二人の若手と羽生善治。

羽生善治が絶好調だ。まだ今期二敗しかしておらず、勝率一位。この人の場合、不調な時を探すほうが難しく、不調であっても六割超えしているという恐ろしさではあるが、しかし今期については絶好調であると断言して構わないだろう。

今期の永世竜王獲得だけではなく、二度目の七冠達成、他の棋士では考えられないが、羽生善治だったらやりかねない、そんな話まで出てくるほどに勝ちまくっている。

そんな羽生に対して、タイトル戦で豊島将之が、竜王戦挑戦者決定戦で糸谷哲郎が挑んでいる。

現在若手で活躍している棋士は何人かいるが、その中でも実力のある二人であることに異論のある人はいないだろう。どちらも羽生に挑戦するまでの戦いにおいて、素晴らしい戦いを見せてくれた。

そろそろ羽生世代もここまでだろう・・・と言われて早十年以上。失われた10年が20年になったように、羽生世代の台頭も延々と続いている。普及活動などにそれほど注力せず、トーナメントプロとしてのみ専念できた最後の世代であり、そして自らが切り開いた舗装した道と、それ以前の両方を知る世代でもある。

そんな世代の王者として君臨する羽生善治に、関西の二人の若き天才がどのように挑むのか?その序章としての今週の二局だった。糸谷哲郎は挑戦者決定戦の第一局を先手番で確り勝ち切っている。なので私は、今回第二局は落としても構わないと考えていた。

一手損角換わり戦法で、先手番の実力者たちをふっ飛ばしてここまでやってきた糸谷哲郎ではあるが、流石に羽生相手に通用するとは思わない。対羽生戦で糸谷が後手番一手損角換わりを指して勝ったのはかなり以前のことで、その後は順当に負けているはずだから。

将棋も一手損角換わりの右玉模様の戦型の最弱点である5三の地点を的確に咎められて、糸谷は敗れた。次の第三局、そこで先手番を貰えればいい、そこで勝ちきればいい、と私は第二局が始まったときからツイッターでつぶやいていた。

そして昨日の豊島将之である。タイトル戦は二回目の挑戦。前回は対久保利明で、振り飛車が最も充実していた頃でもあり、本人の棋力もまだ発展途上(勿論発展途上というのは悪い意味ではなく、豊島が到達するであろう頂上までの道程はまだまだ長い、それだけ大きなポテンシャルを持っているという意味だ)であり、惜しくも敗退した。

そして今回はどうだろうか?電王戦でほぼ唯一まともな将棋で確りと勝ち切った男であり、プレッシャーにも強く、浮ついたところがない。若いころの谷川浩司をみるような、そういう冷静沈着さと慎ましさを兼ね備えた男だ。そして電王戦の序盤でも分かる通り、かなりの研究家でもある。

初戦に投入したこの戦型も十分研究して、この形をもって後手番で羽生を屠るべく、投入されたはずだ。将棋自体は後手もやれた局面があったようだが、専門的すぎて私には分からない。先手玉が堅く、後手玉が薄いので、実戦的には薄い実利のために、ぎりぎりを行くという意味では後手番らしい展開であるものの、その紙一重の有利は些細なことで覆る。

そういう典型だったように思う。

とはいえ、今週の糸谷と豊島は後手番だった。後手番でもここまで戦えたことに逆に手応えを感じているかもしれない。次の先手番、次得られるかもしれない先手番で、二人がどのような将棋を見せてくれるのか、私はとても楽しみだ。


関連するタグ 羽生善治 糸谷哲郎 豊島将之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

昨日の糸谷プロの勝ちは本当に大きい。

いやー、糸谷プロのファンとしては本当に嬉しい。

先手番で千日手から、後手番になった時点で嫌な予感。そしてイッテソンの得意な形に持ち込んで先攻したものの、逆に苦戦に陥る。

頼みの綱は、相手の陣形がいびつであること。そういう将棋は、糸谷プロの土俵ではある。

昔から少し苦しくなってから妖しく粘るのは上手い棋風だけど、順位戦では流石にそれも通用しない…というのが初期の糸谷将棋だった。ネット将棋で鍛えた功罪とも言える。

しかし今となってはそれも解消されてじっくり時間を使いつつ、持ち味を損なわずに、良い将棋はしっかり勝ち、苦しくなる前にペースを落として戦うようになった。

負けててもおかしくなかった序盤の勝ち星というのは勢いを生む。是非この調子で頑張ってください!( ^ω^ )









糸谷哲郎、昇級一戦目を快勝!第73期B級2組順位戦

昨晩は、B級2組の開幕戦がありました。全く見れてませんが、気になっていたのが、勿論糸谷哲郎の初戦。バリバリの順位戦スペシャリストと言っても良い、高橋道雄先生相手にどういう将棋を見せてくれるのか。重厚な将棋で順位戦という長時間の将棋で、後手番でどういう戦い方を見せてくれるのか。

そういう気持ちでいたわけですが、先ほど棋譜を見ましたが、かなりの快勝でしたね。飛車を使わずにここまで圧勝するとは棒銀対策が万全だった証拠です。

一手損をやると、この高橋道雄先生のように一直線棒銀に来られることがありますが、普通に右玉にするのは間に合わないこともあるんですよね。そういう前提でみるとこの将棋の面白さがわかると思います。

次の稲葉戦が鬼勝負ですが、そこを勝つと連続昇級までありそうな気配ですね。将棋の面白さ具合は変わらずに、時間の使い方だけ順位戦適正でてきて悪くなる前の粘りが持ち前の粘りを更に進化させた形なので、かなり期待できると思います。

他の結果は事実情報のみ記しますが、目立つところとしては森下卓先生の電王戦効果でしょうか。いやーそれにしても糸谷哲郎の勝利、めでたいですね!><



[B級2組]
中川 大輔八段(1勝0敗)○-●泉 正樹八段(0勝1敗)
畠山 成幸七段(0勝1敗)●-○安用寺 孝功六段(1勝0敗)
高橋 道雄九段(0勝1敗)●-○糸谷 哲郎六段(1勝0敗)
青野 照市九段(0勝1敗)●-○窪田 義行六段(1勝0敗)
野月 浩貴七段(0勝1敗)●-○森下 卓九段(1勝0敗)
北浜 健介八段(1勝0敗)○-●井上 慶太九段(0勝1敗)
中村 修九段(1勝0敗)○-●飯島 栄治七段(0勝1敗)
島 朗九段(0勝1敗)●-○豊川 孝弘七段(1勝0敗)
先崎 学九段(0勝1敗)●-○田村 康介七段(1勝0敗)
杉本 昌隆七段(0勝1敗)●-○阿部 隆八段(1勝0敗)
中田 宏樹八段(0勝1敗)●-○佐々木 慎六段(1勝0敗)
稲葉 陽七段(1勝0敗)○-●鈴木 大介八段(0勝1敗)

関連するタグ 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

糸谷哲郎プロが次回電王戦への出場意欲を西遊棋イベントで宣言!

本日京都?では西遊棋のメンツによるイベントが行われているらしいです。

そのなかで、糸谷哲郎プロが次の電王戦に出場する!というような発言をしたという!!!

私は糸谷哲郎ファンであり、ファンサイトの糸谷哲学の管理人でもありますので大いに気になるところです。
最近しったツイッターの埋め込み方を以下で試してみますねw






















うーむ。これは簡単に出来ますね…。今後この方式でブログ更新しようかな?w



最強アマ直伝!勝てる将棋、勝てる戦法 (Kindle版)

関連するタグ 糸谷哲郎 電王戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

糸谷哲郎、全勝ならず…でも糸谷哲学更新したよ!>< もう一人は佐々木慎。

いやー、アツい。アツいのは全勝出来なかったからではなくて、もっとも糸谷哲郎が得意なはずの展開でその早見えの才能を発揮するべき将棋で、負けたからなんだと思います。

ということで弟弟子と10秒将棋を控室で何十局も指していたという糸谷哲郎プロ。その気持すごくわかります。

私も忙しくて全然ファンとして失格なわけですが、今朝はちょうど英会話の先生が寝坊してこないのでその1時間のうち30分を投入して、糸谷哲学を更新しました。

こちらになります→糸谷哲学

まだ過去の分も含め追いついてませんが、かくなる上は暫く禁酒して時間を捻出して書きますかね…というぐらいの覚悟は出来てますよ。。

負けたとはいえ、順位一位での昇級なので是非来期の連続昇級に期待ですね。

気負いすぎず、かかりすぎずに、気を静めて平常心で望めば十分に可能なことだと思います。

順位二位での昇級は佐々木慎プロでした。振り飛車の実力者ですね。

以下、事実情報のみ記します。


[C級1組]
小林 裕士七段(5勝5敗)○-●大平 武洋五段(3勝7敗)…19時35分
桐山 清澄九段(2勝8敗)●-○片上 大輔六段(6勝4敗)…19時43分
浦野 真彦八段(5勝5敗)○-●日浦 市郎八段(4勝6敗)…20時8分
宮田 敦史六段(5勝5敗)○-●阪口 悟五段(4勝6敗)…20時54分☆
高野 秀行六段(4勝6敗)●-○船江 恒平五段(7勝3敗)…21時20分
糸谷 哲郎六段(9勝1敗)●-○富岡 英作八段(4勝6敗)…22時13分
福崎 文吾九段(6勝4敗)●-○脇 謙二八段(5勝5敗)…22時22分
斎藤 慎太郎五段(7勝3敗)○-●阿部 健治郎五段(4勝6敗)…23時13分
神谷 広志七段(3勝7敗)●-○北島 忠雄六段(6勝4敗)…23時17分
長沼 洋七段(6勝4敗)○-●平藤 眞吾七段(2勝8敗)…23時26分
佐藤 秀司七段(5勝5敗)○-●佐々木 慎六段(8勝2敗)…23時46分
近藤 正和六段(6勝4敗)○-●加藤 一二三九段(1勝9敗)…23時49分
中村 太地六段(8勝2敗)●-○菅井 竜也五段(8勝2敗)…23時51分
塚田 泰明九段(3勝7敗)○-●高崎 一生六段(7勝3敗)…23時57分
真田 圭一七段(7勝3敗)○-●土佐 浩司七段(3勝7敗)…23時58分
田中 寅彦九段(4勝6敗)○-●金井 恒太五段(4勝6敗)…0時25分
小林 健二九段(3勝7敗)●-○千葉 幸生六段(6勝4敗)…0時41分


[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

昇級……糸谷六段、佐々木慎六段
降級点……小林健九段、大平五段、土佐七段、平藤七段、桐山九段、加藤九段
※小林健九段、土佐七段、桐山九段、加藤九段は2つ目の降級点でC級2組へ降級。
降級点消去……福崎九段、北島六段(いずれも勝ち越し規定)

【9勝1敗】糸谷(9)
【8勝2敗】佐々慎(4)、中村太(10)、菅井(28)
【7勝3敗】真田(2)、船江(18)、高崎(20)、斎藤(30)
【6勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、福崎(22*)、長沼(26)、北島(31*)
【5勝5敗】宮田(5)、小林裕(12)、佐藤秀(21)、浦野(25)、脇(34*)
【4勝6敗】阿部健(7)、金井(8)、日浦(13)、高野(14)、富岡(15)、田中寅(19)、阪口(29)
【3勝7敗】神谷(1)、塚田(11)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝8敗】平藤(16)、桐山(32*)
【1勝9敗】加藤(33*)

やはりベテラン陣に降級点は付きますね。来期の昇級は菅井、中村、齋藤あたりの戦いになりそうです。


オール・イン ~実録・奨励会三段リーグ



関連するタグ 糸谷哲学 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
2位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク