竹内雄悟新四段に!(千田翔太と森門下ワンツーフィニッシュ!)第52回奨励会三段リーグ戦

第52回奨励会三段リーグ戦が決着したようだ。

竹内雄悟三段が新四段に

1987年12月17日生まれ(25歳) 広島県広島市出身

奨励会入会
2004年9月
三段リーグ入
2008年10月(第44回奨励会三段リーグから)
得意戦法
振り飛車
将棋を始めたきっかけ
祖父に教わった
本人のコメント
「まだふわふわしている感じです。緊張しやすいタイプなので、今日の1局目は、競争相手の勝敗を見ずに2局目を戦いました。連勝して、周りの人に上がっているよ、と言われて、『えっ、本当!』と声が出て、うれしさがこみ上げてきました。師匠を安心させられて、とてもうれしいです。」



年齢と在籍期間から考えると???という感じだったが、奨励会のデータベースをみて理由がわかった。16歳、3級での入会のようだ。年齢は24歳だが在籍は9年と長すぎる感じではない。

面白いのがその成績で、3級・2級・1級はかなり苦労している印象がある。それぞれに半年・一年・一年という具合。ただそこで奨励会の水に馴染んだのか、初段・二段は良いペース。

このあたりは、入会年齢というのが大きく関係していそうな気がする。1人だけアウェイ感があったのが級位者時代だったのではないだろうか。

三段リーグは前期までで八期在籍し、ちょうど指し分けの成績。今期は最終節を五敗で迎えたが五敗勢五名の中で一番下だったので、連勝したのは五敗勢で竹内雄悟だけだったということだ。

凄く突出した成績ではないが、必ずその環境・クラスにアジャストしていくタイプのようで、田中悠一西川和宏というような雰囲気を、成績推移から感じるのだが、森門下なのでもっと力戦風味なのだろうか?同じ広島ということで今泉健司さんのような将棋だと楽しそう(だが苦労するかなその場合は…)。

振り飛車党でC2初参戦ということでいうと、降級点をもらう可能性もあると思うが、そのうちアジャストしてくるのではないか。奨励会での成長のようにじっくりとしかし確実に伸びていくだろう。


聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
(2002/05/07)
大崎 善生

商品詳細を見る






関連するタグ 竹内雄悟 千田翔太 今泉健司 田中悠一 西川和宏

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

千田翔太三段、最終節待たずに昇段!二番手は超混戦!第52回奨励会三段リーグ戦。里見香奈初段は?

千田翔太三段が、3月9日を待たずに昇段を決めた。成績・年齢から考えるとここからの活躍は相当期待できると思う。

一級時代にやや停滞しているが、ここで将棋の質がアマとプロの違いのように現れるのが入品であり、しかも年齢的に12歳13歳ぐらいで入品しているのだからその才能は抜きんでているといえよう。

三段リーグ入りも15歳とはやく、しかも初参加のリーグから前期までの5期で一度も負け越しがなく、三段リーグの勝率が6割。四段昇段後の通算勝率は残り2つを負けたとしても6割3分ぐらいの仕上がりになる。

奨励会時代の勝ち負けの傾向が、プロ入り後の傾向と似ている、とくに三段リーグの成績と傾向が順位戦の成績に相関していると私はみているのだが、非常に安定的に勝っており、しかも得意としているのが力戦の居飛車ということで、森門下らしい?力強い将棋と抜きんでた終盤力を見せつけてくれそうだ。

奨励会時代の成績で目を引くのは、連勝連敗タイプ・・・ではなく、安定型+連勝タイプという雰囲気。先手番は無難に勝ち、後手番は独自の作戦を磨いて、勝ちまくる…という展開を期待したい。

二番手は超混戦。5敗が4名、6敗が3名。五敗者の順位が高いので、7敗勢は届かない。順位1位の宮本の当たりを考えると、無難に宮本が上がって順位1位・2位のワンツーフィニッシュになる可能性はありそう。

同じく森門下の竹内雄悟は次点持ちであり、初戦の井出戦が双方にとっての鬼勝負。勝てばフリクラ権の獲得が見えてくる。ただし、井出隼平都成竜馬の両名の順位が良いので2つとも勝って届くか?というところ。(井出隼平に勝っても、宮本広志都成竜馬がそろって連勝すると順位の関係で3位に入れない)。

個人的には、森門下の二人が入って、宮本広志が二番手でゴールというのを予想しておく。

なお、里見香奈初段の例会の結果は連勝だった。



将棋の歴史 (平凡社新書)将棋の歴史 (平凡社新書)
(2013/02/18)
増川宏一

商品詳細を見る
発売日: 2013/2/18
将棋はいったいいつごろから遊ばれていたのか? 中国から伝わったのか、それとも別のところからか? など、まだまだ解明されていない謎多き将棋の歴史について、最新の研究成果を発表する。


関連するタグ 千田翔太 井出隼平 宮本広志 都成竜馬 竹内雄悟 里見香奈

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第50回奨励会三段リーグ(ラス前)&増田康宏、遂に三段!

第50回奨励会三段リーグはいよいよラス前まで終わった。

トップを走るのは、畠山鎮門下の斎藤慎太郎三段、18歳。ライバル関係でいうと佐々木勇気のライバルだろうか。順位も5位とよく13勝3敗。残り二敗でも相手関係で上がる可能性があるので相当に有利。とはいえ勝つつもりだろう。

斎藤慎太郎は今期で三段リーグ8期目。三段リーグでの通算勝率は2-1ペースに近い。今期を含む後半四回は全て昇段レースに絡む展開で次点も一つもっていることを考えるとプロ入りはほぼ確定とみていいだろう。三段リーグでの安定度は順位戦での活躍に相関するので、注目株。

二番手を走るのは青野照市門下の八代弥三段、こちらは17歳。同じく13-3なので、二敗しても上がれる可能性はあるが、順位が悪い(15位)ので三番手の宮本広志(2位)にかわされる可能性がある。

その他の昇段候補でいうと、次点持ちの二名、5番手の竹内雄悟(31位)、6番手の石井健太郎(1位)だろうか。2勝して二個目の次点をゲットするかどうか。

特に所司門下の石井健太郎は、ムラッ気の少ない、安定度のあるタイプのように思われる。年齢も若いので次点2個で上がるかどうか、悩むところではないか。現在の三段リーグではトップクラスであることは間違いない。

竹内雄悟は年齢との兼ね合いもあるので、フリークラスだとしてもなんとしても上がりたいだろう。失礼な話ながら年齢的な伸びしろを考えると、10期でさしわけぐらいの成績なので上がった場合にも、それなりに苦労しそうだが、棋士になれないことの苦労を考えれば…という。

今は常に四名以上安定供給される四段が、C2クラスの三段リーグ化を促進しており、長時間将棋への適性が相当ないと、最初の順位が最下位から始まるという事実がかなり重くのしかかる。4-5でも降級点を食らう可能性がある。

棋風的に長時間制向きの将棋ゆえに三段リーグで苦戦した、とかでないかぎりは三段リーグでの成績は順位戦での成績に相関している。勿論、若くして抜けた場合の成長度合いは加味して考える必要はあるが。

そして恐ろしいことに、恐らくはコンピュータは三段リーグを超えるレベルに、位置している。その事実が今後親御さんが将棋を子供に教え込むことにどのような影響をおよぼすのか?は一人の親として興味深く見ていきたいところだ。

そういえば、三段リーグ以外のところは…とみてみると、なんと遂に森下卓門下の14歳、増田康宏二段が三段リーグ入りを決めていた。タイミング的にもばっちりで、次期への調整期間ができた。師匠の森下卓曰く「終盤は自分より強い(うろ覚え)」とのことなので、相当に期待ができる。

天才の系譜という意味でいうと、羽生善治(・渡辺明)の次は増田康宏の可能性がある。渡辺明が谷川浩司のポジションなので、次の覇権という意味では増田康宏だろう。恐らくは、今の若手で意識をもって将棋に取り組んでいる棋士たちは、増田康宏世代の脅威を背中に感じながら精進している。


イカガ?(´・ω・`)つ将棋の子 (講談社文庫)



関連するタグ 斎藤慎太郎 八代弥 宮本広志 竹内雄悟 石井健太郎 増田康宏 羽生善治 渡辺明 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク