これ、面白かったですか? 電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段 vs ツツカナ

あけましておめでとうございます。朝型過ぎて毎年除夜の鐘を聞けない私です…昨晩も子供よりも早く寝てしまいました…。

で、電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段 vs ツツカナなんですが、いかがでしたでしょうか?

対コンピュータ将棋ということでいうと、勝つ時は圧勝、競り合うと負ける、というのは一つのパターンではあるんですが、この将棋は棋譜として見た時に面白かったのでしょうか。

もちろん、棋譜は双方対局者による共同作業の賜物なのでどちらが悪いという話ではないのですが、これがドワンゴ?ニワンゴ?なり、日本将棋連盟が目指している電王戦のあり方の方向性なのだとしたら、かなり詰まらないかもしれない…というのは正直いって思いました。

ここまで振り返ってみると、第一回の米長邦雄の新米長玉も、最近ぼちぼち明かされつつあるボンクラーズ伊藤氏によるエピソードを思うとすでにこの流れの萌芽というか、そういうものが見えているような気がします。

第二回の阿部光瑠戦、塚田泰明戦。前者は勝ちこそが意義という意味ではプロらしさを示してくれた阿部光瑠プロですが、模範演技のような感じで、後者は勝負としては感動したものの、将棋自体は私は途中で観るのをやめて飲みに行ってしまいました。

で、今回のリベンジマッチですが、あの△7四歩は開発者が意図的にセットしたものである、ということをすっかり私は忘れていました。そして設定そのままで勝負を行うということは、あれが残った状態で戦うということだったんですね…。

言わばかなり期待勝率が後手に条件の悪い状態での指定局面戦だったという。ここをすっかり忘れていたのでした。。

ただ、対局後のインタビューだと思うんですが、事前の練習では勝率五割とか、船江恒平プロが振り飛車にしようかと思っていた、という話について、いまいち理解してなかったのですが、つまりはそういうことだったのですね。。

空手の型の演技、みたいな催し物に今後はなっていく…可能性があるなあ、という気がひしひしとします。

もちろん、川上会長が言っていたハードを一定にして、ソフトの強さで競わせたいというのは意図としてはF1のレギュレーションのようなものなので理解出来るところ、としていたものですが、なんというか、その結果出てくる姿が、ソフトのバグではないにしろ、癖をつく指し方での勝利ということであれば、そしてそれを正当化するのであれば、このイベント自体のあり方としては、少し変わってくる気がします。

今になってボンクラーズの伊藤さんが当時のことを振り返りつつある理由もなんとなく分かるような気がしてきます。その当時から、まさか貸与でああいう指し方になるのであれば、貸さないほうが良かったという伊藤さんの発言があったような気がしますが、主催者側が興行面に重きをおいて、対局者が勝負にこだわる結果、必然的な方向性としてこういうものになってしまうのであれば、これはどうなんだろうと。

極論、うまく癖を捉えたら勝ち、ただし棋譜としての感動は人間同士、プロ同士のようなものはない。むしろ人間が負ける時にこそ、勝負の面白みや棋譜の素晴らしさが出てくる可能性があるという。

なんとなくこの姿はやはり古代コロシアムでの人間対猛獣の戦いに似ているような気がしますね…。

人間賛歌であり、大変な重圧のなかでこのオファーを受けて勝ち切った船江恒平プロの評価が下がることはもちろんないですし、私も人間を応援していたわけですが、この棋戦に関する気持ちとしてはなかなかに複雑なものがあるのも事実です。

人間が追い越される前に、同じぐらいの実力で競り合っている時に、普通の将棋で普通にぶつかり合って、その結果どちらが強いのか?という勝負が見たかった・観たい、という気持ちがとても強いですが、大会のルールがその実際の意図はさておき、そういう勝負から遠ざかる結果になっていることに、主催者側が目をつぶっているとは言わないものの、誰もが最善を尽くすと、結果遠ざかることは間違いないだろうな、というのを確信しました。

その時に、そういう枠組みを無視して「感動をありがとう!」といえるのか、白けてしまうのか?は良し悪しではなく、その人の人間性だったり考え方に依存するところはあるだろうなと。そしてどちらのリアクションが生じたとしても、それはそれぞれの捉え方であり、どちらの反応も否定されるべきものではないでしょう。

私個人としてはやはり後者になってしまうかなあ。しまいつつ、それでも塚田泰明の涙に感動する自分も居ることは居るんですけどね。なんとも煮え切らない複雑な気持ちです。。


ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)



関連するタグ ツツカナ 大崎善生 船江恒平 三浦孝介 一丸貴則 電王戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

電王戦リベンジマッチがそろそろ始まりますよ!

電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段 vs ツツカナで見れます!

これから私も見ます!!

がんばれ、船江恒平!!


第2回電王戦のすべて

関連するタグ 船江恒平 ツツカナ 一丸貴則

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

電王戦リベンジマッチ、船江恒平五段VSツツカナの結果予想!

年末なんで全然ネタがないんですよね。電子版の将棋世界もまだ出てないですし。。

ということで、リベンジマッチ、ツツカナwith一丸貴則vs船江恒平について少し書きますね。

ツツカナwith一丸貴則ってのは大体のイメージ的には全盛期の小室哲哉みたいな感じです。か細い声でツツカナにハモリにいく、103というアレ。

前回と同じスペック、同じ条件で…ということかと思いますが、流石に船江恒平のほうが勝つ気がします。

全く同じ序盤に誘導することすら出来そうな気がしますが、どうなんでしょうか。ツツカナ側が回避してノーマル四間飛車vs居飛車穴熊とかになると面白いんですけどね。

コンピュータ将棋のノーマル振り飛車は正確無比なので、人間同士のよりもずっと面白い気がします。船江恒平がずっと攻勢をとり続けて微差の優位を維持し続けるものの、ツツカナがぎりぎりに粘りまくる。そういう時のコンピュータは本当に面白い手を繰り出しますよ。

もちろん、単なるクソ粘りになって見所ない将棋になる可能性もありますが、居飛車の攻めが切れ模様になったら姿焼きまでありそうでワクワクしますね。大晦日に姿焼きとかなんとなく新年いいことありそうです。大晦日に蘇る大山将棋、みたいな。

でもまあ相居飛車でしょうかねえ。


第2回電王戦のすべて

現代に生きる大山振り飛車

関連するタグ 船江恒平 ツツカナ 一丸貴則

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

8五飛戦法不発。斜め駒柱出現! 第84期棋聖戦第1局 ▲羽生善治 vs △渡辺明

渡辺明を冬将軍と呼んだのは、村山ジメイだっただろうか。将棋世界のハッシーとジメイの順位戦昇級予想、だったように記憶する。

その渡辺明が夏のタイトル挑戦に名乗りを上げた。しかも三冠同士の対戦で奪取側としての登場だd。

ブログにも書かれていたが、夏の着物を新調したとのことだったが、白の羽織が涼しげな初夏にぴったりだった。

戦型は横歩取りになった。意外な気もするが、最近の渡辺明三冠はたまに投入しており、以前の決め球だっただけあってそこそこの成果をあげている。(勝ち負けというよりは内容として)。

ただし本局は先手の羽生三冠が、やや珍しい手順を選択した。よくわからないが、後手の事前準備ではないような気がする形で、多少は研究の成果を出させない意図があるように思われる。

後手の猛攻か?と思ったが先手が積極的に動いて桂馬を互い違いに跳ねあう局面が午前中の時点ではやくも出現した。持ち時間がタイトル戦としては短めの、競馬でいえばマイル戦か1400mのような棋聖戦らしい展開だ。

いつもは、渡辺の準備に対応する羽生、という感じだが今回は羽生の準備に対応する渡辺、という構図。はい、BLじゃなくて将棋ですよ・・・。

ただ、この二人の戦いの場合、こういう渡辺がどこかで受けに転じる将棋というのは多いような気がする。昼食休憩前の局面は先手の羽生三冠が桂馬を捨てて猛攻、後手の渡辺三冠が唯一の角打ちで防御、という状況。

歩の枚数は後手が4枚、先手が2枚。

この歩の枚数の推移で双方の攻め・受けの状況が分かるのではないでしょうか。

単純には先手の駒台に歩が残ってる状態で先手の攻めが続いているうちはペースを握っている先手がややペースを握っているということです(あたりまえ)。

逆に桂損もありますし、歩が切れたときには後手のターン。とはいえ、短時間決戦、そしてこの二人の戦いでは後手が完勝する・・・というよりは、ぎりぎりワンチャンス生かして勝つかどうか?という感じになりそう。

羽生三冠と渡辺明三冠の良いところがそれぞれに発揮されそうな戦いでわくわくしますね。

昼食後に冷静に馬を逃げた先手の羽生三冠。こうなると桂馬を取り返すことができるのは間違いないので、馬得。飛車の位置も悪く、後手は角も手放してるので相当先手がよさそうです。

ここでしばし、後手の渡辺三冠が長考。

控室は後退させられた銀を再度守備に戻す手で難しいと言っていたが、流石に先手としてはそう進むのであれば不満はないところ。のちに控室でも後手に自信のない順が発見されたようだ。

悩んだ渡辺三冠は△7七歩と叩く。駒はとられる瞬間が一番働いている、の言葉通りの手ではある。すぐに金を横にずらす羽生三冠。そして△6六歩。焦点への歩だ。

6六の地点は玉のこびんであり、馬・飛車の利き所であり、どれでどのように対応するか?が悩ましい。羽生三冠の得意の羽生マジックのような、局面を複雑化させる目的の手順を後手の渡辺三冠が繰り出している・・・という印象。

船江恒平五段曰く、例えば▲同歩ならば、ばらばらっと手が進んだ後に△9二角打がある(4七の地点を狙える)と。。同馬、同飛でもそれぞれに狙いが生じる。焦点の歩らしい効能。

この辺を正確に指して乗り切ると先手の有利が確定的になるような気がする、そういう局面です。

そこからも細かく歩を活用する後手の渡辺明三冠ですが、正確に応じ続ける羽生三冠。

この日、ひさしぶりにポナンザがツイッターに降臨していて、とても萌えました。かわいかったです。

かわいかったですが、形勢判断はやはり正確無比という印象で、徐々に先手の形成が良くなっている様を示していました。

いま、16時前、70手目の局面ですが、ここでは先手がよさそうに見えます。有効手が一杯ありすぎて悩むような局面ですが、ここから綺麗にまとめるのが羽生将棋の神髄だと思いますので、じっくり味わいたいと思います。

・・・。そして17時。今80手目、すなわち1時間で10手進んだわけですが、駒台の歩の数は双方2枚づつ。先手の攻めがじりじりとしていますが、それに対して細かく技を掛けようとする後手・・・だが不発、という感じですね。

ニコ生に来ていた、電王戦仲間のサトシンこと慎一さんこと、男にモテるタイプのさとうしんいちさんは、95手で先手の勝ち、と言い残して去っていきました。。

そして代わりに登場したのが、上田女流と大平プロ。札幌帰りの大平先生はひときわ大きく見えますw

出てくるプロ全員が先手良しと断じるような局面が続きます。駒台の歩の数も遂に先手が豊富になっているという。

やはり羽生さんのすごいところは、こういう名人失うとか、奪取失敗とかで始まる4月・5月の悪い成績からでも7割ぐらいまで勝率持ってくるところですよね。

そういうのがとてもよく表れてる将棋だったと思います。奪取失敗の影響が全然次にでてない圧倒的な強さです。。

終盤、こういう言葉があるのかどうかわからないのですが、ツイッターのTL上で、斜め駒柱出現!という言葉が飛び交っていたのでみましたところ、たしかに97手目など何度か出現していた模様です。



最新の8五飛戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の8五飛戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2009/12/23)
高橋 道雄

商品詳細を見る



関連するタグ 渡辺明 羽生善治 船江恒平 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第三回電王戦で最も人間が能力を発揮する条件は?(その1)

さて、ボンクラーズポナンザ、どちらも将棋倶楽部24で登場するたびに圧倒的な勝利を収めています。GPS将棋の勝てたら100万円企画でもほぼ同じような結果。

プロ棋士を超えたかどうか?はこれから明らかにされていくべきところですが、早指しでは人間は必ずミスをする、というのを再確認したように思います。(一応、コンピュータのほうが強い、という表現はしません)。

第三回電王戦が行われるとして、人間側が最大限に性能・能力を発揮する条件について考えてみる。

どうやら、もし行われる場合は、その条件について関係者で議論されるらしいのでそのたたき台になるようなものを作る意気込みであります!><

(長すぎたので3回に分けています・・・)。


■1.ドレスコード
これは絶対ですね。なれない和服は棋力を損ないます。最高でもスーツ。できれば先崎学プロのようにビートたけし風まで許されるべきところです。人間がもっともポテンシャルを発揮できる、すくなくとも損なわないと本人が自覚する服装で是非。

こちらはスーツ定跡と一部で呼ばれていた、第二回電王戦の結果に基づく提案となります。特に船江恒平プロは私服あるいはスーツだったら絶対に勝ってましたね。明らかに普段感じない環境、状況によるプレッシャーと和服疲れが原因と思われる、手の乱れが後半見られましたので。



■2.対局場所・環境
こちらは椅子席ではどうでしょうか?そして重要なのはトイレから至近距離であること。レストランでその席に案内されたら「あ、こいつ舐めてるな・・・」と思いつつにこやかにチップを握らせて別の席を催促するシーン。ぐらいの至近距離がいいと思います。もちろん、人間にだけつきものの「お花摘み」のためです、ええ。

あとは報道陣。普段の報道ではありえないようなマナーを知らないメディアの連中が大量にやってくる可能性が高いので、撮影方法や場所を特に対局前、開始直後は慮ってほしいですね。対局時間としてカウントするのは、そういう撮影などが終わってから、人間側がOKです、と準備できてから、というような。

もしくは対局時の着手時点の撮影は無し、でもいいと思います。通常対局ではそういうのは行われないので集中力が高まる、ということもありますし、対局後だけでもいいのではないでしょうか。どのみちそういう野次馬的メディアは結果のことしか報じないわけですから。

どうしても対局開始時点の写真が必要ということであれば、日本将棋連盟公式カメラマン的な人間が最初に撮影して、それを提供する形をとる、という手もあります。

この辺は不慣れな報道陣が、対局者の集中や機嫌を損ねた・・・という故米長邦雄vsボンクラーズの第一回電王戦のエピソードに基づく対応策になります。

ニコ生の入場シーンカメラ、は興行のためにどうしても必要、という可能性はありますが、細心の注意、もしくは007か痴漢ばりの小型カメラでの隠し撮り、もしくは野生動物を取るときのような赤外線カメラ(将棋指しの黒目が赤く反射する感じで)がいいと思います。


次回に続く・・・。



電王戦効果か、これが結構売れてるみたいです。うちにもありますがやはり駒の動きが分かりやすいみたい。
NEW スタディ将棋 (リニューアル)NEW スタディ将棋 (リニューアル)
(2009/06/15)
くもん出版

商品詳細を見る




関連するタグ ボンクラーズ ポナンザ 船江恒平 米長邦雄 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク