藤井聡太vs菅井竜也が遂に!(観る将棋ファンのための見どころポイント)。



第67期王将戦一次予選の決勝が藤井聡太vs菅井竜也になりました。別山の対局が先日行われて、菅井竜也七段が山崎隆之八段を破って実現。
https://www.shogi.or.jp/match/oushou/67/itizi.html


藤井聡太さんの対戦相手としてまだ見てないなかで一番みたいのは久保さんか菅井さんでした。やっぱり対抗形で振り飛車の大御所との対局を見てみたかった。遂に実現、うれしいですね。
(本当は竜王戦の挑戦者決定トーナメントでも…ブツブツ)。

将棋とはどういうゲームなのか?というと、よく言うのは序盤中盤終盤、みたいな感じですが、悪手を指してはいけない前半戦と正確に指さなければいけない後半戦、みたいなイメージが私個人としては、あります。前半戦は割と自由に出来る。相手の体勢を崩すことができると、後半正しく指すのがとても楽になる。逆に前半で模様を悪くすると後半の選択肢がどんどん限定され、そしてその殆どが悪手になっていく。そんなかんじ。

居飛車と振り飛車による対抗形というのはまさにその序盤戦術、前半部分が重要です。特に現代将棋においては。一言で言うと「居飛車穴熊にさせるかどうか」につきます。これは偉大なる振り飛車党の大御所、藤井猛九段により開発された藤井システム登場の頃からそうです。現代生き残っている振り飛車党は、基本的には「居飛車穴熊にさせない」作戦で戦っています。(一部例外あり。先日の中田功先生のコーヤン流が有名ですね)。

++++++++++++

久保さんも菅井さんも(相)穴熊も上手ですが、基本的にはイビアナに組ませない作戦を採っている気がします。居飛車側は速攻をせざるを得ないというか、誘いのスキというか序盤で具体的にポイントを稼げるような手順を見せられるとその順に乗りたくなる。居飛車側に与えられる選択肢は大きくわけて二通り。

「玉はちょっと薄いけど序盤でポイントを上げられそうな展開」か「穴熊に囲えるけど駒組み段階でかなり振り飛車の主張を通す展開」のどちらか。

プロの場合は持ち時間が長いのと微差の得を維持拡大していく技術があるので特に主導権を握れる先手番の場合は、前者を選択することが多いような気がするが、アマチュアの場合は基本的にはなんでも居飛車穴熊を目指すほうが良いと思う。

振り飛車の美濃囲いは手数がかからない割に堅く、手がつくと早いという弱点はあるものの、攻略ポイントが明白故にある程度指しなれた人であればとん死を食らうことは無いし、通常は急戦調の居飛車よりも一路玉が深いのが大きい。

居飛車は序盤で多少ポイントを稼ぐことが出来るが玉が兎に角薄いので数手の緩手でひっくり返ってしまう懸念がある。羽生世代や行方先生、木村先生あたりはそれでもどうにかしてしまう印象があるが、久保・菅井という現時点最強振り飛車党の二人を相手にして果たしてどのぐらいの居飛車党が勝てるのか。

藤井聡太四段の対振り飛車戦略は正直言ってそこまで洗練された印象を受けない。急戦でも持久戦でも中盤ぐらいで少し作戦負けかな?という状況になっていることが多いように思う。振り飛車党はスペシャリスト故に想定手順の引き出しが多いというのもその原因の一つだけれども。

++++++++++++

恐らく先手がどちらであっても菅井竜也七段が作戦勝ちするんじゃないか?というのが私の個人的な予想です。菅井竜也七段が序盤中盤で作戦勝ちし、しかもあまり時間を使わない。藤井聡太さんは悩ましい局面では時間をしっかり使うタイプなので終盤で30分以上持ち時間の差が出来ていても不思議ではないのかなと。

菅井竜也さんの中終盤は割りと独特なものがあり、片銀冠や左美濃の攻略方法を知り尽くしている感じがありますし、びびって一気に行きそうなところでじっとと金を作りに行く手順を選ぶような胆力もある。

私は居飛車党ですし、藤井聡太さん応援ではあるものの、ここはそれなりに厳しい戦いになるのではないか?と見ています。逆にいうとここでの戦いぶりが今期の成績を占うと言っても過言ではないというか。(あとはこの前の佐々木勇気の横歩取り誘導のような展開に対する用意、でしょうか)。

++++++++++++

あの渡辺明竜王いうところのちょっと損な左美濃なのか、あるいは居飛車党全般的に大変な急戦調なのか、あるいは居飛車穴熊なのか。藤井聡太さんがどういう囲いで戦うのか?に注目するのがまずは序盤の鑑賞ポイントと思います。

関連するタグ 藤井聡太

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

今見えている、藤井聡太さんの対局予定。(2017年7月13日時点版)

個人的な備忘録としてまとめておきます。また進捗あれば都度更新していきます。

第7期加古川青流戦:ベスト8(次、高野or甲斐or井出)

レーティング的には誰が出てきてもベスト4進出しそうでしょうか。


第2回 上州YAMADAチャレンジ杯:ベスト8(次、三枚堂or梶浦)

三枚堂勝ち上がりか。ここは好勝負。


第48期新人王戦:ベスト8(次、佐々木大)

ここもベスト4進出の可能性が高い?


第67回NHK杯戦:一回戦突破(次、森内)

レーティング的には好勝負。早指し戦ということで戦型次第でしょうか。大きく作戦負けしなければ若者有利?


第11回朝日杯将棋オープン戦:第12ブロック一回戦突破(次、大石)

大石さんは割りとムラッ気のあるタイプなのと早指し戦なので好勝負でしょうか。(R点的には藤井聡太さんが上ではあるものの)。


第67期王将戦:一次予選、第7ブロック決勝(次、菅井or山崎)

ここはどっちが出てきても好勝負だし楽しい将棋になりそうですね。


第43期棋王戦:挑決T未対局(次、豊島)

ザ・A級、非公式戦での勝利もあり現在の棋界ベスト3クラスの実力者。豊島プロとの対戦内容である程度藤井聡太さんの実力が見えてくるはずです。


第3期叡王戦:段位予選ベスト4(次、上村or今泉or佐々木大or大橋or星野)

ここも誰が出てきてもR点的には藤井聡太さんが勝ち抜く可能性が高いでしょうか。
個人的には今泉or星野戦が見てみたいです。

まだアップされていませんが、棋聖戦と銀河戦の予選が始まる/始まったようです。
以下の対局がスポーツ新聞で示されていたとの情報をいただきました。

7月24日 棋聖戦 西川七段、勝てば阪口五段
7月27日 銀河戦 平藤七段

以上です。。

関連するタグ 藤井聡太

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

藤井聡太にだけみえている世界

加古川青流戦 ▲都成竜馬vs△藤井聡太

昨日の藤井聡太さんの将棋は凄かった。序盤から先手の都成竜馬四段がうまく指しているように見え、おまけに玉の堅さが違うので普通に考えれば先手が勝ちやすいとおもう。

ただ、時間の使い方にケレン味のない藤井聡太さんとしては、相手よりも時間を残しており、本譜の展開でやれる、あるいはそこまで酷くはないとみていた可能性が高い。

普通の読みでは、桂馬の跳ね違いから33の地点でバラバラにされては先後の玉の堅さが違いすぎるので駄目、とみるように思うが、藤井聡太四段は(なんとか)受け止めきれると考えていたようだ。バラした76手目、△33玉の局面では先手は歩切れのうえに後手の三歩得なので先手の手番で良い手がないと確かに難しいのかもしれない。争点は三筋しかないのでそこをめぐるやりとりを経ての90手目、△15歩と藤井聡太四段が突き捨てる。同歩と取った時点で駒割りは後手の桂馬得。

味付けしてから後手は玉を引く。いかにも角に出てきて下さい、という誘いの手だったのか苦戦して仕方なかったのか。24に角が出る形が味が良すぎるので流石に先手が良さそうと思ったが、ここでもまだ藤井聡太四段は難しいとみていたようだ。(感想戦ではここで具体的に後手がダメになる手順は示されなかったようだが、駄目であってもおかしくはないという藤井聡太四段の感想がある)。

本譜は端の連打から逆襲が始まる。17に歩を垂らすんだな、というのが普通の感覚でプロもそのように解説していた。しかし”桂馬使い”の藤井聡太らしい強手が△25桂馬。この手一発で先手が駄目になった気がする。先手玉が狭すぎる。先手はどこかで飛車を使うために金をスライドしておく手があったかもしれない。それが玉の逃げ道にもなる。ただ金銀が全部玉から離れるのでどの時点であっても読みの本線にはなりにくい。

先手玉を追い込んでからじっと△51玉。銀を補充した手が詰めろだ。この辺では勝負あった。

棋譜中継だけしか観ていなかったが、abemaTVでの勝又藤森コンビの解説が好評だったようだ。リアルタイムの早指し将棋を解説するというのは手の見え方を試されているようなところもあるので難しいと思う。NHK杯などでも羽生さんが解説のときは本当によく見えているなあと思うし、この先生、そういうリスク取りたくないからぼやっとした解説だなあと思うこともある。

そういう意味では面白さを優先させた臨場感のある解説だったようだ。今後もどの棋士の解説においても同様のノリを期待したい。

今朝ほど、勝又先生がつぶやかれていたツイートがこちら。





18歩と叩かれてから52歩というのは相当に指しにくい手順(流れを意識する人間には多分無理)なので、恐らくは指すのであれば33歩成の時点だったと思うが、都成竜馬四段の感想戦でのコメントではそれも当然読んでいたが気になる手順があったようだ。

それにしても。前述の棋士お二人の解説の臨場感を示すツイートを紹介すると。




まさに相手が悪かった。ここ直近8戦、都成竜馬四段の成績を並べると3敗が藤井聡太戦で他の5個は勝っているという。

終盤の忙しい局面、一分将棋なのにお茶を飲んでいる。この先の展開が全て見えている。余裕を示したというわけではなく、ごく自然に振る舞ってくれるおかげで、その所作振る舞いから、我々凡人は、彼にだけ見えている世界があることを知るのだった。

以下、最後に我が子と将棋の近況を示すエピソードで〆ます。




関連するタグ 藤井聡太

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

藤井聡太ブームで終わらせない為の日本将棋連盟のやるべきこと?

仰々しいタイトルを付けましたがノープランです…。

以下、勝手に私がやってほしいなと思っていること。

1.藤井聡太グッズの受注販売&毎月発売
転売対策にはこれが一番です。扇子は毎月、グッズは適当に。デアゴスティーニ方式で週刊藤井聡太、全巻そろうと藤井聡太等身大フィギュアが完成!とかでもいいですね(良くない

「将棋連盟公認、藤井聡太版入門将棋セット」みたいなものを作って売るのもアリと思います。盤駒(進み方が分かる駒)、簡単な本、藤井聡太写真とか揮毫とか入ってるやつ。全国の小学校に寄贈するためのクラウドファンディングとかやってみるとか。

…と思ったらジグソーパズル発売ですか。斜め上というか昭和っぽいですがいいですねw


2.藤井聡太
本人が一切でてこないのに、藤井聡太杯とか銘打ってやる。勿論参加費を取る。場所はどこかのIT企業の広いところで。ビデオコメントぐらいは藤井聡太さんにお願いする。優勝者は藤井聡太さんと記念対局できる。一緒に写真撮影も。


3.藤井聡太パブリックビューイング
これも参加費取る。毎対局どこかの会場借りてやる。お酒も飲みながらやりたいですね。
…と思ったら、毎回大盤解説会をやってますね、大手町で。素晴らしいと思います。ただ飲めないので私は行きませんが。


4.中部将棋会館の建立(こんりゅう)
東西の将棋会館の老朽化や建て替えについてはずっと議論が続いていましたが、やはり規制の問題などもあり、建て替えると今より容積小さくなるっぽいんですよね。となると、やはりどこかに建て増しするしか無いのですが、藤井聡太ブームにのってここは名古屋一択かなと。中部将棋会館しかないだろうと。そう思いました。中部将棋会館の一番のメリットは、やはり東西どちらからも1.5時間ぐらいで到着すること。


5.藤井聡太の銅像建立(こんりゅう)
まだ生きてますけど。銅像ってこんりゅうっていうのか知りませんけど。もうあの慰安婦の像みたいにドンドン立てていきましょう。百勝ごとにクラウドファンディングやって立てよう。


6.名古屋に将棋のテーマパークを設立。
最初からずっと真面目に書いてますよ?名古屋は政令指定都市ランキングで常に最下位を走る、六大学野球でいうところの東大みたいな存在(どちらにも失礼すぎる…。
なのでここは藤井聡太にあやかって将棋テーマパークを作るんです。将棋の場合、選手寿命が長いので今作れば五十年ぐらいはうまく勝ちまくってくれるので大丈夫。なんなら私、収支計算書つくりますけど?

テーマパーク内に中部将棋会館を併設すれば、動物園よろしくいつでもプロ棋士が指す姿を眺めることができますね。楽しげですね。それでは集中できない!ということであればマジックミラーにして完全防音にしましょう。上野動物園のアイアイの森がそんな感じになってますね。


と全部冗談ですが本気です。藤井聡太さんのお陰で愛知由来のタイトル戦と中部将棋会館、出来ないかなあ?

関連するタグ 藤井聡太

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

藤井聡太、ついに敗れる。(佐々木勇気、完勝)

んーこれは仕方ない。仕方ないし、長い目でみれば将棋界全体にとっても佐々木勇気にとっても、そして藤井聡太にとってもよい勝負だったように思う。

佐々木勇気が先手を得て、瞑想ののちに▲26歩と相掛かりを志向。後手も追従するが序盤の細かい手順がちょっと怪しい。なんというか普通の相掛かりではないことは分かる。特に意表の玉上がり▲68玉。

暫く進んで判明したのは、お互いに横歩を取るしか無い状況になっていた、ということ。そのための、金に紐をつける意味での68玉だったんだ。

序盤から用意のある佐々木勇気と、その用意が何なのかどういう展開が待っているのかを必死に読む藤井聡太。

佐々木勇気はこの対局が確定する前から、来ることに備えて実際の対局場に訪れ滞在し、肌で藤井聡太の将棋を感じていた。棋譜や中継からでは分からないプロ棋士もしかするとトッププロだけにわかる間合いは呼吸のようなものを五感を総動員し、第六感も駆り出して藤井聡太の将棋を感じ取っていた。

元々、藤井聡太が現れる前の天才といえば増田康宏であり佐々木勇気だった。二人共中学生プロの可能性があり期待され、しかし少しだけ遅れてプロになった。その後も活躍を期待されていたし今でもされているし、徐々に頭角を表し始めている。でもこの成績では、この棋士の才能を考えると物足りない、そういう成績だった。

増田康宏の師匠の森下卓は辛口で知られる。特にその才能に関する表現は辛辣にして正確を極める。その師匠が手放しに賞賛する増田康宏の才能。深浦康市ほどの努力をしていれば今頃竜王だったはずだ、という師匠の表現に増田康宏への期待を伺わせる。

佐々木勇気の師匠の石田和雄も同様に手塩にかけて育てた佐々木勇気の才能を愛する。石田和雄の場合は才能というよりも佐々木勇気という人間そのものを愛しているようにも見える。目に入れても痛くないという表現がふさわしい溺愛ぶりだ。

佐々木勇気はイケメンだが天衣無縫、天真爛漫という四文字熟語がぴったりな、天才かつ天然のプロ棋士。小学4年で小学生名人になるなどその才能に間違いはなく、世代トップの棋士であり、その世代は佐々木勇気世代と呼ばれるにふさわしい存在だ。年下との対戦となると普通はやりにくさを感じるところだが、佐々木勇気はその性格ゆえに気負いすぎないようにするどころか、気負いすぎることでむしろその状況を見えなくしたのではないか。

ここから一生続く戦いのなかで、この一局は単なる一局ではないことを理解し全力で万全の準備で勝負に臨んでいた。この一局で得たものは単なる一勝ではなく、佐々木勇気という一人の天才がついにその本領を発揮する第一歩のようにも見える。

藤井聡太にしても、29勝という歴代新記録を樹立し、8つも年上の実力者の先手番の用意に、全力を尽くして立ち向かい、負けるにしても最後までその才能を感じさせる指し回しだった。負けてもなお、ケレン味のない時間の使い方の上手さや、対局後の会見での精神年齢の高さを見せた。

いつか連勝は途切れる。しかしどこでどのように途切れるか?というのは重要で、ここで止まったのはむしろ良かった。佐々木勇気という大天才が完璧な準備と指し回しで止めたということに意味がある。

藤井聡太はこれからも実力を発揮し続けるだろう。次からの数戦、まだ大記録の余韻のようなものが本人には無くともメディアには残っているかもしれないが、それを気にせず実力を発揮して欲しいと思う。

以下、当日朝に終わったアンケート結果。

一票差?で佐々木勇気の勝利が予想されていた。このアンケートは3日間行ったが、面白かったのが序盤は藤井聡太がリードし、徐々に佐々木勇気が追いつき最後の数分で追い越したこと。観る将棋ファンの目利き力を感じたアンケートだった。

関連するタグ 藤井聡太 佐々木勇気

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク