竜王戦の羽生森内戦など昨日の将棋の雑感と佐藤慎一さん?

今日も少し雑談モードで。

昨日は面白い将棋が多かったですかね。戦型というよりも組み合わせ的な部分での楽しみも多かったような。

まずは小林宏vs矢内理絵子。ここは矢内理絵子が奨励会員だった時の幹事が小林宏だったようです。その対局をみて、竹部さゆりも当時の思い出をツイッター上で語っていました。

戦型は後手のゴキゲン中飛車。途中までは矢内理絵子が指せそうな気がしたのですが、中盤のねじり合いでははっきり先手良しに。どこがどうだったのか?はわからないが飛車を取れる所でひねって取らなかったのが、難しくなった原因だったか。


金井恒太vs永瀬拓矢の竜王戦決勝トーナメントは永瀬拓矢が相居飛車の横歩取りを選択して圧勝していた。ベースにあの粘り強さがあるものの、攻め将棋の鋭さも持ちあわせており、このまま居飛車転向が成功しそうな雰囲気。振り飛車で七割近く勝ってた男なのでここからの数年でもっともブレイクが期待される若手の1人だろう。

感想戦の話では41手目の歩で支えている飛車を取った手が悪く、攻め合いで勝てなくなった模様。夕食休憩前の終局となった。


羽生善治vs森内俊之の同じく竜王戦決勝トーナメント。こちらも面白い将棋だった。角換わり腰掛け銀の後手が穴熊に潜る展開で、潜ってから先手に端を攻めさせてさっぱりしたところで、後手玉はおもむろに2二に戻って王様自ら陣形補強に一役買ってみると、案外先手の攻めが細かった、という将棋。

森内俊之名人の反撃が、後手番での渡辺明のような鋭さで、一気に先手を寄せきってしまった。


A級順位戦の行方尚史vs深浦康市は横歩取りに。対戦成績が拮抗している両者の戦いは深浦康市ペースで進んでいるように見えたが、実は難しかったようだ。感想戦でのやりとりを見る限りだと、双方の読み筋とは違う展開があり、その変化は深浦康市勝ちだったと。行方尚史連勝スタート。今期の行方はあらゆる棋戦で台風の目になるのだろう。


さて。そして佐藤慎一さん。昨日なにかつぶやいていたんですよね。意味ありげな不思議なツイートでした。


プロはお金を貰うからプロと呼ばれる、そのことはわかる。
だけどお金の為に駒を動かすのは棋士じゃないんだよ。
そんな将棋にどれくらいの値打ちがあるんだろうか。意味はもうすぐわかるよ、みんながっかりするんじゃないか。。

https://twitter.com/et_world0816/status/358112952152371200




居てもたってもいられず、さすがに連盟に問い合わせの電話した。
ガセだったのか。
納得したというか、それならとりあえず良かった。
自分の思いは伝えた。
適切な判断、契約等は任せるしかない。
あとは自分の気持ちの問題なのか。。

https://twitter.com/et_world0816/status/358128149508259841



なんですかね。わかりませんが、大平武洋プロの反応というかレスを観る限りだと、なにかしらプロ棋士や関係者であれば知っているようなことで、そして何かしらの変化があるかもしれない、という話なのでしょう。

お金とプロ。もらって指す、指すからもらう。

指導棋士とか派遣棋士の発展版で、お金を出してくれれば対局どこでもしますよ、とかそういうのでしょうかね。

すごく慎一さんが憤ってるのがポイントですね。でも、一般的な意識と棋士の矜持はこと対局については過剰反応すぎるように感じることが多いというのはわかってるところなのでどうなんだろう。

一個人の意見なので別に何言ってもいいと思うが「意味はもうすぐわかるよ、みんながっかりするんじゃないか。。」という第一印象を歪めるような発言はどっちに転んでもメリットないと思うけどね。

もちろん、言い切ってしまう男らしさというのもあるわけですし、それが佐藤慎一らしさだとは理解してますけどね。例の電王戦前の「ぶっつぶす」発言同様に悪意はないし、ドジっ子お兄ちゃんなので。

いやーしかし気になりますね。


第2回電王戦のすべて第2回電王戦のすべて
(2013/07/25)
不明

商品詳細を見る
内容紹介
「棋士がコンピュータに負ける――。
そういう日が遠からず来ることがあるとしても、そこに自分が対局者としているなんて、一体いつから想像できただろう」(佐藤慎一)

ニコニコ生放送で累計200万人以上が視聴した、プロ棋士VSコンピュータ将棋による世紀の団体戦「第2回電王戦」。
あの戦いの真実を出場者本人が語ります。プロ棋士5人による濃密な自戦記。プログラマーによる対局分析。観戦記、コンピュータの歴史を語る座談会など。
「第2回電王戦のすべて」のタイトルにふさわしく、血の出るようなあの戦いをあらゆる角度から振り返る内容となっています。

特に、プロ棋士による書き下ろし自戦記はいずれも渾身の内容。一局一局にテーマがあり、ドラマがあり、棋士の人生があります。

第1局 やるべきことをやった 阿部光瑠
第2局 一局入魂 佐藤慎一
第3局 鏡を通して見えたもの 船江恒平
第4局 チームで勝ちたかった 塚田泰明
第5局 強敵と指せた喜び 三浦弘行

放送では観ることのできなかった舞台裏、対局者の心の揺れ動き、終わった今だから言えること・・・。あの春の決戦のすべてが、この一冊に凝縮されています。





テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 行方尚史 森内俊之 深浦康市 矢内理絵子 小林宏 永瀬拓矢 金井恒太

全勝者、消える。第71期C級1組8回戦の結果。(糸谷哲郎は勝ちました!)

最近ファンサイト全然更新出来てませんが、糸谷哲郎ファンの私です。

ということでC1には注目しています。古くは屋敷伸之プロ等、個人的には一番思い入れのあるクラスです。なんといってもA級で通用する人間でも、10年苦労する可能性すらあるクラスということですから。

対戦結果は以下のとおり。

[C級1組]
大平 武洋五段(3勝5敗)●-○佐々木 慎六段(6勝2敗)…16時50分
真田 圭一七段(7勝1敗)○-●日浦 市郎八段(4勝4敗)…17時10分
森 けい二九段(2勝6敗)●-○高野 秀行六段(5勝3敗)…19時8分
桐山 清澄九段(1勝7敗)●-○稲葉 陽六段(7勝1敗)…19時40分☆
小林 健二九段(3勝5敗)○-●加藤 一二三九段(0勝8敗)…20時9分
(脇 謙二八段-平藤 眞吾七段…20時17分千日手成立)
浦野 真彦八段(3勝5敗)○-●小林 裕士七段(5勝3敗)…20時21分☆
船江 恒平五段(4勝4敗)○-●富岡 英作八段(4勝4敗)…20時54分☆
北島 忠雄六段(2勝6敗)○-●内藤 國雄九段(1勝7敗)…21時13分☆
塚田 泰明九段(5勝3敗)●-○土佐 浩司七段(2勝6敗)…21時34分
田中 寅彦九段(3勝5敗)●-○阿部 健治郎五段(6勝2敗)…21時42分
福崎 文吾九段(2勝6敗)●-○糸谷 哲郎六段(5勝3敗)…22時3分☆
平藤 眞吾七段(5勝3敗)○-●脇 謙二八段(0勝8敗)…22時57分☆
近藤 正和六段(4勝4敗)●-○佐藤 秀司七段(4勝4敗)…23時11分
片上 大輔六段(6勝2敗)○-●高崎 一生六段(3勝5敗)…23時50分
中村 太地六段(6勝2敗)●-○長沼 洋七段(3勝5敗)…0時23分☆
金井 恒太五段(5勝3敗)○-●村山 慈明六段(7勝1敗)…0時38分
宮田 敦史六段(7勝1敗)○-●千葉 幸生六段(6勝2敗)…0時46分


全勝者がいなくなりました。村山慈明は同タイプの金井恒太に敗れました。そして順位は以下のとおり。

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【7勝1敗】真田(4)、稲葉(7)、村山(9)、宮田(23)
【6勝2敗】千葉(6)、佐々慎(14)、片上(25)、阿部健(28)、中村太(29)
【5勝3敗】平藤(5)、塚田(8)、小林裕(10)、金井(16)、高野(19*)、糸谷(20)
【4勝4敗】近藤(13)、日浦(18)、佐藤秀(22)、船江(30)、富岡(33*)
【3勝5敗】田中寅(1)、高崎(3)、大平(11)、浦野(12)、長沼(17)、小林健(31*)
【2勝6敗】森(21*)、北島(26)、福崎(27*)、土佐(32*)
【1勝7敗】桐山(2)、内藤(34*)
【0勝8敗】加藤(15)、脇(24)

ちょっと加藤内藤のベテラン二名は辛いですかね。とはいえ、最低でもあと3年以上は現役なのですから凄いです。

簡単に将棋について触れると、村山慈明金井恒太の戦いは、相矢倉の脇システムから双方端の位を取り合う形。先手の金井恒太が終始リードを保つ危なげのない勝ち方で全勝者が消えた。

一敗者同士の宮田敦史と千葉幸夫は、宮田らしい独特な構想で宮田の勝利。

個人的に注目している糸谷哲郎はやや危なげある戦いw から中盤上手く指して逆転勝ち。他の対局はまだみてませんが、上位陣がある程度無難に勝った印象です。



現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る
「本書は一手損角換わりがどのようなことを目指しているのかということを、近年の将棋界における研究の変転から見ていきたいと思う」(まえがきより)

本書は大学院の哲学科所属という異色の経歴を持つ糸谷哲郎六段が書き下ろした将棋戦術書であり、真の将棋理論書。現代将棋の寵児「一手損角換わり戦法」を題材に、最新の戦法に底流する思想を根底から捉えることを目論む、全く新しいタイプの将棋書籍といえます。

これまでの将棋書籍を読む感覚で本書を手に取った方は、まず間違いなく度肝を抜かれることでしょう。一手損角換わりをテーマにするといっておきながら、第一章で語られるのは矢倉、ゴキゲン中飛車、横歩取り8五飛、角交換振り飛車なのです。
つまり、ここで語られることは現代将棋における後手番戦法の比較検討であり、一手損角換わりの特徴(置かれている状況と目指している方向)を示すものなのです。一手損角換わりの手順は第二章~第六章までで本格的に語られ、最終的には最新形の攻防を解説します。

本書を読まれた方は一手損角換わり戦法について理解するだけでなく、この戦法を鏡として、現代将棋がどのような思想の元に構築されているか、その全体像を捉えることができるはずです。

糸谷六段が編んだ現代将棋の地図。
ぜひ手にとって、読んでみてください。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 糸谷哲郎 金井恒太 村山慈明 屋敷伸之