第23期竜王戦決勝トーナメント ▲丸山忠久-△久保利明

戦前の私の呟きとしては、丸山プロの対振り飛車は上手いと思うのだがアマチュア的にはそれほど面白みを感じ無い(居飛穴の印象が強い)ので、今日は久保振り飛車を応援する、というものだった。

二手目に魅せてくれたのは久保二冠。しかし丸山プロも三手目に驚きの構想を示してくれたのだった。面白みがない等とど素人の癖に呟いてスミマセンでした。

第23期竜王戦決勝トーナメント ▲丸山忠久-△久保利明

三手目に確定したのは相三間飛車。もうただ単に、△3二飛車からの後手の思惑通りにさせないがためだけの▲7八飛車。先手に用意があるようには思えない。

対する久保二冠には、本局のための作戦ではないだろうが、この将棋を指すからには相振り飛車への準備もあるはず。

駒組みが終わった26手目の局面。
100809_maru.jpg

私はこの場面をみて先手の7?9筋の位の気持よさとシンプルな金無双が後手陣よりも良いと思っていた。後手の高金無双とでも呼べばよいのだろうか、この不思議な囲いの評価が出来なかったのだが、よく考えると兎の耳、玉のコビンをケアしているという良さがあるのかもしれない。

先に開戦したのは後手。歪ながらも4枚の囲いを頼みに飛車・角・桂馬の三枚で攻める。パッと見では軽すぎる攻めのようにも見えるが攻められてから先手は玉を逃げており、5五角の位置が絶好なので、細いながらも攻めが続くのかもしれない。ともかく、後手玉は瞬間的には堅い。

駒組み段階では先手が作戦勝ちしていると思っていたが、攻めが始まってみると先手が受けきるか後手が攻めきるかという展開になっており、既にどちらかが指し易くなっている可能性もあるかもしれない。

どちらかと言えば受けが好きな私だが、こういう展開における受けは延々とそれこそ一生受け続ける(死ぬまで・負けるまで受け続ける)こともありえるので先手をもって自信がない。ただし、後手の攻めも薄すぎるように感じる。

ここまでが昨晩の感想。46手目あたりをみてから寝た。今は翌日の4時44分。将棋は勿論終わっている。

勝負は丸山プロがあっさり投げる形で終わっていた。先手玉が丸裸になっており、反対に後手玉は歪ながらも7筋も6筋も歩成りまで手抜きが出来る=一手スキで迫れば勝ち、という状態でどうにもならなかったようだ。

藤井プロ曰く、▲7四歩が悪かったとのことで、確かに手抜いてガジガジされるようでは先手が辛そうだ。

後手の囲いの名称はよく分からないのだが、先手の良型と思われた7?9筋に費やした手に対する防衛を82の銀が文字通り一手に担い、壁銀の悪形ながらも先手が費やした六手とのバーター取引で悪くないということだろう。

そして62金63金53銀の3枚の形が、玉のコビンを防衛するのに適している。矢倉のように63銀、53金の場合は、64の地点が「銀は真っ直ぐ、金は斜めに誘え」になってしまうが、この形であれば銀でスムーズにケア出来る。

解説では窪田流の囲いとのことだが、悪形を苦にせず戦う窪田プロらしい、実戦的な囲いなのだなとここにきて漸く理解した。思えば先手陣も歩を突き捨ててから角を呼びこんで二枚金の形になっているわけで、7?9筋に費やした手が攻めに有効ではなく、守備の立ち遅れがあったということなのかもしれない。

桂馬の裏跳ね、「将棋世界 2010年 09月号 [雑誌]」の勝又教授の講座でいうところの悪魔の裏跳ねで手になるというのは、何とも居飛車感覚の攻めだなと思う。

久保二冠のこの序盤構想は、菅井プロとの研究会にて得られた着想なのだろうかとふと考えたのだが、どうなのだろうか。

+++++++++++++++++++++++++

これで久保二冠は挑決で、羽生名人vs阿久津プロの勝者と戦うことになる。どちらと戦っても好勝負が期待されるし、勿論渡辺竜王とも相当だろう。挑戦を決めれば久保三冠まえ当然にある展開となってきた。

振り飛車党の三冠は大山名人以来だろうし、近年では羽生名人以外には森内プロぐらいだろうか?(佐藤九段が達成しそうになっていたのは覚えているが達成していないように思うがどうだろうか)。


以下、久保利明二冠の関連商品

棋王・王将 久保利明扇子「磊々落々」

棋王・王将 久保利明扇子「磊々落々」

価格:1,890円(税込、送料別)




久保利明の関連商品(楽天)
久保利明の関連商品(amazon)



関連するタグ 将棋 相振り飛車 久保利明 丸山忠久 金無双 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
7位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク