甲斐智美、またもや男性棋士を撃破!

いやー甲斐智美女流プロ、強すぎですね。

女流の中では里見香奈三冠と合わせて二強としていいと思うんですが、対男性棋士ということでの勝ちっぷりを観る限りだと、里見さんよりも上だなと。これは実力的なものもありますが、経験値というか、ちゃんとここまで積み重ねてきたものがあるのだろうなという気がします。

圧倒的に正確な終盤力を軸にして、序盤中盤のペース配分がかっちりハマった時にはかなりの好勝負をみせてくれることは分かっていましたが、ここまで来ると、いままでの女流棋士が勝っていたような失礼な言い方ですが出会い頭ということではなく、実力として勝っているということなので、今後も安定的に勝つのではないでしょうか。

具体的にどのへんの男性棋士とであれば勝てるのか?ということをこれは真剣に見てみたいなと思ってしまいましたので、以下妄想です。まーなんていうかベイズ推定っていうの?あれです。(というか単なる当て推量ですw)

某所の女流棋士のレーティングで甲斐智美女流プロは1789点。男性プロ総体としては2000点ぐらい。200点以上違うと勝率としては8割強いほうが勝つと考えていいと思います。

この男性棋士を分解すると160人ぐらいの棋士がいて、その中での平均値というか三段からプロになった人の初期値が1500点。その初期値というのは順位でいうと100/160人という感じです。

この初期値のあたりとの対戦勝率としては確実に五割を下回ると思います。(この前は深浦さんに勝ちましたが、あれは序盤で深浦さんが少し無理をして、選択肢が多すぎない状態でぎりぎりの優位が続く…という甲斐さんの勝ちパターンでした。甲斐さんはご自身で自分はちょっとおっとりしたところがあって、序盤で少し形勢を損ねていることが多い…と発言されていたことがあるような気がしますが、序盤でしっかり先攻するとそのまま押し切ってしまうぐらいの末脚があるんです)。

1500点以下の60人を更に分解すると、130番ぐらいのところに総体としてのアマチュアというのが存在します。ちょうど1400点ぐらい。なのでここをしきい値として、30人と30人に分けることができると思います。

100-130位ぐらいのところとは大体勝率四割以上はあるのではないでしょうか。そして、130-160位のところに対しては、おそらく五割以上あると思います。

ちなみに先日勝った相手、上村四段は100-130位のところに位置していて、上野プロは130-160位の中に含まれています。もちろん、この数字がその棋士の総てを示しているわけではありませんが、一つの考察として有効な部分もあると思います。

白黒はっきり結果が出てしまう残酷な世界ですし、負けた男性棋士の方々の気持ちを思うと書かないほうがいいようなネタだなという気もするのですが、好奇心がそれらにまさってしまったので、書いてみました。

ただ、実力としては紙一重の積み重ねとしてのレーティングだとも思うので、数字が見せるほどの差はなく、甲斐さんが今後対戦する際にも圧倒的に五割を上回る期待勝率があるというわけではないと思います。

次に甲斐さんが対戦する男性棋士は金沢孝史プロ。レーティングがちょうど1400を割るか割らないかぐらいですので、甲斐さんの期待勝率としては五割とみていいかなと。ちなみに金沢さんの今年の成績は1-6。唯一の勝ち星は上野プロから上げたものです。

甲斐さんの場合は、持ち時間が長くなればなるほど実力を発揮するタイプですし、反対に金沢プロは早指しのほうが実力を発揮するタイプなので、棋戦相性というか距離適性としても、甲斐さんの勝利可能性はかなり高いと見ています。あとは戦型と先後でしょうね。


将棋の天才たち

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 甲斐智美 金沢孝史 上野裕和