第72期A級(▲羽生vs△谷川)&C1順位戦開幕!

今日も軽めに行きますね・・・。すごく雑談っぽく。

どうやら、大和証券杯はなくなったっぽいですね。囲碁とセットなので、誰が悪いというわけではなく、双方にとってメリットのあるものではなかった、ということでしょう。

確かに老人が大和とか使ってそうですけど、将棋も老人がやってますけど、大和証券の口座数があの棋戦で増えるとは正直思いませんでした。

むしろほかのネット証券系のほうがよかったかもしれませんね・・・老舗との間にある、松井証券杯とかはどうでしょうか・・・。日興ビーンズ杯とかでもいいですよね・・・。(SBIとか楽天はちょっと違うかんじ)。

メー●ル―、またひとつー星が消えるよー・・・将棋だけにね。黒も白も消えました。

さて、順位戦ネタに戻ります。森内名人の長時間制無双のおかげで、また一年中順位戦で羽生さんの将棋が見れる歓びがあります、森内名人本当にありがとうございます。

羽生さんのお相手は往年のライバル、現会長の谷川先生。会長やりながらとかはとても大変なわけですが、しかしそのキャリアにおける後期円熟の極み・・・を今後見せていくことになるのだろうな、というわくわく感もあります。

中原先生の将棋はむしろ後期のほうが私は好きでしたし。最近振り飛車多用して後手番ではあまり勝ってない谷川先生ですが、先手番ではかなり勝っているという事実。ここに後手番のなんらかの作戦がひとつ二つあれば、もしかすると・・・という。

そういう意味ではこの日の谷川先生の作戦、ダイレクト向い飛車はなかなかに期待できますね。

順位戦C1のほうでも、加藤一二三vs福崎文吾戦が似たような形になっていて、▲6五角を打たないおとなしい変化を先手の加藤さんが選択しています。まあ加藤さんだけにこの後におとなしい展開がまってるとは考えにくいので好みの問題でしょうね。

羽生先生の場合は、何となく角を打つような気がしています。角を打った結果の後手陣の乱れ方はやはり大きいと思うので、そういう主張点は必ず主張しておく、というのが羽生将棋でしょうか。

この二つはセットで楽しみたいと思います。・・・と思ったら、平藤vs片上も同様の戦型で角を打たない変化ですね。そしてやはり、羽生さんは角を打ちました。この辺は個性が表れるところですね。

アマチュアの居飛車党にとってはどうなんでしょうね?私はこの角交換系の振り飛車というのを全く苦にしてないというか、むしろ歓迎ムード、ぐらいなんですが、もし力戦にそれほど嫌悪感がないのであれば、羽生さんがやってる手順に進めて損はないように思います。

後手はものすごくまとめにくく、勝ちにくいはずなので。

普通に囲いあうのは、アマだと振り飛車のほうが勝ちやすい気はしますね。駒組みというか陣形の性能が出やすいというか。

なのでどうせ研究するなら、角打つ変化ですね。ただアマチュアの場合は、途中下車型のほうが多そうな気はします。私の遭遇率も圧倒的に新藤井システムですね。。

C1についても少し。注目の糸谷vs大平戦は、ノーマル角換わりとなりました。ダニーのほうが時間を使っていて、先手番でこの戦型となると、是非勝っていただきたいところ。大平先生はツイッター上で質問すると気軽に答えてくれるナイスガイなのでぜひ頑張ってほしいとは思うのですが・・・。

注目点は大平先生になにかしら新しい研究がでるかどうか?でしょうかね。

そのほかの対局は個人的にはそんなに興味ない形ですかね・・・。あ、そんなこともないな。

田中寅彦先生の手順はアマがぜひ真似すべき作戦です。後手左美濃、かなり優秀です。

コバケン先生vs脇先生のは先手の構えが私のよくやる好きな形に似てます。先手に頑張ってほしい。後手の6五の歩は先手からみると反撃の糸口でもあるのでそんなに怖くないです。

佐藤秀司vs富岡英作戦はこれはなんですかね・・・一手損?一手損で相腰掛銀になって、3三銀を省略できて、飛車先を突いてない、という形になるなら、結構後手持ちたい気がするんですけど、どうなんでしょうか。

高野vs塚田泰明戦は後手の作戦に注目ですね。これはなにかやってくる気がします。攻めっ気100%炸裂するか?

とりあえず、お昼時点での私の感想は以上になります。あとは夕方に可能であれば少しと、対局後になると思います。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、夕方。とりあえず、早見え早指し同士の対戦だった、糸谷vs大平戦は17時前に決着。糸谷プロの勝利となりました。先手の単に桂を跳ねた手が軽くなる恐れもありましたが銀桂交換が確定し、それを甘受しつつの後手の逆襲が少し及ばなかった・・・という感じでしょうか。

ダイレクト向い飛車となった3局、A級の羽生vs谷川は、谷川が一歩獲得のために角を筋違いに手放しました。この戦型ではある筋違いではあるのですが、歩の入手だけのために打った角が今後どのように働くか?が一つのポイント。(プロ将棋としてはこの角を打って幸せになるイメージはないですが・・・)。

平藤vs片上戦は後手の片上が角を犠牲に竜を作りました。手番は後手、陣形も後手。ただし駒損、という勝負。後手の攻めがとまると危険そうですが、ペースは握れています。

同じ戦型の加藤一vs福崎は先手が先に角を手放した代わりに一歩得。陣形はどちらもある程度囲えている・・・ということでこれからの勝負でしょうか。

神谷vs中村太は、神谷さんが得意としている中飛車ですね。陣形をみると似たような形なので、押し引きでうまく行けば先手が勝つ可能性も結構あるのかなと。

菅井vs阿部健は・・・うーん。どうなんでしょう。結果は夕方時点で菅井さんの圧勝だったのですが、先手の飛車が苛められない&居飛車穴熊完成、という時点で先手が指しやすかったんでしょうか。これまた、将棋ウォーズで糞戦法として流行しそうな・・・。


他の将棋はみてません。とりあえず、ダニー勝ってよかった。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[A級]
羽生 善治三冠(1勝0敗)○-●谷川 浩司九段(0勝1敗)…0時17分

ここは先手羽生さんの圧勝だった。先手も筋違いに角を打ってから飛車先を交換してからの手順がとても参考になった。田中魁秀先生の将棋をみているような気分になった。


[C級1組]
糸谷 哲郎六段(1勝0敗)○-●大平 武洋五段(0勝1敗)…16時24分
菅井 竜也五段(1勝0敗)○-●阿部 健治郎五段(0勝1敗)…17時21分

上記二つについては前述のとおり。

日浦 市郎八段(0勝1敗)●-○田中 寅彦九段(1勝0敗)…19時39分

これは田中寅彦先生らしい作戦勝ちから珍しく?もたつかずに鮮やかな勝ち方。

小林 裕士七段(1勝0敗)○-●土佐 浩司七段(0勝1敗)…20時0分☆

穴熊の遠さが生かされた戦い。

佐藤 秀司七段(0勝1敗)●-○富岡 英作八段(1勝0敗)…21時43分
小林 健二九段(1勝0敗)○-●脇 謙二八段(0勝1敗)…22時5分☆

コバケン先生がぎりぎりにしのいだというか、脇先生らしい猛攻がちょっと無理だった、という将棋。

斎藤 慎太郎五段(1勝0敗)○-●桐山 清澄九段(0勝1敗)…22時33分☆
平藤 眞吾七段(0勝1敗)●-○片上 大輔六段(1勝0敗)…23時12分☆
長沼 洋七段(0勝1敗)●-○北島 忠雄六段(1勝0敗)…23時15分☆
佐々木 慎六段(1勝0敗)○-●真田 圭一七段(0勝1敗)…23時17分
船江 恒平五段(1勝0敗)○-●阪口 悟五段(0勝1敗)…23時19分☆
高崎 一生六段(1勝0敗)○-●浦野 真彦八段(0勝1敗)…23時20分☆
中村 太地六段(1勝0敗)○-●神谷 広志七段(0勝1敗)…0時10分
宮田 敦史六段(0勝1敗)●-○近藤 正和六段(1勝0敗)…0時29分
加藤 一二三九段(0勝1敗)●-○福崎 文吾九段(1勝0敗)…0時35分☆
千葉 幸生六段(1勝0敗)○-●金井 恒太五段(0勝1敗)…0時38分
塚田 泰明九段(0勝1敗)●-○高野 秀行六段(1勝0敗)…2時8分

宮田近藤で宮田負け、千葉金井で金井負け、ぐらいが途中でみたのと勝敗が逆っぽい将棋だろうか。あとは大体見た時の形勢あるいは組み合わせ的にどちらが勝ってもおかしくないか、順当といえる結果のような気がする。

あとで追記すると思いますが、ひとまず。


勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。


関連するタグ 糸谷哲郎 大平武洋 菅井竜也 阿部健治郎 片上大輔 福崎文吾 加藤一二三 羽生善治 谷川浩司

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(10)

さて、もう一度タイプを振り返ってみます。代表的なプロ棋士を今度は若手で表現してみますね☆

1.序盤型×定跡型:学者タイプ・・・村山慈明
2.終盤型×力戦型:野武士タイプ・・・山崎隆之
3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ・・・菅井竜也
4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ・・・糸谷哲郎

こんなかんじです。異論は認めます・・・が議論は勘弁してください!><(特に糸谷プロは終盤も鬼強いですからね・・・4番タイプでぴったりな若手っていますかね?)。

それぞれの勉強方法をこざっぱりとまとめるといかのような感じですね。

1.序盤型×定跡型:学者タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。プロ棋士の書籍を買い漁ってその通り指す。
指す作戦は居飛車・オールラウンダーで是非。

2.終盤型×力戦型:野武士タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。ひたすら詰将棋の手数を伸ばしてオモウラ。
作戦は右玉・嘘矢倉・雁木など受け身の居飛車か振り飛車推奨。新旧問わず好きな作戦を固定化するのがよさそう。

3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。詰将棋の手数を伸ばすのは同上。
作戦は振り飛車推奨。振り飛車党のプロ棋士の書籍を買って最新形を常に究め続ける。戸辺誠プロ、鈴木大介プロ、などの著作がお勧め!

4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。特殊な戦法を使うプロ棋士の書籍を買って参考にするかアレンジする。もしくは自分でゼロから考える。プロ棋士の書籍を買いたくても絶版になっていることも多いのでその場合は、ネットオークションやアカシヤ書店に行こうw


必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法
(1992/03)
児玉 孝一

商品詳細を見る


関連するタグ 村山慈明 山崎隆之 菅井竜也 糸谷哲郎 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(13)

3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ

棋士でいうと、広瀬章人穴熊王子、でしょうか。あとは最近ちょっと苦しめの振り飛車を用いる棋士全般がここに当てはまります。

久保利明菅井竜也永瀬拓矢など。全体としての勝率がすごく高いわけではないが、その人たちが使うとちゃんと勝つ。かなり整理されている定跡があるがそのギリギリの辺境を切り開いてなんとかその持前の生命力で生き残る。という感じ。砂漠の生き物、栄養の少ない湖のブラックバス、みたいな印象を持っていますw

このタイプが将来的にはトーナメントプロとしてのプロ棋士の最新形になるような気がしています。片上大輔プロがいうところの「マシンになる特訓」を経てこのタイプを極める、というような。


菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)菅井ノート 先手編 (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
菅井 竜也

商品詳細を見る

菅井ノート 後手編 (マイナビ将棋BOOKS)菅井ノート 後手編 (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/09/27)
菅井 竜也

商品詳細を見る


関連するタグ 広瀬章人 久保利明 菅井竜也 永瀬拓矢 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

コンピュータは将棋をどこに運ぼうとしているのか?

片上大輔プロのブログから少し引用。

世間への受け止められ方としては先週のインパクトのほうが大きいのだと思いますが、プロは将棋の内容を見ますので、今回のほうが衝撃が大きかったです。

ここまでの3局を観ていて、コンピュータは数年前にはすでに明らかだった弱点を克服しないまま、力技で強くなり続けているという印象を改めて強くしました。おそらく今後もそうなのだろうと、僕は予想しています(いました)。

今回の将棋の内容を受けて、プロの将棋もまたすこし変わってくる可能性を感じます。
ちょっと具体的に言うと、将棋の世界ではこれまで「マシンになる」訓練によって強くなるという発想は薄かったのですが、今後はそういう面が出て来ざるを得ないだろうと思うのですね。
それが進歩であればいいなと思います。

電王戦、名人戦、ほか




この中で特に印象に残るのは。

・コンピュータは数年前にはすでに明らかだった弱点を克服しないまま、力技で強くなり続けている
・将棋の世界ではこれまで「マシンになる」訓練によって強くなるという発想は薄かったのですが、今後はそういう面が出て来ざるを得ないだろう

この2つ。片上大輔プロは、将棋・バックギャモンをはじめとした複数のゲームにおいて(グランド)マスターレベルに精通しているので、他の業界?についても詳しい方です。その片上さんの発言としてこういうものが出てくるのはとても興味深い。

人間における将棋の実力の向上というのは詰将棋的な力が二十代前半までにピークを迎える。それに対して大局観というか経験で蓄積される能力(を安定的に発揮する力)は三十代のどこかでピークに到達する。そして、それぞれどこまで維持することができるか?というのがポイントである、という理解があった。

この年齢というのはその時代時代によって少しずつ変わっている(若年化している)が、人間の生理的な成長過程を思うと、終盤力がピークに到達するタイミングというのはこれ以上早めることはできない気はする。その一方で終盤力のピーク期間についてはトレーニングによって引き延ばすことはできるかもしれない。(これは最近のプロスポーツにおける寿命が伸びている例と似ている)。

一方で大局観は?というと、羽生世代が作った高速道路が優れているためにこちらも昔に比べると素早く高めていくことが可能となった。しかし、定跡の勉強会のような側面で、受験対策の名門塾という形で棋力の強化が図られているために、もしかすると未見の局面における判断力、高速道路ではなく荒野を行く性能としては相対的に細っている可能性・懸念がある…というのは、梅田望夫氏が羽生善治氏から引き出したものであり、再確認された気がする。


これは負けた二人がそういう意味で欠けているという意味ではない。逆に狭き門を抜けた精鋭ですら負けるコンピュータ将棋の強さというものが、定跡や大局観というところではなく、延々と久保利明プロが座右の銘としている「前後裁断」で取り組み続ける、負けない限り最前を尽くし続ける・・・というような奥を極めるということが将棋において重要なのではないか、ということを再認識させたという意味だ。

(現に、羽生世代やトッププロが未見・初見の局面においても正着を解答する、あるいはその当時の見解とは異なるより正しい方針を示せる…というのは、月刊誌将棋世界の連載コーナーで毎月、トッププロたちが証明しているところだ。)

船江恒平が感想として「最後に人間としての弱さが出た」というコメントを残しているが、これは彼の弱さではなく、文字通り人間の生き物としての性質・性能に基づく弱さ、がコンピュータ将棋との戦いにおいて浮彫になったということだろう。この弱さは完全に克服できるものではなく、生き物・人間としての限界に挑戦する作業・行為の連続、命を削り魂を込めて指すという人間の美しさを示すものだと思う。

人間がマシンとなって、精密機械のように一手のミスもなく指し続ける。卓球のスタイルでひたすらに拾いまくる、カットマン・chopperと呼ばれるスタイルにも近いというか。これは攻め手であっても受け手であっても同じ精神性が問われている気がする。そういう意味ではやはり大山康晴名人は偉大だったなと。将棋の現時点の・コンピュータ将棋との戦いを通じて示されている最新版の仮定というのが、もしかしたら大山康晴流の将棋哲学にあったかもしれないのだから。

そういう意味で言うと、やはり米長邦雄も偉大だ。米長邦雄の将棋というのは、まさにコンピュータ将棋のような序盤の歪みとその後の泥沼、そこから抜け出す剛腕にあったのだから。最後は力のあるものが勝つ、というのをそれぞれの哲学で示したのがこの二人だった。

「コンピュータ将棋が将棋を解明する?」というロマンがもし消え失せるとしたら。その時の将棋というのは、今、電王戦でコンピュータ将棋が見せているような、ある意味殺伐とした、双方がミスをしなければ永遠に戦いが続くような、最後にミスをしたほうが負け、致命的なミスが出るまでは最強の攻撃手と最強の防御で応酬しあう、というようなものなのだろうか。昔の牧歌的な序盤が失われたように、形式美や両者の同意の上での指定局面とかではなく、常に踏み込み、常に斬り合う、というような。

ちょうどこれを書いていて私が思い出したのはプロゲーマーの梅原大吾と、麻雀の桜井章一だった。この二人に似たような精神性の将棋を指す人ということでいえば、将棋界には幸運にも何人もいるように思う。姿勢としてオリない、常に向かっていく、というもの。

コンピュータ将棋の姿がある意味目指すべき方向性を示しているのであれば、将棋の場合は、シンプルなIQの高さによる終盤力をプロスポーツ選手のように科学的トレーニングでどこまでも維持し、理論としての定跡を学者のように体系的に最速で学び、圧倒的な実戦数でその実戦能力を高め続ける・・・という形になるのだろうか。

この想像から、すんなり二人の棋士の名前が頭に浮かんだ。東西の振り飛車の新鋭である、永瀬拓矢と、菅井竜也の二人である。この二人が、その超圧倒的な実戦量からイメージされたのだが、コンピュータ将棋との戦いにおいて示された未来の姿を、すでに先取りしている若手棋士がすでに棋界に存在していることに頼もしさを感じる。(ま、私が勝手に想像した未来の姿ですがw)。

コンピュータ将棋との戦いで人間が敗れても、その面白味は失われないだろう、というのは第一人者である羽生善治三冠もニコ生の川上会長との対談で語っている。まさにその通りで、つまらなくなるどころか、おもしろさが増している可能性がある。

もしこのコンピュータ将棋との戦いで何かを感じた若者が、その新しい取り組み方を実力に結び付けることができたら・・・その時にまた将棋界というのは変わっていくのだろう。その可能性の萌芽を、私は永瀬拓矢菅井竜也の将棋とその取組姿勢に感じる。


永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/11/23)
永瀬 拓矢

商品詳細を見る






関連するタグ 片上大輔 船江恒平 永瀬拓矢 菅井竜也 梅原大吾 桜井章一 羽生善治 大山康晴 米長邦雄 GPS将棋

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋界の一番「怖い」日。。第71期C級2組最終戦。1敗勢が3名昇級!降級点は…。

A級順位戦が一番「長い」日だとすれば、C2の最終戦は一番「怖い」日だろう。降級点という、3つもらうともれなくフリークラス行のチケットをもらえる点数がある。

その割り当て数は9人分ある。昇級が3名に対して、9名分。いつだったか調べたのだが、C2の平均年齢がどんどん下がっている。若くなっている。

要は、この降級点というのは将棋界という野生の王国における淘汰の仕組みである。弱いものが食われる。その中には老いたものが比較的含まれる、ということだ。

20年以上将棋をみている人間として思うのは本当に将棋棋士のトーナメントプロとしての待遇を維持するのが年々大変になっているな、ということだ。

そしてこれは日本の縮図でもある。我々が将棋界を憂うとき、哂うとき、それは我々自身を憂い、哂っているということでもある。

一昔前のC1やC2はまだよかった。青春の苦悩、上がれる才能を持つのに上がれない人間の苦悩とそれを突き抜けたときの歓びを感じることができた。屋敷や先崎。森下。

数えればきりがない天才たちがCクラスで苦労していた。でもそれはのちに大輪を咲かすための糧となっていたはずだ。

だが、今は違う。

将来の名人候補はいつかはあがっていけるが、もしかすると次世代の新戦法や新構想の発信者になるかもしれない人たちが、上がれないのではなく、落ちるのだ。

或いは落ちる恐怖におののき、その本来持っていたであろうクリエイティビティを発揮できずに、縮こまってしまう。そういう雰囲気を今のC2には感じる。

三段リーグからプロ入りしても単純には喜べない。なぜなら、そこからまた第二の三段リーグともいえる、C2クラスが始まるのだから。

C2クラスの平均年齢が下がった結果、もちろんC2のレベルは上がった。4名の天才が入り、3名が抜ける。降級点3つ持ちのロートルや不幸者が落ち、クラスのレベルが煮詰まり濃縮し、より高くなっていく。

日本の若者が苦心・苦労しているのとまったく同じ構図がここにはある。

こういう現状を踏まえたうえで、昇級・降級のレースをみると、より一層理解できるはずだ。

まずは昇級候補。この高レベルなC2のなかで、1敗しかしてない棋士が4名もいる。阪口を除く3名の平均年齢は20歳。

2敗未満のメンツの年齢をみると最年長が矢倉の38歳。もちろん、才能ある人間は上のクラスに抜けていくとはいえ、その若さに私は改めて驚いた。

これを書いてるのは当日の朝、だがおそらく菅井・澤田・斎藤があがるのではないか?とみているが。。

そして降級点。

こちらは9点に対して確定が3点。西川パパ、伊奈、川上。川上はこれで降級となる。まだ40歳だ。

残りの6点を14人で回避の争いを行うこととなるが、4名の20代以下を含む。(高見、牧野、長岡、藤森)。

そういえば、余談になるが、先日のA級順位戦のニコ生解説で、勝負の前に震えるかどうか?という話を解説者4名でしていた。

その時に、豊川先生が、長岡プロの前で「C2で一度だけ降級点を取りそうになったときがあったが、その時は1か月ぐらい体調が悪かった。回避したら治ったけど」という話をしていて痺れた。

長岡プロは降級点をとるかとらないかではなく、降級するかどうか?の勝負を数日後に控えていたわけで、ニコ生の粗い画像を通じても、その顔色が変わったのがわかった。

見ていて忍びない気持ちになったが、それが勝ち負けだけですべてが決まる、将棋の世界なのだった。

佐藤深夜先生が機転を利かせて、話題を変えたのをみて彼の優しさを知った。二人は米長邦雄の葬儀で遅れたC2の対局を、二人っきりで指した仲?なのだった。長岡は喪服?黒ネクタイ?で勝負に臨んだが、正直に書くとひどい将棋だったのを覚えている。

降級点が確定している、あるいはとる可能性がある棋士をみると、すでに1点以上もらっている人が散見される。運の要素がほとんどない(対戦相手、先後のクジ運ぐらい?)将棋の世界では、いつかどこかでその実力の適正なところに、自身の立ち位置が収れんしていく。そしてその収れんまでの時間というのは、それほど長いものではない。

もっといえば、三段リーグの成績と順位戦の成績の相関関係というのがある。三段リーグでの活躍ぶりをみれば、順位戦での活躍もわかる、というものだ。

戦法・戦型のトレンドはあるものの、それがどのように変わっても一定の活躍をするには実力が必要ということなのだろう。波が来た時にうまくとらえて、そうではないときには自暴自棄にならずにこらえる・・・という意味では、その戦い方・姿勢に私が学ぶところも大きい。

と、ここまでが対局開始直後に書いたものになります。ここから先は、全局・・・は難しいので、好きな将棋、昇級に絡んだ将棋、だけを取り上げる予定。降級点については結果のみを記したいと思う。



+++++++++++++++++++++++++++++++


まずは昇級だが、結論だけ書くと1敗勢のうち、菅井竜也阪口悟斎藤慎太郎の三名がキープしての昇段となった。斎藤慎太郎は佐々木勇気と並ぶ逸材であることは小さい頃から言われていたが三段リーグで常に良い成績を残したもののなかなか上がれなかったが、ちゃんと帳尻は合うものだ。

また、斎藤慎太郎はいわゆるしょうゆ顔(今言わないの?w)のイケメンでもあり、その性格も素晴らしく、将棋のタイプも魅力的なので、見た目的にも佐々木勇気と人気を今後二分しそうな勢いである。菅井竜也はそのプライスタイルというか、闘志むき出しの感じがたまらなく素敵で、そのガッツがなくなるまでは延々と活躍しそうな雰囲気がある。

阪口悟プロは、奥さんが喜んでるんじゃあないでしょうかw 今期は特に振り飛車党同士の対戦が多く、そしてその相振り飛車において、一日の長を示した、という印象です。

早々に勝負を決めたのは、菅井竜也プロ。夕方前に昇段を決めて、そのまま関西に戻り、解説会に登場するというかっこ良さだった。このバイタリティーが菅井竜也プロの持ち味を示している。

戦型は先手中飛車に後手が5筋を突く形で乱戦模様。こういう将棋は菅井竜也がもっとも得意とするところだ。ヒラメ戦法で出てくるような筋が炸裂して、先手の菅井竜也プロが圧勝した。

阪口悟プロは相振り飛車の後手番で西川ジュニアと対戦。シンプルな美濃囲いから相手の三筋を凹ませて優勢を築いた。今期は本当に相振り飛車での勝利が多かった。△4六歩という筋が炸裂して先手陣は持たなかった。ここも圧勝に近い。

私のもう一人の?アイドル、斎藤慎太郎プロは中座プロと横歩取りの戦いで先手番。本家の8五飛車にやや不思議な作戦(相中原囲い?)で対抗したが1-3筋への集中攻撃が続く形となり、優勢となった。

斎藤慎太郎の将棋は強いと思う。佐々木勇気の粗削りさと瞬間みせるセンス、みたいな感じではなく、作戦に最新さよりも古風さを感じさせつつ、中終盤の強さ、特に中盤のねじり合いの強さがありつつ、序盤の無難さがあるというか。終盤型はもっと序盤が独特な事が多いようにおもうが、それがない終盤タイプ。

もう一人の一敗だった澤田プロは先手番だったが苦しくして千日手王の永瀬に無理せず千日手に持ち込まれた時には時間が2時間ぐらい違った。

指し直し局は永瀬の先手で手損からの先手ゴキゲン中飛車。澤田の取った作戦がやや独特で、序盤早々に先手が良くなったような将棋だった。澤田はこういう意味で終盤型らしい将棋だと思う。

1敗勢から3名は上がるだろうなと思っていたが、前年に引き続き、ハイレベルな戦いが続いた。その煽りを受けたのが、降級点争いだった。熾烈の一言。

石川、松本、小倉、瀬川、上野、遠山、川上、西川慶、伊奈の9名で、松本・遠山・伊奈が2点目。上野と川上がフリークラス降級。

ギリギリしのいだメンツとしては、長岡、藤森だろうか。藤森はやはりこういう運の良さを持っているというか、居飛車穴熊をちゃんと完璧に指しこなせる、というのはやはり大きい。序盤でかなり安心できる展開だったように思う。長岡はニコ生での例のやりとりをみていたので、震えずにしのいだのは素晴らしいと思う。

ネットでも発言・活躍している棋士にとって、こういう時は辛いと思うが、嫌にならずに頑張って欲しいと思う。特に瀬川さんはTwitterで、将棋をやめたい、ぐらいのことを書かれていて衝撃を受けたが、勝手に補足すると、こんなに不甲斐ない将棋を指すようであれば、将棋をやめたほうがいい、というような精進が必須であるということの裏表の覚悟を示すような、一言だったのだろうと思う。

最後に、教授こと勝又清和プロのTwitterの言葉を紹介して終わりとしたい。

へとへとに疲れた。腰が猛烈に痛い。寝たいが頭が冴えて眠れない。棋士としての寿命は延びたが、寿命は縮んだなあと実感する。それでも棋士として対局が出来ることが嬉しい。うれしい。おやすみなさい。

https://twitter.com/katsumata/status/309001646929752064





逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
山崎 隆之

商品詳細を見る


関連するタグ 阪口悟 斎藤慎太郎 菅井竜也 勝又清和 米長邦雄

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク