が酷かったので勿論人間はその3つで1-2と負けましたが、負け惜しみみたいですが、まあ勝ってたわけです。勝ってたは言い過ぎだとしても、勝つべき将棋だった。或いは勝てる将棋だった。棋理としては人間がミスらなければ勝てる将棋だった。ということです。

勿論A級棋士でも名人でもあそこから負ける可能性はあります。伊藤英紀さんが言うようにあそこからでも名人が負け越す可能性も理論上はありえます。ただ、私が思うA級棋士、名人、タイトルホルダーってそういう人たちじゃないです。ああいう将棋から理論上、確率的には負ける可能性はゼロではないでしょうが、基本勝ち切るはずです。

そうなると、また拙い序盤で三浦弘行プロと対峙した場合に第一局の阿部光瑠戦のような展開になってしまいそうです。それはそれで勝敗という意味では盛り上がるとは思います。2-2の1引き分けということで完全引き分けなので。

しかし、どうせ団体戦の数字として引き分けるとしても、最後はきっぱりすっきり勝ってもらって、「プロ棋士は本当強いんです」って桜庭のようにリング上で叫んで欲しいんです。

参考→「プロレスラーは本当は強いんです❢/桜庭和志/闘いとは?/98,

というわけで、戦型予想は矢倉>角換わり>横歩取り>対抗型、というかんじでお願いします。

三浦弘行プロが勝っても負けても「号泣する準備はできていた」って感じですね。。決着したら人目をはばからずに、号泣します。…多分自宅か行きつけの飲み屋にいると思いますが…。




Museのinvincible
InvincibleInvincible
(2008/01/13)
Muse

商品詳細を見る
はこれです。






テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 三浦弘行 GPS将棋 阿部光瑠 塚田泰明 桜庭和志 伊藤英紀 電王戦 米長邦雄 あべこうる GPS将棋

【過去記事紹介】第二回電王戦総大将GPS将棋について

あと、何時間ぐらいで土曜日ですかね・?

ちょっと計算できないんですが、もうそろそろ第二回電王戦の最終局が開催されると言い切っていいと思います…。早すぎでしょうか…そろそろニコファーレに並ばなくても大丈夫でしょうか…。

ということで、GPS将棋とは何者か?というのを紹介しておきますので、こちらのタグから追ってみてください。
最初のほう(古いほう)から読んでいただいたほうがいいかなと思います。

将棋観戦記:GPS将棋について

一番古いページはこちら

将棋観戦記:GPS将棋について(一番古いページ)

※ドメイン変更したときに、広告のアダルトフィルタをセットし忘れていて今出ていますが、フィルタセットしましたのでじきに治りますので、お待ちください…。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : GPS将棋 電王戦 GPS将棋

【過去記事紹介】石をも穿つ努力 三浦弘行八段の奨励会・順位戦の成績

そろそろ、GPS将棋vs三浦弘行プロの電王戦最終局が近づいていますので、過去記事の紹介になります。

2010年の記事ですね。

石をも穿つ努力 三浦弘行八段の奨励会・順位戦の成績

一部引用。。

入会は13歳。奨励会に落ちて研修会からの昇級組のようだ。気になるのが「三浦弘之」という名前であること。これに関する仮説は後ほど記す。

入会後の成績は3?4(1休)。その後六連勝して5級に昇級する。5級時代も苦戦する。約三ヶ月で9?12(1休)。その後六連勝して4級へ。4級では3連敗後に1休をはさみ6連勝。2級でようやく通常勝率規定で上る。

5級の連勝からはほぼムダ星無しで1級まで駆け登る。



そのほかの三浦弘行プロ関連の記事は以下のリンクから。

将棋観戦記:三浦弘行関連記事

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : GPS将棋 三浦弘行 電王戦

コンピューター将棋の実力はプロ棋士レーティングで1600-1800?

さて電王戦の楽しい日々も来週で終わりかと思うと、それ以降の土曜日はどうやって生きていけばいいのか?というのを真剣に悩んでいる今日このごろです。願わくばニコ生の企画者様には毎週1番組は最低でも将棋関連の番組をお願いしたいところです。人狼でもいいです。毎日人狼でもいいですよ。。

感傷的ムードの先週の土曜日、伊藤英紀開発者のプエラαvs塚田泰明九段でしたが、今日は少し冷静に残酷に、そしてシニカルなアプローチで迫りたいと思います。

まあ私も大人なのでああいう感動している雰囲気で水を差すようなことは言わないわけです。伊藤英紀さんとは違って。というとちょっと煽りすぎなので少し言葉を柔らかく書くと、本当に感動しました。これは事実。ただその一方で入玉将棋になった瞬間、離脱している自分もいるわけですね。

そのタイミングでTwitterにも書いたのですが、あの入玉を決意した瞬間というのはそれ以外の方針では負けが決まっていました。負けないためには、死なないためにはあの作戦しかなかった。そして人間同士の対戦であればあの入玉で後手が勝つ可能性というのは99%、100%無いわけです。先手が心臓発作で倒れるとかそういうレベルでしか起こり得ないぐらいの逆転劇でした。

よって、私はあの入玉の決意をみて「ここから仮に塚田泰明九段が逆転したとしても、将棋としてはもう終わっているわけで、コンピューター将棋の入玉の弱点を突いたということに他ならないので、将棋としての見所はない」と思い、呟き、近所の行きつけの飲み屋に向かいました。

その後の感動はみなさんご存知の通りです。私がほろ酔い加減で戻ってくると将棋は逆転していました。逆転ではないですが、必敗の将棋が引き分けになっていました。

昨晩、ニコ生のタイムシフト視聴で見逃した部分を早送りしながらみていたのですが、木村一基プロと安食総子女流の組み合わせで良かったなと思いました。将棋としては解説する部分がない状態での数時間を、面白く飽きさせることなく上手く盛り上げていました。実際、会場のニコファーレからは一手プエラαが手を指す度に笑いが起こるという状況でした。

将棋が引き分けになった局面での絵面はとてもシュールでした。棋士と開発者がお互いに点数を数える姿。こういう持将棋特有の姿が世の中に出ただけでも、この対局の価値はあったと思います。ヤフーのトレンドワードにも、入玉という言葉と持将棋というのがランクインしていたそうですから。

ここで将棋に詳しくない方のために少し書くと入玉と書いて「いりたま」と呼びます。ちょうどスクランブルエッグの和訳と同じイントネーションですね。そして持将棋というのは「もちしょうぎ」と呼びます。「も」と「ち」の間には小さい「っ」を入れて読むと通っぽいので是非いれて読んでください。

「いやー土曜日の電王戦観ました?まさか『いりたま』で『もっちしょうぎ』になるとは思いませんでしたねー」と職場の同僚に話しかければ、今日の話題は尽きることは無いでしょう。

(ちなみに念のために書きますが本当の読み方は当然ながら「にゅうぎょく」と「じしょうぎ」です)。

で、プロとコンピューター将棋が公式の場で戦うことがなかった今までは色々と憶測が入り乱れる状況でしたが、今回のこの第二回電王戦の第四戦までの戦いである程度コンピューター将棋の実力が分かったと考えています。

プロ棋士が入玉形を目指すと、ほぼプロ棋士の必勝。相居飛車、特に矢倉を無理やり矢倉風味に目指せば、コンピューター将棋は飛車先交換をしてこないので、入玉成功する可能性が割りと高そうである、というのは初戦の阿部光瑠戦、今回の塚田泰明戦で分かったところです。

ここをプロ棋士が狙うとつまらなくなる、というのは当然理解できるところですが、この辺りの議論は避けたいと思います。

ではプロ棋士がそういう展開を敢えて選ばずに、人間同士のように戦った場合のコンピューター将棋の棋力は?というところでいうと、タイトルの「棋士レーティングで1600-1800ぐらい」だと私は思います。将棋倶楽部24でいうと、3200-3600点ということになります。(ざっくり将棋倶楽部24での点数の半分が棋士レーティングという図式を私は置いてます)。

ここで大平武洋プロのブログからコンピューター将棋の実力についての記事を引用します。やや長いので適当にサマライズ&補足しますね。


・ソフトの序盤の穴というか作戦が大平武洋プロの想像以下(酷すぎる)。
・自分はタイトルホルダーやA級棋士に勝てると思えないけどソフトならチャンスがあるのでは?
・『和服で対局するとマイナス30分。初めてなら1時間』と先輩棋士に聞いたことがある。(佐藤慎一・船江恒平の負けについても多少は影響あっただろう、ということですね)。
・普段の公式戦にソフトが出て来たら最初は分からないけど一周した辺りから対策も万全になって勝てなくなるのではないだろうか?それくらい序盤の出遅れが大きい
・ただ、相手に追随していく指し方をされたらトップでも厳しい状況になるのはそんなに遠くないか。

http://ameblo.jp/takehiro511/entry-11510309849.html



こんな感じですね。特にプロ棋士にかぎらずですが、プロの世界でよく言われることが「最初は分からないけど一周した辺りから対策も万全になって勝てなくなるのではないだろうか?」というフレーズですね。野球などでは特にあると思うのですが。

個人的には私のような一介の、野良の、野生のアマから見ても、コンピューター将棋の序盤は酷いです。ただし、そういう意味でいうと、人間の中終盤も実は我々が分からなすぎて気づいていないだけで、実はプロの中終盤でもかなりの抜け漏れがあるのではないか。という気もしています。

人間は手順に意味を見出してしまうので先入観に基づかない想定外の手、というのを発見するのは難しいですが、コンピューター将棋の計算能力の前ではノーミスで終局まで持っていくのはもしかしたらとてもむずかしいことなのかもしれない。

最終局登場するのは三浦弘行プロで言わずと知れたA級棋士です。ケレン味のない将棋を見せてくれるはずですが、ノーミスで勝ちきれるかどうか。

佐藤慎一さんや船江恒平さんが負けたのはなれない和服、プレッシャーの掛かる大舞台による疲労というのも当然あったと思いますが、そういうのが無くても果たしてノーミスで指せたかというと人間にとっては難しいのかもしれません。

それこそ電卓やそろばん無しで大きな数字の素因数分解をしているようなものなのですから。

このへんの人間はコンピューター将棋相手に優勢を築いてからミスるかミスらないかというのはかなり大きな話になります。如何にコンピューター将棋の序盤がしょぼくても、人間が必ず1局のうちに何度かミスり、その都度コンピューター将棋が差を詰めてくる、いつかは逆転するのであれば、学術的な将棋の探求という意味では一ミリも電王戦は貢献しないものの、人間はコンピューター将棋には勝てない、ということになります。

ただ、佐藤慎一戦、船江恒平戦を観る限りだと、トップレベルの人間が出てくれば、或いは普段着の対戦で注目もゼロで相手が人間だったら、あの将棋を逆転されることはなかったかもしれないな、という気持ちも捨て切れないでいます。

大平武洋プロのような冷静な見方はプロ棋士であれば口に出さないかもしれませんが思って当然だと思います。ただ、その気持ちと技術、とくにミスらない技術が伴っている棋士というのは、ある程度トップクラスに限定される可能性があります。

結論もなくダラダラと書きましたが、電王戦の意義、みたいなものは将棋の真理追求には一切貢献しないので別の所で見出す必要がありそうです。個人的には、最近コンピューター将棋を見ていてそれを参考にした作戦を将棋ウォーズで投入しているのですがなかなかの成果が出ています。

人間にとってのトレーニングパートナー、ではないですが、指定局面からの解析作業、モンテカルロシミュレーションからの勝率判定、などで学術的な意味合いで活用するのが一番良いのだろうなと思いました。

実際、そういうアプローチで研究に取り組んでいる人が実はいるのではないか?という気がしています。特に渡辺明三冠の深い研究と局面の見切りにはそういう印象を強く持っています。(渡辺明三冠が使っている、という意味ではなく、似たような明快さを得られる。アドバンスト将棋が真理解明や定跡の発展に役立つという。)

コンピューター将棋開発者の皆さんには、そういう方向でのプロ棋士との連携・提携みたいなことも今後は考えて貰いたいなと思いました。

指定局面を打ち込むと数万局そこから試行される…というプログラムというか機能をもたせると、DNA解明のように将棋の真理追求に役立つのではないでしょうか。

最終戦の面白さへの期待がなくなったわけではないのですが、上記のような気持ちでややコンピューター将棋vs人間という取り組み自体への熱量はちょっと違った感じになってきている、というのが私の現状です。



島研ノート 心の鍛え方島研ノート 心の鍛え方
(2013/03/29)
島 朗

商品詳細を見る
内容紹介
著者は「島研」を主宰し、羽生善治、森内俊之、佐藤康光という三人の名棋士の成長を十代の時からつぶさに見守ってきた。
著者は語る。「羽生善治という存在を中心として、佐藤康光・森内俊之の追いかけ、追いつきそして並走し、また抜きつ抜かれつの、長い戦いの中で見せる棋士の弱さや脆さを、みんなが鍛錬の中で身につけた全人的強さで克服していく過程こそが、私が長年圧巻の思いで見続けている物語なのである」。
トップクラスで戦い続ける三人の、長持ちする驚異的な技術と、それを支える精神構造の秘密がこの一冊に結実している。
将棋ファンはもちろん、ビジネスマンにも参考になる「心の鍛え方」のヒントが満載である。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 塚田泰明 プエラα 伊藤英紀 電王戦 木村一基 安食総子 入玉 持将棋 阿部光瑠 GPS将棋

電王戦観戦記(第一戦から第四戦まで)をまとめました。

ここまでの感想をまとめましたので、念のためお知らせです。

========================================
電王戦関連の記事第1戦から第5戦までのリンク】

プロ棋士は強いんです!人間圧勝!第二回電王戦、阿部光瑠四段vs習甦

佐藤慎一敗れる。第二回電王戦第二局▲ポナンザ対△佐藤慎一

【追記有】将棋の常識が変わる?詰まし屋一閃?! 第二回電王戦、第3局▲船江恒平五段vs△ツツカナ

【追々々記有り】引き分け:入玉に賭ける星 第2回電王戦第4局 ▲Puella α vs △塚田泰明九段
========================================

また、電王戦関連というタグページからも見れるようにしました。

ちなみに昨日書いた記事に紹介した剱持松二棋士の活躍については以下の書籍が詳しいです。とてもおもしろいので是非読んでほしい一冊です。(観る将棋ファンに特にオススメします)。

ハッシーの師匠にして加藤一二三九段の師匠でもある、剱持松二さんの面白エピソード以外にも、振り飛車党の棋士の面白話が満載です。


振り飛車党列伝振り飛車党列伝
(2005/11)
湯川 博士

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 剱持松二 GPS将棋 ポナンザ 電王戦 阿部光瑠 塚田泰明 加藤一二三 あべこうる 船江恒平 佐藤慎一