豊島将之八段、第67期王将戦の挑戦者に!(▲深浦九段vs△豊島八段)

いやースリリングな戦いでした。

深浦九段と豊島八段、対戦成績は五分と五分なんですが先手番をもったほうがサービスキープする展開が多かったんです。そして本局は深浦九段が先手、ということで王将戦挑決リーグ、混戦模様になるか?とちょっと期待していたのですが、結果投了図だけみると後手豊島八段の圧勝でした。

ただ、序盤中盤はかなり後手が欲張った手順で、なんらか咎めることが出来たような、もしくはそれができなかったのであれば、先手番での雁木調の序盤を後手の豊島八段が狙い撃ちした、ということになるのでしょうか。

20手目の△75歩で早くも戦いが始まります。後手は22が壁銀ですが、玉が一路逃げており、角道が通っています。かなり反撃のリスクのある先制ですが、先手玉が居玉で右が壁、角道が塞がっているということで既に成立している可能性すらあります。藤井システムの対居飛車穴熊の構想ではないですが、この局面を咎めるためには?という逆引きの考えで生み出した攻めのように思いました。

2筋を突き捨てて▲79角と引いてから激しくなりましたが、先日のA級での同一カードでもそうだったようにこの過激な応酬の結果、後手がよい局面しかなかったように思います。駒を取り合いますが自陣で先に取られる展開となったからです。▲16角など、先手は後手玉に襲いかかりましたが、ちょっと足りなかったように見えます。

条件よく44の角を取りに行く手順、39手目か2筋を突き捨ててからの45銀の手順しかなかったのかもしれません。(ただそこで△35角と逃げられた後、どうするべきか?がよくわかりませんが…)。

豊島さんはこれでまず王将戦の挑戦を決めました。まだ名人戦と叡王戦でも奪取の目があります。今期~来期にかけてでいきなり三冠王になっていても誰も驚かないでしょうが、果たしてどうなるか?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 豊島将之 深浦康市

王将戦挑戦者は?藤井聡太連勝続くか? 今日の見所(17/11/20火曜)

今日は久しぶりに藤井聡太さんの対局がありますね!平藤さんとは何局目だろう?

王座戦 一次予選 平藤真吾 藤井聡太

平藤さんの軽快な将棋に藤井聡太さんが翻弄されないことを祈りましょう…。

王将戦 挑決リーグはこれが最終戦でしょうか?

王将戦 挑決リーグ 渡辺明 佐藤天彦
王将戦 挑決リーグ 郷田真隆 斎藤慎太郎
王将戦 挑決リーグ 深浦康市 豊島将之

豊島さんは勝てば挑戦決定。豊島さんが負けて斎藤慎太郎が勝つと3人で決定戦やるのかな?斎藤慎太郎さんが負けると深浦さんと二人で決定戦??その辺は棋譜解説コメントで出てくるでしょう…。

ちょっと豊島さんの調子が落ちているような気がするので、そして深浦さんの前回のA級での対戦ではかなり押していたので、あの将棋を前提としたやり取りになる気がします。誰が挑戦者になっても奪取確率が50%以上はあると思うので本当にワクワクします。ここは斎藤慎太郎さんがまさかの逆転挑戦からの奪取で、豊島将之さんが悲運の実力者の称号を森内俊之永世名人から譲り受ける展開まであるのではないでしょうかw


朝日杯はこのカード。
朝日杯将棋オープン戦 一次予選 飯島栄治 三枚堂達也
朝日杯将棋オープン戦 一次予選 渡辺大夢 佐々木大地

三枚堂さんは去年一次予選抜けしてます。早指し戦での成績がよく、去年の覇者が八代さんということで若手は気合が入っていると思います。どちらも、かなりの激戦が期待されます。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 斎藤慎太郎 豊島将之

山崎隆之「諦めなくてよかった」JT杯、優勝

昨日の朝、出先だったんですが、山崎隆之さんの対局が二局ある日だなと思って慌ててブログを更新しました。

なんとなく、女の勘っていうかそういうのが働いたんですよね、山崎隆之さんが勝つんじゃないかって。(男ですが働きましたね、女の勘が。

でふざけた記事を更新したんですが、山崎隆之ファンの皆様、ちゃんと町中を練り歩いたのかな?って。それだけが気になってます。でも練り歩いても全然おかしくない神吉の、じゃなくて歓喜の一日だったのではないでしょうか。

まずNHK杯。こちらは羽生さんのうっかり?もあって圧勝だったようですね。まだ棋譜はみてません…。

そしてなんといってもJT杯。相手は現時点で最強との呼び声高い、豊島将之さんです。去年のJT杯覇者ですかね。

いつもの謎将棋でした。序盤の馬を作った局面ではどうなのでしょうか。正直馬よりも歩損が痛いようにもみえましたが、プロ解説によると、馬の威力も大きいとのことでした。

流れ的には山崎隆之さんが良くなって、豊島将之さんが逆転して、再逆転して山崎隆之勝利、というかんじでしたが、やはり薄い玉は実戦的には大変、というのがわかる将棋でもありました。

現代将棋は堅さが正義!というのとともに台頭したのが渡辺明だとすれば、ソフト以降のプロ将棋、特にここ最近みられるのは堅さよりも如何に条件よく先攻できるか、相対的な堅さとは何か、という将棋感覚です。

ソフトでの研究に対して否定的な棋士、肯定的な棋士、その中間といるとすれば、山崎隆之さんはある時点における発言では少なくとも否定的な棋士でした。

否定的な棋士が自身で研究し自身のスタイルを貫き通していたなかで、ソフト研究全盛の今、なぜか時代が、将棋感性が、山崎隆之の将棋に追いついてきたのです。このあたりは、最後に貼っておきますがソフトに関する書籍「不屈の棋士」のなかで山崎隆之さんが語っていたことなのですが、ようやくここ最近になってようやく、私にも理解できるようになりました。

ソフト研究による将棋が出てきたら、なぜかそれがソフトともっともかけ離れているはずの、人間味あふれる山崎隆之の将棋の世界に近かった、という不思議さ。

山崎隆之さんの勝利後の「諦めなくてよかった」の一言はこの勝利に関してだけの言葉ではないな、と思ったのは私だけではないはずです。ファンの人たちはこの言葉に込められた思いに涙したのではないでしょうか。

以下、不屈の棋士から山崎隆之さんの言葉を引用して〆たいと思います。


自分の序盤戦はソフトと感覚が似ていると思います。人間よりソフトの方が自分の将棋に似ているなとわかって、びっくりしたことがあります。だから最近、僕みたいないい加減に見える力戦、序盤の不安定なところから動いていく将棋が全体的に増えましたけど、きっとソフトの影響なんだろうなって。正直、ソフトに「大丈夫」ってお墨付きを貰う前にやってくれよ、って感じですけどね(笑)



正直、ソフトに「大丈夫」ってお墨付きを貰う前にやってくれよ、って感じですけどね(笑)
ですよ!本当に諦めなくてよかった!おめでとうございます!山崎隆之八段!

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 山崎隆之 豊島将之 羽生善治

豊島独走?深浦進化論 第76期A級順位戦▲豊島将之八段vs△深浦康市九段

最近の深浦康市九段に注目している。

比較的中堅よりも年上の層で、最近の雁木調の将棋に追従している人は少ない気がする。羽生さんはやってますかね。

そんななか、かなり早い段階、たぶん夏ぐらいには既に雁木を取り入れていたのが深浦康市九段。先手でも後手でも組みやすいというのもあるだろうが、かなり多く雁木を指している。 17年度としての成績はそれほど特出したものではないが、夏以降に限っていえば、この雁木調の将棋を指しこなし、勝ちまくってる印象がある。

本局は順位戦ということで先後が決まっているのでお互いに準備があったはずで当然豊島将之八段もそのへんの作戦を前提に、本局の序盤を採用したのだと思う。

26手目△43金右がひとつの分岐点で、雁木と思われて先手の急戦調をみて手厚く一旦は受け止める方針。先手は銀を68に上がっている関係上、これ以上堅くならないので攻めるしかない。この辺の駆け引きは本局の見所の一つだった。(ただ、端歩の形を除けば類型は幾つかあるとのこと)。

この辺をみて私は以下のようにツイッターで呟いた。




そこからの豊島将之九段の指し回しがなんというか相当に過激だった。後手からの角交換にたいして同銀ではなく77同桂馬とした手、桂馬を跳ねてから71角と打った手、極めつけは51手目の▲33銀だった。後手のと金を放置して駒がいっぱい利いている33の地点に銀をぶち込んだ。言い方は悪いが、アマチュアっぽい直線的な手順だと思う。

ただ過激な一手だったが進んでみると穏便な局面に戻っていて、嫌な変化を回避するための過激さだったのかもしれない。

そして一旦収まってから後手待望の反撃。8筋を突き捨ててからの桂馬打ち△9四桂が厳しく、ここではやはり微差かもしれないが後手が良いと思う。

61手目、▲83銀と飛車取りに打った手に対して、深浦九段は32に飛車を逃げる。攻めに活用する含みのある一手。そこから先手の94の桂馬をむしり取った銀(94同歩で取れる銀)が終局(111手目!)まで残ったのがこの将棋の恐ろしさを示している。111手目まで……。

どこかで取り返す順があるはずと思ったがその余裕がなかった。その理由の一つは、67手目▲45桂に対して飛車を取り合う順を選んだことにあるかもしれない。ここは一旦は飛車を浮いて33歩で叩かれるのを避けておく、という手も有力だった。

飛車をとりあって53の地点に成桂を作られた73手目の局面では後手が相当忙しそうにみえる。この桂成りが詰めろというのが痛い気がする。ここでは先手が良くなっていてもおかしくないと感じた。後手の深浦九段は△39飛と王手にうち、詰めろの手順をひとまず回避。先手の豊島八段が桂馬を投入したことで局面が少し落ち着いたようにみえる。

しかし△42歩と受けて、▲33歩と叩かれてみると先手と後手の囲いの差が目立つ。後手にはもはや94の銀を取る余裕がない時点でその分、先手が良くなったのかもしれない。そこからジリジリと攻められて苦しくなった後手が84手目に△86角勝負手を放つが、豊島八段が冷静に▲81飛車なりと面倒をみて勝負あり、ということだった模様。

最後まで残った94の銀不成が先手玉の詰みを逃れている手順もあり、豊島八段がただ1人無敗の5連勝となった。

最近の豊島将之八段の将棋は強いというより恐ろしさを感じる。序盤の深い研究と鋭い踏み込みで圧勝することも多いが、本局や先日の対渡辺竜王の将棋のように局面に含みをもたせずにある程度まで決めきってしまって、そこで実戦的に勝ちやすそうな展開にもっていくという二段構えのような印象。

コンピュータソフトの影響、ということではないのかもしれないが、谷川が終盤を高速化し、羽生世代が序盤を整備して一応の人類の高みに登った後、停滞ではないがその流れの中で培われてきたコンセンサスのようなものに対してソフトがもたらした革新があり、その感覚を自身の将棋に取り入れたプロ棋士が何人かいると思うが、豊島将之の最近の将棋を見ていると確実にその中の1人であり、もっとも最先端の大局観というか将棋感覚を持っているのだな、と思わされる。

羽生・広瀬・久保と二敗で追いかける3人がいて、そのうちの二人との対局を後半に控えている豊島八段だが、このまま挑戦者になる勢いを感じさせる勝利だった。

深浦九段は負けてしまったものの、新しく取り入れた雁木調の作戦がかなり馴染んでいることを再確認した。三名降級という厳しい今期だが、キツイ面子をクリアしての2-3での折り返しは上出来ではないにしても残留可能性でいうとそれなりにあるような気がするがどうなるか?

深浦康市(amazon検索結果)
プロへの道 将棋を覚えた少年がプロになり羽生善治からタイトルを /日本将棋連盟/深浦康市 / 深浦康市 / 【中古】afb

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 深浦康市 豊島将之

王将戦挑決リーグ、豊島vs糸谷に注目。

豊島将之さんが強いです。前から強かったですが勝ち方がヤバイです(語彙…

今期まだ4つしか負けておらず一時期は勝率一位でした(今は藤井聡太が一位)。

唯一の天敵?と思われる相手は渡辺明竜王でしたがこの前の順位戦では謎の力強さと大胆さを発揮して勝ちきっています。(将棋自体は中盤△65桂と竜王が打った局面では怪しくなっていたはずだが勝ちきった)

A級ではほぼ挑戦決定か?という1人だけ無敗で、王将戦リーグでも1人だけ無敗、どちらも二番手から星2つリードしています。

今日の王将戦リーグの対戦相手は糸谷哲郎。対戦成績が14-3と大幅に勝ち越していますが、ただし最近の糸谷哲郎は後手番の作戦を変えています。先手番の豊島将之さんの方針次第ですが、相掛かりか角換わりの最新形になると思っています。

ここでどちらがどのような内容で勝つか?によって今後の棋界の勢力図が大きく変わってくる可能性がある、そのぐらいの対局だと思います。藤井聡太は遅くともあと2・3年でタイトル戦に登場してくるようになるでしょう。下手すれば来期から登場する可能性もあります。

それまでに豊島将之帝国を築くのか、或いはこの乱世のようなタイトルホルダー乱立時代が続くのか。糸谷哲郎は独特の勝負感と指し回しで相手がタイトルホルダーだろうが第一人者だろうが展開がハマるとめちゃくちゃに強いです。あのひと頃の一手損角換わりであれだけ勝てたのは驚愕の一言です。

今の後手番の作戦は違うものを用いていますがこの前の佐藤天彦名人戦のようなイメージです。豊島将之八段も想定されている気がします。その上で更にすごい研究をぶつけてくる可能性もあります。狙い撃ちされた場合は先手の圧勝になる気もします。

先手相掛かりでこの前の対局を前提とした展開になるかどうか?そのあとどうなるか?に注目したいとおもいます。

豊島将之(amazon検索結果)

Tag : 糸谷哲郎 豊島将之