電王戦ファイナルの出場棋士5名が決定。&その感想。

なかなか忙しくて見れてないのですが、ついに発表になったようですね。

以下の五名です。 そしてその右にある数字は某所レーティングサイトから持ってきた各人のレーティング点。

阿久津主税(ちから)八段(32):1691
村山慈明(やすあき)七段(30):1716
稲葉陽(あきら)七段(26):1738
永瀬拓矢六段(22):1728
斎藤慎太郎五段(21):1647

一番点数の低い斉藤慎太郎五段がまだ伸びしろがあることを考えると、全員見事に上位陣が集まっている、という印象を受けるメンツだと思う。ファンの中では賛否両論あったようだが、タイトル戦に絡んでいる人たちを除いて考えると、指し盛りの30代前半から20代、将来的にもいつかタイトル戦に絡んでくる可能性が高い面々だと私は思う。

タイトル戦に今のところ絡んでいない、30代前半以下の棋士…ということで考えると、上から斉藤慎太郎の間を見ていくと、他にいる候補としては、佐々木勇気、佐藤天彦、森信門下の若手陣、ぐらいしか見当たらないからだ。

というわけで、タイトル戦に影響しない人選としてはベストメンバーに近いと私は思う。

あとは、今回が最後なので、どういう取り組み方でいくか?というのは重要だと思う。この棋戦に出ることが少なくともこの立候補した五名の将来にとってPlusになるようなそういう経験になってほしい。勝ち負けも勿論だが、五名にとっては来るべき未来の、タイトル戦の練習みたいなものでもあるわけで、羽生世代に大きく離されてる理由の一つでもある、大舞台での戦いの経験値をここで是非積んでほしい。

勝ち負けのところでいうと、面白い将棋を目指すか、或いは勝ちを目指すか、というところがある。今までは米長戦の呪縛というか、ああいう戦い方で負けると酷い言われようがあるので正々堂々と戦って負けたという面もあったような気がするが、全面的に米長さんがとったような作戦をとらないまでも、間合いを取るような局面ではうまくコンピュータが見えてないところで人間側に模様がよくなるような指し回しを見せてほしい。

斉藤慎太郎と永瀬拓矢がある程度研究でハメるような展開で連勝する可能性があるのではないか?という気がしていて、稲葉陽は兄弟弟子たちの協力もあるだろうからかなり期待できる。村山慈明は序盤戦術の巧みさはプロ随一だし、コンピュータを扱った研究でもそうだろう。

そして阿久津主税。プロになった年齢からも、プロ間の評価からしても、この棋士の活躍は正直不満の残るものであり、32歳にしてこの実績というのは、本人も想像していなかったのではないか。まさに行方尚史的な展開であり、その才能を存分に発揮するにはぴったりの舞台だろう。これを機会に大きく羽ばたくところを見せてほしい。

結果予想については今回は行わずに、最後となったこのお祭りをとにかく楽しく観戦したいと思います!





関連するタグ 阿久津主税 村山慈明 稲葉陽 永瀬拓矢 斎藤慎太郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

C1順位戦の昇級者は稲葉陽と村山慈明!加藤一二三と森雞二が見せた魂

いやー凄い日でした。

結果的には夕方に昇級が決定していた稲葉陽と、激戦を制した村山慈明が1敗をキープして昇級。これで全階級において、昇級者は1敗平均ということになりました。棋界全体のレベルが恐ろしいことになってますかね…。

大平武洋vs稲葉陽大平武洋のカニカニ銀。ただ順位戦の初戦で児玉先生の元祖カニカニ銀に屠られたという苦い経験をもつ稲葉陽プロの対応が完璧で早投げがあることを予想していましたが、見事的中。あっさり昇級者の一名が決まってしまいました。

この早投げには賛否両論でしょうが、普通にやっては敵わないと思ってやりましたがダメでした。というような感想のブログがあがりそうな予感。もしこれで一敗勢が全員1敗キープしてたら、頭ハネの二名がゾネ…となっていたことは間違いないとは思いますがw でも結果的にはそうならなくて本当に良かったですね。

もう一人は天才村山慈明。彼もその才能の割りには苦労した印象ですが上がってみれば納得の昇級。上のクラスにいくほうがもっと活躍しそうな気がします。ここ数年の順位戦でその幹が太くなったような印象を受けます。

関西将棋会館で行われた対戦は大平武洋に引きずられたわけではないでしょうが、あっさり終わった将棋が多く、そうそうに全局終わってしまいました。

そして東京将棋会館。加藤一二三森雞二という二人のベテランが千日手に粘られ、そして順当に?若いほうが勝ちました。森先生の将棋が終わったのはつい先程です。加藤一二三先生が負けた時の写真、そして相手の阿部健治郎プロのメガネを外した写真はなんともいえない味わい。

ふたりとも優勢な局面がありましたがこの夜戦になってからの千日手、そして指し直し局での敗退というのはなんともいえない、言語化したくない趣がありますね…。


升田幸三の孤独升田幸三の孤独
(2013/02/23)
河口 俊彦

商品詳細を見る
発売日: 2013/2/23
升田幸三・米長邦雄・芹澤博文・花村元司・郷田真隆藤井猛
天才達には、その才気が溢れるゆえの孤独がある。
選ばれたものだけが辿り着く栄光と葛藤を描く「盤上の人生 盤外の勝負」シリーズ第2弾。

前著「盤上の人生 盤外の勝負」が覇道を歩んだ棋士を描いたのに対し、本書は異能派の棋士が多く取り上げられている。
彼らを語る老師の筆はひたすらに優しい。破滅主義的な危うさを漂わせつつも自らの才を恃みに生き、その才に殉じた数々の姿こそもっとも棋士らしいものであると語っているかのようである。
米長邦雄の追悼文を巻末に掲載。


関連するタグ 村山慈明 稲葉陽 阿部健治郎 加藤一二三 森雞二 大平武洋 米長邦雄 藤井猛 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

後方一気? C級1組10回戦

強いだけじゃ勝てないC級1組もいよいよラス前の10回戦まで来た。


佐藤天彦はコバケンの振り飛車に圧勝。▲8六角の覗きの優秀さが出た将棋で、コバケン振り飛車が二手掛けて各道を開く(閉じる、4五歩で開く)思想が旧式でもはや辛かったように思う。あとは等価交換からの5三の地点に成り駒ができてジ・エンド。

二敗だったベテランの浦野・平藤は振り飛車党に屠られた。平藤高崎戦は馬を作った平藤がよさそうだったが、そこからの高崎の組み立てが見事でイキナリ勝勢になっていた。浦野近藤戦は角交換振り飛車穴熊にしたのは先手の浦野で、途中のわかれは穴熊の暴力風味であり、近藤に勝って欲しい将棋だった。

2敗勢のもう一人、小林裕は宮田にやられた。この将棋はいかにも宮田らしい名局だと思う。中原玉の耐久度がぎりぎりに凌ぎつつ終盤読み勝ちする宮田の棋風とマッチした一局。

真田も二敗だったがお菓子ソムリエこと糸谷プロにやれらた。糸谷ファンの私としては指し分けが見えて嬉しい。この将棋は久しぶりに?珍しく?糸谷が飛車を振ったがその後の思想がいかにも独特で彼らしい将棋。中盤からは大差だったが、どちらが糸谷か分からないような粘りが真田に出るも逆転までは至らず。


2月9日の対局結果は以下のとおり。

【8勝1敗】佐藤天(27)
【7勝2敗】稲葉(29)
【6勝3敗】小林裕(4)、豊島(5)、高崎(8)、真田(10)、平藤(12)、千葉(15)、大平(19*)、浦野(24)、塚田(33*)
【5勝4敗】村山(3)、長沼(20)、日浦(22)、近藤(31*)
【5勝5敗】高野(23*)
【4勝5敗】佐藤秀(2)、佐々木慎(6)、宮田(7)、脇(9)、片上(13)、加藤(16)、金井(17)、糸谷(28)、森(30*)、福崎(32*)
【3勝6敗】小林健(11)、北島(14)、中田(18*)
【2勝7敗】土佐(1)、田中魁(25*)(降級)
【1勝8敗】富岡(21)(降級点)、内藤(26)(降級点)

最後残しで佐藤天彦が昇段を決めた。稲葉陽は自力で最終戦を迎える。最終戦は佐々木慎と。また、6つある降級点の配給先は大体決まったようだ。

昇級レースについては、混戦模様から抜けだしたのは上がりたての二人。稲葉陽佐藤天彦だった。どちらも同世代からも一目置かれる存在であり、上がることの違和感はない。一緒に上がってきたお菓子ソムリエの若者については今期は指し分け、来期の捲土重来を望むところである。

上位陣でいうと村山慈明の苦悩は続く、といったところだろうか。前期上がれなかったのが痛かった。また小林裕は上がるべき才能だが幾分長くこのクラスにいすぎた感はある。既に若くないのでどうなるか。豊島はお菓子ソムリエと共に、来期は上がって欲しいところだが、来期も下から強いのが上がってくるので注目したい。

イカガ?(´・ω・`)つ居飛車穴熊必勝ガイド (マイコミ将棋BOOKS)(この日の昇級を決めたイビアナも完璧でしたね)



関連するタグ 佐藤天彦 稲葉陽

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

三人目は稲葉 第69期C級2組順位戦

大激戦のC2は3月8日に最終局を終えた。結果としては、佐藤天彦、糸谷哲郎、そして稲葉陽という同世代の天才たち、いまだタイトル戦登場ならずも、それぞれにその可能性を示したことのある三人となった。

7?3以上の成績を残したのが11名、遠山と横山を除くと全員10代20代だった。逆に降級点が与えられたのは村田が29歳で最年少、という状況。頭脳アスリートとしての選手寿命というものを考えるべき局面に突入したのかもしれない。

以下、簡単に昇級に関係するところを。

▲佐藤和俊五段-△稲葉陽四段
先手中飛車、角道塞がずに後手の穴熊退治、という将棋に。ただしこの形、棋理は別にして居飛車が勝ちやすいと思う。投了図も大差。


遠山雄亮五段-△村田智弘六段
五筋位取り中飛車で居飛車が7・8筋、振り飛車が5筋を攻める激しい展開に。歩頭に出る鬼手で先手が駒損ながらに局面をリードする。

駒損だが居飛車の右翼の金銀が浮いているのでむしろ中飛車が良い。遠山プロの著作に出てきそうな変化、味わいの将棋で中飛車の完勝といえる。


▲上野裕和五段-△澤田真吾四段
中座飛車の▲6八玉型。加えて上野プロのオリジナルな発想。

飛車角交換から△1四角の狙い筋が炸裂したところでは玉形の違いがあり後手が良くなっていた。これも勝った側の完勝譜といえよう。


横山泰明五段-△阿部健治郎四段
鬼勝負、自力だった横山泰明プロが終盤間際まで優勢だったと思われるが、負けてしまった。相振り、相三間飛車からの後手穴熊。穴熊が堅いものの、実戦的にはマタギペースで終盤へ。しかし踏み込むところで踏み込まず、逆に歩を与えてから粘る手順で混沌とし、最後は穴熊が活きた。

昇級のプレッシャーだろうか。そう思わざるをえないような終盤の数手だった。



▲川上猛六段-△菅井竜也四段
ここはいつもの菅井流。この将棋で順位戦には軽すぎる、とは久保将棋を評してのものだったが、立派にA級に上り、菅井プロの将棋をみていると久保プロの軽さなどはお行儀が良すぎるように思うぐらいに奔放な序盤だ。

しかしそこで形を崩してからの力が素晴らしく、圧倒的にねじ伏せる。普通のお行儀の良い振り飛車は居飛車のセコセコした研究で解明されていくが、こういう原始の力での対決に持ち込むことで文明の利器になれきった現代人的な居飛車を叩きのめすことが出来る、ということだろう。

本局の川上プロも振り飛車党でそういう味がある棋士だが、序盤で形を崩されてからはちょっともたなかった。

+++++++++++++++++++++

来期は阿部健治郎菅井竜也に注目したい。あとは澤田真吾、牧野光則だが、この二人は上位にしっかり負けており、二番手集団だろうか。その他は来期参入の新四段、今期上位に位置づけた中堅振り飛車党の遠山・横山あたりも有力だろう。




将棋世界の楽天経由購入。これが一番お得なようなきがします。

関連するタグ 稲葉陽 遠山雄亮 澤田真吾 阿部健治郎 横山泰明 菅井竜也 糸谷哲郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

異変?順当? 第69期順位戦C級2組8回戦


佳境を迎えた8回戦。全勝はアマヒコプロだけ。ただし順位は悪いので1つ負けると途端にキャンセル待ちにすらなりうる。一敗は5名。…という状況だったのだが、終わってみるとアマヒコプロは全勝キープ。そして一敗勢は四名が敗れるという結果に。

この8回戦の結果、全勝アマヒコ、1敗ダニー、2敗で9名という混戦模様に。この9名が実は星の潰し合いを残りの9・10回戦で繰り広げており、もしかすると取組表の関係から松本佳介プロが三番手の最有力かもしれない。(松本佳介プロはプロ入り10連勝したことで記憶に残っているが既にもう中堅の域に入っている…)。

ダニーとアマヒコの力関係?は今制作中の「糸谷哲郎の応援サイト 糸谷哲学」の調査で知ったのだが、常にダニーの前をゆく存在だった模様。

次のタイトル初挑戦は、おそらくアマヒコかトベッカム(戸辺誠プロ)だろう。

以下、昇級戦線に絡む対局のみ。簡単に。


▲稲葉陽四段-△佐藤天彦五段

先手石田流に後手居飛車穴熊。先手も穴熊に囲う。63手目の飛車の動きは、何と言うか勝負将棋では仕方ないものの、私としてはこういう将棋は指したくないと思う。

82手目の△8四歩がマネは出来ないが感心する一手。これが通るのが素晴らしい。しかし85手目の局面では、飛車角4枚が先手にあるために、攻めあぐねることがあれば、たちまち後手切れ筋に陥るのではないか?と呟いたところ、コメント欄にも怪しいという話が挙がる。

ただし、ここからの後手佐藤天彦プロの構想が見事で、文字通り「マムシのと金」が実現しての完勝となった。アマヒコ、全勝キープ。


▲糸谷哲郎五段-△室岡克彦七段

室岡流には急戦と相場がきまっているものだが、序盤のやりとりは最早どちらが良いのかよく分からない状態。

玉側の端歩を突き越した振り飛車側の反撃を食らうとひとたまりもないだろう。

序盤のじりじりとした双方の手順が勝負将棋ならではのものであり、緊張感が伝わる。

離れ駒をみて仕掛けたのは先手の糸谷哲郎プロだった。75手目、と金を作った辺りでは先手が良さそうだ。

玉形が如何にも危うくみえるのだがこのへん以降の指し回しが如何にも糸谷流。ダニー一敗を死守。



▲上野裕和五段-△横山泰明五段

こないだのとちぎ将棋まつりで人柄の良さ全開だった上野先生を応援したい人間になっている私だが、横山泰明プロは元祖メガネ男子ハンサム具合が新人王戦の対ダニーでのヤラレ役時代から気になっていたという、なんだか観る将棋ファン的な注目の一戦。

戦型はなんと▲3七銀から▲5八飛!という例の王将戦第一局で豊島将之プロが見せた構想だった!

この将棋、序盤の構想は相当に面白く、いわゆるMY定跡的なムリ目感と、早指しの初見で見切るには一定以上の棋力が必要そう…というアマにはオススメできそうな雰囲気。ただしプロの将棋という意味では、流石に二枚換え辺りでは振り飛車が良かったかもしれない。

横山泰明プロ、二敗をキープし、残りの四名いた一敗勢が負けたために順位の良さで三番手に浮上した。


▲遠山雄亮四段-△菅井竜也四段

注目の、振り飛車党同士の一戦は相振りを予想したが、菅井竜也プロが先輩に振り飛車を譲って?対抗型に。そしていつの間にやら先手の石田流が窮屈で、後手の押さえ込みが成功していた。

辛そうな状況が続き、チャンスらしいチャンスもあまり見えずに後手の勝ちとなった。これで両者6?2となった。


▲及川拓馬四段-△西川和宏四段

後手の西川和宏プロが、いわゆる矢倉流の中飛車に構え、そこから相穴熊になった。序盤の攻防は先手が竜を作ったものの、後手の模様が良さそうに見えた。

しかしその良さそうに見えたところから僅か20手程で後手の飛車の捕獲が確定し後手が投了となった。誤算があったのか、大局観が悪かったのかは一度サラリと再生しただけなので不明。


▲佐藤和俊五段-△阿部健治郎四段

いっときは、久しぶりの一期抜けが見られるか?と思われたアベケンプロだがここに来て2敗目を喫し、大きく後退することとなった。

ゴキゲン中飛車のよくある序盤から見たことの無い、しかし別の戦型ではありそうな展開となった。個人的にはミレニアムやしゃがみ矢倉はあまり優秀とは思っていない(中原囲いにおける2一の桂馬を跳ねた、3一に玉が居る形は別だ)のだが、本譜もよく分からない展開。

これなら居飛穴のほうが良さそうだ。そして後手の攻め駒の構えが角の先に銀がいるような状態であり、これも私は好きではない。

戦いが始まって68手目、7一歩と受けたところでは見た目以上に後手が悪い可能性がある。(よく分からないが、私のセオリー的にはあまりよろしくない)、。

85手目、歩の裏から狙われる両取りの筋があり、これにて先手良し、という感じ。そこからは逆転するに至るアヤは見えなかった。


**********************

偶然やくじ運で上がったものはいつの日か戻ってくる。実力のあるものは腐らずに精進すればいつの日か上がる。そういう意味では、残酷なまでの実力至上主義が実現している。ダニー・アマヒコに続くのは誰か?或いはこの二人に試練が訪れることはあるのだろうか?


関連するタグ 糸谷哲郎 佐藤天彦 菅井竜也 稲葉陽

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク