誕生日で抜け番。第72期B級1組順位戦

タイトルは仮です。阿久津さんが誕生日のため抜け番でした。(たまたまです)。

削がれた更新意欲を、ゆるい更新でしのぐ。老人が酔拳で戦う、という感じですね。

この前、youtubeでジャッキーチェンの昔の何とか拳ってのをたくさん見ました。なんとなくアガりましたのでお勧めします。

たぶん、出社前にジャッキーと一緒に蛇拳とか、酔拳とかやってから会社に行ったら、気分よく出勤できると思います。・・・その勢いで上司を殴らないようにしてくださいねw

さて、あっ君こと阿久津さん、あつくつさんこと、阿久津さんの前髪ですが、たぶん今、過去最高にカッコいいと思います。そうなんです、もともとイケメンだし、おでこが広いのは禿たのではなく、もともと広いんですよ。

広い人は短い前髪、これです。山崎隆之プロがいい例ですね。決して髪の毛は多くない。おでこもなんとなく広そう。しかし禿ないタイプ。で、あの髪型です。美容室に行ったら、「分けなくていい程度の長さに」っていえばいいんですよ。それで大体は解決します。

前髪はどうしますか?って聞かれたら「何もつけずにおろしてても自然になるように」って答えるんです。あとは、もう天気の話でもしてれば完成です。切ったあとに何かつけますか?って言われたら、「今日はこのままでいいです」って答えるんです。どうせ、美容師がやったスタイリングなんて後で再現できないんですから。

そして、これで阿久津さんの結婚は間違いないですね。もともとのイケメンが最強の髪型を手に入れた。いわば猛烈な攻め将棋の中村太地が振り飛車党から居飛車党に転向したようなもんですよ。。

・・・このまま阿久津さんの前髪談議だけでブログ一つ別に建てられる(タイトルはあっ君の前髪)ぐらいには語るつもりですけど、そろそろ怒られそうなので、以下感想を簡単に書きますね。

お昼時点、夕方時点、終局後、という感じになると思います。例によってその時間帯の私の気分と、湿度、温度、によって分量は変わります。蕎麦打ちと一緒ですね…。

今、お昼時。

藤井vsハッシーは藤井先生の例の形。どちらにどういう工夫が出るのか?に注目。ただ私はこの角交換振り飛車は全然歓迎なのでどういう作戦が取られてもOK。この形というか角交換型で急戦調の含みがなくて・・・っていう作戦は居飛車党にとってはそんなに脅威じゃない気がするんだけどなあ…。

アマがやるなら、断然4→3とかの石田流系かごきげんでしょうね。(ゴキゲンの超速はアマ一定レベル以下の大部分の人にはそれほど勝ちやすい戦型ではないとおもう)。

畠山鎮vs鈴木大も角交換振り飛車ですね。

山崎vs木村一戦は先手の相掛かり。最近そういえば将棋ウォーズで相掛かり調が増えてきた気がします。理由は私がどっちをもってもやるから、というだけなんですがw

山崎流の角道をあけるのをなるべく後回しにする指し方は、意外に悪くないですよ。是非お試しください。少なくともひねり飛車よりは居飛車党に向いてる気がします。

丸山飯塚はノーマル角換わり腰掛銀っぽいです。スペシャリストの丸山さん相手に、穴熊の作戦が出るか?&先日のダニーのような打開になるのか?に注目です。

みっちーvsとよぴーは、横歩取り。とよぴーにとってはA級で通用するかどうか?の試金石第二弾っていう戦いですね。

松尾広瀬は後手のごきげん中飛車。戦型は超速に銀対抗ですね。私は相当前のブログで超速にはこの銀対抗しかないような気がするなーと書いた覚えがあります。それが主流になる前ですね。だからといって何も偉いわけでもなく、私の棋力があがったわけでもないのですが。耳年増、みたいなやつですね。女の子はみな、耳年増なんです。お勉強してるんです。おニャン子クラブ懐かしいですね。。

お昼休みはとりあえずそんな感じでした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

夕方は、あまり見れませんでした…。

ただ、畠山鎮vs鈴木大介戦の穴熊にしてから銀冠は、後手にそれほど有効な手段がなく、穴熊になることもないので、銀冠最終形として考えている場合に、隙のない駒組みのやり方かもしれないと思いました。

夕方時点で松尾vs広瀬戦は流石に先手が良さそうと思いました。藤井vsハッシーは上手に組み上げるものだな…・と先手については思いましたが、先手の得がどのぐらい残っているのかは不明。角換わり腰掛け銀になった丸山vs飯塚戦は新手・新構想に期待。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして今は朝。結果はというと・・・


高橋 道雄九段(0勝2敗)●-○豊島 将之七段(2勝0敗)
先手の横歩取らずからの中原囲い。これは中押しで後手の圧勝でした。

畠山 鎮七段(2勝0敗)○-●鈴木 大介八段(0勝2敗)
これは夕食休憩時点の構想が面白いなと思いましたが、そこからが大激戦。馬を作った先手が良さを保ってそのままゴール。先手玉がよく動く?働く?将棋でした。

丸山 忠久九段(1勝1敗)○-●飯塚 祐紀七段(0勝2敗)
後手が相当攻めました。飯塚さんらしい攻め。しかし後手の攻めがさっぱりしたところでは、先手良し。馬で飛車をとって自陣に引きつけたところでは流石に先手が良くなっていたが、その手前では後手にも他にやりようがあるかもしれない・・・と思いました。

松尾 歩七段(2勝0敗)○-●広瀬 章人七段(1勝1敗)
これもプロレベルでは先手が良さを保って危なげなくゴールした感じでしょうね。ちょっと悩める天才は長くなりそうですなあ…。

山崎 隆之七段(1勝1敗)●-○木村 一基八段(1勝0敗)
これは不思議な力戦だった。先手が良さそうな局面から後手の桂馬が歩の餌食になる前に大仕事をしたところでは後手勝勢になっていた。山崎さんにとっては残念な将棋だろう。

橋本 崇載八段(1勝1敗)●-○藤井 猛九段(1勝1敗)
千日手指し直しからの先後入れ替えでまた角交換四間飛車。しかしこれは藤井プロの経験値が生きた戦いのような気がしました。というか、ハッシー不出来な戦いでは?

結果は松尾、畠山鎮、豊島が連勝スタート。連敗スタートは高橋、鈴木、飯塚。





勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。


関連するタグ 橋本崇載 藤井猛 松尾歩 広瀬章人 丸山忠久 飯塚祐紀 畠山鎮 鈴木大介 高橋道雄 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第60回NHK杯一回戦第十三局 ▲山崎隆之vs△飯塚祐紀

例によってNHK杯の棋譜ページのみの閲覧。先週と繰り返しのお知らせになるが、12時5分ぐらいには当日の棋譜がアップされているので、ご確認・復習にお役立て頂きたい。


戦型は先手山崎隆之プロということで相掛かり。相掛かりは定跡が整備されているようでされていない手将棋の世界。腕力で誤魔化す将棋で七割勝つ山崎隆之プロにぴったりの戦型だろう。

以下は後手が4一の地点に玉を寄った26手目の場面。「最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)」でいうと92ページ目からの解説が該当する形。次の先手の一手をお考えいただきたい。
100627_NHK.jpg


通常であれば、▲3三角成、▲6六角ぐらいだろうか。(前述の定跡本ではそのように解説されている)。また、▲6六歩から矢倉を目指す手もある。(こちらの変化は120ページ以降で紹介されている)。山崎隆之プロの選択は▲6六歩からの矢倉だった。

この将棋、後手がやや作戦勝ちしているように思われたのだが、その理由はこの矢倉に囲い合う手順のうち、後手が角を3三の地点に置いたまま、攻めの銀を5三に上がったあたりにあるように思う。先手は3六にいる銀を有効活用する意味で4五に位を取りたいのだが、53銀と33銀で逆襲されそうな雰囲気があり、位を取らずに駒組みが進むこととなった。

先手は代わりに6五の位を取る。相掛かり戦における浮き飛車は角の流れ弾に当たりやすく、何かの時の6六角を用意している。手損になるが後手の飯塚祐紀プロはそれを事前に回避して8二に引き直す。先手の速攻棒銀を封じるための手だったのでそれほど不満はない。

先手は二歩持って攻め始めるが、後手が専守防衛に徹しているところなので、容易ではない雰囲気。1?3筋への「味付け」は如何にも「おまじない」的というか、攻めが切れそうになった時の保険、という手。ドラゴンクエストでいうところの「ガンガンいこうぜ」という作戦。…かと思った時に指された▲5七銀という手が何ともカッコいいプロの手。次の▲4六銀から、突き捨てを活かした攻めが見えるところだ。

後手の反撃手に応じて角交換が行われ、玉頭に歩を垂らしあう展開。お互いに一段玉で垂れ歩があるが、少しずつ違う状態で、どちらがキツいのかよく分からない。90手目に飯塚祐紀プロが指した△4七角が2五の歩を守りつつ、▲5八歩成の詰めろを見せて後手好調なのかと思われたのだが。

続く先手の▲7七金が当然とはいえ良い手。もし後手が歩を成れば、飛車ではなく垂れ歩を払うことで玉の逃げ道を確保するという意味か。この局面で両者の残り時間は分からないが、後手としては攻める権利と義務が生じており、これはこれで辛いものがある(もし私が後手だったら、とても嫌だ)。

先手はこれしかない、という受けなのでしょうがない、しょうがないと受ける気楽さがある。▲7七金も▲6八玉もこの一手、というやつだ。対する後手は自分で攻めを考えてひねり出さねばならない。98手目、アマなら一目で飛車角交換してから飛車を逃げそうなものだが、強い人によくある、取れる駒を取らずに飛車を単に逃げた手がどうだったか。

後手の攻めが一段落して先手のターン。良く分からないうちに後手玉があっと言う間に詰んでしまった。先に飛車を取っておけばこの詰め筋はなかったが、別の詰め筋が生じていたのかもしれない。恐らく、後手の飯塚祐紀プロが飛車を8五に引いたのは、いきなり詰ましに来られるとは思っていなかったからだろう。あとは深く引くとどうせ8三で叩かれたりするので、どうせなら8六で叩いてもらってから引きたいという意味。

後手玉への寄せの手順として、2三に単に歩を成る手が詰将棋っぽい軽手。ここでも局面の選択は飯塚プロの権利と義務になっており、山崎プロは応手に対して詰ましに行くだけの展開。2三を取ると後の5三飛車成りがあって如何にも詰みそうだ(読んでないので分からないが)。というわけで逃げた玉に対してと金を押し売りする手順も詰将棋的。

このあたりでは先手勝ちだとすれば、そして飛車を取る手では後手に勝ち目が無かったとすれば、飯塚プロが攻めさせられたところでは既に先手がよかったという可能性がある。特に4七に角を打った手以降は、ほぼ双方に変化の余地がない手順の応酬だからだ。

或いは単に、素人的な手ではあるものの、後手が飛車を逃げたところで単に飛車を取って、57に金を打ってバラして△6五桂…という手順でどうだったか。ただし、飯塚プロというのはこういう鋭い攻めに持ち味のある棒銀ist(bouginist)なので、寄るとみれば踏み込んだと思う。恐らくは△6五桂に▲6六玉と逃げられて寄らないと読んでの△8五飛だったのではないか。私レベルのアマだと、プロの応酬を正として推測するしかないのだが、多分そういうことなのだ。

そしてそういう意味において本局のMOM(Move of the match)は▲5七銀を挙げたい。この溜めた一手の次に控える破壊力をみて、後手は攻め合いに転じざるを得なかった。あの場面での先手の攻め駒は飛車・角・銀・銀の四枚であるのに対して、後手は飛車と角しかいないという状態だったわけで、その戦力の違いが本局の勝敗を決したのだとすれば、▲5七銀は素晴らしい手だった。若き力戦の雄、西の王子の豪腕は殴り合いになってこそ、活きる。

後手の鋭い攻めが決まっているように見えたが、実は攻めさせられていたために少しパンチが届かずに先手の強烈なカウンターパンチが決まったということだろう。どのような解説、どのような観戦記になるのか今から楽しみである。

NHK 将棋講座 2010年 07月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2010年 07月号 [雑誌]
(2010/06/16)
不明

商品詳細を見る



こちらの号に掲載されている後藤元気氏の観戦記と、私の好きな上地さんの観戦記は是非お読みいただきたいと思います。


山崎隆之の関連商品(楽天)

山崎隆之の関連商品(amazon)


関連するタグ 将棋 NHK杯 山崎隆之 飯塚祐紀

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク