香川愛生、里見香奈を破り女流王将に!

いやー驚きました。香川愛生が里見香奈を破って初タイトル、女流王将を奪取しました。

これでタイトル保持したので将棋連盟の正会員になれましたね。棋譜は未だみれてないんですが、囲碁将棋チャンネルで放映されるようなので、必ず見たいと思います。

放映予定(http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou/index.html)を見てみると、
11月16日から3週間にわたって放映される模様です。必ず見たいと思います。

というか、里見香奈ですよ。そろそろ三段も見えてる里見香奈を破っての勝利。

つい最近の、中井さんとの対局棋譜は見たことがあるのですが、まだトップとの差はあるのかな?と思っていたんですが、全然届いてましたね。

というか、香川愛生さんといえば、美女、あるいは美女子として有名ですね。最近まで私は気づいてなかったんですが、なんというか、女流棋士の中では最も正統派の美しさではないでしょうか。

僕が覚えてる香川さんの外見ってなんというか…ハブさんの小学生時代?みたいな写真の覚えしかなかったんですよね。美醜という枠ではなく、少年のような写真。あれしかなかった。

でも美しくなっていた…じゃなくて美しさに磨きが懸かっていたわけですよ!

というか、メガネ外したら可愛かった!ってのは漫画だけの世界の話だと思っていたんですが、アリましたね・・・。

天は二物を与えました。これからの活躍も陰ながら応援していきたいと思います。伊奈川愛菓竹俣紅香川愛生の三人でユニット組みませんかね?秋元康先生からの連絡お待ちしております!><





関連するタグ 伊奈川愛菓 竹俣紅 香川愛生

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

新女王に竹俣紅女流プロが就位?

いやー昨日の将棋ウォーズの大会ニコ生すごかったです。すごすぎて、普段早寝の私が竹俣紅さんが出ている間だけは爆笑しながら見てしまいました。

なんというか、相手は中学生ですからね。現物の動く姿をみるまでは配慮しないとだめだよ…とか傍からは思ってたわけですよ。

まだ子供なのに、可愛いとか美しいとかそういうのはおよしなさいと。そう思っていたんですがね…。

これはまさに、あの十代半ば特有の美しさというかみずみずしさというか、そういうものと、整っていること、勿論見た目としてのつくりとしての整いもあるんですが、整然としている様、という意味での整いを感じますね。

あの造形でも整いがなければそれほど際立たない可能性もあると思いますが、整っている。実際の動画をみてあの可憐さということは現物を生で見たら本当に可愛いんだろうなと思いました。

何というか子役芸能人、みたいな。褒め言葉じゃないっぽい感じですが、そういう雰囲気・佇まいですね。特に、お父さんはあの笑うときに必ず手を口に当てる仕草と、その手の整いになんともいえない感情…慕情?をいだきましたw

何よりも、やはりあの場にいるどの大人よりも場慣れしていて、空気を支配する能力。実際の仕切り能力。発声の正しさ。堂々とした立ち振る舞い。総てにおいて、日本代表選手における本田△のような存在でしたね。

美しいだけでは女王様とは呼ばれません。それらの基本構成要素がぴったりしっくり来ているところに、あの驚きの質問群。

世の下僕たちがひれ伏した瞬間です。社会科の勉強と称して?(実際そうだったと思います)、繰り出される強烈な設問と遊びのない選択肢の数々。

そして空気を読む下僕達。ああいうのをみると、ニコ生を観ている人々の知的水準の高さを感じますね。

豚としての、ダメニートとしてのひれ伏しを要求されていることを完璧に読みきった解答支配率の高さに、日本代表の次のワールドカップでの活躍を期待せずにはいられなくなりました。

ここまで全く将棋ウォーズの大会については触れていませんが、実際の放送中も将棋ウォーズよりもむしろ竹俣紅さんが!竹俣紅女王の質問に応えたい!どの動物に似ていますか?の設問の選択肢は豚一択なんでしょう?!みたいな。

いやー本当に笑いました。

将棋の解説も勿論上手なんですが、基本的な芸能能力が高すぎる感じなので、将棋だけにとどまらせるには惜しい人材かと思います。

もっと世界クラスで活躍できる気がしますので、どこかの大手芸能事務所からオファーかからないですかね?

いやー驚きました。竹俣紅さんには、将棋ファンという枠組みをこえて認知されてほしいところです。

おそらくは竹俣紅さんのお母様がかなりしっかりされた方なんでしょうね。親子鷹ならぬ親子女王というか。あの佇まいは躾というだけではなく、空気としてのあり方の伝播みたいなもので長年かけて蓄積されるものだと思います。やり手ママ、宮沢りえのママ、リエママのような感じで是非、芸能界でも羽ばたいて欲しいと思うのですが私の勝手な妄想だけに留めておきます。

いやー本当にすごかったです。まだ見てない人は是非TS視聴してみてください。


あ、将棋ウォーズの大会も楽しかったですよ☆


アイドル最前線2013 (洋泉社MOOK)アイドル最前線2013 (洋泉社MOOK)
(2013/02/25)
不明

商品詳細を見る






関連するタグ 将棋ウォーズ 竹俣紅

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク