球種は一つ、ごきげん中飛車 第60回NHK杯二回戦第七局 ▲近藤正和六段vs△勝又清和六段

先手が近藤プロということで堂々の先手中飛車に。近藤プロには中飛車だけで食っている、という矜持がある。往年の野茂投手が「球種がストレートとフォークの二つだけだから打者は迷うんだ」と言っていたが、球種が1つの場合はどうなのだろうか。その答えの一つがこの将棋。

第60回NHK杯二回戦第七局 ▲近藤正和六段vs△勝又清和六段

先手中飛車に対して、最近の流行は後手が居飛車党であろうと三間飛車にするという作戦。めったに振り飛車を見せない渡辺竜王や行方プロなどが惚れ惚れする指し回しを見せている。

アマの居飛車党の場合、相振りを観るのも指すのも好まない人が多いように思う。私もその一人で、そういう場合に対先手中飛車に対してどうすればいいのか?というのが悩みの種だろう。慣れない相振りにしても、相手はそれがあることを承知で先手中飛車にしているわけで経験値の違いでどうにかされてしまう。

本局は、プロフェッサー勝又の、先手ゴキゲン一本に絞った作戦が炸裂した。野球で喩えれば球種は一つ、のナックルボーラーのナックルボールが変化せずにバックスクリーンに突き刺さるホームラン、という印象の、居飛車党にとっては並べるだけでウハウハな手が連続する気持ちのよい戦い将棋だった。

序盤の見所は後手が飛車先不突なことだろう。それ以外は普通のゴキゲン対抗形。先手が5筋を交換してきたら、手に乗って盛り上がろうという後手の構想にも思える。延々交換してくれないので、やおら飛車のコビンを開けて3七銀ならぬ7三銀超速風に銀をあがる勝又プロ。

33手目の局面、先手が五段目の銀を支える手を指すしかないようでは既に居飛車が良さそうだ。好形といわれるが私は好まない7三桂-7四飛車の形が示現した38手目では、先手の主張点がないにもかかわらずなので、相当に気持ちがよい。

垂れ歩で攻めてくださいとする近藤プロに対して、一瞬千日手か?と思わせる手順から先手が打開した。…が、最善は千日手だったような気もする。(NHK杯で千日手というのは大昔はとても駄目だったように思うが、今はそんなに駄目ではないような気もするのだが、やっぱりその辺の事情もあったのだろうか?)

打開後の手順を見る限りでは打開しないほうが良かったのでは??というぐらいに居飛車側に気持ちのよい手が続く。久しぶりに書くが「これだけでご飯三杯」な手の連続だ。千日手打開後は、武術の師範同士の模範演技を見ているかのような、居飛車側にとって気持ちよすぎる手順だった。

居飛車党で先手中飛車にやられている方は是非、日ごろの鬱憤を晴らす意味でも鑑賞する価値のある棋譜になっている。

先手中飛車を明示してくれた場合、相振りが出来ない居飛車党は本局の手順が参考になるように思う。5筋を謝って面白くないように見えても、がっちり守ってしまえば袖飛車からの攻めのほうが分かりやすい。本譜の▲7九角という手が玉を広くして5筋を守る一石二鳥の手なので覚えておきたいところ。

中飛車戦法の書籍リスト

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : ゴキゲン中飛車 近藤正和 勝又清和 袖飛車

居飛車党同士の助け合い 第4期マイナビ女子オープン本戦T ▲鈴木環那?△早水千紗

女流棋士には振り飛車党が多い。男性棋士の振り飛車党は居飛車をやらせても上手いことが多いが、女流棋士の場合は、本当にそれ一本というケースが多いように思う(勝手な憶測)。

理由としては投入した勉強時間が少ないものの、一点集中で振り飛車を学んでそのまま突破した、ということかもしれないし、或いは仕込んだお父さんが振り飛車党だったか。(ただし渡辺竜王のお父さんは振り飛車党だったような気がしているので、この予測は誤りの可能性は高い)。

居飛車は覚えることが多いのに対して、振り飛車は少ない(ように思う)。女子と男子ではその将棋に投入する時間数の違いで、もしかすると網羅的に学びきれない居飛車では突き抜けられないのに対し、一点集中型+終盤力でどうにかなる振り飛車党が増える、という構図なのかなと考えている。

しかし本局は居飛車党同士の戦いだ。

後手の早水女流は結構激しい将棋を指すはずだなと、対局前に私は呟いた。あまり詳しくはないのだが、まだ将棋連盟でCD-ROM版の棋譜を販売していたころに気になる手順で検索すると、ぽつぽつ見かけた記憶がある女流が、この早水さんとか、石橋さんだった。棋理としてはどうか分からないが、独自の戦法・戦術に相手を引っ張り込んで戦うタイプなのかなという理解。

対する鈴木環那女流は、正直その棋風については良く知らない。それよりもアシスタントや将棋番組やイベントでの仕切りの上手さ、等での活躍のほうが記憶に残っている。指した将棋で覚えているのは北浜係長との目隠し将棋、だろうか。(youtubeかニコ動で見た)。まともな将棋でいえば、室田伊緒女流との対戦で、居飛穴からタコ殴りにしたものがあったように思う。(マイナビの予選だったか?)。

本局は序盤から後手の駒組みが怪しかった。プンプン匂う…。

第4期マイナビ女子オープン本戦T ▲鈴木環那?△早水千紗


この序盤は筆舌に尽くしがたい ものがある。私もMY定跡で凝らすほうなので多分早水女流に経験がある形なのだろうと思うが、パッと見危うい。しかしじっくりどっしり構える先手の協力?もあり、遠大な構想が完成し、後手がはっきり良くなった。

その時点で両者1.5時間ずつ残している。3時間の持ち時間があり、残り1.5時間。ここでじっくりと詰みまでではないにしろ、ある程度の見通しを立てれば後手不敗の体勢を築くことが出来たように思うのだが、あっさりと先手のこれしかない、という攻め筋に今度は後手が協力する。

まだ後手番がやれそうに見えるのは私が右玉で似たような不幸な目にあっているからだろうか。玉の堅さは先手、駒割りも銀香交換で先手、手番も先手。確かに先手がやれそうに見えるが、後手には馬とと金があり、入玉の望みがある。

そこからのやりとりで先手は歩を全てつぎ込み、駒得を拡大した。ただし、歩切れ。この辺がアヤになりそうに感じる。歩切れを突いての後手の反撃でまたもや怪しい。結果的に歩切れにしてまで攻め立てたものの、戦果がつりあっていないということだ。

先手が良い局面では先手が後手に協力して形勢を縺れさせ、後手が良い局面では後手が先手に協力して縺れさせ・・・という風に見えた。このシーソーゲームの手順で、どちらかが腰を落として考えればまた違ったものになっていたのではないか?という気もする。

縺れてからも一勝負!というのは将棋の面白いところではあるけれども、そのもつれ方にもよる。勿論本人達はもつれさせたくてこうなったわけじゃないことも分かってるし、私自身が指す時だってそうだ。

でも3時間あって、あれぐらい良くなって、そこからここまでこうなるか?という気がしなくもない。(或いは私の実力が足りないだけで元々が難しい将棋だったという可能性も勿論ある)。

最後まだ頑張れそうな局面で僻地のと金に二手費やしたあたりで、先手の良さが拡大したように思われ、最後は大差になってしまった。

++++++++++++++++++++++++++

岡目八目、自分でやると驚くほど上手く行かないのは将棋に関わらず全ての物事において言えることだ。ただ、だからこそ、次元の違いを魅せつけてくれるプロの芸の価値があるとも言える。

MY定跡を用いる人間の一人として、この将棋は早水千紗女流に是非勝ちきって欲しかったし、序盤のやりとりで先手が良くなる手順があったようにも思うので、鈴木環那女流には今度は食わないように序盤の整理、結論づけを行っておいてもらいたいと思う。


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 鈴木環那 早水千紗 袖飛車