「プロ棋士対コンピュータ」を思うときに読んでおきたい三冊

ブログを書いていると、非常に嬉しいコメントをいただくこともあるし、予想していなかったような厳しいお言葉(主には更新や記事レベルの低下に関すること)をいただくこともある。また、議論に発展させたほうがよいかもしれないと思われる、論点の提示をいただくこともある。

個人的には、コメント欄でそのようなやりとりが延々と続くことを好まないので、避けさせていただいている。

東海の鬼 花村元司伝」の中で著者の鈴木啓志氏が、私と同様のコメントを記しているのをみたが、それについての疑問の言葉を頂いたこともある。

コンピュータvsプロ棋士については、一方ならぬ興味を持ち、その推移を見守っていた私としては、どのような意見を貰ったとしても、やはり違和感を持ったということについて、偽ることは出来ない。

ボナンザvs渡辺明あからvs清水市代のあたりで、どのような発言があったのか?というのを知りたい人には、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」を読んでもらいたい。第二章には米長邦雄のコメントが幾つか出てくる。

私は米長邦雄氏が日本将棋連盟の代表という立場を活用?して、対コンピュータの諸々を行なってきたことを評価してきた。ただし、勿論それを評価する際の判断軸は私独自のものであって、当人の判断とも巷間の判断ともことなることに異議を唱えるものではない。

ただし、コンピュータ将棋にまつわる氏の発言なりを、まじめに観てきたつもりだったが、これからの動きについては、自分の考え方のスタンスを少し変えた上で見ていくことにはなるだろうな、とは思う。これは勝手に恋心を抱いて、拒絶されたことによる憎しみ、というようなものではない。

そういう、勝手に利己的に感じた裏切りに対する憎しみ、ではなく、今後の展開・シナリオとしてはそれほど御大層なものはないだろうな、という枠組みに対する期待感の消失である。

勿論勝負の楽しみはあるし、将棋はおもしろいものになるだろう。ただし長期的な展望としての面白みというものではなく、行き当りばったりなところが連続していくのだろうと。思えばプロ対コンピュータの5対5についても、事前の話し合いがあったのかどうか、よくわからないところもある。(「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」が出版される前であれば、対局前に細かな作戦会議が行われた上で決まったと思ったかもしれないが、決定経緯について何を書かれても、もはや信じられないというか。)

自身の違和感を再確認するために、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」を再読したのだが、「あから」の指した△5七角に対するプロの反応を、ボンクラーズvs米長邦雄戦の後に、そして「東海の鬼 花村元司伝」の後に読むと、また違った印象を受けることに気づく。

花村元司の鬼手には角や銀を使ったものが多い。角や銀という駒が斜め後ろに効く駒であるという性能が理由の一つだとは思うが、プロが一目悪手とした△5七角も花村元司だったら、一目で指したような気もする。

特にオチはないのだが、一文だけ、「閃け!棋士に挑むコンピュータ」から引用しよう。

(なぜボナンザの対戦相手に渡辺明竜王を選んだのか?に対して)米長邦雄曰く

渡辺明が勝つのであれば、プロになりたての新四段も勝つ。100メートル走を9.9秒で走るか、10.1秒で走るか、プロの間にはそれほどの差がないのだから


とのこと。

私が米長邦雄の日記で「勝敗も名前も秘すから指してくれ」と伝えてボンクラーズと対戦させたということと、「われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る」で記されたことの間に、何かしらの「だまし討ち」のような気分を感じるのだが、実際にテスト対局?を行った森下卓プロが、あの本の中でコメントを残しているので、特に問題ないのであろう。

恐らくこの私の個人的な気分に関する記述はこれで最後になると思うので、しつこくて申し訳ないが書かせて頂いた。

関連するタグ 花村元司 米長邦雄 あから ボンクラーズ GPS将棋 ポナンザ 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

名著「東海の鬼 花村元司伝」をオススメします

これは文句なしに良書ですね。是非買ってご一読ください。


東海の鬼 花村元司伝東海の鬼 花村元司伝
(2012/02/14)
鈴木 啓志

商品詳細を見る


昨日の米長邦雄の本も全然悪くなかったです。ただ一点私がこだわりたい点があったので、そこだけが気になっただけで。

しかしこちらは完璧にオススメできる一冊ですね。著者の鈴木啓志氏って何者?というのも、最後まで読めば解決するのでご安心を。有名な鬼手の数々が弟子の深浦康市森下卓によって解説されている最後のほうも良いですし、勿論最初の方の、真剣師時代のエピソードから中盤メインのプロ入り後の活躍も素晴らしいです。

この本における私の感想は、「将棋界界隈の人が書いたもの」じゃない将棋関連書籍をもっと読みたいということです。アマチュア上がり、真剣師上がりということでその将棋の真髄が誤解され続けた感がある花村元司の将棋を、全く将棋界に関係のない(しかし縁もゆかりも無いわけではないのですが)、鈴木啓志氏が、このクオリティで書き上げたことに非常に意義があるように思います。

過去読んだことある書籍で知ってる話が、上手くまとめられているだけではなく、花村元司のご家族経由で紹介された情報ソースからのミッシングピースが埋められているので、断片的な理解から総合的なものへと理解が深まった。

全く花村元司を知らなかった人でも楽しく読めるだろう。

花村元司という棋士の魅力は何か?といえば、前回の紹介記事でも書いたが、鬼手。これに尽きる。絶局となった高橋道雄との一局は有名だし、常にこういう狙いをもって将棋を組み立てていた。ただ、これがもしかすると違うのかもしれない。私もそうだが、正確にその意図と本質が理解されていないように思う。

何しろ、名著?「ひっかけ将棋入門―たちまち強くなる (1979年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ)」では、金は毎回裏返して指すべし、そうすれば金がないときに玉を代用できる!と書いている御仁である。

最近になるまでは、ややケレン味のようなもの、常に人間対人間という部分を重視した将棋ではないか?と私は思っていた。

通常の手よりも、鬼手を繰り出すほうが、人間は精神的にやられるからである。精神的に動揺して、その一撃でくずれてしまう。そういう意図があったのではないか、と私は思っていた。

私もまた、花村元司を評価しているようでいて、真剣師、くすぶり上がりであるというステレオタイプな考えに支配されていたためだと思う。

なぜ、ファンが糸谷哲郎や山崎隆之のような将棋を好むのか?と考えれば少しわかってくるところとして、作戦・棋風の個性というものがあるだろう。

本書では、コンピュータと花村元司の将棋を対極のものとして描いている。コンピュータをデジタル、花村元司をアナログとしての対比だ。あわせてアナログもその最も根本のところではシナプスの発火のオンオフであるともいう。

実を言うと、私の花村元司、花村将棋の誤解を解く鍵が、コンピュータ将棋にあった。今はもういなくなってしまいとても寂しいが、ボンクラーズという将棋ソフトが、米長邦雄と対戦する前のバグチェック的な意味合いで、将棋倶楽部24にて対人対戦をしばらくの間行なっていた。

私はコンピュータと指すと筋が悪くなる、という勝手な固定観念に囚われていて全く指さないのだが、見る分には大変面白く、魅了され続けてはや数年、というところ。

このコンピュータの指す将棋というのが、実は花村元司の将棋にとてもよく似ているのだった。人間では思いつかないような手を必ず1局に数手は織り込んでくる。

これが示すものは何なのか?私が思うのは芸事としての将棋、文化としての将棋という側面をムラ社会的な将棋界の隔絶が助長しているのではないか、ということだ。

これが筋、本筋、定跡、という考え方がパッと見は合理的なようでいて、実はその多様性を失わせてしまっている可能性。序盤の体系化と終盤のパターン化が、中盤の個性をどんどんなくしている現状。

コンピュータ将棋が強くなっていくに従い、私は将棋というのはその方向に進んでいくのだろうと勝手に思っていたが、逆であり、人間同士の将棋が予定調和的に、第一感の範疇での選択肢選びに終始するような将棋が増えている一方で、花村元司を彷彿とされるような、意識外の手を繰り出すコンピュータ将棋。

コンピュータ将棋が強くなっている、人間を凌駕しつつある・或いは凌駕したこの時代において、花村元司という人間を再考する「東海の鬼 花村元司伝」が出版されたのは偶然ではないような気がする。

私がコンピュータ将棋を愛するのは、花村元司の将棋を愛するのとほぼ同じ意味合いであり、その両者がそれぞれのアプローチの極北で「将棋の真理」に出会っているだとしたら、これほど素敵なことはない。

この本がきっかけとなり、将棋の多様性、将棋本の多様性が増すことを陰ながら祈るところである。

イカガ?(´・ω・`)つ東海の鬼 花村元司伝

関連するタグ 花村元司 深浦康市 森下卓 鈴木啓志 米長邦雄 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【これは欲しい】東海の鬼 花村元司伝【絶対買う】


東海の鬼 花村元司伝という本が出るらしいです。明後日かな?(これを書いているのが2月12日なのでこの記事が出ているころには、もう発売されていると思います…)


東海の鬼 花村元司伝東海の鬼 花村元司伝
(2012/02/14)
鈴木 啓志

商品詳細を見る


著者が共著で森下卓先生・深浦康市先生の名前が!!!観る将棋ファン必読の一冊ではないでしょうか。


内容紹介
命がけのプロ編入試験を受験して真剣師からプロに転身した特異な経歴と「妖刀」と称される魅力あふれる将棋で人気を誇った棋士・花村元司を描いた伝記です。

本書では、60歳でA級に昇級するなど輝かしい実績を挙げた生涯に迫るほか、花村のトレードマークともいえるあっと驚く数々の鬼手・名手を紹介し、弟子の森下卓九段、深浦康市九段が現代の目で厳しく見直して詳しく論じています。花村将棋を通して、昭和と現代の将棋観の違いも浮き彫りにしています。

不世出の個性派棋士である花村元司の生涯を描いた本書は、昭和の将棋史を語る上で欠かすことのできない一冊といえます。
著者について
鈴木啓志(Hiroshi Suzuki)
昭和23年3月8日、北海道函館市出身。
横浜国立大学経済学部卒業。
大学時代から音楽活動を始め、その後音楽評論家として活躍。ブルースやソウルなどの黒人音楽の普及に努める。著書に「R&B,ソウルの世界」「ブルース世界地図」など多数。将棋は小学校の頃からの大ファン。



花村元司先生といえば、真剣師上がりということですが、子供の頃は学業優秀だったようですね。花村元司先生の書籍で忘れられないのが、なんといっても「ひっかけ将棋入門―たちまち強くなる (1979年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ)」でしょう。

私の幼馴染で将棋があまり指せなかった奴が、この本を持っていて(恐らくお父さんかお兄さんの所有物)吹いた覚えがあります。有名すぎるほど有名なので、既にご存知とは思いますが1つだけ紹介すると「金は普段から裏側にして指せ。そうすると金が足りなくなった時に、玉を代用することができる」という凄いアドバイスが載っています。

勿論ワニブックスということで、大体そのネタ度はわかっていただきたい所ですが、最近の若い人だとワニブックスって何?ってなりそうですね(汗)。

あとは、よくわかる駒落ちという駒落ちの名著もあります。

これは確か復刊していて、私も手元に一冊ありますが、金を裏返すほどの下手殺しが、その殺しのテクニックを存分に発揮…するのではなく、その手品の種明かしをするような良著です。ちょっと昔っぽい表現と、盤面の図の見にくさはあるものの、口語体で進む駒落ち講座は新鮮な印象を与えることでしょう。

花村元司先生の将棋で有名なのは引退間際の高橋道雄戦でしょうか。これは棋譜を紹介するのは本意ではないので是非検索で調べてみてください。「花村元司 高橋道雄 棋譜」と検索して…と思ったら、例のwikiは潰れてますか?もしかすると。

何かあったんでしょうかね?小池重明との将棋も有名ですね。

最近、定跡本はあまり買う気がしないのですが、読み物系は飢えているところなので買う予定です。

イカガ?(´・ω・`)つ 将棋全般:観る将棋ファン向けのオススメ

関連するタグ 花村元司 深浦康市 森下卓

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【盤外戦術その5】絶対ダメ!>< でも案外有効な本当の盤外戦術

ようやく当初のスケジュールである毎週土曜日に戻りました、「盤外戦術」シリーズ。早くもその5まで来ました。ちなみに過去の4つはジャンルを新設したので「盤外戦術」からご覧頂けます。

それ以外にやることが何も無い…という時にでもご覧下さい。

さて、第五回にして「本当の盤外戦術」について書きたい。これはやるべきではないのだが、やられたせいでクラクラして考えられなくなった経験が誰しも一度や二度はあると思う。

プロの先生ぐらいに人間が出来てくるか、殺戮マシーンとしての訓練がゆきとどいている場合は、無感情に相手を屠ることが出来るかもしれない。ちょうど、エメリヤーエンコ・ヒョードルのように。

アマで愉しむための将棋である殆どの人にとっては、そういう境地にいたることは難しいし、お互いが愉しくないと、自分も楽しめないので結局は自分が損することになる。

よってやってはいけない。しかし、どういうものがあるのかというのは知っておいてもいいだろう。

1.タバコ
これは最近の道場ではなかなか見られなくなったが、昔は殆どの道場が喫煙可であり、殆どが喫煙者であり、非喫煙者には大変辛いものだった。もしあなたが喫煙者なのであれば、そして喫煙可能な場所での対局であれば、これは十分に盤外戦術として機能する。

囲碁棋士の張栩プロが書かれた名著「勝利は10%から積み上げる」にこれに類することが書かれていて驚いた。

張栩プロ曰く、喫煙者の高段目上の棋士がタバコを吸いまくり、部屋の中が文字通り煙で充満していた。季節は真冬で窓をあけることができない。しかし意を決して、窓を全開にし、驚いた年上の棋士に怯むこと無くその対局にも勝利したという。


2.三味線
口三味線を弾く、とか或いは「シャミ」と略したりする。厳密な意味は分かりませんが、私の実感としての意味は相手を惑わすような言葉を発すること、というようなニュアンスでしょうか。

将棋の三味線において最も有効なのは「自分が劣勢であることを主張する・仄めかす」ということだろうか。優勢な時には三味線を弾く必要はなく、ひたすらに正着を指せば勝てるわけだが、劣勢においてはベストを尽くしても相手が間違ってくれなければ意味が無い。

こういう場合の三味線には相手を油断させる効果が期待されている。いわゆるボヤキを多発し、死んだふりをして、起死回生の一発を食らわせる。いわゆる死に馬キックである。

リアル道場だけではなく、これは将棋倶楽部24においても有効であり、普段はチャットが行われることは殆どないはずだが、苦戦しはじめた瞬間に呟く人がごく稀にいる。

あと面白いのは難しいがややどちらかがリードしているかな?ぐらいのところで「私は元々はn段だった」と呟く人にあったケースもある。その元n段の信用力で脅していたのだろうか。とても面白く感じたことを覚えている。

相手がチャットしてきたときに、善良な人は思わず返事をしなくては…と思う。実際にするかどうかは別として、やや意表を突かれ、その判断を迫られる。もしタッチタイピングができないのにチャットにお付き合いしてしまった時には…。

その他に、三味線の珍しい例としては「賛美歌を歌う」、持ち時間が無いのに「後何分?」と聞き続けるというものもあるがこれはかなりの高等テクニックなので文字通り素人にはオススメできない。


3.ラフ・プレー
これはネット対局ではない部分であり、実際に道場にいかないとナカナカ分からないかもしれない。…と思ったが、あった。「基本的には成る」ところを「不成」にあえてする、挨拶をしない、等がこれに該当する。

相手が先手番で、挨拶無しに角道をあけ、貴方は挨拶をして角道をあけ、相手が▲2二角不成としたときに、心情的に何ら変化が起こらないという人は「さかなクン」さんレベルの聖人君子だろう。

リアル対局で効果的なラフ・プレーは「駒をぐちゃぐちゃにならべる」「持ち駒を握る」「持ち駒を駒台の上で重ねる」「相手の長考中に持ち駒でドミノ倒し」「相手が指し終わる前に指すどころか、指す気配で指し終える(手が交差どころではなく)」「素早く二手指す」「しれっと待った」「常に両手で指す」「交互に右手左手で指す」「手離れが悪い」「常に空打ち&強い駒音」等がある。(反則を含むが…)。

ちなみに麻雀では強打禁止の雀荘が殆どだが、将棋センターではそれほどうるさく言われないように思う。

また、「しれっと待った」は何も言わずにこちらが考えていると手を変えるおじいちゃんがたまに居る。だいたいは十秒以内だが、面白くて吹いてしまったこともある。(私は基本咎めない。手が離れて躊躇した場合もどうぞ、という)。

私が知るレアケースとしては「しょっちゅう脚を組み替える癖があり、その脚が何故か毎回よく相手に当たる」「時計をたたきながら徐々に自分のほうに寄っていく」「空咳のつもりが痰が(以下略」という方々もいたように記憶する。あとは袖で落ちた盤上の駒が持ち駒になって詰んだ、とか。


人間同士の勝負は面白いのだ、というときには多少は上記のような要素が含まれていてもスパイスとなっていることがあるようにも思う。もちろんスパイスなのでその分量を誤るといけないわけですが。


ひっかけ将棋入門―たちまち強くなる (1979年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ)

この本には別の似たような盤外戦術が紹介されています。元真剣師だけに説得力があります。

関連するタグ 盤外戦術 ひっかけ将棋 花村元司

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
2位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク