昨日の携帯中継をみて思うこと。二人の振り飛車党(西尾明vs鈴木大介、野月浩貴vs小倉久史)

昨日の携帯中継は面白かった。居飛車党としては悔しい?気持ちもあるが、二人の振り飛車党がらしい戦い方で共に勝利していた。

鈴木大介プロは後手番で角交換振り飛車を選択。序盤角を投入した西尾明プロが良さそうにみえた。1-3筋で手を作って駒得を果たす。鈴木大介プロは駒得よりも駒の効率を重視する方針で序盤の苦戦を乗り切り、馬を自陣に引きつけ、そして局面をスローダウンさせた。

両者ともに駒得だが3筋の先手の攻め駒が重く、先手が実戦的には大変、という見解だったようだ。

トドメは斬り合いからの一段金で先手西尾明プロの攻め駒の力を弱めて、しかもその残りの攻め駒を素抜きする保険を掛けた局面を作り上げた。

そうしてから、華麗に詰みあげるというまさに鈴木大介らしさ全開の将棋だった。

もう一局は小倉久史プロの三間飛車に先手の野月浩貴プロが居飛車穴熊に。先手が端歩を受けたことがアヤとなり、後手が攻めに攻めまくる。

そうしていても居飛車穴熊が深い、ということが多いが、本局は後手の完勝だった。攻めを決断した小倉プロのコメントにシビれた。

どういうところから攻めを決断したのか?というところを聞いて、コンピュータ将棋が人間を超えるためには、ここを越えなければいけないのだなと思った。

端歩の突き合いがあるから右金の運用が立ち遅れており、攻めが成立するのではないか?という経験に基づいた仮説。そしてそれが実現したのが本局だった。

勿論、先手の野月浩貴プロも単純に不利を受け入れたわけではなく、先に一応狙いの筋・展開があったがそれが通らないほど後手の小倉久史プロの攻めが的確だった。攻め始めてからはずーっと攻めの手だけが続いた印象。野月浩貴プロの玉の遠さを生かした反撃の狙い筋が入らないぐらいの攻めだった。

++++++++++++++++++++++++++;

コンピューター将棋は西尾明vs鈴木大介戦における、3筋の攻め駒の重さと駒得をどのように見るのだろうか。こちらは何となく、先手良しとしてなんやかんやと攻めを繋げてしまう気がする。或いは受けきりを目指すかもしれない。

そして野月浩貴vs小倉久史戦では、小倉プロが決行した攻め筋をどう評価するのだろうか?コンピューター将棋だったら決行しようとしただろうか?それは無いように思う。攻め始めたところからコンピューター将棋に指し継がせたらどうなったか。といえば上手く指したような気もする。

収束していく局面や、人間に対する応手という意味で言うと相当に性能を発揮しそうなコンピューター将棋だが、この日の二つの将棋のような序盤の機微はやはりまだ及ばないということを再確認した気がする。

佐藤慎一プロが昨日更新したブログの中で、「コンピュータ将棋は点の読み、人間は線の読み」というようなことを書いていたが、まさにそういうことなのだろう。

「直感精読」という言葉もあるが、久保利明プロが座右の銘と最近している「前後裁断」という言葉のように、プロの中でも一局面一局面を初めて見るものとしてその場面での最善を常に考えていく、手なりで進めない、というような言葉が語られることもある。

このへんは優劣はつけがたいところではあるが、終盤の詰将棋においてコンピュータ将棋が人間を凌駕したように、いつかこの線の読みにおいてもそうなる日が来るのだろうと思うと、これについては正直私はワクワクしてしまう。

今回の電王戦の結果がどうなるとしても、人工知能的な意味合いでは既に最初の二局をみた限りでは人間の知性に及ばないところと凌駕したところの間の深い谷、については自分なりの理解ができたように思う。ここから先はジャンケン、ではないものの、勝負の側面がより強いというかそこしか無いだろう。

今後、コンピューター将棋が機械学習と評価関数のように新たなブレイクスルーでこの日の小倉久史プロのような決断が出来る日が来るとしたら、それは本当にワクワクするような出来事だと思う。

いつの日か無数の点がつながることで意思のある線を引けるようになる日がくればそれはそれで楽しいと思う。


島研ノート 心の鍛え方島研ノート 心の鍛え方
(2013/03/29)
島 朗

商品詳細を見る
内容紹介
著者は「島研」を主宰し、羽生善治森内俊之佐藤康光という三人の名棋士の成長を十代の時からつぶさに見守ってきた。
著者は語る。「羽生善治という存在を中心として、佐藤康光森内俊之の追いかけ、追いつきそして並走し、また抜きつ抜かれつの、長い戦いの中で見せる棋士の弱さや脆さを、みんなが鍛錬の中で身につけた全人的強さで克服していく過程こそが、私が長年圧巻の思いで見続けている物語なのである」。
トップクラスで戦い続ける三人の、長持ちする驚異的な技術と、それを支える精神構造の秘密がこの一冊に結実している。
将棋ファンはもちろん、ビジネスマンにも参考になる「心の鍛え方」のヒントが満載である。




関連するタグ 小倉久史 鈴木大介 西尾明 野月浩貴 森内俊之 電王戦 羽生善治 佐藤康光 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

電王戦開催中に、ニコファーレに行ってみよう!(後半に行くほど混むよ!w)

先週の第二回電王戦第一局、阿部光瑠(あべこうる)vs習甦(しゅうそ)の戦いはニコファーレにて行われた。戦い自体も注目されるところだったが、この今後も会場となるニコファーレがなかなか良かったので少しそのことについても触れておきます。

ニコファーレの詳細ページ

ニコファーレとは


日比谷線、六本木の4b出口から地上に出るとよいです。ラーメン屋の中華そば 幸楽苑 六本木店の前にでるので、それとみずほ銀行の間の道をひたすらまっすぐいく。
突き当りを右に進む。右手にみえる建物の地下がニコファーレで、セブンイレブンの入り口を過ぎたあたりに地下に下る入り口があります。

階段を下ると喫煙スペースがあります。その右手に入り口があり、中に入ると・・・正面が観戦スペース(有料)の入り口左手にエントランスホールが広がるかんじで、左手奥にはドリンクカウンター(有料)その右手に両替機があります。(プリクラ用の400円がなかったらここで両替できます)。

そのドリンクコーナーの上に巨大なモニターがあり、ここで観戦する分には無料でみれます。エントランスホールのモニター左側には、ニコクラ?(プリクラ)があり、そこで対戦棋士とのプリクラが撮れます。その奥には壁に沿う形で10席ぐらい椅子が用意されていました。その対面、右手には将棋スペースがあり、盤駒が10組ぐらいありました(こちらは席はなし)。

私が行ったのは初手前後だったのですが、有料客席についてはまだ余裕がありました。半分から6割ぐらいの入りでしょうか。ニコ生の直前企画、勝てたら100万円もそうでしたが徐々にこういうイベントは集客動員数があがっていくことが多いので、次回以降は初手前後で8割ぐらいの入りになるのかな?

奥のイベントスペースでは矢内女流と阿久津主税プロが解説していました。私は諸事情により遠くから眺めるだけで、エントランスホールにてプリクラを撮り、将棋の盤駒をチェックして(プラ駒とゴム盤でした)、15分ぐらい観戦してから先手一手損角換わりの戦型を確認してから会場を後にしました。

近場に安い食事処(一人でも入りやすい)が多いですし、夜飲みに行くにも六本木交差点そばということで困ることはないので、友達や一人で遊びに行くにはピッタリなイベントだと思います。入場料も大人1500円、学生で1000円と映画に行くよりも安い上に1日中楽しめます。出てくるゲストも豪華ですし、初戦の矢内女流プロを見ていて思ったんですが、NHK杯でのフォーマリティとはちょっと違った、いい意味で肩の力が抜けたやりとりがあり、とても面白かったです。

矢内さんは第四戦でも再登板の予定ですから、今回の経験を踏まえてさらにぐぐっと面白くなる可能性が高い!・・・とみています。(特に面白かったのは、佐藤深夜先生の登場で、例のNHK杯パフォーマンスについて、自ら深夜先生に振ったあたりw これは本当に見事だなと思いましたw)。

あとは、阿久津さんとのやり取りで面白かったのは、阿久津さんが女流のタイトル戦の記録係をやったときに、おやつを食べたかどうか?という話を他人事のように聞いていた矢内さんでしたが、実は清水女流プロの対戦相手が矢内さんだったということが判明し、当然のように気づいていなかった矢内さんとその事実を明かす阿久津プロのやりとりはとても微笑ましいものでした。

第二戦は、解説者:野月浩貴七段、聞き手:山口恵梨子女流初段、ゲスト:藤澤一就(囲碁棋士八段)、柴田ヨクサル(漫画家) 、観戦記:先崎学八段というかんじです。野月プロも解説上手ではきはきしていて割と形勢についてはっきり言い切るタイプで、タイプでいえばダウンタウンの浜田、のような印象。関西弁ではないけれどもその棋風同様、鋭い切れ味。山口恵梨子女流初段はどちらかというと天然系。その天然っぷりを生かした意表をつく野月プロへのえぐりと、逆に天然っぷりを突っ込む野月さん、という展開になるのでしょうか。野月プロはプライベートでも佐藤慎一プロと遊んでいるはずなので、その辺の暴露話も楽しみなところw。

ゲスト以外にも観戦記を書く先崎学プロもおそらく登壇されると思われます。そして将棋自体も相当面白そうな理由としては、佐藤慎一プロは全くソフト提供されていないので、普通の熱戦になる可能性が高いことです。第一戦の記者会見の後に、阿部光瑠プロが習甦との練習将棋、直近は8連勝だったと語っていたらしいですが、そういうことが全く佐藤慎一プロにはないでしょうから。しかも相手のポナンザの軍師というか作者も山本一成さん。かなりの策士です。

機械学習の詳細についてよくわかっていないのですが、たとえばなんですが序盤における端歩の価値を高めるような補正を入れることはできないのでしょうか。あるいは序盤で玉が三段目に行くこと&桂馬が5段目にいくことの評価を下げる、というような。評価関数が多すぎてそういうことができないのかな?変数の一つとして序盤特有の事象を組み込んでおけばいいような気もするのですが。

ニコファーレで形勢判断ボードに示されていた数値は、ぼんくらーずの最新版に近いものだったようです。ということは機械学習系のソフトは一様に端歩の評価と桂馬のシンプルな跳ねに弱点を抱えてる可能性があるわけです。コンピュータ将棋選手権を毎年見てて思うのはやはり序盤の穴があるな、ということ。電王戦の第一局は特にその傾向が出て破れてしまったわけですが、山本一成さんがどのような作戦をもって対局に臨むのか?は本当にわくわくしてしまいます。

作戦を考えてくるとしたらポナンザ側であり、人間側である佐藤慎一プロはもしかするとやる可能性があるのは、第一局をみての一手損角換わりでしょうか。ただ後手の一手損は定跡DBに入ってそうなのでボコられそうですね・・・。(後手△8四歩型の一手損は後手が悪い可能性が現時点ですでにあります…)。

というわけで、ニコファーレ。第五局は朝から並ぶこと必至なので、その前に早めに行くことをお勧めします。私は勝てたら100万円企画の初日の朝、始発で行かないと並んでる人いっぱいいるだろうなーとつぶやいたわけですが、初日二日目はそれほどでもなかったです。しかし最終日はなんと始発でも間に合ってなかったという。

そういうことを思えば、序盤にこそ早めにいって(たぶん待っても10分ぐらいで余裕で席はとれるはず)、堪能してもし最悪つまらなかったら六本木で飯食って帰ってくる・・・でもいいと思うので是非一度ニコファーレに行ってみてください。プリクラもありますし、将棋盤もありますし、楽しさは約束しますよ!

・・・と、以上、入場せずにエントランスホールだけ訪問したわたくし将棋観戦からのレポートでしたw


人間に勝つコンピュータ将棋の作り方人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
(2012/09/29)
瀧澤 武信、松原 仁 他

商品詳細を見る



関連するタグ あべこうる 阿部光瑠 阿久津主税 矢内理絵子 先崎学 野月浩貴 電王戦 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

12月13日以降のブログの予定

小ネタ?なのでツイッター連動は外しておきます。

12月16日は渡辺明竜王と羽生善治名人の竜王戦の翌日なので頑張って感想を書く予定。それ以外は既に予約投稿してしまったので、基本的には先週の将棋の感想になります。今日のNHK杯と大和杯については12月20日以降の投稿になります。(NHK杯の棋譜は見て感想まで書いたのですが)。

来週の土曜日は、盤外戦術シリーズのその1として「本道と脇道」というテーマで。日曜日は「米長邦雄と電子書籍」についての放談を書きました。

本業の繁忙のために速報性は薄れることになりますが、タイトル戦など大きなところはなるべく翌日に書きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

話はそれますが、先日のB2順位戦、野月プロが後手番で指した戦法がなかなか素晴らしく、ツイッターで感想を述べたところ、色々教えてもらえたので掘り下げてMY定跡への連動を試みていますが、なかなかに優秀。まだ実戦投入していませんが、私ごのみの激しい展開にほぼ必ず持ち込めるので実戦で試せる日も遠くないと思います。

気になるところがあれば質問してよいとのお言葉をいただいているので、色々研究&実戦で試してから質問しようと考えています。ツイッター凄い…。というか野月プロの、将棋に関する質問への丁寧な回答っぷりはすごいですよ。相掛かりに関するやりとりは、感動を通り越してあ然とするぐらいでした。

関連するタグ 野月浩貴 米長邦雄 羽生善治 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第60回NHK杯二回戦第十四局 野月浩貴vs深浦康市

居飛車党同士、しかし先後の関係で攻めの野月浩貴と粘り腰の深浦康市という形になるか、或いは後手の深浦康市プロが攻勢を取る作戦に出るか、というところ。野月プロが先手ということで相掛かりも期待されるところだ。

第60回NHK杯二回戦第十四局 野月浩貴vs深浦康市

相掛かりを志向する▲2六歩に対して後手の深浦プロはそれを拒否し、後手飛車先不突の一手損へと進む。

一手の損を中央志向で局面を進めれば、先手が▲2五歩と伸ばした手との比較で良く出来る、という主張。最近では朝日杯の松尾丸山戦の丸山プロの快勝が具体例だろう。

相腰掛け銀模様に進むが、35手目の▲4八飛がやや珍しいか。前述の不満を見てのものだろう。同じく朝日杯の片上三浦戦でゼロ手損だったが▲2五歩に△3三銀と受けない趣向を見せたこともあり、先手としては面白くない思いをしたくないということ。

しかし先攻したのは後手。飛車先を伸ばさずに▲2六角と据える展開も角換わりでは稀にあるのだが、それと比べると二手費やしているのが先攻の理由だろうか。

△8五桂からの開戦は一手損ならでは。ただしこの桂馬は跳ねただけでは一丁前ではなく、その後の味付けが重要。

本譜の深浦プロの△3三銀型ではなく(四筋の当たりを一時的に緩和する)△3三金型等、後でどうしても一手の遅れが響く一手損を知り尽くした組み立てだったと思う。

71手目の局面。玉の堅さは後手、手番は後手、駒割は▲桂香△金で先手。後手は歩切れで、先手の入玉狙いが見えているので上手く攻めを繋げる必要がある。

72手目の△7八金が上に逃がす手伝いのような意表の一手。打たないと角を殺しにこられて攻めが切れるということだろうか。続く80手目も驚いた。細く、そして筋悪に重く攻める後手だが、相手に一息つかせないことだけが活路、というような攻めに見え、依然切れると負け、という勝負。

すぐに切れそうに見えてナカナカ切れない手段、すぐにいじめられそうで玉の入玉を阻止し続ける後手の飛車。圧巻は90手目の△7一香だろう。取れそうで取れない魚屋のネコ、取れないとこれで意外に煩い。92手目の△8二飛も取れない。入玉防止に適さない駒ばかりに思われた後手だったが、ちゃんと阻止している。

何がどうなっているのかわからないが、先手からの反撃は間に合わず、101手目に▲4五角とほぼ受け一辺倒の手を指すしかないとなれば後手が良さそうだ。

正確に指せば先手が入玉できた将棋なのかもしれないが、ぱっとweb上で再現しただけでは私の棋力ではよく分からなかった。

後手一手損での指し回しだけではなく、攻め将棋の野月浩貴プロに対してこういう入玉模様の展開を強要したという意味を含めて深浦康市プロの作戦巧者っぷりが前面に出た将棋だったと思う。

先手に逃げ道があったのかどうか?は別途考えてみたい。



最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/02/24)
野月 浩貴

商品詳細を見る


関連するタグ 野月浩貴 深浦康市 一手損 角換わり腰掛け銀

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第18期 銀河戦決勝トーナメント1回戦第2局 野月浩貴vs橋本祟載

銀河戦の棋譜鑑賞室
http://www.igoshogi.net/bangumi/ginga/sho_ginga_kifu.cfm

にて。

本戦は16名トーナメント。勝つとベスト8。その次がベスト4。当たり前だがそして決勝、勝つと優勝ということで4つ勝てば優勝となる。

攻めっ気の強い野月プロと、今期は気持ちを入れ替えたという噂の橋本プロの一戦は一手損角換わり腰掛け銀となった。

先手が▲2五歩と伸ばしているのに対し、後手は△8四の地点で保留しており、そして先手は飛車を▲4八に転回しているため、後手が38手目に先攻する形で開戦となった。

△6四角も先着出来てこのあたり、後手番としては相当満足な順だと思われる。

44手目、7七の地点に誰も居ないとはいえ、△8五歩が図々しくも堂々とした手。これで良ければこう指しておきたい。

対する先手の反撃の▲7五歩が本譜の順を誘発して危なかったように思うがどうだろうか。ノーマル角換わりにおいて三筋(七筋)の突き捨てに対し、両取りの筋があるから取らずに△4四銀と上がるべし、というのが定跡手順になっている。

本譜はその後激しくなり、57手目の局面を迎える。
100818_nozuki.jpg
ここでの形勢はどうだろうか。▲飛角△銀銀桂。玉の堅さは後手。手番も後手、ということで小駒しかないが後手の方が良さそうだ。何よりも得た手番での次の△6五桂馬のジャンプが気持ち良すぎる「ご飯三杯」の手。

そこから好調に攻めてからの72手目の△5六成桂という手が如何にも強い人の手。本譜は角を切ってくれたので攻めが切れなくなったが、91になられても平気ですよ?という手だ。私レベルだと△7六金・△8六歩という手は見えるものの、後手が良さそうだが具体的にどう寄せるのかはよく分からない。(ただし何かしら駒が入手出来るので寄るでしょう、ということかもしれない)。

最後は王手飛車取りが決まって、投了図で成桂をとると桂馬のフンドシが待っているとあっては投了もやむなし、というところか。

先日の竜王戦トーナメントで阿久津プロがノーマル角換わりにおいて▲2五歩が決まった状態で▲4八飛車として後手棒銀が炸裂していたが、桂馬を跳ねる場所のある無しで右四間の威力が如何に変わってくるか?というのを再認識した一局だった。

以下、対居飛車における右四間飛車戦法のオススメ棋書。


対居飛車 右四間飛車戦法(将棋最強ブックス)
内容紹介
対居飛車戦での右四間飛対居飛車戦での右四間飛車を詳細に解説した定跡書。 矢倉、雁木、角換わり戦において、右四間飛車の特長であるスピーディーで 明快な攻め手順は、攻めるのが好きな人にはピッタリの内容である。攻めの 基本である飛角銀桂を4筋に集めて豪快に攻めて勝つ、そんな快感を味わえる のが右四間飛車。ツボにはまったらあっという間に勝つことができる、やみつきに なること間違いなしの戦法。できる、やみつきになること間違いなしの戦法。 <目次> 第1章:対矢倉編 第2章:対矢倉編▲3八飛型 第3章:対雁木編 第4章:対角換わり編



創元社の似顔絵シリーズということで分かる人にはどのくらいのレベルの人向けか分かる一冊ですが、右四間の破壊力を知るにはぴったりの一冊です。

関連するタグ 将棋 一手損角換わり 腰掛け銀 野月浩貴 橋本祟載

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク