伊奈川愛菓への称賛と崇拝 「将棋棋士人狼」第2弾@ニコ生

いやー面白かったですね…。以下、多分にネタバレを含みますのでタイムシフト視聴の方はご注意ください。

【将棋電王戦記念】将棋棋士の人狼2~伝説の企画再び~を観ました。

参加棋士は以下のとおり。

中田功七段、村中秀史六段、大平武洋五段、及川拓馬五段、伊藤真吾四段、門倉啓太四段、藤田綾女流初段、
安食総子女流初段、井道千尋女流初段、貞升南女流初段、伊奈川愛菓女流1級

いやー面白かったですよ…。

まず前回登場メンバーは前回の流れをくむ感じでした。鋭さでいうと中田功七段、村中秀史六段の二人は群を抜いていました。女子陣では藤田綾さんは狼になった時の牙の切れ味が素晴らしい。安食総子さんの市民になった時の女の感的狼検知能力が凄いw

門倉啓太プロと及川拓馬プロは善良ですがやや女性陣の強さに比べると頼りないかな?w 特に門倉啓太プロが人狼になった時の言動がおかしかったですね。あれは絶対に浮気しちゃ駄目なタイプです。すぐに彼女・奥さんにバレますねw

意外に良かったのが大平武洋プロ。普段の寡黙さが上手く活かされていたというか、浮ついたところがないので読みにくかったですね。様子のおかしさから読まれることもなければ、論理矛盾がでないので大丈夫、という。

伊藤真吾さんは普段のスベリ芸のせいか、安定の初日吊られが素敵でした。初手▲7六イトシンというコメントが画面に流れて噴きましたwww

女性陣では井道千尋さんが言動の強めなところがやや無駄に狙われるところがあって、ノーマル市民プレイっぽくない感じになったのが敗因でしょう。終わった時の感想でこんなに狙われるんだなってのがありましたが、ちょっと緊張感がキツさに繋がったのであれがなくなると良いのかも?と思いました。

今回のクライマックス・見所はなんといっても貞升南女流初段と伊奈川愛菓女流1級ですね。伊奈川愛菓さんは人狼経験者だけあってゲームを引っ張ります。しかもクールビューティというか冷静な様子で人狼に回っても市民側に回っても素晴らしい。

ニコ生やTwitter上では彼女に対する称賛と、そしてなぜか崇拝の言葉が並びました。私もその1人ですが…一気にファンになりましたね…どういう人なのか、あとでウィキペディアで調べたいと思います。殆ど変態ですね…すいません…。しかし凄く可愛かった、いや美しかったです、世が世なら親子ほどの年齢の差なのに崇め奉りたい!><

…。

まあ、Twitterでほら、ニコ生鑑賞を盛り上げるためにですね、まあ言っただけですけどね…(取り繕い)。

そして第三ゲーム、役職伏せてニコ生視聴者も推理したんですが、このゲームが神展開でした。第二ゲームも神展開でしたが、こちらもすごかった。

このゲームの主役はなんといっても貞升南女流初段ですね。ちょっと通常プレイでのボロボロさが安定の迷走っぷりだったのですが、この人は狂人(多重人格者)プレイが向いてますねーとTwitterに書いていたのですが、その性能が最大限に発揮されました。

こういう、リアル狂人プレイな人っているんですよね。天然狂人。それがぴったりと役柄にはまっていました。最初の読み通りの人狼二名だったのですが、貞升南女流初段の狂人プレイの巧さ?天然さ?で完璧に読みが狂いました。

そして、あの伊奈川愛菓さえも吊るし対象に貶められるという素晴らしい狂人プレイでした。まあ、伊奈川愛菓さんの吊るされる時の、遺言がまた萌えたわけですが…。

中田功さんが完璧にそのコンピュータを狂わされた貞升南さんの狂人プレイは本当に観ものです。第三ゲーム最後の夜は本当になかなかみたことない告白が繰り広げられます。

いやー本当に面白かったです。第三弾も早くみたいです。毎週やらないかな?w


人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)
(2012/05/25)
SCRAP

商品詳細を見る



関連するタグ 中田功 村中秀史 大平武洋 及川拓馬 伊藤真吾 門倉啓太 藤田綾 安食総子 人狼 伊奈川愛菓

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

ラス前 第48回奨励会三段リーグ戦

第48回奨励会三段リーグ戦のラス前が終わって以下の通りとなった。

順位 氏名     師匠 年齢 勝 敗
23 阿部光瑠 中村修 15 13 3
6 門倉啓太 石田 23 12 4
17 高見泰地 石田 17 12 4
10 渡辺愛生 安恵 22 11 5
12 千田翔太 森信 16 11 5
13 藤森哲也 塚田 23 11 5

トップは順位が23位の阿部光瑠。負けが唯一の3なのだが、最後1?1でフィニッシュすると危ない。連勝自力、という状態。二番手の門倉啓太は順位も6位と良く、ツイッター上で見ている感じでも上がってプロになってもおかしくない、ポジティブさを感じる。

10代半ばと20代前半が3?5敗で入り交じっており、5敗勢は最終連勝でキャンセル待ち、3・4敗勢は1?1でもチャンスあり、という状況。

当たり具合をみると阿部光瑠が一番あがりそうにも見える。いわゆる佐々木勇気世代ということになるのだろうか。

【送料無料】将棋の子

【送料無料】将棋の子
価格:620円(税込、送料別)



関連するタグ 阿部光瑠 門倉啓太 高見泰地 渡辺愛生 千田翔太 藤森哲也 あべこうる

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第48回奨励会三段リーグ戦第13回戦までの成績

第48回奨励会三段リーグ戦も佳境を迎えている。

最近の昇段ラインは13-5以上であることを考えると現時点で4敗まで、というところ。

13戦を終えて、4敗以下の人は以下の8名。

12位 千田翔太 森信 16 10 2
23位 阿部光瑠 中村修 15 10 2
31位 西田拓也 森信 19 10 2
6位 門倉啓太 石田 23 10 3
4位 荒木宣貴 米長 24 9 4
13位 藤森哲也 塚田 23 8 4
17位 高見泰地 石田 17 8 4
24位 都成竜馬 谷川 20 8 4

千田翔太三段が12位で2敗と最も有利。次は13戦消化済みで10-3の6位、四番手につけている門倉啓太三段だろうか。

ツイッターで門倉啓太三段の呟きを見ていると、上がりそうな雰囲気がある。何がどうというのは難しいのだが、戦いの日々ですり減った感がないというか、そういう部分での痛々しさが全く感じられない。

奨励会の最後の難関にぶち当たってそれなりに大変だと思うが、そこから先も一生続く戦いの連鎖の中に入る前に損なわれてしまった感があると多分もたないのだろうが、そういうものは感じ無かった。

青森の天才阿部光瑠三段もそのうち上がるだろうが今期上がれると相当に強いしタイミングも良い。

その他では、期待の斉藤慎太郎三段は今期は残念ながら圏外となっている。C2の三段リーグ化が続いていること、トーナメントプロのアスリート化的な側面が強まっていることを考えると、十代での四段昇段が今後必須になっていく可能性もあると見ている。


将棋にかける青春―奨励会の若者たち (1982年)


関連するタグ 奨励会 千田翔太 阿部光瑠 門倉啓太 あべこうる

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク