今日の見所 1/19(金)

1月19日(金曜日)の注目対局は以下の通りです。

順位戦C級2組 矢倉規広vs藤井聡太
矢倉規広 10勝10敗 先勝率0.600 後勝率0.444。
藤井聡太 45勝11敗 先勝率0.818 後勝率0.794。
今年、黒星でのスタートの藤井だが、昨年の成績だけ見れば藤井の優勢は変わらないか。レーティングでも藤井が格段に高い。どうか全勝キープして昇級に一歩近づいて欲しい(私の願望ですがw)

王位戦 予選 野月浩貴vs佐々木勇気
野月浩貴 13勝5敗 先勝率1.000 後勝率0.636。
佐々木勇気 22勝11敗 先勝率0.667 後勝率0.706。
現在、8連勝中の野月。レーティングでは佐々木の方が高いが、B1昇級を決めるなど、勢いで野月が勝利でもおかしくはない。どちらも攻め将棋。野月先手での相掛りをみてみたい。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 矢倉規広 藤井聡太 野月浩貴 佐々木勇気

今日の見所 1/14(日)

1月14日(日曜日)の注目対局は以下の通りです。

朝日杯将棋オープン戦 二次予選 佐藤天彦vs永瀬拓矢
佐藤天彦 14勝15敗 先勝率0.462 後勝率0.500。
永瀬拓矢 32勝8敗 先勝率0.941 後勝率0.727。
昨年、絶好調だった永瀬だが、佐藤には過去1勝2敗、昨年い絞っては1勝1敗の5分である。
昨年の成績だけでは永瀬が優勢だが、相性で佐藤の勝利があるか。

朝日杯将棋オープン戦 二次予選 澤田真吾vs藤井聡太
澤田真吾 19勝9敗 先勝率0.833 後勝率0.533。
藤井聡太 44勝10敗 先勝率0.850 後勝率0.794。
昨年、好調だった両者の対戦。昨年両者は2戦して藤井が2勝している。
今回も藤井優勢か。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 澤田真吾 藤井聡太 佐藤天彦 永瀬拓矢

今日の見所 1/11(木)

1月11日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

竜王戦5組 中田功vs藤井聡太
中田功 9勝11敗 先勝率0.583 後勝率0.286。
藤井聡太 44勝10敗 先勝率0.850 後勝率0.794。
昨年の成績、レーティングでは圧倒的に藤井がリード。藤井有利は変わらずか。

叡王戦 本戦 渡辺明vs高見泰地
渡辺明 15勝18敗 先勝率0.625 後勝率0.250。
高見泰地 27勝9敗 先勝率0.688 後勝率0.800。
昨年の成績では高見が圧倒的に好調だったが、過去の成績では渡辺が勝利している。
レーティングでもやや渡辺がリード。渡辺勝利あるか。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 中田功 藤井聡太 渡辺明 高見泰地

今日の見所 12/28(木)

12月28日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

王座戦 一次予選 豊川孝弘vs藤井聡太

豊川孝弘 8勝10敗 先勝率0.625 後勝率0.222。
藤井聡太 44勝9敗 先勝率0.895 後勝率0.794。
現在4連敗の豊川。対する藤井は3連勝中。
今期の成績やレーティングとかを総合すると藤井の方が固いか。

竜王戦1組 稲葉陽vs阿部健治郎

稲葉陽 17勝16敗 先勝率0.444 後勝率0.542。
阿部健治郎 13勝10敗 先勝率0.400 後勝率0.667。
今期似たような成績の両者。過去の対戦では稲葉が4連勝と得意にしている。
今回も稲葉有利は変わらないか。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 豊川孝弘 藤井聡太 稲葉陽 阿部健治郎

穴熊退治のお手本 ▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

午前中に屋敷伸之九段の急戦矢倉を後手番でうまく反撃して破り、公式戦での対A級の初勝利を飾った藤井聡太四段。もちろん非公式戦での成績をみる限り時間の問題とは思っていたが、本番と非公式戦では意味合いが違ってくる。本人もホッとしたところはあったのではないか。

そして迎えたのが実力者松尾歩八段。

▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

またもや藤井聡太が後手番となり、矢倉模様のオープニングから松尾歩八段が飛車を振った。意味合いとしては、後手からの急戦を回避しつつ、実戦的に勝ちやすい穴熊に囲い、対振り飛車であまり性能のよくない囲いを用いる印象のある藤井聡太の持久戦調の将棋にしようということだろうか。

先手の一手分の得をそういう実利に回した印象がある。

お互いに角を捌きあった局面では厳密には棋理としては居飛車側が良さそうな雰囲気はあったが、そうは言っても相手は松尾八段でしかも穴熊。香車で竜を追われると、馬が働いてくるのでどうするのか?と見ていると自陣に引きつけて角と交換になった手で金を引き締め、先手の馬がやや空振る格好となった。そして絶妙なタイミングでの端歩。対抗形におけるこの端歩のタイミングがいつも絶妙で、中盤から終盤への切り替えが見事な一局でした。


それにしても。繰り返しになりますが、あの薄い陣形から互角に捌き合って桂馬三連発で一気に寄せるとは…。一気に寄せ形にもっていくスピード感はまさに将棋界のステフィン・カリーと呼びたい感じ。シュート体勢の作り方、遠くからでも入れてくる終盤力、まさにステフィン・カリーみたいじゃない?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 松尾歩 屋敷伸之