ジャングルで迷子 第4回朝日杯将棋オープン一次予選 ▲野田敬三六段-△里見女流二冠

失礼ながらに、野田敬三プロの
この点を見ると、流石に好勝負なのではないか?というのが戦前の私の予想。

戦型は、先手番よりもむしろ後手のゴキゲン中飛車のほうが勝ち目がありそうだと思っていたので、里見女流が後手番ということで一人で一層盛り上がった。先手の野田プロの作戦は3七銀からの急戦かと思いきや、六筋からの謎の盛り上がりだった。

第4回朝日杯将棋オープン一次予選 ▲野田敬三六段-△里見女流二冠

お互いの攻めの銀が交換されて、歩を二枚手持ちにしたところでは、後手が上手くやったと思われたのだが、位取りの模様を張る将棋ということでいうと、先日の竜王戦決勝Tの三浦vs阿久津戦を思い出すところではある。

それを考えたのか判らないが、里見女流の指し手が少し焦り気味のように思われたのだが、どうだろうか。何はなくとも玉側の端歩は突きたい気がするし、△1三桂馬からの攻めの構想は少々無理があったように思う。

ただし、それではどう指すべきだったか?だが、案外難しい。6五の位があるために後手陣の進展性は失われており、角がお互いに働いていない分、打開の手がかりがなく、実は先手ペースだった可能性が高い。

角を金銀の後ろに控えて捌かせない、局面をサッパリさせてから模様を張る、というのは何とも駒落ちの上手風味な指し回しであり、対アマチュアなどの経験値が高い野田先生らしい指し回しだろうか。丁度、剣持先生が、トップアマを竜王戦にて手玉にとったことを思い出させる老獪さだった。(詳細は振り飛車党列伝にて)。

64手目の5六銀からの大技は、最近の里見女流らしからぬ暴発で、直ぐに攻めが切れてしまった。相手に暴発させるのもまた強さであり、最後は多少足をもつらせたが、序盤の貯金が大きかったようで野田プロが無事ゴールした。

その強さは男性プロも認めるところだが、自ら将棋を作っていくような力将棋においては経験値の浅さを露呈したようにも見えるし、相手の得意の展開に持ち込ませずに、焦りと暴発を誘った野田プロが一枚上手だったようにも見える。


以下、負けたが里見香奈女流二冠の関連書籍

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け
いちばん勝てる将棋の本
イナズマ流 次の一手200題

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 里見香奈 野田敬三 ゴキゲン中飛車