次世代を担うもの、広瀬章人B1へ 第70期B級2組順位戦

対戦表はコチラ

二番手が二敗ということでのラス前昇級となった広瀬章人。その終盤の切れ味は、得意戦法の穴熊と相まって射程距離の違いを魅せつける。

優れた才能の選りすぐりであるプロ集団においても圧倒的に秀でた終盤力。それが広瀬章人の魅力だ。

その反面、序盤戦術においてはやや難がある方だと思う。あらゆる戦型を使いこなしているようにも見えるし、失礼な書き方になるがある意味鷹揚さがあるがゆえのオールマイティーとも言える。

ちょっと出遅れるぐらいでついていって終盤で一気に捲る、というタイプのようで後手番のほうが勝率が高い、というプロにおいてはかなり珍しい戦績であることでも有名だ。

先手となった広瀬vs南戦では、南の右玉的な陽動振り飛車に対して、トーチカに組み上げた。プロで流行する前から、アマチュアでは指されていた戦型である。

手順のアヤで穴熊には組みにくくなったが同じような堅さを得られる。ただし、角の組み換えというか、銀の位置移動の不自然さがあるために、中盤が難しくなる将棋だと思う。

そこを突かれて、完全型になった後手の南が仕掛ける。上手く行ったように見えたが、広瀬の切り返しが絶妙だった。馬を作ったところでは広瀬章人の昇段が近づいた瞬間だろうか。

広瀬章人の将棋を見るときには、是非その角の動きに注目してほしい。この角の運用に秀でていることが、広瀬章人の終盤の切れ味を増している理由だからだ。

細かな角や馬の動きはロングシュートや、直接フリーキックでのゴールを狙うワールドクラスのストライカーのようにも見える。

本局では、角が活躍したのは序盤から中盤だったが、その特徴が現れているので是非有料中継にて確認して欲しい。広瀬章人は次世代を担う天才であることが示されているはずだ。



四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
(2011/04)
広瀬 章人

商品詳細を見る


この浅川書房のシリーズは分量の豊富さと次の一手形式での読みやすさがオススメのポイント。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 南芳一 広瀬章人 トーチカ 陽動振り飛車

深浦康市とハッシーこと橋本崇載がA級入り! 第70期B級1組順位戦

順位表はこちら

B1は昔から鬼の棲家と呼ばれる。このクラスを抜ける勝敗数としては他のクラスに比べて負け数が多い、混戦の印象がある。5敗でも届くぐらい。理由としては頭数がある程度絞られ、総当たりであることがあげられるだろうか。

たまに圧倒的に図抜けた、名人級の若手が一気に突き放すこともあるが、通常は上位陣の4敗が上がっていく。

そして更に恐ろしいA級で全敗まである形で戻ってくる。というの通例だった。

今回の昇級者は橋本崇載深浦康市深浦康市はこれが四度目のA級ということで、過去に3回降級しているということだ。過去の複数回降級を経験している面々もやはりタイトルホルダーであり、加藤一二三九段のような名人経験者まで存在する。現在二冠の久保利明も、今期降級の危機に陥っており、しかし棋界の頂点に君臨する居飛車党との戦いにおいて磨いた「居飛車感覚」の寄せ合いを特殊スキルとして身に付けたことが、二冠獲得の原動力になっていると私は見ている。

そろそろA級に戻ることが、辛いとは思わないまでもいつか戻れなくなる日が近づいていることの気配を覚えつつあるだろう深浦康市の来期のA級での戦いぶりに注目したい。

深浦康市は、その序盤戦術の巧みさが有名ではあるが、一方で凝らしすぎによる失敗も、特に相手が強くなればなるほど一定の割合で出るように思う。その気合の入り具合とあわせて、空回りと称されてもおかしくないような失敗である。

ただし、私の勝手な予想だが良い意味で気が抜けた自然体での活躍が来期は見られるのではないかと考えている。久保利明が居飛車感覚のニューモデルで二冠獲得したような活躍を見せてくれるような気がする。

昇級を決めたラス前の鈴木大介戦で見せた作戦は、私の記憶間違いでなければ、中田宏樹プロが最初に見せた趣向のように思う。この作戦の思想を私は大変愛するものであるが、序盤の作戦勝ちから▲2五桂となったところでは優勢と思う。


穴熊の屠り方としては無理なく無駄なく、肩の力が抜けた自然な指し回しからの勝ちだった。

++++++++++++++++++++++

さて。ハッシーである。

大変真面目な青年だそうである。確かに、あの世代のホストや、ワンピースを愛するような若者たちや、EXILE的な見た目のコ達の、素直さは共通しているように思う。特に311以後は特に顕著かと思う。

私のような年代(とバックグラウンドを語らずに書くのも卑怯な話だが)でもヤンキーのほうが純朴というのは相場が決まっていた話でもある。

最近は何を思ったか、ブログやツイッターだけではなく、ニコニコ動画の生主(という呼び方で合っているのだろうか?)を行うらしい。私も早速コミュニティ参加した。初回は月曜日、2月6日(この投稿が正しく行われれば)本日なのだった。

本人的には上がる可能性を思ってのことだったのか、或いは昇段前にやるつもりだったのか。そのへんについても語られると思うので是非注目して欲しい。

ちなみにコミュニティのURLはこちらです。【将棋】shogi-bar【ハッシー】

米長邦雄が会長である以上、あと何人理事が辞めようが、ハッシーのニコ生主を妨げることはよもやあるまい。逆に言えば、それ前提のとはいえ、中断されることがない程度で構わないので続くことに意義を持たせてやってほしいところではある。

来期のA級での活躍具合については、正直微妙である。残るメンツを思うと、行方尚史のA級を思い出すところだ。棋風としての相性、棋理とは別の合理性に基づくオールマイティー具合、を考えると後手番で振り飛車をすることが逃げではないにせよ、突き抜けない原因になる可能性はある。

渡辺明竜王が、後手番を△8四歩固定していなかった頃の逡巡的な振り飛車を思いださなくもない。


昇段を決めた将棋は。まさしくその振り飛車だった。しかも陽動振り飛車陽動振り飛車は基本的には前世紀に結論が出ている戦型だと思う。


研究家の松尾歩の、研究を外すだけでも価値はあるところだが、これが果たしてA級で通じる将棋なのかは私にはわからない。ただ、佐藤康光の振り飛車的な凄みは無いし、近年の谷川浩司的な達観があるわけでもないと思う。

ただ、この二人の人間の勝負としての面白さは十分に堪能できる将棋ではあった。

この将棋の命運の分かれ道は、△2五桂、だろうか。この一手でこの桂馬が取られないことで、またこの手で得た一歩で後手に形勢が傾いていた可能性がある。

このような筋の良さ、本筋の手の探索能力の高さがハッシーの強さだろう。振り飛車に必要なセンス、が橋本崇載の強さの源泉だろう。ただしここから突き抜けるかどうか?が小器用なタイプで終わるかどうか、の分かれ道。三割三〇本三〇盗塁に到達するか、0.285、26本、23盗塁という選手で終わるか、或いは、という。

54手目の△3九竜が勝利打点の味。先手は桂馬を取れずに攻めの銀が棒銀よろしく▲5五の地点で立ち往生し、そのせいで馬の可動域が狭まり、△2四角の含みが残っているために玉が逃げる必要が生じ、その逃げた手が端攻めをキツくして…とこの将棋は後手が勝つようにできていたように思う。

対抗型における急戦の急戦の貯金の無さを改めて思い知る一局だった。


橋本崇載深浦康市。どちらもその戦いぶりが楽しみな二人がA級に上がった。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 橋本崇載 深浦康市 陽動振り飛車 ゴキゲン中飛車 加藤一二三 米長邦雄 渡辺明 佐藤康光 屋敷伸之

2010年12月20日?12月24日の日本将棋連盟モバイル中継の感想

一週間間があいてしまったが、携帯中継の感想を以下に記す。AUでも見れるようになって、携帯を持っている人であれば見れるはずなので、是非お試し頂きたいところ。

PCと携帯、両方見れるようになって気づくのは、PCで観るよりも気軽であるという当たり前の事実。特に忙しくなった最近の状況からすると大変便利かつ勉強になっている。

一日1局は指していたのが先月まで。それがほぼ平日は時間が取れなくなった。実力の低下が懸念されたが、幸いにも久しぶりに指す将棋が破綻していないのは、携帯中継のおかげだと思っている。

以下、先週の中継から。どちらも棋聖戦の二次予選。

井上慶太プロvs南芳一プロ
Photo 12月 25, 9 46 50

後手番の南プロ、といえば右玉党必見の指し回し。本局も素晴らしかった。上図の△3三歩は通常の将棋においては土下座の一手であり、指すべきではない手だが、後手番の在り方、右玉・陽動振り飛車の在り方としては実戦的だと思う。

正確に攻めるのが先手の義務と権利であれば、ごまかしにかかるのが後手の選択肢の一つだろう。後手の陣形も含め、この後もらしい展開が続いたが、最後は先手勝ち。終盤の玉の追われ方・逃げ方も如何にも右玉風味だった。



畠山成幸プロvs阿部隆プロ
Photo 12月 25, 9 46 40

角換わり腰掛け銀から後手が先攻。しかしその後は先手の攻めを渡辺明竜王よろしく受ける展開になった。最近の相居飛車における後手番の戦い方に、「ポストあきら」的な風潮を感じ取っているのだが、本局もまさしくそういう将棋だった。

広瀬以降の穴熊、渡辺以降の後手番、戸辺以降の石田流、とそれぞれに新しい時代の幕開けを担っている。

上図は、如何にも阿部隆プロらしい、筋の良い勝利の一着。これで勝てればこれほど気持ちの良いことはない、という類の手だ。穴熊では一段目に金を誘って無力化するという頻出手筋だが、ここまで薄い玉で、というのは珍しい。

一手損を含む角換わりの後手番が勝つときはこういう秘奥義を繰り出す必要があるが、それゆえに勝ったときの爽快感は格別のものがある。


初段になるための将棋勉強法初段になるための将棋勉強法
(2011/01/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る


白夜書房から、というのが珍しいですね。パチンコ系の雑誌出版社とみていましたが。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 角換わり腰掛け銀 陽動振り飛車 渡辺明 井上慶太 阿部隆