二人の若手と羽生善治。

羽生善治が絶好調だ。まだ今期二敗しかしておらず、勝率一位。この人の場合、不調な時を探すほうが難しく、不調であっても六割超えしているという恐ろしさではあるが、しかし今期については絶好調であると断言して構わないだろう。

今期の永世竜王獲得だけではなく、二度目の七冠達成、他の棋士では考えられないが、羽生善治だったらやりかねない、そんな話まで出てくるほどに勝ちまくっている。

そんな羽生に対して、タイトル戦で豊島将之が、竜王戦挑戦者決定戦で糸谷哲郎が挑んでいる。

現在若手で活躍している棋士は何人かいるが、その中でも実力のある二人であることに異論のある人はいないだろう。どちらも羽生に挑戦するまでの戦いにおいて、素晴らしい戦いを見せてくれた。

そろそろ羽生世代もここまでだろう・・・と言われて早十年以上。失われた10年が20年になったように、羽生世代の台頭も延々と続いている。普及活動などにそれほど注力せず、トーナメントプロとしてのみ専念できた最後の世代であり、そして自らが切り開いた舗装した道と、それ以前の両方を知る世代でもある。

そんな世代の王者として君臨する羽生善治に、関西の二人の若き天才がどのように挑むのか?その序章としての今週の二局だった。糸谷哲郎は挑戦者決定戦の第一局を先手番で確り勝ち切っている。なので私は、今回第二局は落としても構わないと考えていた。

一手損角換わり戦法で、先手番の実力者たちをふっ飛ばしてここまでやってきた糸谷哲郎ではあるが、流石に羽生相手に通用するとは思わない。対羽生戦で糸谷が後手番一手損角換わりを指して勝ったのはかなり以前のことで、その後は順当に負けているはずだから。

将棋も一手損角換わりの右玉模様の戦型の最弱点である5三の地点を的確に咎められて、糸谷は敗れた。次の第三局、そこで先手番を貰えればいい、そこで勝ちきればいい、と私は第二局が始まったときからツイッターでつぶやいていた。

そして昨日の豊島将之である。タイトル戦は二回目の挑戦。前回は対久保利明で、振り飛車が最も充実していた頃でもあり、本人の棋力もまだ発展途上(勿論発展途上というのは悪い意味ではなく、豊島が到達するであろう頂上までの道程はまだまだ長い、それだけ大きなポテンシャルを持っているという意味だ)であり、惜しくも敗退した。

そして今回はどうだろうか?電王戦でほぼ唯一まともな将棋で確りと勝ち切った男であり、プレッシャーにも強く、浮ついたところがない。若いころの谷川浩司をみるような、そういう冷静沈着さと慎ましさを兼ね備えた男だ。そして電王戦の序盤でも分かる通り、かなりの研究家でもある。

初戦に投入したこの戦型も十分研究して、この形をもって後手番で羽生を屠るべく、投入されたはずだ。将棋自体は後手もやれた局面があったようだが、専門的すぎて私には分からない。先手玉が堅く、後手玉が薄いので、実戦的には薄い実利のために、ぎりぎりを行くという意味では後手番らしい展開であるものの、その紙一重の有利は些細なことで覆る。

そういう典型だったように思う。

とはいえ、今週の糸谷と豊島は後手番だった。後手番でもここまで戦えたことに逆に手応えを感じているかもしれない。次の先手番、次得られるかもしれない先手番で、二人がどのような将棋を見せてくれるのか、私はとても楽しみだ。


関連するタグ 羽生善治 糸谷哲郎 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第三回電王戦、第三局は豊島将之が勝利。

正直棋譜としては微妙、序盤の不備を的確に咎めて優位に立ち、そのまま押し切った。こういう将棋と、ものすごく強い将棋の両極端になるのは、ものすごく不思議ですよね。

佐々木勇気プロもコンピュータの将棋みてなにこれひどい的なことを言っていましたがコンピュータに勝てる人と勝てない人には、それこそ何かの差異があるような気すらしている。

阿部こうる君も豊島まさゆき君も、非常にたんたんと優位を拡大して行ったけど、あれが多分僕が憧れを持っているプロの技術なんだよな。居飛車穴熊もったら、ああいう具合に差を広げて行って欲しかった。

だからある意味、砂糖深夜先生が相手が強いというよりは、自分が弱かったというのは正しいのかもしれない…ぐらいに思った。

本局ぐらいの差であれば、プロなら誰でも勝てただろうとやねうら王の開発者の方は言っていたけど、下手したらあそこからでもミスするプロはいるかもしれない。

今回の結果をみて、コンピュータ将棋ソフトは人間との対戦において、勝利への道筋を探しているというよりは、人間のミスや疑問を的確に咎めることで、結果的に勝っているような印象を受けた。

もしかしたら、砂糖深夜プロは、あの角交換を避けてはいけなかったのかもしれない。あとはやはり勝つにはちゃんとした事前準備と時間の使い方にシビアじゃなくちゃいけない。

本局におけるとよぴーは、本当にサクサクと指していた。あり得ない位の決断と踏み込みの良さから、その後の慌てなさ。そういう意味では、第一局第二局とは全く違う将棋だった。

なんというか、七割勝つ人はやはりそれ以外の人たちとは何かが違うなと思わされた。羽生さんなんかも、ソフトをわたしてしまうと、その人格?を把握して勝ってしまいそうだし、渡辺明二冠だったら、カリカリに研究して、時間の使い方も完璧で、そしてローソンのおやつはとりあえず全部オーダーすると思う。

あの序盤の明確な穴以降を百パーセント勝てるのは、勝率七割の人たち。天才中の天才。その中で七割勝つ人ならば、ちゃんと勝ち切れるぐらいの差だったんだと思う。ふなえもんのリベンジ戦もそういう感じ。こーるくんのも。

人間が勝ってよかった。でも、やっぱり棋譜としては違うものを見たい気がする。そしてそこで人間が勝つのを見たい。

残りの二つ、森下先生と屋敷さんにはそういう戦いの結果勝ってほしいけど、でも穴があったら、そりゃつくだろうし、突くべきだとも思うので、悩ましいわな~。人外との戦いってのは大体にしてそんなもんだし。スカイクロラとかみたいに。

でもまあ、はめたはずがひっくり返されまくったアマチュアトップレベルとの差、勿論持ち時間は違うけど、元三段の惜しい戦いと、今までのプロの戦いぶりを見るとコンピュータ将棋ソフトとプロの位置関係が徐々に見えつつありますね。

ここからは角換わりと横歩取りのどちらかしか出てこなくても驚かないし、やっぱり対抗形の居飛車穴熊は勝つべき将棋だった気はする。プロ全体としての勝率から考えるとね。

羽生さんは穴熊に組み上がったら八割買ってるんだから。七割勝つ人たちならば、あの将棋は勝ってたんだと信じたい。そういう信じたい気持ちが復活するような、とよしーの勝利でした。よかったね。



解読? 第三回電王戦第三局、▲豊島将之vs△YSS将棋

新しく発売された棋士米長邦雄名言集 人生に勝つために[固定レイアウト版]はKindle版で、紙のものより400円以上安いです。著者が伊藤能さんってのもまた良いですよね。伊藤さんの追悼の言葉が心に残っています。不甲斐ない弟子だからこそ…というようなエピソードが良かった。

さて、毎週あるんですよ。電王戦が。そして今日は若き天才、次世代を担うであろう棋士、豊島将之プロの登場です。

昨日の夜のいつもんさんの呟きで、コンピュータ将棋はどうやら横歩取りと角換わりに弱点じゃないにしても違和感のようなものがありそうだな…というのがありました。

そしてmtmtさんの呟きで知りましたが、どうやら豊島将之プロが横歩取りにおいて、スカイ・クロラ的な何かを見つけたんじゃないかという噂があるみたいです。(スカイ・クロラはアニメをあまり見ない私ですが、あの敵方の人間パイロットがいつも電王戦における将棋棋士にかぶって仕方ないんですよね…)。

一方でプエラαの伊藤さんが驚きのブログ記事を先日アップしてたので少し紹介しますが、「場外乱闘編0.2」です。以下、一部引用。

(米長邦雄)いわく、「5年間で毎年1局ずつ、5対5の団体戦。団体戦なのでいったん出たチームは二度と出ない。そのためボンクラーズは今後出場しない」
(略)
当然ながら、私にとってはこの「団体戦」案は容認できない話でした。
(略)
あと4年参加できないのでは、間違いなくその時までに他のソフトが名人に勝ってしまうことは明白でした。(略)



この最後の部分ですよね。まずここでぐっと来るものがあります。あくまでも数値的にみてこういう結論に至るのはおかしなことではないのですが、それでもぐっときますよね。悪感情とかじゃなくて、ドキッとするというか。


連盟側(より正確に言うなら、米長・谷川・北島の三氏)の狙いですが、(略)ボンクラーズを今後出場させないことが主眼であったと考えられます。(略)理由はいくつか考えられるのですが、

 1)単純にボンクラーズ(というか私)を嫌っており、出場させたくなかった
(略)

 2)ルールの交渉等で私が相手だと思い通りにできないと考えた
(略)ですがこれもよく考えると、連盟というのはあまり先を見通すことをしないので、1年先の次回のルール交渉のことまでこの時点で考えていたかというと若干疑問ではあります。
(略)

 3)ボンクラーズだけが他ソフトよりひとまわり強いと考えていたため、ボンクラーズさえ排除すれば勝てると考えた
(略)

本当のところ、1~3のどれが真実だったか、はわかりません。まあ全部の組合せ、ということもありえるでしょうし、私の思いつかない第4の理由があったのかもしれませんが。なお発表の字面だけ見れば「本当に単に団体戦にしたかっただけで、ボンクラーズを排除する意図はなかったのでは?」という解釈もできるでしょうが、そうではなかったことはすぐ後に明らかになるので次回に書きます。



じ、次回がたのしみすぐるじゃねえか・・・。ってかこれがもし本当だとしたら、米長邦雄亡き後に連盟がその路線として大きく違う方向に進むということはなさそうな気はしますよね。

しかしこのボンクラーズダメだよ、ってなった理由が1-3のどれでも流石にクソすぎるので全く信じられないのですが、次回の展開しだいでは信じざるをえないわけですよね・・・胸が土器土器してきました・・・。

あと四年あれば流石に名人出てきても倒すでしょ、ってのと、ボンクラーズ出させないための米長邦雄暗躍…とかどっちもすごすぎるわ・・・。

先週のやねうら王の話といい、色々ありすぎて胸焼けがしてきますね。そんなコンピュータ将棋周辺ですが、今日の電王戦も楽しみたいと思います。

あ、上記のようなことが事実だとすると米長邦雄さんというのは本当に某mtさんがいうように大悪人のような気もしますが、そんな大悪人かも知れない人の名言集、いかがでしょうか?私は買いましたw

棋士米長邦雄名言集 人生に勝つために[固定レイアウト版]

関連するタグ 米長邦雄 豊島将之 YSS将棋

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

羽生善治2.0 朝日杯で優勝!短期決戦の面白さ

いやー面白い準決勝、決勝でしたね。

結果は羽生善治三冠の優勝となりました。

準決勝は、渡辺明二冠が角換わりからの穴熊、猛攻での圧勝でした。居飛車党であれば惚れ惚れする将棋でしたね。短期決戦らしい、穴熊の暴力、タコ殴りな将棋でした。

そして準決勝もう一方の山は矢倉からの先手豊島将之プロが穴熊。後手の羽生さんはなんと雁木からの先攻。横に弱いので飛車を渡すタイミングだけ気をつけなければいけない・・・という将棋ですが、飛車を渡さずに勝ち切りました。穴熊に雁木で攻めきるとかどんな人なんでしょうか…。

ここで短期決戦においては二つの傾向があることがわかります。穴熊のように実戦的に固めてドン!という方式。もう一つは羽生さんが準決勝、決勝で見せたような、駒落ちの上手のような薄い玉を苦にしないような戦い。

準決勝の豊島戦は、後手で先攻出来るということと、飛車さえ渡さなければ上部は厚い雁木、ということでわかりやすい展開になると踏んだんでしょうかね。

決勝戦の横歩取りは私の予想通りでしたが、まさかこういう力将棋?になるとは思っていませんでした。一目後手が変化球を投げている印象で、こういうのは渡辺明森内俊之以外には通用するんだろうなーとリアルタイムで呟きました(失礼ですね…)。

途中から後手のひねり飛車模様になったところからが一つの転機でしたでしょうか。明らかに渡辺明二冠が指しやすそうな雰囲気で進めていき、恐怖の三枚替えが実現したわけですが、そこが羽生マジックというか、勝負術でしたね。

感想戦で示された72手目の局面で、先手がじっと桂馬をとっておくぐらいで…(後手は辛い)という羽生さんのコメントがありました(ニコ生で言ってました)が、渡辺明二冠は強気に飛車交換の順を選びました。

先手玉は見た目以上に狭いわけですが、攻め合いでどうにかなるという手順です。そこで出た80手目の3一歩がやはり対抗型のような味わい深い振り飛車の一手。そうです、ここではもはや振り飛車と居飛車の対抗型のような将棋になっているわけですね。そうなると先手玉が舟囲いよりも不安定で左の金銀があまり役になっていないのがすごく気になるわけです。。

後手が駒損を少し回復しながら自陣に馬を引きつけたところではすでに後手が良い…まではなくてもかなり盛り返した印象です。

後手に△4三香という手が出て先手がせかされる格好となり、龍を切ってラッシュをかけますが届かず、桂馬をとって一呼吸あいた時に、後手の羽生善治三冠が一気に寄せ切ってしまいました。

この辺はリアルタイムで見ていて圧巻でしたね。そして詰みを悟った、負けを悟った渡辺明二冠の顔色が本当にさーっと変わったんです。長時間のタイトル戦だとこの辺、心の整理が行われて徐々に静けさが訪れてくる余地があるわけですが、そういうのとはまた違った楽しさがあります。

ニコ生ドワンゴ主催のタイトル戦が今後もし開催されるのであれば、この朝日杯のノウハウというのは相当役立つと思います。私は今でも朝日杯のこのスタイル、準決勝決勝の行われる会場のクオリティと運営の素晴らしさも含めて、一番好きですね。

渡辺明二冠は不調ではないですが、このぎりぎりの攻めの上手さが特徴ではあるわけですが、先日の三浦弘行挑戦者との棋王戦でも思いましたが、攻めが続かずに桂馬拾う…という展開のあたりに、少しだけつなげるのが上手いがゆえに、ちょっとだけ細かった…みたいなところが二局たまたまですが続いてるのでどうなのかな?という気はしました。

羽生さんは本当に圧巻ですね。そしてこの人、多分負け将棋でも短時間のものでもそんなに表情とか変わらないタイプなんですよね。動きは大きいけど、特に負けるときの感情のブレがぐわーっと表に出にくいというか、出てもすぐ消えるというか、そういう印象があります。

この朝日杯における準決勝・決勝での羽生さんの勝ち方は年下、次世代の覇者たちとの新しい戦い方を見せてくれたような気がしました。まさに羽生善治2.0です。どこまでバージョンアップしていくんでしょうか…。


大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)


関連するタグ 羽生善治 渡辺明 森内俊之 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

誕生日で抜け番。第72期B級1組順位戦

タイトルは仮です。阿久津さんが誕生日のため抜け番でした。(たまたまです)。

削がれた更新意欲を、ゆるい更新でしのぐ。老人が酔拳で戦う、という感じですね。

この前、youtubeでジャッキーチェンの昔の何とか拳ってのをたくさん見ました。なんとなくアガりましたのでお勧めします。

たぶん、出社前にジャッキーと一緒に蛇拳とか、酔拳とかやってから会社に行ったら、気分よく出勤できると思います。・・・その勢いで上司を殴らないようにしてくださいねw

さて、あっ君こと阿久津さん、あつくつさんこと、阿久津さんの前髪ですが、たぶん今、過去最高にカッコいいと思います。そうなんです、もともとイケメンだし、おでこが広いのは禿たのではなく、もともと広いんですよ。

広い人は短い前髪、これです。山崎隆之プロがいい例ですね。決して髪の毛は多くない。おでこもなんとなく広そう。しかし禿ないタイプ。で、あの髪型です。美容室に行ったら、「分けなくていい程度の長さに」っていえばいいんですよ。それで大体は解決します。

前髪はどうしますか?って聞かれたら「何もつけずにおろしてても自然になるように」って答えるんです。あとは、もう天気の話でもしてれば完成です。切ったあとに何かつけますか?って言われたら、「今日はこのままでいいです」って答えるんです。どうせ、美容師がやったスタイリングなんて後で再現できないんですから。

そして、これで阿久津さんの結婚は間違いないですね。もともとのイケメンが最強の髪型を手に入れた。いわば猛烈な攻め将棋の中村太地が振り飛車党から居飛車党に転向したようなもんですよ。。

・・・このまま阿久津さんの前髪談議だけでブログ一つ別に建てられる(タイトルはあっ君の前髪)ぐらいには語るつもりですけど、そろそろ怒られそうなので、以下感想を簡単に書きますね。

お昼時点、夕方時点、終局後、という感じになると思います。例によってその時間帯の私の気分と、湿度、温度、によって分量は変わります。蕎麦打ちと一緒ですね…。

今、お昼時。

藤井vsハッシーは藤井先生の例の形。どちらにどういう工夫が出るのか?に注目。ただ私はこの角交換振り飛車は全然歓迎なのでどういう作戦が取られてもOK。この形というか角交換型で急戦調の含みがなくて・・・っていう作戦は居飛車党にとってはそんなに脅威じゃない気がするんだけどなあ…。

アマがやるなら、断然4→3とかの石田流系かごきげんでしょうね。(ゴキゲンの超速はアマ一定レベル以下の大部分の人にはそれほど勝ちやすい戦型ではないとおもう)。

畠山鎮vs鈴木大も角交換振り飛車ですね。

山崎vs木村一戦は先手の相掛かり。最近そういえば将棋ウォーズで相掛かり調が増えてきた気がします。理由は私がどっちをもってもやるから、というだけなんですがw

山崎流の角道をあけるのをなるべく後回しにする指し方は、意外に悪くないですよ。是非お試しください。少なくともひねり飛車よりは居飛車党に向いてる気がします。

丸山飯塚はノーマル角換わり腰掛銀っぽいです。スペシャリストの丸山さん相手に、穴熊の作戦が出るか?&先日のダニーのような打開になるのか?に注目です。

みっちーvsとよぴーは、横歩取り。とよぴーにとってはA級で通用するかどうか?の試金石第二弾っていう戦いですね。

松尾広瀬は後手のごきげん中飛車。戦型は超速に銀対抗ですね。私は相当前のブログで超速にはこの銀対抗しかないような気がするなーと書いた覚えがあります。それが主流になる前ですね。だからといって何も偉いわけでもなく、私の棋力があがったわけでもないのですが。耳年増、みたいなやつですね。女の子はみな、耳年増なんです。お勉強してるんです。おニャン子クラブ懐かしいですね。。

お昼休みはとりあえずそんな感じでした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

夕方は、あまり見れませんでした…。

ただ、畠山鎮vs鈴木大介戦の穴熊にしてから銀冠は、後手にそれほど有効な手段がなく、穴熊になることもないので、銀冠最終形として考えている場合に、隙のない駒組みのやり方かもしれないと思いました。

夕方時点で松尾vs広瀬戦は流石に先手が良さそうと思いました。藤井vsハッシーは上手に組み上げるものだな…・と先手については思いましたが、先手の得がどのぐらい残っているのかは不明。角換わり腰掛け銀になった丸山vs飯塚戦は新手・新構想に期待。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして今は朝。結果はというと・・・


高橋 道雄九段(0勝2敗)●-○豊島 将之七段(2勝0敗)
先手の横歩取らずからの中原囲い。これは中押しで後手の圧勝でした。

畠山 鎮七段(2勝0敗)○-●鈴木 大介八段(0勝2敗)
これは夕食休憩時点の構想が面白いなと思いましたが、そこからが大激戦。馬を作った先手が良さを保ってそのままゴール。先手玉がよく動く?働く?将棋でした。

丸山 忠久九段(1勝1敗)○-●飯塚 祐紀七段(0勝2敗)
後手が相当攻めました。飯塚さんらしい攻め。しかし後手の攻めがさっぱりしたところでは、先手良し。馬で飛車をとって自陣に引きつけたところでは流石に先手が良くなっていたが、その手前では後手にも他にやりようがあるかもしれない・・・と思いました。

松尾 歩七段(2勝0敗)○-●広瀬 章人七段(1勝1敗)
これもプロレベルでは先手が良さを保って危なげなくゴールした感じでしょうね。ちょっと悩める天才は長くなりそうですなあ…。

山崎 隆之七段(1勝1敗)●-○木村 一基八段(1勝0敗)
これは不思議な力戦だった。先手が良さそうな局面から後手の桂馬が歩の餌食になる前に大仕事をしたところでは後手勝勢になっていた。山崎さんにとっては残念な将棋だろう。

橋本 崇載八段(1勝1敗)●-○藤井 猛九段(1勝1敗)
千日手指し直しからの先後入れ替えでまた角交換四間飛車。しかしこれは藤井プロの経験値が生きた戦いのような気がしました。というか、ハッシー不出来な戦いでは?

結果は松尾、畠山鎮、豊島が連勝スタート。連敗スタートは高橋、鈴木、飯塚。





勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。


関連するタグ 橋本崇載 藤井猛 松尾歩 広瀬章人 丸山忠久 飯塚祐紀 畠山鎮 鈴木大介 高橋道雄 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク