棋聖戦が帰省? 慎一さんが綾ちゃんにお金を借りる、コンサルに弱い将棋会?の巻

棋聖戦が帰省?・・・どこに帰るんですか!?><

寧ろ、序列三位?に帰ってきてください!><

元々は「竜王≧名人>>棋聖≧王位≧王座≧棋王≧王将」というような序列だったのが、最下位の七位に転落したのが数年前ですか。

棋戦情報には、その序列順に表示されているはずです。

大和証券杯がなくなって、達人戦が縮小、そのかわり加古川戦ができて、将棋連盟の腹づもり次第ではありますが、電王戦はやろうと思えば毎年出来そう。

いやー盛り上がって来ましたね…。新聞っていうモデルはめちゃくちゃ儲かっていたはずで、錬金術に近い。紙をすればそれがお金に変わる…に等しかったわけで。

紙で新聞(NEWS)を読む層が死滅するのにあと20-30年ぐらいかかるのでそこに向けて徐々に衰退していく。産業やら文化の衰退というのは、見向きもされずにというよりは、その分野の参加者が出て行くのではなく、死に滅んでいく。

産経新聞って広告媒体としての価値というか広告価格も何というか…という感じで、なくなっていった新聞棋戦(を主催していた新聞)との共通性がとてもあるような気がします…将棋ファンなのでなくなる前提では書きませんが、共催とか予選のネット化とか、過激な一手しかないような気がするんですが…。

その国が衰退するか伸びていくかというのは、私が好きな本があるので紹介…しているところを紹介しますねw

国家が発展するときにはその政治・経済制度が「包括的」であり、没落する時は「収奪的」になる


国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源
国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源

これを将棋に置き換えると…良くわかりません!>< 助けて、コンサルちゃん!><

正直将棋でいうと形勢は思わしくないですね。ジリ貧の駒を後退させられるような展開。安くてもネット系媒体のところと組んで、予選はネット使って本戦だけ解説会セットで本社ビルで…どこかで聞いたことがある・・・けど今回は大丈夫なんです!><

+++++++++++++++++++++++

昨日は将棋が二局しかなかったようですね。佐藤慎一vs佐藤義戦とあやにゃんこと藤田綾女流と誰かの対戦だったらしくて。

フイたのが、藤田綾さんのツイッター。

今日対局中の出来事。お茶を買いに行こうとしたら4階のイスに座っていた同じく対局中の棋士の先生に「綾ちゃん!」と小声で呼び止められた。近づいてみると「お金貸して。」Σ(-∀-;)「お財布忘れた」と。あーびっくりした。しっかりしてください、慎一さん。

https://twitter.com/aya_fjt/status/349819019282493441



サザエさん、もしくは小学生か!www

この藤田綾さんのツイッターをみての私の感想が以下です。

#ShogiLive 佐藤慎-佐藤義 78手 △投了 藤田綾女流からお金を借りると勝てるという噂が広まり…やがて本格的に貸金業に進出。のちの藤田財閥である( ^ω^ )

https://twitter.com/shogiwatch/status/349820610228137985



いやーこれからは、勝つために藤田綾女流にお金を借りるのが流行ると思います。勝つためには手段を選ばない!…そしてこれが後の藤田ローンの始まりです。。

っていうか、どうやって連盟まで来たんでしょうか。自転車ですか。おサイフケータイとか持ってるタイプじゃないでしょう。もっとローテクな印象が…(失礼ですね・・・



いやーしかし、どうなるんでしょうか。どうするんでしょうか。前述のとおり、新聞との棋戦契約が拡大していくということは考えにくい。そういう中で朝日毎日の共催という奇手を通した米長邦雄はやはり希代の興行師だったように思いますね。

梅田望夫さん、ちきりんさん、などなんとなくコンサル風味のところと仲良くする展開もありなんですが、根本的な解決、拡大には至っていないか至らないような気がします。

電子書籍や観戦サイト、ネット対戦の拍子抜け感というか、もう一歩突き抜けない感は正直否めないです。

カロリーナ・ステチェンスカ、女流界隈がブレイクスルーをもたらすのか…というと、多様性の一つではあるものの、それだけではどうにもならないでしょう。

過去の埋没コンテンツの発掘&電子書籍化とか、そういうのもひっくるめて考えるとやっぱり関係しているところ全部で1つ箱を作って・・・とか思うんですけど、難しいんですかね。

ここからの連盟理事、会長の責任は重い…わけじゃないですが(今までも重いですが)、シンプルにすげー大変そうだなと思いました。

僕がこれまで関わってたコンサルだったら、フェイドアウトする局面ですね。。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐藤慎一 藤田綾 棋聖戦

伊奈川愛菓への称賛と崇拝 「将棋棋士人狼」第2弾@ニコ生

いやー面白かったですね…。以下、多分にネタバレを含みますのでタイムシフト視聴の方はご注意ください。

【将棋電王戦記念】将棋棋士の人狼2~伝説の企画再び~を観ました。

参加棋士は以下のとおり。

中田功七段、村中秀史六段、大平武洋五段、及川拓馬五段、伊藤真吾四段、門倉啓太四段、藤田綾女流初段、
安食総子女流初段、井道千尋女流初段、貞升南女流初段、伊奈川愛菓女流1級

いやー面白かったですよ…。

まず前回登場メンバーは前回の流れをくむ感じでした。鋭さでいうと中田功七段、村中秀史六段の二人は群を抜いていました。女子陣では藤田綾さんは狼になった時の牙の切れ味が素晴らしい。安食総子さんの市民になった時の女の感的狼検知能力が凄いw

門倉啓太プロと及川拓馬プロは善良ですがやや女性陣の強さに比べると頼りないかな?w 特に門倉啓太プロが人狼になった時の言動がおかしかったですね。あれは絶対に浮気しちゃ駄目なタイプです。すぐに彼女・奥さんにバレますねw

意外に良かったのが大平武洋プロ。普段の寡黙さが上手く活かされていたというか、浮ついたところがないので読みにくかったですね。様子のおかしさから読まれることもなければ、論理矛盾がでないので大丈夫、という。

伊藤真吾さんは普段のスベリ芸のせいか、安定の初日吊られが素敵でした。初手▲7六イトシンというコメントが画面に流れて噴きましたwww

女性陣では井道千尋さんが言動の強めなところがやや無駄に狙われるところがあって、ノーマル市民プレイっぽくない感じになったのが敗因でしょう。終わった時の感想でこんなに狙われるんだなってのがありましたが、ちょっと緊張感がキツさに繋がったのであれがなくなると良いのかも?と思いました。

今回のクライマックス・見所はなんといっても貞升南女流初段と伊奈川愛菓女流1級ですね。伊奈川愛菓さんは人狼経験者だけあってゲームを引っ張ります。しかもクールビューティというか冷静な様子で人狼に回っても市民側に回っても素晴らしい。

ニコ生やTwitter上では彼女に対する称賛と、そしてなぜか崇拝の言葉が並びました。私もその1人ですが…一気にファンになりましたね…どういう人なのか、あとでウィキペディアで調べたいと思います。殆ど変態ですね…すいません…。しかし凄く可愛かった、いや美しかったです、世が世なら親子ほどの年齢の差なのに崇め奉りたい!><

…。

まあ、Twitterでほら、ニコ生鑑賞を盛り上げるためにですね、まあ言っただけですけどね…(取り繕い)。

そして第三ゲーム、役職伏せてニコ生視聴者も推理したんですが、このゲームが神展開でした。第二ゲームも神展開でしたが、こちらもすごかった。

このゲームの主役はなんといっても貞升南女流初段ですね。ちょっと通常プレイでのボロボロさが安定の迷走っぷりだったのですが、この人は狂人(多重人格者)プレイが向いてますねーとTwitterに書いていたのですが、その性能が最大限に発揮されました。

こういう、リアル狂人プレイな人っているんですよね。天然狂人。それがぴったりと役柄にはまっていました。最初の読み通りの人狼二名だったのですが、貞升南女流初段の狂人プレイの巧さ?天然さ?で完璧に読みが狂いました。

そして、あの伊奈川愛菓さえも吊るし対象に貶められるという素晴らしい狂人プレイでした。まあ、伊奈川愛菓さんの吊るされる時の、遺言がまた萌えたわけですが…。

中田功さんが完璧にそのコンピュータを狂わされた貞升南さんの狂人プレイは本当に観ものです。第三ゲーム最後の夜は本当になかなかみたことない告白が繰り広げられます。

いやー本当に面白かったです。第三弾も早くみたいです。毎週やらないかな?w


人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)
(2012/05/25)
SCRAP

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 中田功 村中秀史 大平武洋 及川拓馬 伊藤真吾 門倉啓太 藤田綾 安食総子 人狼 伊奈川愛菓