藤井聡太、50勝! (▲平藤眞吾七段-△藤井聡太四段)

いやー危ない時間が長かったですが、中盤からのスピード感がすごかったですね。これで通算50勝6敗(0.8929)、今年度の成績で40勝6敗(0.8696)となりました。中原先生のもつ年度の最高勝率を更新することへの期待も高まってきましたね!

序盤は後手藤井聡太の早繰り銀ぽい出だしでしたが、先手に機敏に動かれ、44手目にせっかく切った8筋の歩を低く△84歩と打たされた局面では後手が面白くないと思います。

先手が自然に後手の駒を圧迫していったように見えましたが、細かな手損というか手数を費やした手順に対して、それほどの戦果が上がらず、後手の8筋の歩が伸びてきたあたりでは後手もやれるように見えてきました。

後手が8筋を突き捨てて、△44角と後手が打った局面では後手がもしかして良いのか?とすら思ったのですが、88手目に銀交換した持ち駒を△33銀と投入した時点では後手からの攻めの材料がないのでやはり先手ペースが続いているかもしれません。

ただ、苦しい局面で暴発せずに、勝負どころはまだ先であるとしてここに銀を投入できる胆力がやはり中学生とは思えない老獪さです。その流れで指された104手目の△31歩も絶対に負けたくないという気持ちがこもった手に見えました。

お互いに局面をリードする手が指せないなかで遂に後手にチャンスが回ってきたのが106手目△63金。先手は何をとっても後手の駒が働く展開となりました。

遡って101手目では▲64角ではなく、▲79角と後手の五月蝿そうな53にいる攻めごまの銀を責める手がよかったようです。どの程度の形勢の差だったのか分かりませんが、少なくとも先手がしばらくの間リードしていたのと、そこから後手の藤井聡太さんが追いついて捕まえにいってそのままぶっ千切るまでのスピード感に、やはり恐ろしい才能を感じたのとともに、デビューからみて確実に成長しているし、ここからもまだまだ伸びていくかと思うとまさに「末恐ろしくて既に恐ろしい」天才だなあと。

今期ということでいうと、まだ3ヶ月以上残しており、銀河戦の本戦トーナメントがパラマスで残っており、放映日ベースでカウントされるとすればおそらくあと6・7個積み上がる計算です。最高勝率の更新も楽しみですが勝ち星を積み上げつつの更新というのを是非期待したいものです。

銀河戦・叡王戦、朝日杯、このへんでどの程度荒稼ぎできるか?NHK杯も含めて、今期-来期前半での初めての棋戦優勝のチャンスもまだ残ってますね。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 平藤眞吾

王将戦挑戦者は?藤井聡太連勝続くか? 今日の見所(17/11/20火曜)

今日は久しぶりに藤井聡太さんの対局がありますね!平藤さんとは何局目だろう?

王座戦 一次予選 平藤真吾 藤井聡太

平藤さんの軽快な将棋に藤井聡太さんが翻弄されないことを祈りましょう…。

王将戦 挑決リーグはこれが最終戦でしょうか?

王将戦 挑決リーグ 渡辺明 佐藤天彦
王将戦 挑決リーグ 郷田真隆 斎藤慎太郎
王将戦 挑決リーグ 深浦康市 豊島将之

豊島さんは勝てば挑戦決定。豊島さんが負けて斎藤慎太郎が勝つと3人で決定戦やるのかな?斎藤慎太郎さんが負けると深浦さんと二人で決定戦??その辺は棋譜解説コメントで出てくるでしょう…。

ちょっと豊島さんの調子が落ちているような気がするので、そして深浦さんの前回のA級での対戦ではかなり押していたので、あの将棋を前提としたやり取りになる気がします。誰が挑戦者になっても奪取確率が50%以上はあると思うので本当にワクワクします。ここは斎藤慎太郎さんがまさかの逆転挑戦からの奪取で、豊島将之さんが悲運の実力者の称号を森内俊之永世名人から譲り受ける展開まであるのではないでしょうかw


朝日杯はこのカード。
朝日杯将棋オープン戦 一次予選 飯島栄治 三枚堂達也
朝日杯将棋オープン戦 一次予選 渡辺大夢 佐々木大地

三枚堂さんは去年一次予選抜けしてます。早指し戦での成績がよく、去年の覇者が八代さんということで若手は気合が入っていると思います。どちらも、かなりの激戦が期待されます。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 斎藤慎太郎 豊島将之

昨日のC2の感想。一敗勢が5名に減少。

C級2組は6回戦までの結果が出揃った。一敗勢に動きがあった。一敗をキープしたのが高野、伊藤真、佐々木大の三人、二敗目を喫したのが大橋と三枚堂、そして一敗対決だった渡辺大と順位が良い三人。一敗キープであれば昇級可能性が高かったので、痛い敗戦。


高野 智史四段(5勝1敗)○-●中田 功七段(2勝4敗)
伊藤 真吾五段(5勝1敗)○-●島本 亮五段(1勝5敗)
石田 直裕五段(4勝2敗)○-●大橋 貴洸四段(4勝2敗)
及川 拓馬六段(2勝4敗)○-●三枚堂 達也五段(4勝2敗)
渡辺 大夢五段(4勝2敗)●-○佐々木 大地四段(5勝1敗)


以下上位陣の並び。
【6勝0敗】増田(5)、藤井聡(45)、今泉(47)
【5勝1敗】高野智(13)、伊藤(14)、牧野(17)、大平(39)、佐々大(48)
【4勝2敗】都成(3)、三枚堂(6)、石井(7)、高見(9)

順位一桁の二敗勢までにギリギリチャンスがあるか。増田は一敗でも上がれそう。藤井聡太と今泉は順位は悪いのだが今日の結果一敗勢で2人よりも順位が上のメンツが4人に減ったので、一敗で上がれる可能性も出てきたかもしれない。

藤井聡太は高野智史との直接対決、今泉も牧野との直接対決を控えており、ここを叩くと2人が協力し合う形で楽になる。

一敗勢の大平は安定タイプではないのと後半に強いメンツが控えてるので一敗キープでゴールするイメージが湧きにくい。伊藤真は8、9回戦連勝ならば一敗キープもありえる。

藤井聡太の最終戦が鬼勝負であることは未だ変わりない。

Tag : 藤井聡太

11/5時点のレーティング。藤井聡太は第何位??

http://shogidata.info/list/rateranking.html

こちらを参考に。

将棋棋士レーティング 最終更新日 : 2017年11月6日 ( 2017年11月5日 対局分まで適用済み)
年齢 順位戦

1 豊島将之 八段 1903 27 A
2 佐藤天彦 名人 1840 29 名人

3 永瀬拓矢 六段 1827 25 C1
4 菅井竜也 王位 1812 25 B1
5 久保利明 王将 1795 42 A
6 羽生善治 棋聖 1785 47 A

7 稲葉陽 八段 1783 29 A
8 斎藤慎太郎 七段 1783 24 B1
9 渡辺明 竜王 1778 33 A

10 糸谷哲郎 八段 1775 29 B1
11 阿久津主税 八段 1772 35 B1
12 広瀬章人 八段 1763 30 A
13 中村太地 王座 1760 29 B2
14 山崎隆之 八段 1760 36 B1
15 三浦弘行 九段 1754 43 A
16 千田翔太 六段 1751 23 C1
17 藤井聡太 四段 1745 15 C2


太字がタイトルホルダー…と藤井聡太さんです。



豊島さんが遂に1900点に到達していますね。1800点台が3名、「1800未満-1750点以上」が12名います。阿久津さん以外は全員「タイトル戦経験者」でしょうか。そう考えるとレーティングが実績を反映しているといえると思いました。

藤井聡太さんが関西所属なのでここからのタイトル戦線は挑戦手前での豊島将之vs藤井聡太、というのが多くなりそうな気がします。最近の豊島将之さんは手がつけられない強さで、このベスト10位ぐらいまでを相手にしても圧勝しています。逆にいうとそういう相手とよい所で真剣勝負を迎えられる藤井聡太さんにとっては、うってつけの成長の機会と言えましょう。

藤井聡太さんはあと100点ぐらいでトップ3に躍り出るわけですが、下手すれば今期中に実現するかも。それには対トッププロ相手に「炎の七番勝負」ぐらいの勝ち越しを見せる必要がありますが…それでも楽しみですね。

藤井聡太(amazon検索結果)

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太

将棋世界17年12月号の感想。

この感想を書くのもかなり久しぶりですね…。引用部分は目次から得た情報です。




●巻頭カラー
・ドキュメント 中村太地新王座誕生「潤む瞳 戴冠者の等身」構成/北野新太


これはですね、北野新太ということでわかると思いますが、泣かせにきていますw
羽生善治という鬼強い棋士とタイトル戦で戦い、それを勝つことの大変さが先月号の菅井竜也さんの記事と合わせて読むとよくわかります。。

・第30期竜王戦七番勝負第1局 【渡辺明竜王vs羽生善治棋聖】記/大川慎太郎


これは安定の大川記者。


●読み物
・特別対談 久保利明王将×菅井竜也王位 「振り飛車に限界はない」


振り飛車党必見。2点、「久保さんからみた菅井さんの新作戦」「菅井さんがいうところの序盤とソフト」に関する内容が興味深い。


・第30期竜王戦七番勝負展望「3度目の黄金カード」


この展望、なかなかよい分析だったのが開幕してみてよくわかります。ので今から後半戦を占う意味で必読かと。


●戦術特集 角交換四間飛車ABC ~受け身から攻撃志向へ~
1)レオ先生が教える角交換四間飛車 【解説】黒沢怜生五段
2)角交換四間飛車基本講座 【講師】西田拓也四段
3)かりんの振り飛車WATCH「攻め方いろいろ 角交換四間飛車」
【生徒】伊藤かりん(乃木坂46)【講師】戸辺誠七段
●付録「すぐに指せる! 角交換四間飛車」杉本和陽四段


最近のアマチュア、角交換振り飛車の出現率が3-5割あると思うのでどっちを持つにしても勉強になりますね。

●連載読み物・講座
・ドキュメント 神を追いつめた少年 ~藤井聡太の夢~
第5章「駆け抜けた奨励会」【記】大崎善生


これ、本当にはやく書籍化しないでしょうか?毎回面白すぎて鳥肌が立つか涙ぐんでいますw
今回は奨励会最終戦の相手を務めたあの方が登場です。


将棋世界(amazon検索結果)

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 中村太地 羽生善治 渡辺明 藤井聡太