7月22日の対局結果のアップ…(遅すぎ

第70期B級2組順位戦

今期は広瀬章人王位と、残りベテラン1名で決まるのではないか?という予感のする第70期B級2組順位戦。

7月22日に行われた二回戦で連勝スタートを決めたのは7名いるが、6名が30代以上、しかも4名が40代という状態。


豊川孝弘vs中川大輔
これは40代同士の、それぞれに独自の味わいをもつ棋士同士の対戦。相居飛車かと思ったが、豊川孝弘プロの先手中飛車、しかしゴキゲンではなくクラシカルな形。

それに呼応するように急戦で仕掛ける後手の中川大輔プロ。二人の修行時代にあったであろう古き良き時代の将棋となった。

結果は先手の振り飛車の遠さが生きて豊川プロの勝ち。


北浜健介七段vs野月浩貴七段
攻めっけの強い棋士現役NO1を争うのではないか?という二人の対戦。相掛かりから後手のひねり飛車に。これは渡辺明竜王が以前見せていた気がする趣向で、こうなるのであれば後手でやりたい有力な作戦と思う。

飛車角交換になった局面ではどちらが良いのか分からないが、パッと見では飛車の打ち込みの隙が目立つ。しかし55手目の▲4七角でもしかすると先手の方針のほうが分かりやすくなったかもしれない。

後手の攻めに乗りつつ、上部開拓しつつ、後手玉を寄せる形になって野月プロの早めの投了となった。





続きを読む »

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 豊川孝弘 中川大輔 北浜健介七段 野月浩貴七段 渡辺明