誕生日で抜け番。第72期B級1組順位戦

タイトルは仮です。阿久津さんが誕生日のため抜け番でした。(たまたまです)。

削がれた更新意欲を、ゆるい更新でしのぐ。老人が酔拳で戦う、という感じですね。

この前、youtubeでジャッキーチェンの昔の何とか拳ってのをたくさん見ました。なんとなくアガりましたのでお勧めします。

たぶん、出社前にジャッキーと一緒に蛇拳とか、酔拳とかやってから会社に行ったら、気分よく出勤できると思います。・・・その勢いで上司を殴らないようにしてくださいねw

さて、あっ君こと阿久津さん、あつくつさんこと、阿久津さんの前髪ですが、たぶん今、過去最高にカッコいいと思います。そうなんです、もともとイケメンだし、おでこが広いのは禿たのではなく、もともと広いんですよ。

広い人は短い前髪、これです。山崎隆之プロがいい例ですね。決して髪の毛は多くない。おでこもなんとなく広そう。しかし禿ないタイプ。で、あの髪型です。美容室に行ったら、「分けなくていい程度の長さに」っていえばいいんですよ。それで大体は解決します。

前髪はどうしますか?って聞かれたら「何もつけずにおろしてても自然になるように」って答えるんです。あとは、もう天気の話でもしてれば完成です。切ったあとに何かつけますか?って言われたら、「今日はこのままでいいです」って答えるんです。どうせ、美容師がやったスタイリングなんて後で再現できないんですから。

そして、これで阿久津さんの結婚は間違いないですね。もともとのイケメンが最強の髪型を手に入れた。いわば猛烈な攻め将棋の中村太地が振り飛車党から居飛車党に転向したようなもんですよ。。

・・・このまま阿久津さんの前髪談議だけでブログ一つ別に建てられる(タイトルはあっ君の前髪)ぐらいには語るつもりですけど、そろそろ怒られそうなので、以下感想を簡単に書きますね。

お昼時点、夕方時点、終局後、という感じになると思います。例によってその時間帯の私の気分と、湿度、温度、によって分量は変わります。蕎麦打ちと一緒ですね…。

今、お昼時。

藤井vsハッシーは藤井先生の例の形。どちらにどういう工夫が出るのか?に注目。ただ私はこの角交換振り飛車は全然歓迎なのでどういう作戦が取られてもOK。この形というか角交換型で急戦調の含みがなくて・・・っていう作戦は居飛車党にとってはそんなに脅威じゃない気がするんだけどなあ…。

アマがやるなら、断然4→3とかの石田流系かごきげんでしょうね。(ゴキゲンの超速はアマ一定レベル以下の大部分の人にはそれほど勝ちやすい戦型ではないとおもう)。

畠山鎮vs鈴木大も角交換振り飛車ですね。

山崎vs木村一戦は先手の相掛かり。最近そういえば将棋ウォーズで相掛かり調が増えてきた気がします。理由は私がどっちをもってもやるから、というだけなんですがw

山崎流の角道をあけるのをなるべく後回しにする指し方は、意外に悪くないですよ。是非お試しください。少なくともひねり飛車よりは居飛車党に向いてる気がします。

丸山飯塚はノーマル角換わり腰掛銀っぽいです。スペシャリストの丸山さん相手に、穴熊の作戦が出るか?&先日のダニーのような打開になるのか?に注目です。

みっちーvsとよぴーは、横歩取り。とよぴーにとってはA級で通用するかどうか?の試金石第二弾っていう戦いですね。

松尾広瀬は後手のごきげん中飛車。戦型は超速に銀対抗ですね。私は相当前のブログで超速にはこの銀対抗しかないような気がするなーと書いた覚えがあります。それが主流になる前ですね。だからといって何も偉いわけでもなく、私の棋力があがったわけでもないのですが。耳年増、みたいなやつですね。女の子はみな、耳年増なんです。お勉強してるんです。おニャン子クラブ懐かしいですね。。

お昼休みはとりあえずそんな感じでした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

夕方は、あまり見れませんでした…。

ただ、畠山鎮vs鈴木大介戦の穴熊にしてから銀冠は、後手にそれほど有効な手段がなく、穴熊になることもないので、銀冠最終形として考えている場合に、隙のない駒組みのやり方かもしれないと思いました。

夕方時点で松尾vs広瀬戦は流石に先手が良さそうと思いました。藤井vsハッシーは上手に組み上げるものだな…・と先手については思いましたが、先手の得がどのぐらい残っているのかは不明。角換わり腰掛け銀になった丸山vs飯塚戦は新手・新構想に期待。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして今は朝。結果はというと・・・


高橋 道雄九段(0勝2敗)●-○豊島 将之七段(2勝0敗)
先手の横歩取らずからの中原囲い。これは中押しで後手の圧勝でした。

畠山 鎮七段(2勝0敗)○-●鈴木 大介八段(0勝2敗)
これは夕食休憩時点の構想が面白いなと思いましたが、そこからが大激戦。馬を作った先手が良さを保ってそのままゴール。先手玉がよく動く?働く?将棋でした。

丸山 忠久九段(1勝1敗)○-●飯塚 祐紀七段(0勝2敗)
後手が相当攻めました。飯塚さんらしい攻め。しかし後手の攻めがさっぱりしたところでは、先手良し。馬で飛車をとって自陣に引きつけたところでは流石に先手が良くなっていたが、その手前では後手にも他にやりようがあるかもしれない・・・と思いました。

松尾 歩七段(2勝0敗)○-●広瀬 章人七段(1勝1敗)
これもプロレベルでは先手が良さを保って危なげなくゴールした感じでしょうね。ちょっと悩める天才は長くなりそうですなあ…。

山崎 隆之七段(1勝1敗)●-○木村 一基八段(1勝0敗)
これは不思議な力戦だった。先手が良さそうな局面から後手の桂馬が歩の餌食になる前に大仕事をしたところでは後手勝勢になっていた。山崎さんにとっては残念な将棋だろう。

橋本 崇載八段(1勝1敗)●-○藤井 猛九段(1勝1敗)
千日手指し直しからの先後入れ替えでまた角交換四間飛車。しかしこれは藤井プロの経験値が生きた戦いのような気がしました。というか、ハッシー不出来な戦いでは?

結果は松尾、畠山鎮、豊島が連勝スタート。連敗スタートは高橋、鈴木、飯塚。





勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。


関連するタグ 橋本崇載 藤井猛 松尾歩 広瀬章人 丸山忠久 飯塚祐紀 畠山鎮 鈴木大介 高橋道雄 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

遂に順位戦開幕! 第72期B級1組順位戦

B級1組1回戦が最初に行われました。結果は以下のとおり。


△高橋 道雄九段-▲広瀬 章人七段・・・広瀬勝ち。
後手番では横歩取り、というみっちーのいつものパターン。に大平先生も注目する形へと進む。前期A級で久しぶりに渡辺明が用いて終盤勝ちになっていた形。

これが空中戦らしい激しい応酬で、最終盤残り13分。先手玉に詰みがあったが高橋が寄せを誤って負けになった。かなり勿体無いが仕方ないところか。広瀬にとっては大きな一勝になりそう。


▲橋本 崇載八段-△丸山 忠久九段・・・ハッシー勝ち。
今年のハッシーは振り飛車か?居飛車か?という意味で注目していたのだが、振り飛車。しかも端歩一手ついてからのごきげん中飛車。見た目がサラリーマンというかんじで好印象ですが、北浜先生が係長にみえるのに、ハッシーすごくまじめそうにみえるのに、なぜだか少しだけ胡散臭さが抜けない(いい意味で)。やはり池袋が似合います。

ハッシーが中盤で優位を握るとそのまま落ち着いた指し回しで中押し勝ち。ハッシーの筋の良さが存分に発揮された将棋だった。



△山崎 隆之七段-▲阿久津 主税七段・・・山崎勝ち。
後手の山崎王子が、積極的な矢倉中飛車へ。しかし中盤で攻めがひと段落してからは先手阿久津さんのターン。このままいくと先手がよくなりそうな雰囲気。山崎さんもおでこ広いけど髪型が上手。分け目作らなくていい長さに阿久津先生もしたらいいのにな、見た目は整ってるのだから、と思う隣のお姉さん目線w

中盤あたりで先手の阿久津が穴熊に組み替えたのは苦しさを意識してのものだろうか?成り駒の物量作戦で全く穴熊が活きない終盤になっていたが、反撃してみたものの案外思わしくなく穴熊にしたということだったのかもしれない。


△松尾 歩七段-▲鈴木 大介八段・・・松尾勝ち。
ここは本日注目の一番となりました。戦型的に。しかしそれが千日手に。
先後入れ替えて松尾先手での角交換振り飛車は似たような陣形から先手が寄せ切りました。細かくは見ていません。。


△畠山 鎮七段-▲飯塚 祐紀七段・・・畠山勝ち。
ここも同様に注目の一番。やはり角換わり系が私は好きです。
相腰掛銀から、後手が穴熊にする作戦。先手の攻めが続くかどうか?だが、本局は穴熊の深さ遠さが生きた。先手の飛車角という攻めの主力が穴熊玉から最も遠いところに行ってしまったあたりでは後手ペースだったように思う。


△藤井 猛九段-▲豊島 将之七段・・・豊島勝ち。
未来のタイトルホルダーに現代振り飛車の創造者、藤井が立ちはだかる。B1で通用するかどうか?が占われる、そういう戦い。

戦型は角交換振り飛車で、以前豊島はこの戦型で本家に何度ややられているように記憶している。ただこの戦法もだいぶ認知度が高くなっているので色々対策は持っているところだろう。

この戦型の、後手番での振り飛車らしい展開。端歩はつきこされて玉形は銀冠と平美濃、攻め駒も攻め筋もそれほど多いわけではないが実戦的に相手玉を薄くしていく。ただ一目切れそうな攻め。先手の豊島が落ち着いて対処して後手の藤井の攻めが切れ筋であることが明らかになって藤井が投了した。


***************************


全体的な対戦結果については、どちらが勝ってもオカシクない組み合わせなので特に触れないが、広瀬章人の勝利はかなり大きかったように思う。というか、悩める広瀬章人。大いなる才能とイマイチ爆発しない最近の成績。

高橋先生は年齢を考えるとしかたないところだが中終盤まではいつも一線級相手でもぎりぎりまで追い込むのだが、最後で失速してしまう、ということがここ最近の順位戦では多いように思う。

豊島は一期抜けの期待がかかるが、もし一期抜けを実現すると通算成績7割のままでのA級が久しぶりに誕生することになるのでぜひ頑張って欲しいところだ。


将棋世界 2013年 07月号 [雑誌]将棋世界 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/06/03)
不明

商品詳細を見る


関連するタグ 豊島将之 藤井猛 阿久津主税 広瀬章人 高橋道雄 丸山忠久 橋本崇載 山崎隆之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(8)

序盤型でも終盤型でも1手詰め・3手詰めをオモウラやる。まずはこれですね。

終盤型はその後、好きなだけ手数を伸ばしつつ、オモウラやる。これができれば初段は軽いでしょう。

では序盤型はここからどうするか?について今回は書きます。

序盤型は定跡型と力戦型に分かれます。

序盤型 × 定跡型 ・・・ 研究者タイプ。代表的なプロ棋士は田中寅彦藤井猛
序盤型 × 力戦型 ・・・ 芸術家タイプ。代表的なプロ棋士は武市三郎高田尚平

ここはどっちを選択するか?は難しいところですが、判断するポイントは以下の3つです。

1.時間とお金の許す範囲が比較的多くある
2.プロ将棋界のメインストリームにとても興味がある
3.本筋王道の将棋を指したい

この3つの答えが2つ以上YESの場合は、「序盤型 × 定跡型」です。逆に2つ以上NOの場合は「序盤型 × 力戦型」となります。

実際、この質問は我が身を振り返って設定してみましたが、将棋に費やす時間がたっぷりあって、プロの最新形に興味をもっていた時期は私は「序盤型 × 定跡型」だったのですが、今は人間同士の勝負という面に興味をひかれており、自分が指す将棋はかなりオリジナル戦法となっております。

「序盤型 × 定跡型」タイプになった場合は、ある程度の出費は覚悟したほうがいいです。毎月のように出版される将棋定跡書のうち、興味のあるものは継続的に買うことになると思います。

特に居飛車党やオールラウンダーになった場合は、うれしい悲鳴を上げることになりますよ?w


最新戦法の話 (最強将棋21)最新戦法の話 (最強将棋21)
(2007/04)
勝又 清和

商品詳細を見る



関連するタグ 田中寅彦 藤井猛 武市三郎 高田尚平 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(11)

1.序盤型×定跡型:学者タイプ

プロでいうと、田中寅彦九段や藤井猛九段でしょうか。万人に広く受け入れられている序盤作戦を用い、圧倒的な作戦勝ちからそのまま有利を拡大して勝ち切ります。その定跡が研究され尽くすまでは高勝率を誇るのが特徴。

ただし、アマチュアでは基本的には定跡が知れ渡った状態で戦うことになるのと、プロとは違い、終盤力が弱いためにいまいち勝ちきれないことが多いです。個人的な偏見でいうと、石田流の使い手にこのタイプが多いように思います。

或いは出現頻度が高い対抗形の居飛車側を持つ人でもこのタイプに該当する人は多いです。このタイプが進化すると最強だと思います。目指せ羽生善治渡辺明ですね。


将棋界の真相将棋界の真相
(2000/11/16)
田中 寅彦

商品詳細を見る


関連するタグ 羽生善治 田中寅彦 藤井猛 渡辺明 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第71期名人戦の展望。羽生善治三冠の奪取か?森内俊之名人の防衛か?

アダルトリンクを含むのでオフィスで開かないほうがいいですが、こういう勝敗については某所のレーティングを参考にしています。

そこで期待勝率をみるとこんな感じ。
http://homepage3.nifty.com/kishi/hayami.html

単純に200点ぐらい違うと7割ぐらい上位者が勝ちます、という話ですね。

羽生善治三冠のレーティングが今1965点。森内俊之名人が1728点。ということで200点ぐらい差があります。

この場合、上位者の勝率は8割ということになります。

こんなレーティング、どこまで信頼できるんだよ!ということでいうと、2012年の当てはまり具合はこんな感じ。
http://homepage3.nifty.com/kishi/kitai_2012.html

で、もっとも乖離のないところ(勝率50%付近)ではほぼ合致しており、勝率が8割・9割という高いところでもそのブレ・誤差としては、6%程度に収まっています。

特に近年で当てはまり具合が素晴らしかったのは、2011年で、最大で+2.6%、最少で▲1.95%という微少差異に終わっています。

この状況をもって信頼できるレーティングである、と言えると思います。


そしてこの名人戦七番勝負の確率はこちらとなります。
http://homepage3.nifty.com/kishi/kisenR/meijin71R.html

なんと95%の確率で羽生善治三冠が奪取する、と出ています。これは単純に確率の話だけなので森内名人ファンの皆さんは怒らないでください。(現に昨年も似たような状況で森内名人が防衛しているのです)。

ケース別の発生率でいうと、
森内名人のストレート勝ち、4-0が最も可能性としては小さく、0.17%。
4-1が0.55%、4-2が1.09%。もっとも可能性の高い4-3でも1.73%となっています。

そして羽生名人のストレート勝ちの可能性が出現率としてはもっとも高く、4-0となっています。

しかし。本当にこのようなことがあり得るでしょうか?

前期の結果を持ち出すまでもなく、NOですね。これは私自身もNOだと思います。

まず、先手後手の考慮がこのレーティングではなされていないのです。よって、後手番でブレイクすることがどこまで大変なのか?というのがここからは読み取れません。

双方先手番をしっかりキープして、最後は振りごま勝負、となる可能性が十分にあると思います。

2012年度の総括としての名人戦、2013年度の今後の在り方を示す名人戦、という両方の意味をもつタイトル戦だと私は思っていますが、2012年においては少なくとも、相居飛車における後手番のブレイクスルーはなかったように思います。

或いは升田賞を受賞した藤井猛プロの新藤井システム(角交換振り飛車)がどこかで出るのか?・・・というと出ないような気がしています。後手番での勝率はそれほどよくないですし、佐藤康光流のダイレクト向い飛車のほうがまだ出現する可能性があります。

むしろ、今までと同じように相居飛車、特に矢倉角換わりに横歩取りを加えた主戦法が多くなると思います。

長時間制の先手番における森内名人の強さは本当に群を抜いており、ひとたび名人戦の舞台で対峙すれば、調子やレーティングなどは関係ないでしょう。後手番で意欲的な作戦を両者ともに一度は見せると思いますが、本当にとっておきの作戦でなければ最悪短手数で終わる可能性すらあります。

ということで確率的にみると恐ろしく差があるような見え方になっていますが、お互いに手の内を知りつくしている同士、というのは精神面では上位者のほうが気持ち悪いはずです。

電王戦とほぼ同じタイミングで行われる名人戦。このことにどのような意味があるのかはまだわかりません。しかしコンピュータ将棋の奔放な指し手と圧倒的な強さをみて悲観するのではなく、むしろ将棋の自由さ・可能性を二人が感じた場合には、少し今までと違った状況が盤面に現れるのかもしれません。

2013年度のトレンドを示すという名人戦・・・という側面が今から楽しみで仕方ないです。

個人的な予測としては、突飛なことは起きずに、むしろクラシカルな戦型というか、普通の戦型が並ぶような気がしています。年を取ると人間そういう感じになるので。

そしてクラシカルになると昔とは異なるのが、終盤勝負になりにくく先手がサービスキープすることが多くなる。ゆえにまた最終局までもつれ込んで、振りごま勝負になる・・・という。

そういう展開をイメージしておきます。


コンピュータ将棋はそういう、「将棋の定跡は整備されてもう自由度が少ない」というところとはかなり離れた将棋を指しますが、あの将棋が名人クラスに通用するのか?はまだわかっていません。

そういう意味では、奔放な序盤からの殴り合い・・・という展開はあまりないんじゃないかな?という気がします。そういう新しいところは、むしろ若い人たちから徐々に出てくるんでしょうね。

名人戦というタイトルは歴史を考えても、いわゆる儀礼的な手順が続いてもそれはそれでおかしくないかな?と思います。

というわけで、どちらが勝つか?でいえばレーティング的には羽生善治三冠ノリ。ただし戦型的にも先手が勝つ展開が多そうなので、双方後手番ブレイクに手をこまねくようだと、振りごま勝負・・・まであるかなと。

先日コメントであたかも森内さんが敗れる前提のことは書かないでほしい、という指摘?要望?をいただきましたが、私の気持ちとしては上記のような感じです。どちらの棋士に対しても正直それほど思い入れはないですし、先手番キープが続けばというか続く可能性が結構あるな、という。

羽生四冠が生まれる可能性はあります。50%より高いか低いかでいえば高いでしょう。80%まではいかないですが、50%は上回っていると思います。しかし3-3で最終局を迎えれば、振りごまの前時点でその確率は50%に戻っている。

そして振りごまの結果先手を握った棋士が勝つ確率は当然5割を超えますし、6割を超えていてもおかしくない。それが現時点の定跡・常識に基づくトップレベルの将棋なのだと思います。

なんだか最近は寄せられる苦情に対する回答ブログ…のようになっていますが、逆にそれが考える源…になっているようなところもあるので、ありがたいことですね。

傷つくことはないのですが、もう少しやさしめのお言葉で示唆をいただけるとさらに更新意欲が増すところだったりしますw


羽生善治論  「天才」とは何か (角川oneテーマ21)羽生善治論 「天才」とは何か (角川oneテーマ21)
(2013/04/10)
加藤 一二三

商品詳細を見る
内容紹介
「神武以来の天才」と呼ばれる著者が、天才棋士「羽生善治」を徹底分析。なぜ、彼だけが強いのか? 七冠制覇達成を可能にしたものとは? 40歳になっても強さが衰えない秘密とは?
著者について
1940年、福岡県生まれ。将棋棋士。九段。早稲田大学卒業。「神武以来の天才」と呼ばれ、54年、史上最年少棋士、史上初の中学生棋士となる。名人、十段、王将、王位、棋王など数々のタイトルを獲得。1950年代から2000年代まで順位戦最高峰A級に在籍した唯一の棋士。


関連するタグ 羽生善治 森内俊之 電王戦 佐藤康光 藤井猛

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク