全勝者が2名に。第72期C級2組順位戦


つるの将棋七番勝負
例によって事実情報メインで。

いやー最近のC2がアツすぎますね…っていうか、層が厚すぎる。レベルが高すぎる。

昔は明らかになんというかもしかすると、という感じでしたが最近はどこを切っても金太郎飴…じゃなくて高レベル。

全敗の田中かいしゅう先生だって、石川先生だってめちゃくちゃ強いですからね。C1で若手を屠ること幾たび、ってクラスですから。

5連勝が2名、佐々木勇気くんと、大石さん。どちらも不思議な指しまわしでした。

佐々木君の作戦はちょっと順位戦とは思えない荒々しさ。終盤の攻め方は才能の違いというか、切れ味のすごさを見せてました。この佐々木勇気という棋士はやはりこういう切れ味というか、クルッと体勢を入れ替えるような、柔道や合気道のような手順が本当にうまい棋士ですね。

大石さんのは穴熊の補修方法が予想GUYでなかなかでした。角筋受けにくし、をうまく受けましたね。

残念だったのがコール君。全勝でしたが、消えました。相穴熊じゃない形で戦ったのでぜひ頑張ってほしかったですが、対穴熊に等価交換な展開で厳しかった。

圧巻だったのは高見vs西川jr戦。先手が馬と龍作って、歩をとったところでは先手がかなりよさそうに思いましたが、全然難しかった。

なんというか、プロなのに、あの工夫のなさそうな向かい飛車で何とかしてしまうという西川ジュニアの恐ろしさ。

目立つ手はないものの、深い研究と絶品の振り飛車感覚、という感じですね。私は居飛車党ですが本当に好きな将棋です。


以下結果。


[C級2組]
中村 亮介五段(3勝2敗)○-●内藤 國雄九段(1勝4敗)…19時10分☆
(西川 和宏四段-高見 泰地四段…19時50分千日手成立)
田中 魁秀九段(0勝5敗)●-○牧野 光則四段(2勝3敗)…19時56分☆
澤田 真吾五段(4勝1敗)○-●岡崎 洋六段(3勝2敗)…20時17分☆
石川 陽生七段(0勝5敗)●-○吉田 正和五段(3勝2敗)…22時14分
石田 直裕四段(3勝2敗)○-●佐藤 慎一四段(1勝4敗)…23時3分
中田 功七段(2勝3敗)○-●村中 秀史六段(2勝3敗)…23時14分
小倉 久史七段(3勝2敗)○-●村田 智弘六段(3勝2敗)…23時18分
竹内 雄悟四段(1勝4敗)●-○千田 翔太四段(4勝1敗)…23時22分☆
上村 亘四段(2勝3敗)●-○村田 顕弘五段(4勝1敗)…23時31分☆
伊藤 真吾四段(2勝3敗)●-○勝又 清和六段(2勝3敗)…23時32分
森 けい二九段(2勝3敗)○-●西川 慶二七段(1勝4敗)…23時42分☆
増田 裕司六段(2勝3敗)●-○矢倉 規広六段(3勝2敗)…0時3分☆
長岡 裕也五段(3勝2敗)○-●神崎 健二七段(1勝4敗)…0時15分☆
永瀬 拓矢六段(3勝2敗)○-●瀬川 晶司五段(3勝2敗)…0時25分
佐々木 勇気四段(5勝0敗)○-●田中 悠一四段(2勝3敗)…0時31分
西尾 明六段(2勝3敗)○-●佐藤 和俊五段(2勝3敗)…0時33分
伊奈 祐介六段(2勝3敗)●-○遠山 雄亮五段(3勝2敗)…0時34分
佐藤 紳哉六段(1勝4敗)○-●藤森 哲也四段(2勝3敗)…0時44分
藤原 直哉七段(4勝1敗)○-●門倉 啓太四段(2勝3敗)…0時45分☆
阿部 光瑠四段(4勝1敗)●-○及川 拓馬五段(3勝2敗)…0時50分
横山 泰明六段(1勝4敗)●-○大石 直嗣六段(5勝0敗)…1時0分☆
中座 真七段(3勝2敗)○-●八代 弥四段(3勝2敗)…1時36分
高見 泰地四段(4勝1敗)●-○西川 和宏四段(4勝1敗)…2時0分

【5勝0敗】佐々勇(5)、大石(18)
【4勝1敗】澤田(4)、村田顕(7)、西川和(8*)、阿部光(14)、高見(23)、藤原(31**)、千田(45)
【3勝2敗】永瀬(6)、矢倉(9)、及川(10)、吉田(13)、岡崎(16*)、八代(17)、中村亮(19)、中座(22*)、村田智(32*)、長岡(33**)、小倉(38*)、瀬川(39*)、遠山(40**)、石田(44)
【2勝3敗】森(1)、中田功(11)、西尾(12)、伊藤(24)、村中(25)、田中悠(26)、勝又(27)、牧野(28)、佐藤和(29)、門倉(30)、藤森(34)、増田(36*)、伊奈(42**)、上村(43)
【1勝4敗】内藤(2)、横山(3)、佐藤紳(15)、佐藤慎(20)、神崎(21)、西川慶(41*)、竹内(46)
【0勝5敗】田中魁(35)、石川(37*)


つるの将棋七番勝負つるの将棋七番勝負
(2013/10/05)
つるの剛士

商品詳細を見る


関連するタグ 西川和宏 佐々木勇気 阿部光瑠

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

竹内雄悟新四段に!(千田翔太と森門下ワンツーフィニッシュ!)第52回奨励会三段リーグ戦

第52回奨励会三段リーグ戦が決着したようだ。

竹内雄悟三段が新四段に

1987年12月17日生まれ(25歳) 広島県広島市出身

奨励会入会
2004年9月
三段リーグ入
2008年10月(第44回奨励会三段リーグから)
得意戦法
振り飛車
将棋を始めたきっかけ
祖父に教わった
本人のコメント
「まだふわふわしている感じです。緊張しやすいタイプなので、今日の1局目は、競争相手の勝敗を見ずに2局目を戦いました。連勝して、周りの人に上がっているよ、と言われて、『えっ、本当!』と声が出て、うれしさがこみ上げてきました。師匠を安心させられて、とてもうれしいです。」



年齢と在籍期間から考えると???という感じだったが、奨励会のデータベースをみて理由がわかった。16歳、3級での入会のようだ。年齢は24歳だが在籍は9年と長すぎる感じではない。

面白いのがその成績で、3級・2級・1級はかなり苦労している印象がある。それぞれに半年・一年・一年という具合。ただそこで奨励会の水に馴染んだのか、初段・二段は良いペース。

このあたりは、入会年齢というのが大きく関係していそうな気がする。1人だけアウェイ感があったのが級位者時代だったのではないだろうか。

三段リーグは前期までで八期在籍し、ちょうど指し分けの成績。今期は最終節を五敗で迎えたが五敗勢五名の中で一番下だったので、連勝したのは五敗勢で竹内雄悟だけだったということだ。

凄く突出した成績ではないが、必ずその環境・クラスにアジャストしていくタイプのようで、田中悠一西川和宏というような雰囲気を、成績推移から感じるのだが、森門下なのでもっと力戦風味なのだろうか?同じ広島ということで今泉健司さんのような将棋だと楽しそう(だが苦労するかなその場合は…)。

振り飛車党でC2初参戦ということでいうと、降級点をもらう可能性もあると思うが、そのうちアジャストしてくるのではないか。奨励会での成長のようにじっくりとしかし確実に伸びていくだろう。


聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
(2002/05/07)
大崎 善生

商品詳細を見る






関連するタグ 竹内雄悟 千田翔太 今泉健司 田中悠一 西川和宏

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

対穴熊戦における典型例の一つ 第60回NHK杯二回戦第九局 久保利明二冠vs西川和宏四段

ノーマル振り飛車の受け将棋といえば東の永瀬プロ、そして西の西川ジュニア。私は個人的に西川和宏四段が将来化けるのではないかと期待しているのだが、なんとも形容し難い不思議な味がある。

永瀬プロよりももっと昔からある正統派の角道を止める振り飛車。中田功プロのような切れ味系ではなく、小倉プロのようなじっくりコトコト良くしていく棋風。永瀬プロが受け潰しにこだわりを見せるのと比べるともう少しバランスの取れた感じはする。

今期の順位戦初戦の対中座戦などはその良さが現れている。

対する久保プロは後輩振り飛車党相手には居飛車、主に居飛車穴熊を用いる。本局はそのようにして、ノーマル振り飛車vs居飛穴という対戦となった。

第60回NHK杯二回戦第九局 久保利明二冠vs西川和宏四段

角道を塞いでの中飛車、昔ならばツノ銀からの風車という具合だが最近有力な指し方として本譜の「矢倉流中飛車」がある。これは関西の矢倉プロが好んで指す形で、当然久保プロも使い手の一人。酸いも甘いも噛み分けている。

四筋に飛車を振り直した手に対し、先手の方針としては浮き飛車か、守勢でも4八飛車と受ける方法とあるはず。本譜は前者で二筋の応酬の結果、後手が桂得を果たした。

同じ筋で大駒が向い合って勢力争いする将棋はそこで戦果を上げたほうが勝ちやすいとしたもので、54手目の局面では後手が悪いはずはない。

68手目時点では駒の損得はなく、飛車角交換となり、手番が先手、玉の堅さは先手ということでもしかするとここでは差が縮まっただけではなく、実戦的には先手が勝ちやすくなっている可能性まである。

その69手目の▲8八金がなんとも二冠の貫禄、という手。それに動揺したわけではないだろうが、70手目の△3八飛が、次の▲2九歩を見落とした疑問手だった気がする。飛車を取られては面白くないので、△1九竜。

△3八飛以降、先手の手が常に先のような雰囲気であり、109手目の馬を切ったところでは先手の穴熊が堅く無傷であり、先手がよくなっている。終わってみれば先手玉に王手も掛からない久保二冠の圧勝だった。

それにしても久保二冠の将棋というのは居飛車であっても逆側の桂香を捌くのだなあと感心した次第。


中飛車戦法の関連書籍リスト

穴熊戦法の関連書籍リスト


関連するタグ 居飛車穴熊 将棋 矢倉流中飛車 西川和宏 久保利明 中田功

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

99手目。正解は一つ。 第60回NHK杯一回戦第十局 西川和宏vs戸辺誠

2010年06月06日第60回NHK杯一回戦第十局 西川和宏四段vs戸辺誠六段

西川ジュニアvs戸辺プロ。

将棋には伝統芸能的な側面もあるので、世襲というのはある意味正しい。そして3段リーグというものがあるので、その難関をくぐり抜けるかどうか、後を継ぐに相応しい技能があるか?という検証が客観的に行なわれる。その苦難に打ち勝った西川ジュニアだが、どうも「行けども行けども苦難の道のり」という印象がある。

将棋世界のおこのみ対局?で、鈴木大介プロに角落ちで負け、順位戦では4勝なのに降級点、という状況。ただし、私はこの困難を切り抜けていくのではないかと考えている。神が与えたもうた試練、というわけではないが、この才能はどこかで大きく伸びる可能性がある。見た目は伝統的な振り飛車の使い手。では相当に受けが強いのか?というとそういうわけではない。最近ではノーマル振り飛車というと永瀬プロの受けが有名だが、それとは異なる、何とも不思議な将棋であり、本局を思うと、大山流を受け継ぐのは西川ジュニアではないかとさえ思えてくるものがある。

「え、あの人こんな顔してそんな凄い一面があるの?」というような将棋といえばいいだろうか。大物食いといえば、佐藤慎一プロなど勝負根性の鋭さでどの相手とも互角以上の勝負をする人はいる。西川ジュニアはそういうタイプでもないのだが、大物を結果的に、喰らう。対戦した経験のある村山慈明プロ曰く、異感覚の将棋らしい。

昨年の順位戦においても、横山プロ、佐藤天プロという二人の実力者を屠っている。私がみた、西川ジュニアの棋風はずばり「スッポン流」だろうか。藤井プロのガジガジ流ほどの大口ではないのだが、振り飛車らしい耐久力のある玉と、一度手がかりを得るとそこからがしつこい。三段リーグの必修科目である相穴熊における経験値が高いので、そして相穴熊はロシアンルーレット的なところがあるので、ある程度のレベルまでは好勝負になる、ということだろうか。

対する戸辺プロ。いつもニコニコ、ポジティブで周囲の声援を自身の力に振り替える元気玉で大躍進している。展開がハマった(得意戦法が生き残った)ということはあるものの、あの当時、そこに目をつけられるということは生き残るうえでのブルーオーシャン戦略が身についている。それはひとえに、ご両親親御さんのおかげだと私は考えている。このエコロジーブーム?が来る前から有機農法に着眼して日本で一番キロ単価の高い米を作るというご両親と、藤井システム死滅後の力戦振り飛車の繁栄前から指していた戸辺プロの姿は重なる。

そういう意味で、この対局は「子は親の背中を見て育つ」決戦であるといえよう。

戦型は相振り飛車。後手の戸辺プロは「戸辺流相振りなんでも三間飛車 (マイコミ将棋BOOKS)」とばかりに穴熊に。これは実戦的には有力な手段らしいが、本譜の序盤?中盤を思うとどうなのだろうか?穴熊のシンプルな良さというのは、「組みあがった後に互角の駒交換程度であれば指し易い」という脳天気さにあると考えている。しかし本譜は先手が飛車を85に引いたことにより強いられた24歩により二度の銀交換を拒否している。そういう意味では、あまり面白くない展開のように思う。

後手は玉は堅いものの、すぐに桂馬の交換をすると歩切れになる。しかし23の傷があるので銀交換は出来ない。ということで手待ち的に玉を更に固める。お互いに固めあった後、打開の権利と責任は先手にある,という義務感だけで西川ジュニアが仕掛ける。仕掛けの調子としてはポンポンと突き捨てて気持ちが良い、私が得意とする「だろう攻め」。ただしプロレベルで成立しているのかは微妙。たとえば、私の場合、対振り飛車で右玉を用いるのだが、その場合は角香交換ぐらいでも他に争点がなければ勝負になる。果たしてこの戦型でこの軽そうな攻めが成立するのかどうか。

78手目の局面の先手は、驚きの歩切れの1歩損。ただし手番を握っているので六筋に飛車を振り直す先手。お付き合いする後手。しかしこれで懸案の23の地点が緩和されているのでここでは後手が得をした。続く86角に交換した桂馬でがっちり受ける後手。将棋的にはこれでオワ、だろう。通常一般でいえばこれで終わっている。この局面を見せられて次の一手をあてろと言われて投了と答える島朗がいても私は驚かない。

対振り飛車右玉で、この端のやりとり?8筋の香車打ちは常に含みとしてはある。しかしここまで条件が悪いやりとりは私は行ったことがない。大抵は相手から来るか、或いはコチラから行く場合は、角香交換でもやれる理由がある。本譜は角香交換しかない筋でそれではやりきれないとして、角を逃げた局面はなんと先手は何の得もしておらず、後手が香車を一枚得しているだけ、という状況だった。

94手目の局面も後手必勝。私であれば、冷たく94歩と指すだろう。これで本当にオワだ。桂馬が成ると飛車が無料なので、指す手がない。25の桂馬を取ってもダメそうだし、目をつぶって72桂成りとしても普通に65飛車で後手勝ちそう。多分このあたり、戸辺プロの感覚はおかしくされている。というわけで54歩が悪手だと思う。・・・と思ったのだが、△94歩には▲85歩がありそうだ。

とすれば、感想戦であった通り、明快な勝ち筋は100手目の△55歩しかなかったようだ。その他の筋もあれこれ突っつき回してみたものの、後手からの速い攻めがない関係でなんだかんだと攻めが続く。

99手目の三つの駒が当たっている局面、正解はひとつだけ、という状況が西川ジュニアの異感覚の将棋の特徴を表しているかもしれない、と思った。


最終手がわかりにくいですが72に桂馬が成った局面。先手の飛車・角・成桂が当たっている。先手が良さそうだが、正解は一つしかなかった。この局面は西川ジュニアの異感覚が最も機能した瞬間かもしれない。
100606nhk.jpg




大内延介の将棋講座「端攻めのすべて」全26回(将棋四週間DVD)囲碁・将棋チャンネル DVD2枚組 (4WeekDVD)

大内先生といえば、端攻め、なのですねえ。今でも。引退されましたがこのシリーズは凄く気になっています。だれかご感想を教えてください…。

関連するタグ 戸辺誠 NHK杯 西川和宏 相振り飛車

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク