今日の見所 4/17(火)

4月17日(火曜日)の注目対局は以下の通りです。

竜王戦2組 昇決 真田圭一vs佐藤和俊
前年度の成績は以下の通り。
真田圭一 7勝19敗 勝率0.269
佐藤和俊 22勝15敗 勝率0.595

前期、振るわなかった真田。過去の対戦でも佐藤が3勝0敗となっている。期待勝率も70%も超えている。佐藤の中飛車に真田の急戦策を予想。そろそろ居飛車が勝つのでは?


竜王戦4組 谷川浩司vs高見泰地
前年度の成績は以下の通り。
谷川浩司 16勝14敗 勝率0.533
高見泰地 36勝14敗 勝率0.720
4月5月と対局が続く高見と、谷川の対戦。レーティングではわずかに高見のほうが谷川より高い。高見先手で角換わり、後手で横歩取りが予想されるが谷川先手で角換わりを観てみたい。昨年度からの谷川の好調要因は間違いなく得意の角換わりを避けない風潮があり、本人のモチベーションもあがっているような絶妙の指し回しなので。。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 真田圭一 佐藤和俊 谷川浩司 高見泰地

今日の見所 4/14(土)

4月14日(土曜日)の注目対局は以下の通りです。

叡王戦 第1局 金井恒太vs高見泰地
前年度の成績は以下の通り。
金井恒太 15勝15敗 勝率0.500
高見泰地 36勝14敗 勝率0.720

ついに叡王戦が開幕。初対決の両者。初のタイトル挑戦でもあり、どちらが勝っても初タイトル獲得となる。レーティング的にも成績としても高見のほうが良いが、番勝負、タイトル戦…あらゆる要素が絡み合うのでどちらが勝つかわからない。第一局は横歩取りの最新形になるのではないか?△62玉の形を予想。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 金井恒太 高見泰地

今日の見所 1/29(月)

1月29日(月曜日)の注目対局は以下の通りです。

叡王戦 本戦 丸山忠久vs高見泰地
丸山忠久 14勝15敗 先勝率0.529 後勝率0.417。
高見泰地 28勝10敗 先勝率0.706 後勝率0.762。
現在、6連勝中の高見、レーティングでは丸山の方が若干高いが勢いで優位にたつか。ここで高見が勝つとタイトル戦は金井六段との六段同士のタイトル戦となる。出身大学でいうと立教vs法政戦。ぜひ期待したい。

棋聖戦 二次予選 行方尚史vs村山慈明
行方尚史 9勝12敗 先勝率0.400 後勝率0.455。
村山慈明 18勝7敗 先勝率0.800 後勝率0.615。
2010年以来の対戦となる両者。レーティングでは村山がやや高い。今期の成績からも村山優位は変わらないか。行方の作戦に注目。村山は最新形で臨むはずだが行方がどのように構えるか?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 丸山忠久 高見泰地 行方尚史 村山慈明

今日の見所 1/13(土)

1月13日(土曜日)の注目対局は以下の通りです。

朝日杯将棋オープン戦 二次予選 羽生善治vs高見泰地
羽生善治 25勝20敗 先勝率0.591 後勝率0.522。
高見泰地 27勝9敗 先勝率0.688 後勝率0.8800。
史上初の称号、永世七冠を獲得した今や時の人羽生。昨年5連勝で終わり勢いのある高見。
過去の対戦は無く、レーティングでは羽生の方が高いがその通りに行くか。

朝日杯将棋オープン戦 二次予選 糸谷哲郎vs八代弥
糸谷哲郎 21勝13敗 先勝率0.556 後勝率0.688。
八代弥 8勝9敗 先勝率0.333 後勝率0.500。
昨年最終で敗れはしたが、それまで好調を維持していた糸谷、一方やや調子を落としていた八代。
レーティングでは糸谷の方が高く、順当に糸谷優勢か。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 高見泰地 糸谷哲郎 八代弥

今日の見所 1/11(木)

1月11日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

竜王戦5組 中田功vs藤井聡太
中田功 9勝11敗 先勝率0.583 後勝率0.286。
藤井聡太 44勝10敗 先勝率0.850 後勝率0.794。
昨年の成績、レーティングでは圧倒的に藤井がリード。藤井有利は変わらずか。

叡王戦 本戦 渡辺明vs高見泰地
渡辺明 15勝18敗 先勝率0.625 後勝率0.250。
高見泰地 27勝9敗 先勝率0.688 後勝率0.800。
昨年の成績では高見が圧倒的に好調だったが、過去の成績では渡辺が勝利している。
レーティングでもやや渡辺がリード。渡辺勝利あるか。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 中田功 藤井聡太 渡辺明 高見泰地