糸谷哲郎六段が全勝で昇級!!!新生ダニーはこんなに違う(≧∇≦)

いやー良かった。良かったですね~皆さん。遂に糸谷哲郎六段が連勝で昇級を決めました。

ぶっちゃけ、今期の取り組み表を見た時には、何度も書いてますが昇級は義務だなと。権利ではなく義務だと思いました。

今期上がらないと一生上がれない。いや、そんなことはないですが、どんな天才でも苦労するクラスなので、是非頑張って欲しかった。なので、私は普段は棋士に話しかけることはないのですが、京都の小料理屋にダニーを呼びつけてですね、言ったわけですよ、Shall we ぶぶ漬け?って。

前期までも勿論強かった。A級もタイトルホルダーも関係なくぶちのめして、そして、順位戦で、ベテランに負ける。なんですかと。

もうお腹いっぱいと言いながら、オヤツ食べる我が子をみるような気持ちでした。

しかし今期のダニーはマジで一味違った。なんというか、大人の階段登ったよね。

いい意味でのケレン味は残しつつ、淡白なところというか、不利になってからの更に怪しい 感じがなくなって、もう一歩手前での頑張りに変わりました。

そういう変化を順位戦の最初の三つ四つぐらいで感じとっていたので、多分大丈夫だろうなぁとは思っていたのですが。

本局の対戦相手、高崎プロは小学生名人ですよね。都成三段の前だったか…。テレビで対局を見ていたことを覚えています。

地方出身で、早くに自身の生き方を定めた人らしい老成と落ち着きを感じるタイプです。ダニーのチャカつきとは正反対ですな(笑)。

振り飛車党で、受難の時期もちゃんと実力を発揮しているのが素晴らしいです。そしてその棋風というか特徴は、これも何度も書いてますが、玉頭戦。玉頭戦での競り合い、厚みの築き方が絶品です。

銀冠で居飛車穴熊を退治するのが上手いタイプですね。まあ、そうじゃないとこの時期の振り飛車党で高い勝率残せないわけですが。

序盤は石田流となりました。それに対して、ダニーは意欲的な作戦。こういうところが大好きな点です。そして、作戦としては成功していた…かどうかは微妙ですね。。

振り飛車が勝ちやすい展開のような気がする局面が現れました。しかし、そこからの指し回しがいかにも糸谷哲郎。

まさにシビれる玉の脱出劇でした。実際の形勢がどうだったのかわかりませんが、あの局面からやったらだいたい普通は振り飛車が勝つんじゃないでしょうか。。

この将棋で負けたら理論上は逃すことまであったことを考えると、勝ってくれて本当に良かったです。糸谷哲学の更新をしなくちゃいけないですね(≧∇≦)

そして、降級の方は二人決まりました。特に最後まで指したひふみんの写真には胸を打たれました。

今月はこの写真を観れただけでよかったなと思います。加藤九段はもし、糖尿病とかなのであれば、食事制限として糖質制限を検討して欲しいですね。飲み物にポカリが含まれていたのが気になります。あれってすごい砂糖の量ですから。。

と最後に少し話がそれましたが、糸谷哲郎六段、昇級おめでとうございます!(≧∇≦)



以下、事実情報だけ。

昨日の結果

[C級1組]
大平 武洋五段(3勝6敗)●-○中村 太地六段(8勝1敗)…17時59分
北島 忠雄六段(5勝4敗)●-○小林 裕士七段(4勝5敗)…19時58分
佐々木 慎六段(8勝1敗)○-●小林 健二九段(3勝6敗)…20時35分☆
日浦 市郎八段(4勝5敗)●-○福崎 文吾九段(6勝3敗)…21時10分
阪口 悟五段(4勝5敗)●-○近藤 正和六段(5勝4敗)…21時38分☆
土佐 浩司七段(3勝6敗)○-●宮田 敦史六段(4勝5敗)…21時51分
阿部 健治郎五段(4勝5敗)○-●桐山 清澄九段(2勝7敗)…22時32分☆
脇 謙二八段(4勝5敗)●-○塚田 泰明九段(2勝7敗)…22時32分☆
千葉 幸生六段(5勝4敗)○-●高野 秀行六段(4勝5敗)…22時50分
平藤 眞吾七段(2勝7敗)●-○佐藤 秀司七段(4勝5敗)…22時55分
富岡 英作八段(3勝6敗)●-○浦野 真彦八段(4勝5敗)…23時0分☆
菅井 竜也五段(7勝2敗)○-●長沼 洋七段(5勝4敗)…0時0分☆
高崎 一生六段(7勝2敗)●-○糸谷 哲郎六段(9勝0敗)…0時16分☆
片上 大輔六段(5勝4敗)●-○真田 圭一七段(6勝3敗)…0時17分
船江 恒平五段(6勝3敗)●-○田中 寅彦九段(3勝6敗)…0時17分
金井 恒太五段(4勝5敗)●-○神谷 広志七段(3勝6敗)…0時33分
加藤 一二三九段(1勝8敗)●-○斎藤 慎太郎五段(6勝3敗)…1時8分

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点
【9勝0敗】糸谷(9)
【8勝1敗】佐々慎(4)、中村太(10)
【7勝2敗】高崎(20)、菅井(28)
【6勝3敗】真田(2)、船江(18)、福崎(22*)、斎藤(30)
【5勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、長沼(26)、北島(31*)
【4勝5敗】宮田(5)、阿部健(7)、金井(8)、小林裕(12)、日浦(13)、高野(14)、佐藤秀(21)、浦野(25)、阪口(29)、脇(34*)
【3勝6敗】神谷(1)、富岡(15)、田中寅(19)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝7敗】塚田(11)、平藤(16)、桐山(32*)
【1勝8敗】加藤(33*)


昇級 : 糸谷六段
降級 : 加藤九段、桐山九段
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク